2005年06月07日

フランス遠征(7)〜帰国

ANAのうどん(生麺) 13:00(日本時間)起床。 うどんをいただく。 結構いける。 15:00成田到着。荷物を送る。 16:10発のリムジンバスでYCATへ。 18:00帰宅。 夕食は寿司。 長いようで短かったフランス遠征は無事終了した。

また行きたい。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:28 | トラックバック

2005年06月06日

フランス遠征(7)〜さらばアルザス

Soufflenheim8:40チェックアウト。今日は早くも帰国の途につく日である。今日は陶器の街Soufflenheimへ高速道路(一部有料:2.10EUR)経由で到着。時折小雨。あるお店を求めてうろうろ。 やっと見つけた。工房兼店舗。 アルザス大好きという本に載っていた。陶器を3点ほど購入。重いが車なので楽ちんだ。 店員に日本の本に紹介されていると話すと、どうもご存じないようで、驚いておられた。コピーを取っていた。快諾OK。


カーナビA35高速道路で再び陸路ドイツ入り。カールスルーエ(Karlsruhe)を経て、Heidelburg(HD)から一般道でフランクフルトへ。時折豪雨となるあいにくの天気。 ドイツに入ってからはカーナビが役に立った。

フランクフルトに入ったが、給油所がない。うろうろ。アウトバーン5号線を下ること10kmのところで給油できたが、反対車線が事故で大渋滞。カーナビのおかげで迂回路を走り無事19:00返車。しかし空港の西に給油所があると知ったのは後の祭りだった。給油所は借りる際に確認しておくことが重要だ。

無事チェックイン。BIFIなどのお土産を求め、空港B1Fのスーパーへ再度立ち寄ったが、残念なことに、BIFIはすっかり売り切れていた。

NH210便NewStyle CLUB ANA ルフトハンザのセネターラウンジへ寄ったが、なんとアントニオ猪木氏がいらっしゃった。遠征の帰りのようでだいぶお疲れの様子だった。

 NH210便。機材はB44。席はアッパーデッキのビジネスクラス。復路もGET35から、プラチナ、SFCのアップグレード券を使ってUPGした。 快眠快食だった。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:43 | コメント (2) | トラックバック

2005年06月05日

フランス遠征(6)〜Saverneを散歩

Rose garden 10:00起床。もうすっかりこちらの時間帯に慣れてしまったのだろうか。
今日はSaverneの街を散策。せっかくなので、列車の旅を提案。Saverne駅に行く。ストラスブールあたりまで往復しようと思ったが、意外と遠くて高い。2駅先のSteinbourgまで往復することにした。しかし次の列車はあいにく12:25発までない。

 再びSaverneの街を散歩。RoseGarden(バラ園)に行く。入園料は通常2.50EURだが、まだあまり咲いていないからか、TIPのみでいいとのこと。 ベンチで休憩。 16:00撤収。 駅へ戻ったが、次の列車(SNCF)は19:00。日曜は運休が多いようだ。

タルトフランベ 夕食を求め、散歩。市街のほとんどの通りを歩いたことになる。18:20Brassrieで、タルトフランベ+ビール(Karl's Bräu + Saverne)をいただく。うまい。15EURなり。

SNCF Region Alsace19:00単身SNCF乗車。ディーゼル単行(キハ)のter。19:06Steinbourg着。無人駅だ。  ちょっと寂しい街をぶらぶら。 20:26発の列車(電車2両)で戻る。往路はなかった検札があった。20:12Saverne駅着。 部屋へ戻り、宴会。

今日のレンタカーの走行距離:0km
今日の宿:Hotel Europe。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:14 | トラックバック

2005年06月04日

フランス遠征(5)〜Route de vin

9:30チェックアウト。今日はワイン街道を巡りつつ、アルザス北部のSaverneを目指す。その前に、Colmarのcoraで土産の買い物。
Riquewihr
Riquewihr、Ribeaupierにてそれぞれ街を散歩。なかなかいい街である。ここのアルザスワインは有名らしい。

Saverneに到着。ここも宿を手配していないので、まずはiへ。英語が堪能な若い女性に相談。彼女おすすめのホテルを紹介してもらった。 早速出かける。宿では待っていたかのようにご主人?がお出迎え。チェックイン。部屋はかなり広い。駅前通り(Rue de gare)に面している。ラックレートは87EURだった。iでは60EURとのことだったが、、、。

Hotel Europe@Savarne
 安全をお金で買って、プライベート駐車場を利用。 Saverneの街を散歩。 ドライブして、郊外のスーパーで買い物。
夕食は宿の隣のレストランでコース料理をいただく。飲み物は白ワイン(ピノ・ノワール)


今日のレンタカーの走行距離:139km
今日の宿:Hotel Europe。iで当日手配。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:19 | トラックバック

2005年06月03日

フランス遠征(4)〜CITE DU TRAIN

朝食(別料金)はパスしてドライブへ。Mulhouse(ミュールーズ)を目指す。交通博物館(Cite du train)があるのだ。場所がよくわかっていないので、ミュールーズの街中に行き、iを見つけて情報収集。少し走ったところにあるようだ。 ついでにサンドイッチを購入。 

2005060301.jpg 迷いながらも到着。入場料は9EUR。6000m2(平方メートル)もあるそうだ。 館内は実物の機関車、客車などが何十台と展示してある。ほとんどの車両に入ることができないのは残念だが、見応えはあった。 ちょうど学生団体が去った後だったのでゆっくり 落ち着いてみることもできた。 SLの展示がとても多い。ルマン号というのはなかなか立派な機関車だったようだ。 ヘッドマークも豊富に展示されている。 ほかに331km/hの記録を打ち立てた電気機関車もあった。TGVはなかった。


2005060304.jpgジオラマコーナーがあり、力の入った作品が展示されている。0.50EUR入れると、列車やジオラマの仕掛けが動き出すのだ。なかなかおすすめである。

敷地が広いので歩き疲れた。館内のレストランで軽食。サンドイッチだけどいうと、暑い外に案内される。サンドイッチ+cafeで5.50EUR。今日もいい天気で 暑いながらも気持ちよい。 いやー歩いた歩いた。


車で移動。Route de vinというワイン街道の途中で風景撮影。ぶどうはまだまだだ。

2005060305.jpgコルマールに戻って、散歩後、夕食は魚料理のレストランRESTAURANT AUX TROIS POISSONS。日本語がほんの少し(メニュー関係のみ)できるスタッフがいて楽しかった。 シュークルト(18EUR)は、魚だった。肉の入ったのを期待したが、魚料理のレストランなので無理もない。サラダ(9EUR)もつけた。
外で食べていたが、途中風が強くなったので中に移動。 飲み物はMuscat(ミュスカ), Gewurztraminer(ゲヴュルツトラミネール),Riesling(リースリング)。

今日のレンタカーの走行距離:134km
今日の宿:今日もHotel Turenne

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:57 | トラックバック

2005年06月02日

フランス遠征(3)〜コルマールでロスト

7:00起床。眠い。こちらの時間にだいぶ慣れてきたか。朝食は昨日スーパーで買ったハムやフランスパンなどを使って部屋で取る。

プチ・ヴェニス 9:00出発。コルマール(Colmar)の市街地へ移動。Rappという地域の地下駐車場に止める。市街散歩。ここも木組みの家が多い。ここコルマールは数十年前に日本のドラマの舞台となった街だそうだ。しばし歩いてcafeタイム。オープンテラス(というか路上)で一休み(2.30EUR)。プチベニスへ行く。運河のような川が流れている。家から直接船に乗れるところもある。そのへんがベニスらしいのだろう。

さて、今日からの宿は未定である。 宿を探さねば。 iに入ってみる。パンフレットをあさってあれこれ検討。宿泊手配の代行はしていないようで、直接候補の宿へ歩いて行ってみる。親切な対応の宿で、部屋を見せていただいた上で、2泊で泊めてもらう。 プライベート駐車場も有料であるそうだが、路上に泊めても安全だという。

タルト・フランベ コルマールではタルトフランベという、まあいわばトマトソースのない薄焼きピザが有名だそうで、今回コルマールに来た理由の一つもこれだった。 [i]そばの店にていただく。結構いける。ビールにぴったりだそうで、納得。2種類(6.20EUR+7EUR)シェアして食べた。飲み物は地元のFicherというビール。

プチ・トラン Petit train touristique de Colmar という列車型の乗り物があって、街を一周できる。ちょうど団体客がいて、1時間ほど待って乗れた。5.5EUR。街をほぼくまなく走る。路地も走り、ぎりぎりのところを通過していく。ガイドもあり、なかなかよい。 ガイドはヘッドフォンが用意され、8カ国語くらいで案内してくれる。 日本語もあったが、日本語のチャネルにすると中国語が聞こえてくる。中国語のチャネルにしたら、日本語が聞こえてきた。逆だぞ。 

 駐車場から出庫し(6.50EUR/8H)、宿近くに路駐。部屋に戻ったが、なぜかミニバーの鍵がないことに気づく。ズボンのポケットに入れていたが、どこかで落としたらしい。レストランか? 疲れていたが歩いていく。 忘れ物がないかフランス語で挑戦。しかし通じず。そしたら英語で聞かれた。英語OKではないか。昼の時の担当はすでにいなかったが、親切な女性のおかげで鍵がやはりここに落ちていたことと、ちゃんと保管してあった事がわかった。あったあった! 助かりました。慣れないことには気をつけなければいけない。

夕食 夕食はパン屋さんでサンドウイッチを買い、部屋ですます。スーパーもあり、水やビールも安価に手に入る。 そんなに腹が減っていなかったのだ。タルトフランベルは腹持ちがよいのかもしれない。 飲み物はスーパーで買ったヒューガルデンホワイト(1.20EUR/500ml)。

今日のレンタカーの走行距離:8km
今日の宿:Hotel Turenne 1泊68EUR。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:49 | コメント (2) | トラックバック

2005年06月01日

フランス遠征(2)〜フランス入国

時差ぼけもあって、5:30起床。ちょうど日の出だった。部屋から日の出を拝むことができた。空港やアウトバーンの近くの宿だったが、意外と静かだった。

朝食
朝食(16EUR相当)を食い、アウトバーンA5線を下る(Basel方面)。途中バーデンバーデンのPAで休憩。まだ右側通行には慣れず。緊張度は高い。 Kehlからライン川を渡ると、そこはフランス領。かつては国境検問所があったが(今も建物はある)今は自由に往来ができる。


アウトバーン@ドイツ

適当に走ったらストラスブール到着。駐車場に止め(2EUR)、プチフランスをしばし散策。 アルザス地方独特の木組みの家が多い。ようやくヨーロッパに来た雰囲気である。

ストラスブール

ストラスブールから高速道路A35を下りコルマール(Colmar)下車。宿はICのすぐそばだった。発見したのでチェックイン。Novotelだけど、ちょっと狭い感じだ。

買い出しへ市街地下見。一方通行が多く、また道路も狭いので緊張。coraというショッピングセンターを見つけた。とても広い。 水(Evianなどがとても安い)などを購入。 フランスパンも安い。ビールも種類が豊富で安い。ドイツと違ってデポジットも不要だ。


夕食
ホテルそばのGrillで夕食。焼き方をミディアムにしたのにずいぶん生焼けの肉が出てきた。なかなか噛み切れない。飲み物はフランスのビールAMSTEL。

今日のレンタカーの走行距離:303km。右側通行にも少し慣れてきた
今日の宿:Novotel Colmar 珍しい平屋のホテル。そばに空港(飛行場?)がある。直販で69EUR。ラックレートは240EURだそうだが、高すぎだろう。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:22 | トラックバック

2005年05月31日

フランス遠征(1)〜NewStyleClubANAでフランクフルトへ

今日から妻とフランス遠征。
6:00起床。 YCAT7:50発のバスで、9:10成田第2ターミナル着。ANAのVカウンタでチェックインして、signetでマターリ。どんよりしている。

ANA NewStyle ClubANA 11:05搭乗。NH209便(ANA運航)。GET35で予約して、プラチナのアップグレード券でビジネスクラスにUPG。席は17HK。 C席は80%ほどの搭乗率。NewStyleClubANAだ。

ANA機内食 食事は1食目は洋食、2食目は和食(妻は逆)にした。1皿ずつサーヴされ、味も我々貧乏人から見れば上々。 CAは1人だけ外国人だった。その方が我々担当(単なる記録なので他意はない)。 食後寝る。170度に倒れるシートのおかげで気持ちよく眠ることができた。

(以後現地時刻)16:30フランクフルト空港(FRA)着。 レンタカーの手続き。FullSize(MercedesBenzClassほか)だったが、ベンツではなく、SKODAというメーカのディーゼル車だった。まだ11kmしか走っていない事実上の新車だ。

ホテルのシャトルバス路線図 92年以来の右側通行運転なので、今日はおそるおそる運転。いきなりアウトバーンに乗り、空港から5分ほどで宿に到着。 無料のシャトルバスがホテルと空港を朝から夜遅くまで30分おきに運行されていることを到着後に知った。


ERDINGERとソーセージ 空港で買い物し忘れたので、バスで空港に戻り、地下のスーパーでビール、ソーセージなどを買い込み。部屋で軽く宴会。早速ポットがソーセージを温めるのに役に立った。

今日のレンタカーの走行距離:5km
今日の宿:InterCityHotel Frankfurt Airport。 日本からAppleworldで手配。朝食付きで2人で\9000ほど。ラックレートは250EURもする。本当だろうか??

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:43 | トラックバック

2