2006年02月27日

札幌遠征(3)〜天気で誤算

函館本線小樽駅 朝から晴れている。今日はおでかけ日和のようだ。 10:30チェックアウト。今日も別段することはないが、帰路便は夜なので、十分時間がある。思うところがありまして、小樽へ出掛けてみる。 しかし小樽へ近付くほど、荒天になってきた。今日は雪である。 日本海は荒れ放題。 それでもJRは時刻通り運転しているのはたいしたものである。

 11:46小樽。 外は吹雪だ。 意気消沈して小樽散策をあきらめ、小樽築港のマイカルでショッピングに方針変更。 しかし小樽から戻るころには晴れてきた。どういうことか。 今回はついていない運気のときに旅行に来たようだ。

2006022702.jpgウインドベイ小樽(旧マイカル小樽)をぶらぶら。 昼食は和食ランチをくったが、味噌汁がインスタントだったなど、いまいち。経営が苦しいことが質素な食材でよくわかる。器は立派なので、はじめのうちは景気がよかったのだろう。

 思うところがありまして、靴をABCマートで購入。ホーキンスの雪道対応靴である。これで真冬の北海道やドイツも大丈夫そうだ。ついでに防水スプレーも購入。

 ANAからもらったクリーニング代に少し足してジャンパーを購入。似たような色、機能の品があったのでご縁と思い買った。

 アウトレット屋が多いのでいろいろ冷やかす。 NewYorkerというわしらにはおおよそ縁のない店で特売をしていたので、ついつい吟味。 シャツが70%off(1050円〜)だったので、身分不相応ながら購入。

2006022703.jpg ラッセル車が待機する小樽築港駅に戻り、17:10発の快速エアポート(uシート:300円+)で空港へ。 既にチェックインは午前中に札幌駅で済ませていたので、signetへ直行。 セキュリティで防水スプレーがひっかかった。 知らなかったが、機内持ち込みできないらしい。 制限品として預かってもらうことになった。持ち込めないと知っていれば、購入しなかったのに。

 signetでサッポロクラシックを飲みつつ、しばしマターリ。 小樽で買った六花亭豆パンをつまみにする。荷物が多いので、ANAならではの優先搭乗権を行使。 さっさと座った。 NH76便。機材はB44。席は28FG。 21:00羽田。 21:25発の直通浦賀行きで帰宅。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 22:42 | コメント (2) | トラックバック

2006年02月26日

札幌遠征(2)〜スープカレー

ゆっくり起きて11:00出発。 外は雪が降りそうである。

2006022601.jpg 今日明日は特に予定なし。 site氏(仮名)に便乗して大通のS(エス)という店でスープカレーをいただく。数年前から北海道を中心に流行のきざしがあるスープカレーだが、食べるのは初めてであった。 和風仕立てということもあり、思いのほかあっさりしていた。 チキンベジタブルカレー(1000円)を食べたが、意外と量があった。満足。 Hotpepperについていたクーポンでラッシー(450円相当)が無料でついてきた。

スープカレー発祥の地は?(see ranking)


食ったら雨が降ってきた。雪ではなく、雨である。 わしたショップで買い物。北海道へ来たのに沖縄の土産を買うというのも。。。わしたメンバーズカードで5%offだった。 たまたまわしたカードを持っていたので特典にありつけ、ポイントもGETできた。

ご招待されてsite氏宅で茶をしばく。去年一戸建てに引っ越してから初訪問。築23年という割には、立派な内外装である。 集合住宅にしか住んだことのないわしにとってはうらやましい限り。 これは結構なお宅であった。

これは何でしょう? 夕刻解散。 地下鉄で新さっぽろへ移動。 ダイエーで買い物してスパでマターリしたあと、部屋で夕食とした。 外は台風なみの大荒れの天気である。雨風は夜半まで続いたが、日付の変わるころには星が見えていた。

今日の宿: 今日もシェラトンに連泊。スパ利用券は2日分もらえた。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:56 | トラックバック

2006年02月25日

札幌遠征(1)〜思わぬ臨時収入

今日から札幌遠征。
10:50と、ゆっくり出発。11:00羽田空港。 今回はパック利用なので、団体カウンタでチケットや宿泊バウチャー券をもらう。 往路はすでにチェックイン済みだった。

2006022501.jpg signetでマターリ。軽食クーポンをもらったので、妻は60番ゲート付近のおにぎり屋でおにぎりGET。わしは65番ゲートまで散歩がてらパンGET。 飲み物はモルツプレミアム。安いチケットなのにタダパン、タダビールで贅沢三昧。 signetからぼけらっと離陸機を見る。3月開業のスターフライヤー機を目撃。その他アシアナのソウル行きほかを見送る。

 12:40搭乗。NH65便。機材はB44。席は21JK。IITなのに非常口座席(EXITROW)である。こんなこともあるのか。21Hは空席ではなかった。前方の20HJKが空いているにもかかわらず、21H氏は移動せず。きっとお見合い席でCAと話がしたいのだろう。実際そうだった。あのぉ、狭いんですけど(w

 ドリンクサービスの時に、21H氏の過失により、CAが持っていたドリンク(お茶系?)をこぼしてしまった。CAにズザザーっとかかってしまったが、ひざかけにしていたわしのジャンパーの袖にも被災していた。たまたまCAに確認してもらい、応急処置で染み抜きしてもらうことになった。砂糖が入っていると乾燥後にごわごわして不快だが、お茶系なら特に問題ないと思っていたが、しばらくして、染み抜きの確認をしてほしいと、呼び出された。

 一生懸命洗ってくれたようで、袖はしっかり濡れていた。ちょっと今は着る気になれない湿り具合である。話を聞くに、クリーニング代として2000円支払うという。金などいただけるとは全く思っていたかったので恐縮至極。

 元はといえば、21H氏の誤った振る舞いが引き金となったので、ANAに落ち度はないと思うのだが、一応お申し出通り受け取った。 このジャンパーは6,7年くらい前に北海道上富良野町で4000円くらいで購入したものである。これを機会に買い替えようかと思う。

旅にハプニングはつきもの!?(see ranking)


 14:35新千歳空港着。 15:04発の快速エアポートのuシートで新札幌へ移動。 外は概ね晴れている。 15:35新札幌。 まずはシェラトン札幌へチェックイン。 今日は地元のsite氏(仮名)とここで滞在予定。site氏は先着し、名物スパアルパへ先行していた。 おいかけるようにわしらもスパへ。

SPA ALPAこのホテルは2回目だが、スパは初めてである。 スパとはいえ、ほかによくある水着ゾーンはなく、風呂ゾーンのみである。男女共用エリアはガウンを着たあとにラウンジがある。
風呂はジャグジー(高温/低温)、ノーマル浴槽、ジェットバス、打たせ湯(どちらも水圧強力)、寝湯、未ストサウナ、遠赤外線サウナ、水風呂がある。 カランは備品が豊富で、はぶらし、剃刀、固形石鹸、円形クシ、コップ、洗いブラシ2種など。ちゃんと定期的に交換しているようだ。 いたれりつくせりである。 バスタオルが使い放題で、サウナに出入りするたび交換できる。 風呂上がりには血圧計、体重計があり、計り放題。体重計は入り口にも別にある。浴室はカルキの臭いはするが、どこかなつかしい臭いである。銭湯のにおいに似ている。
ドレスルームも備品が充実。さすがに通常価格2200円(宿泊者1100円)するだけのことはある。

北海道へ安く行く方法がみつかるかも(see ranking)


 浴室でsite氏と再会し、新年のご挨拶。忙しいらしい。例のとおり旅談議ほか。

 ラウンジでお互いの妻と4名で小宴会。 風呂上がりの一杯はウマウマ。おつまみにラーメンサラダなど。

2006022502.jpg 18:30スパ撤収。本宴会のために外出。 ガード下のもっきり市場にて。つぼ鯛、つぶ貝、ぼたんえびほか。飲み物はサッポロ黒ラベル。 いつもの調子でダベリング。
終宴後、部屋で2次会。貴重な資料写真を拝見する。来月のニュージーランド遠征の参考になったようだ。

23時頃解散。

今日の宿: シェラトン札幌(17F)。ゆこゆこ旅(旅行計画)のパック。羽田-新千歳往復(ANA限定)、シェラトン2泊(食事なし)、スパ利用券がついて2名1室で27500円と格安だった。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:50 | トラックバック

2006年02月19日

函館遠征(2)〜暗転

 昨夜はたいして飲酒していないのに頭痛で二日酔い状態である。さらに太ももなど節々が痛む。 慣れない歩行で筋肉痛になったのだろうか。 参ったな。

アノ人が泊まった宿は?(see ranking)

 ぎりぎりまで横になって、11:00チェックアウト。 外は概ね晴れている。路面が濡れているので、気温が高いのだろう。

 町を歩いたが、体調がすぐれないので、予定を早めて新千歳空港へ移動することにした。12:17発のスーパー北斗9号で移動。 キハ281系8両編成。7号車の自由席に着席。 自由席は札幌寄り2両で、今では2両とも禁煙車だが、去年始めまでと、繁忙期?には先頭車の自由席は喫煙車だった。そのためか、はじめは8号車に入ったものの、客室がくさくさだった。なので、7号車へ移動した次第。7号車はもともと禁煙車であるので、異臭はなかった。

北海道の列車の旅満喫したい方...(see ranking)


大沼公園や噴火湾の車窓を楽しめたが、不調感からその後は多くの時間を睡眠に充てた。脈が120/分もあったほどだ。参ったな。食欲もなく、昨日のロコモコ以来お茶しか飲んでない。 15:06南千歳駅。 15:16新千歳空港駅着。 帰りはNH76便(19:25発)の超割予約を持っていたが、現在から最も早い便であるNH70便(16:30発)への変更を依頼する。 スキー帰りと見られる利用者が多く、預け荷物検査や、チェックインカウンタは長蛇の列。しかしスーパーシート/スターアライアンスゴールド専用カウンタはガラガラで、並ぶことなく手続きできた。
しかしNH70便を含め、全ての東京行が予約で満席で、空席待ちとなった。もらった空席待ち番号は種別Aの21番。7番目くらいだという。微妙である。

 土産アーケードも混んでいるし、不調なのでsignetへ。サッポロクラシックは自粛して、野菜ジュースとヘルシア緑茶とANAおつまみをいただく。

 空席待ちの発表が17番搭乗口らしい(signetは8番搭乗口付近)ので、早めに移動。延々歩いて着いたが、10番搭乗口からJALエリアで、17番搭乗口にはANAのロゴも空席待ちカウンタもなかった。 おかしいなと思って空席待ちカードを確認すると、「17番カウンタ」と明記してあった。 チェックインカウンタの横である。 しまった。戻らなくては。 しかし新千歳は出発/到着が完全に分離しており、出口へ行くことは簡単にはいかないようだ。 セキュリティチェックの係員に事情を話すとすんなり出してもらえた。セキュリティゲートを逆行である。 17番カウンタへは呼び出し時刻前にはたどり着くことができた。

 種別Aの15番から22番までが呼び出され、21番のわしもカウンタへ。しかしわしのほかは15番の紳士のみで、彼はYからSSPへのUG待ちだった。 運よく席にありつけた。 セキュリティに並んでいるときに種別Aの24番で満席になったというアナウンスを聞いたから、ラッキーだったといえよう。ここでもスターアライアンスゴールドの特典を享受出来た。

あわただしく搭乗。 NH70便。機材はB44。席は14Dだが、先客が。席を確認してもらうと、14Hと間違えていた様子。 14Dも14Hも通路側だったので、移動してもらわずに、わしが14Hに着席することにした。 14DはSSPにUGした人が指定していた席かな。 半券のチェックイン番号は577番だった。

16:30出発。 新聞を読んでいたが、不調のためほとんどの時間を惰眠に費やす。飲み物サービスのときに偶然起きたのでスープをいただく。

18:10羽田到着。 18:33発の京急快特で帰宅。太ももと腰痛のため、階段上り下りがしんどかった。 傘を持参していったが使わずにすんだ。

帰宅後、夕食をとったが半分残してしまった。食後早々にベッドへ。念のため熱を計ったら38.4度もあった。参ったな。なぞの高熱である。 病は気から。気合を入れて邪魔を追い払ってみたいと思う。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:09 | トラックバック

2006年02月18日

函館遠征(1)〜ラッキーピエロ三昧

 今日から北海道遠征。 4:50起床して6:21羽田空港。
NH4781便(AIRDO81便)。 機材はB63。席は4G。 バスで搭乗だった。7:25離陸。

関東地方、福島市、蔵王などがよく見えた。8:20函館(HKD)。 8:30発の函館バス運行のめぐりっこ号(200円)で湯の川温泉へ。 湯の川温泉から市電(函館市交通局)に乗る。

 今回の旅行目的は函館名物ラッキーピエロの食べ歩きである。まずは杉並町で降りて松蔭店へ。途中転倒しつつも、9:25到着。しかし開店は10:00だった。早過ぎた。氷点下の外で待つのはしんどいので、松蔭店は後回しとして、五稜郭公園店へ行く。五稜郭タワーが2つある。いつの間に? そばへ行くと、新しいタワーは2006年4月オープンとのこと。従来のタワーの高さが60mであるのに対し、新タワーは98mだという。新タワーはほぼ完成しているようだ。高さの違いは明らかだ。
現タワーに入り、五稜郭の歴史を復習。

左:くじら味噌カツバーガー 右:ラッキーピエロ五稜郭公園店 10時になったので、ラッキーピエロ五稜郭公園店へ。すでに客数組。 今回は人気No.2というクジラ味噌カツバーガーを食う。鯨料理自体珍しいが、カツレツにしてみそだれをつけ、それを洋風のバーガーにするのが興味深い。 例の通りオーダーをしてから作り始めるので、できたての味が楽しめる。うまい。飲み物はコーンスープ。これもなかなか。ごちそうさまでした。

函館限定の味はまだまだある(see ranking)

外へ出たら雪が降ってきた。時折吹雪く。 五稜郭公園駅から再び市電乗車。 あてもなく、気の向くままに末広町で下車。雪は降り続いている。 ラッキーピエロベイエリア本店へ行ったが混んでいそうだ。夏場はともかく、今は外で食べる場所がないのと、さっき食べたばかりでまだ食えそうにないので、素通り。 西波止場、金森倉庫などを冷やかす。函館ビアホールは全面禁煙になっていたのがグッドニュース。

雪道では、乾燥路と同じように踵から着地して歩くと転倒しやすい。着地は路面と靴が水平となるのが転倒しにくいと言われている。 今日転倒後そのことを思い出し、そのように歩いているが、普段と違う筋肉を使うようで、早くも歩き疲れてしまった。十字街から再び市電乗車。

終点湯の川まで乗る。 湯の川温泉を2つほど取材し、市電に揺られる。 函館駅前にて下車。 2005年8月以来の函館駅を再訪。 14:00になったので、徒歩で宿へ移動し、チェックイン。 歩き疲れ、寝不足と早起きのためか、睡魔に襲われ、昼寝モードに。

 起きたら夜だった。 雪はやんでいるし、星が出ている。ラッキーピエロベイエリア本店へ買い出しに。 ついでなので函館の名所のライトアップ風景を撮影。 夕食は当初チャイニーズチキンバーガーと隣のハセガワストア(ハセスト)のB級グルメ「やきとり弁当」にするつもりだったが、思うところがありましてラッキーピエロのチャイニーズチキンロコモコ(520円)にした。ハセストのは明日の昼食にしよう。 ラッキーピエロは22時でも店内は満席だった。

 ライトアップ、イルミネーションは22時で消灯してしまうらしい。はこだてビールで土産用はこだてビール(250mlx3 1260円)を購入。 はこだてビールレストランも全席禁煙となっていた。これもグッドニュース。 ロコモコをホテルに持ち帰り、部屋でプチ宴会。 チャイニーズチキンロコモコはハヤシライスの上に、チャイニーズチキン(甘酢唐揚げ)、目玉焼き2枚がトッピングされているハワイ風の弁当。 氷点下を5分ほど輸送したので少々冷めてしまったがウマウマ。 飲み物ははこだてビール3種(エール、ヴァイツェン、アルト)。こちらもなかなか。 これらのうまい店が自宅近くにあればと常々思う。

今日の宿: 函館国際ホテル。旅窓(楽天トラベル)で手配。冬季はオフシーズンなのか、5000円と格安だった。 本館最上階(7F)で津軽海峡も見ることができた。

(画像は後日)

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:26 | トラックバック

2