2008年04月08日

ドイツ遠征2008〜(6)嵐とともに帰国

日本時間12:00頃起床。寝ている途中背中が痛くなる。朝食は選択の余地無し、みたい。適当にすます。

うだうだしているとまもなく着陸とのこと。春の嵐が来ているようで、ふらふら揺れながら15:15おっかなびっくり着陸。成田に帰ってきた。

セキュリティまで遠い遠い。 外国人列は長蛇。日本人列は待ちなし。荷物すぐ出てきた。税関お咎めなし。晴れて無事帰国。 15:55発のバスで横浜へ。 風は強かったが雨は小康状態。 17:20帰宅。 自宅の風呂でしばしぼぉっと疲れをいやす。

今日の土産:ビール数本、BIFI潤沢、ヨード塩、ハーブソルト、パイプ人形、ハチミツ、ハンドクリーム、クナイプ数種、クノール数種、アンペルマングッズ各種、HappyHippo、プリングルスRiceほか各種菓子、マスタード(Semf)ほか

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:03 | トラックバック

2008年04月07日

ドイツ遠征2008〜(5)さらばドイツ

(画像は後日)
今日はいよいよ帰国する日。
しかし 昨夜はさすがに飲み過ぎたのか、午前中不調。とほほーい。。。

午後にはだいぶ復調してきたので、残されたミッションをこなすべく、土産探しに。東ドイツのパイプ人形を捜索。Kさんの協力でデパートなどをみるが、民芸品は扱ってないようである。 ご尽力により免税店にて発見! その他の雑貨も首尾よく調達し、なんとか15:27発のフランクフルト空港行きのICEに間に合った。Kさんも異国へ旅立つという。
さらば、デュッセルドルフ! Kさんには心からお礼を述べたい。感謝します。

ICEは高速路線を走り、16:35にフランクフルト国際空港(FRA)に再び戻ってきた。
搭乗便は20:45発だが、PLT特典のプレミアムエコノミー席への無償アップグレードにチャレンジすべく早めに来た次第。 ANAカウンタは開いていた。PYへのUGも首尾よく通路側を確保できた! 出発のINVUGといい、今回はなかなかついている。怖いくらいついている。このまま無事帰国できるとよいのだが、と思うほどだ。楽あれば苦ありというから。。。

 次のミッションはビールなどの最終買い出し。移転したスーパー「Tegut」にてのんびり買い物大会。買い物後荷物を追加チェックイン。

 しばしぼぉっとビールとプレッツェルでまったりしたあと、名残惜しいが出国。セキュリティ15分。ベルトの金属が反応してしまった。ベンチに座らされ、靴を脱がされ、足裏もスキャンされてしまう。相変わらず真面目に厳しくやっている。 もちろんやましいことはしていないので事なきを得た。 イミグレは待ちなし。

出国後免税(TaxRefund)手続きに初挑戦。まず税関へ行き、還付書類にスタンプをもらう。次に払い戻しカウンタへ行くと、現金(今回は3EUR)がその場でもらえる。どちらも並んでいなかったのでスムーズにできた。

 その後セネターラウンジへ。相変わらず混雑している。周回後席にありつく。メールを書いていたらもうじき搭乗時刻だ。

 下へ降りてB42へ。まだ搭乗開始ではなかったが、やがて開始。優先搭乗はあるが、特にチェックはしていないので形骸化している。NH210便。機材はB44。席は31D(PY)。チケットはスーパーエコ割(L-CLS 55000円)。地方で悪天候のため接続便が遅れているようで、21:30に出発。

 PYは国内線のスーパーシート並である。多少広い。フットレスト、レッグレストがついているので長時間のフライトも多少楽である。ミールはエコノミーと同じだが、チョイスやサーブは優先的に行われる。スリッパなどのアメニティももらえる。

 和食をいただく。まあまあいける味か。 飲み物はスパークリングワイン(フレシネ)。食後しばしぼぉっとしたあと いつしか就寝。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:59 | トラックバック

2008年04月06日

ドイツ遠征2008〜(4)アルトビール大会

(画像は後日)
 朝食摂って、10:30チェックアウト。今朝もベルリンは3度と冷え込んだ。Sバーンでベルリン東駅に移動し、11:38同駅始発のICEでデュッセルドルフへ向かう。

 土曜だからか、それほど混んではいなかった。Hannover、Dortmundを経由して16:20頃Duesseldorf中央駅到着。
現地在住のKさんと合流。6年ぶりのライン川を眺めたあと、デュッセルドルフ名物のアルトビールを3軒はしご。1杯250mlと少量で、グラスがあくと、わんこそばのごとく、新しいビールが出てくる。FuechschenAlt(きつねマーク),Schluessel Alt(鍵マーク),Uerige。都合10杯。Uerigeがホップがきいており、好みだった。

「Mett」と呼ばれる生豚肉のターターステーキのオープンサンドを食べる。え?豚肉の生? 牛肉なら生でも食べたことはあるが、さすがに抵抗感がある。 しかし、普通に食べられている料理とのこと。日本じゃ食べられそうにない料理だ。これもいい機会と、ありがたくいただく。 むほ!意外と行けるようだ。ネキトロに似た食感とでもいうのだろうか。これは結構なお味で。

 さすがに10杯=2500mlである。フラフラ君になってしまった模様。でもおいしかった。ドイツに来て、デュッセルドルフに来てよかった。ほかにもブロイハウスはあるようなので、次回以降攻略してみたい。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:35 | トラックバック

2008年04月05日

ドイツ遠征2008〜(3)ベルリンの壁

(画像は後日)
8:00起床。 6:00頃一旦目が覚めたときは外は晴れていたようだが、いまは小雨である。参ったな。 

9:00朝食。シンプルではあるが、過不足なくうまい。いつものように、ハンバーガーにして食う。フランクフルター、スクランブルエッグといったホットディッシュあり。

今日は連泊なので、朝食後洗濯大会。バスルームにオイルヒータがあったので全開にして干しておく。

今日の作戦を練って、11:30出発。 一日乗車券(ABゾーン:6.10EUR)買ってOstBahnHof(ベルリン東駅:旧東ベルリンの中央駅)へ。偶然SL等のイベント車両が1番線にいた。撮影大会。食堂車もあり、軽食も取れるようだが、昼時とあって、満席のようだ。もっとも さきほどの朝食で 空腹ではないのだが。

撮影大会後、イーストサイドギャラリーを歩く。ベルリンの壁が保存されている。壁には落書き、ではなくアートが書かれ、飽きることなく歩くことができる。

 Warschauer駅からUバーンでMoeckernbruecke駅へ。徒歩数本のドイツ技術博物館へ。 入場料4.50EUR。 コート預かりあり(無料)。かつて機関庫があったところに建設されたので、扇形機関庫を流用した鉄道車両展示がある。SLを中心に約20種類展示。なかなかおもしろい。 さきほどのベルリン東駅といい、今日は撮影枚数過多で早くも電池ゲージが減ってきた。

 鉄道系だけでなく、他の交通や、いわゆる技術系の展示もある。

 Gleisdreieck駅からUバーンでEberswalder Str.駅へ。 この近くにあるカリーブルスト(カレーソーセージ)で有名な店Konnopke's Imbissへ。前評判通り、行列ができている。 ドイツで行列ができることはスーパーのレジや主要駅のDBの切符売り場以外であまりない。カリーブルスト(1.70EUR)をオーダ。ぶつ切りしたソーセージにカレーパウダーと甘辛ソースをかけてあるベルリン名物。うまい。行列ができるのも納得。

 UバーンでAlexanderPl駅に戻り、しばしぼぉと散策。何かイベントがあるようだ。ミニオクトーバフェストか。ハート型のお菓子売りなどの出店がある。

 路上でブラートブルスト(焼きソーセージ)売り発見。1.20EURと安いのでついつい購入(笑)。うまい。電化小売のSaturn冷やかし、Sバーンで宿近くの駅に戻る。 
買い物大会。Karstadtで煙人形探し、NotFound。向かいのPlus,Keiser'sで買い物大会。小麦粉、塩、ビールほか。ユーロ高だが、それを差し引いても安い安い。思わず歓声を上げてしまう。

Alexで買った焼きソーセージを夕食代わりにして部屋でビール大会。ハルツ地方のビールと、シェッファホッファ。

今日の宿:今日もHotelOrionに連泊。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:32 | トラックバック

2008年04月04日

ドイツ遠征2008〜(2)ブランデンブルク門

(画像は後日)
7:00起床。外は5度くらいだという。さすがに北海道より北にあるだけあってまだまだ春本番とはいかないようだ。8:30チェックアウト。HannoverHbfを探検。しかし意外と広くて探検しきれず。次回にチャレンジ。

 今日はベルリンへの移動だ。ジャーマンレイルパスでの移動なのと、まだ時間があるのでまっすぐ行かずにハンブルク経由で行くことにした。 9:20発のICEで一路ハンブルクへ。ハンブルクでは観光はほどほどに、かねてからやってみたかったハンバーガーを食べることにした。ハンブルクはハンバーグの語源となったらしい街である。元祖ハンバーガー?をIMBISSで購入。2.80EUR。

HamburgHbf発11:03のICEに乗るつもりだったが、混雑しているので、1時間後のICEにして、なおかつその列車の始発駅であるHamburgAltonaまで行くことにした。Sバーンで12分ほどで到着。 Altona駅をしばしぼぉっと探検。 Altona駅11:51発のICEでベルリンへ向かう。ICE車内でさっき買ったハンバーガーを食う。13:36ベルリン西部のSpandau下車。Sバーンに乗り換え。Charlottenburgで下車。徒歩でホテルへチェックイン。

身軽になってひとまず市内探検。徒歩でぶらぶら。クーダム通りをぶらぶら。通りの両側にはブランド店が点在し、銀座の中央通りのようである(道幅はかなり広い)。

ジャーマンレイルパスはSバーンに有効だが、Uバーンには乗ることができない。SバーンのSavingnyPlaz駅から移動。東ドイツの信号機のキャラクタ、アンペルマングッズを買うべく、HackescherMarkt駅で下車。ハッケシャホーフ内にあるアンペルマンギャラリーへ。信号小人とも呼ばれるデザインのグッズが数十種類売られている。

おみやげ&我が社デコレーション用にいくつか購入。平日だが、意外と賑わっていた。見ているだけでもなかなかおもしろいと思った。

 SバーンでFriedrichStr駅(フリードリッヒ通り)へ移動。徒歩でウンターデン・リンデンへ。途中USの大使館?あり。なぜか撮影禁止。ものものしい警備であった。ウンターデン・リンデンに出ると、西側にあのブランデンブルク門が見えてくる。ドイツ統一の象徴的建築物だ。 かねてからここに来たいと思っていたが、なかなか縁がなく、今日まで来られなかった。なかなか壮観である。 ベルリン発祥のベロタクシーもたくさん走っている。

しばしぼぉっと感動しつつ、6月17日通りを歩く。戦勝記念塔まで歩こうと思ったが意外と遠く、途中で北へ折れ、ベルリン中央駅に。ここは再開発中でまだ周囲に建物は少ない。数年後にはホテルやデパートが建ち並ぶだろう。

 中央駅は広い。地下にはKeiser'sなどのスーパーもある。駅だから高い、というわけでもなく、良心的な値段である。ビールや水を調達。エコバッグが役に立つ。SバーンでCharlottenburg駅へ戻り、駅前のMediaMarkt、Kaustadtなどを下見。スーパーもあちこちにあり、この駅は便利そうだ。駅から北へ延びる通りは歩行者天国となっており、旭川駅北口の通りによく似ている。露店で野菜を売っていた。シュパーゲル(ホワイトアスパラ)ももう出ていた。季節は春なのだろう。

 宿に戻り、ビール大会。ベルリンに来たので、BERLINER Pilsner,Berliner Kindl Premium.どちらも0.59EUR+Pfund(0.08EUR)。 昼に食べたハンバーガー@ハンブルクの腹持ちがよく、夕食もおろそかに早めに就寝。

今日の宿:Hotel Orion. HRSで手配。朝食付き50EUR。無線LANによるインターネット接続が無料。WEPがかかっているので、フロントで利用の旨言うと、接続に必要な情報を記した紙をくれる。Good。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:21 | トラックバック

2008年04月03日

ドイツ遠征2008〜(1)ラッキーな旅立ち

今日からドイツ遠征。5:00出発。リムジンバスで6:50成田空港。

NH2097:00 ANA_Aカウンタでチェックイン。PLT特典のプレミアムエコノミー席(PY)をねらうべく、早起きしてはせ参じた次第。PYの空き状況を尋ねると、
「本日エコノミークラスが満席でございまして、、、」
あー、こりゃだめかと思ったが、
「本日ビジネスクラスの席をご用意いたしました」
え?耳を疑ったが、本当のようである。やた!インボラアップグレードだ。飛行機の出発は昼前だが、PY特典のために超早めにチェックインした次第。

 買い物してカードラウンジでコーヒーいただいて8:00オープンのJCBカウンタでガイドブック受領。セキュリティはANA優先口を利用したので待ちなし。しかしイミグレ長蛇の列。15分ほどかかる。ANAラウンジでしばしぼぉっと休憩。暑い。 11:05搭乗。NH209便。機材はB747-400。チケットはスーパーエコ割Web。今の時期だけ最安値の往復55000円。予約クラスはL。


機内食@NH209ビジネスクラス1食目
食前酒:シャンパン 白ワイン(NZ産) 和食:瀬戸内の郷土料理 岡山の地酒(嘉美心純米) ANAオリジナルストロベリーパフェ
コーヒー

2食目は洋食にした。飲み物はプレミアムモルツ。

16:20フランクフルト空港(FRA)着。イミグレ待ちなし。荷物はじきにでてきた。税関お咎めなし。地下のスーパーを下見しようと思ったが、工事のため勝手が違っていた。従来Terminal1のAブロック付近にあったのだが、どこかへ移転してしまったようだ。案内表示らしきものがあったので、探すことができた。Cブロックに新装オープンしていた。従来より多少広くなっているようだ。 とりあえずBIFI購入。0.79EUR。

今日はハノーファ(Hannover)まで移動。ジャーマンレイルパスを買うべく、DBの旅行センター(長距離ホーム側)へ。ここも、従来ホーム直上にあったが、FRA通路の途中に移転していた。ジャーマンレイルパスはこれまで日本の旅行代理店で買ってきたが、主なDBの駅でも買える情報をもとに、今回初めて現地調達してみた次第。問題なく買えた。4日間用2等で174EUR。日本円換算で27840円。日本で28500円程度で販売されているので若干安い。日本で買ってもどのみちバリデーションのため窓口に行かないといけないので、現地で買うのもアリかもしれない。

DB窓口で買うときの会話(抜粋) 注:英語でのやりとりである
ゆ「ここでジャーマンレイルパスは買えますか?」
窓「ええ、かえますよ。何日用をご希望で?」
ゆ「4日用を2等でお願いします(パスポートを提出) 今日から使い始めたいです」
窓「(カチャカチャ)174EURです。」
ゆ「(クレジットカードを提出)」
窓「(Invoiceを出して)サインをお願いします」

german_railpass.jpg

こうして無事買うことができた。 窓口で直接買う場合は、バリデーションスタンプは押してもらわなくてよいようだ。つまり、パスに使用開始日と有効期限日が印字されている。わしはスタンプを押してもらうのだと思っていたので、
ゆ「バリデーションをお願いします」
窓「使いたい日をご自身で書けばよいのですよ」
と間抜けな問答をしてしまった(笑)。

しばしぼぉっとFRA駅で休憩後、17:37発のICEでフランクフルト中央駅(Hbf)へ。意外と混んでおり、デッキでしばしぼぉっと車窓を眺める。

BratWuerst中央駅からは17:58発のICEが接続がよいが混雑していそうなので、後続の中央駅始発のICで向かうことにした。 ひとまずIMBISSでブラートブルスト(2.00EUR)調達。車内で食う。始発のため席には余裕があった。少々古めの車両か。しかし ICなので幹線区間では200km/h前後で疾走。すっかり暗くなった21:10ハノーファ中央駅到着。夜道を緊張しつつ歩いてホテルにチェックイン。 さすがに疲れたので外出せずにホテルの自販機でヴァルシュタイナ(330ml 2.00EUR)を買って夜食とする。

 

今日の宿:AtlantaHotel。Booking.deで手配。ルームチャージで38EURと寝るだけなら格安だった。名前からしてアメリカ系なのか、バスタブがあった。これはうれしい誤算だった。ちいさいながらもバルコニーもあった。冷蔵庫はないが、今日のところは不要である。ミネラルウォータがサービスでついていた。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:08 | コメント (3) | トラックバック

ドイツ遠征2008〜(1)ラッキーな旅立ち

今日からドイツ遠征。5:00出発。リムジンバスで6:50成田空港。

NH2097:00 ANA_Aカウンタでチェックイン。PLT特典のプレミアムエコノミー席(PY)をねらうべく、早起きしてはせ参じた次第。PYの空き状況を尋ねると、
「本日エコノミークラスが満席でございまして、、、」
あー、こりゃだめかと思ったが、
「本日ビジネスクラスの席をご用意いたしました」
え?耳を疑ったが、本当のようである。やた!インボラアップグレードだ。飛行機の出発は昼前だが、PY特典のために超早めにチェックインした次第。

 買い物してカードラウンジでコーヒーいただいて8:00オープンのJCBカウンタでガイドブック受領。セキュリティはANA優先口を利用したので待ちなし。しかしイミグレ長蛇の列。15分ほどかかる。ANAラウンジでしばしぼぉっと休憩。暑い。 11:05搭乗。NH209便。機材はB747-400。チケットはスーパーエコ割Web。今の時期だけ最安値の往復55000円。予約クラスはL。


機内食@NH209ビジネスクラス1食目
食前酒:シャンパン 白ワイン(NZ産) 和食:瀬戸内の郷土料理 岡山の地酒(嘉美心純米) ANAオリジナルストロベリーパフェ
コーヒー

2食目は洋食にした。飲み物はプレミアムモルツ。

16:20フランクフルト空港(FRA)着。イミグレ待ちなし。荷物はじきにでてきた。税関お咎めなし。地下のスーパーを下見しようと思ったが、工事のため勝手が違っていた。従来Terminal1のAブロック付近にあったのだが、どこかへ移転してしまったようだ。案内表示らしきものがあったので、探すことができた。Cブロックに新装オープンしていた。従来より多少広くなっているようだ。 とりあえずBIFI購入。0.79EUR。

今日はハノーファ(Hannover)まで移動。ジャーマンレイルパスを買うべく、DBの旅行センター(長距離ホーム側)へ。ここも、従来ホーム直上にあったが、FRA通路の途中に移転していた。ジャーマンレイルパスはこれまで日本の旅行代理店で買ってきたが、主なDBの駅でも買える情報をもとに、今回初めて現地調達してみた次第。問題なく買えた。4日間用2等で174EUR。日本円換算で27840円。日本で28500円程度で販売されているので若干安い。日本で買ってもどのみちバリデーションのため窓口に行かないといけないので、現地で買うのもアリかもしれない。

DB窓口で買うときの会話(抜粋) 注:英語でのやりとりである
ゆ「ここでジャーマンレイルパスは買えますか?」
窓「ええ、かえますよ。何日用をご希望で?」
ゆ「4日用を2等でお願いします(パスポートを提出) 今日から使い始めたいです」
窓「(カチャカチャ)174EURです。」
ゆ「(クレジットカードを提出)」
窓「(Invoiceを出して)サインをお願いします」

german_railpass.jpg

こうして無事買うことができた。 窓口で直接買う場合は、バリデーションスタンプは押してもらわなくてよいようだ。つまり、パスに使用開始日と有効期限日が印字されている。わしはスタンプを押してもらうのだと思っていたので、
ゆ「バリデーションをお願いします」
窓「使いたい日をご自身で書けばよいのですよ」
と間抜けな問答をしてしまった(笑)。

しばしぼぉっとFRA駅で休憩後、17:37発のICEでフランクフルト中央駅(Hbf)へ。意外と混んでおり、デッキでしばしぼぉっと車窓を眺める。

BratWuerst中央駅からは17:58発のICEが接続がよいが混雑していそうなので、後続の中央駅始発のICで向かうことにした。 ひとまずIMBISSでブラートブルスト(2.00EUR)調達。車内で食う。始発のため席には余裕があった。少々古めの車両か。しかし ICなので幹線区間では200km/h前後で疾走。すっかり暗くなった21:10ハノーファ中央駅到着。夜道を緊張しつつ歩いてホテルにチェックイン。 さすがに疲れたので外出せずにホテルの自販機でヴァルシュタイナ(330ml 2.00EUR)を買って夜食とする。

 

今日の宿:AtlantaHotel。Booking.deで手配。ルームチャージで38EURと寝るだけなら格安だった。名前からしてアメリカ系なのか、バスタブがあった。これはうれしい誤算だった。ちいさいながらもバルコニーもあった。冷蔵庫はないが、今日のところは不要である。ミネラルウォータがサービスでついていた。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:08 | コメント (3) | トラックバック

4