2008年11月03日

釜山遠征(2)・セマウル号

(画像は後日)
 途中何度か起きたものの、8:30までぐだぐだと。朝風呂入って9:40チェックアウト。

 東横インなので無料朝食もつく。昨日は夕食を食べなかったので、朝食をいただく。キムチ、キムバブがあるのが韓国っぽいところ。

 今日は昼過ぎの特急セマウル号で戻るほかは特に予定なし。繁華街である南浦洞が近いので腰痛ではあるが歩いてみる。今日は文化の日だが韓国では平日だ。人通りは少ない。

 魚市場があったのでぶらぶらと視察。その他のコルモクもぶらぶら。11:18地下鉄チガチャル駅より戻る。11:24釜山駅(1100KRW)。広い釜山駅を探検。ダンキンドーナツでホットベーグル(Bacon,cheese&egg:3500KRW)をGET。7-11でMaxBeer(1700KRW)を買って入場しようとしたがまだ改札は始まっていなかった。12:05Open。セマウル号の発車する1番線へ。

 12:20セマウル1004号ソウル行き8両編成。2号車の特室(グリーン車に相当)30番に着座(指定)。通路側だった。 45200KRW(券売機割引で44800KRW)。ウォン安と、腰痛のため特室を選択した次第。特室料金は普通車の15%UPとのこと。普通車の釜山=ソウル間が40000KRW程度なので、特室料金は6000KRW=480円程度と日本のグリーン料金に比べ廉価である。ただしKTXの特室料金は40%増しとのこと。

 特室は3列シートかと思ったが、4列シートだった。シートピッチはゆとりがある。さっき買ったホットベーグル食べつつ、しばしぼぉっと乗車。飲み物はHITE Max。 KTXもそうだったが、検札は来なかった。発売状況票(?)と照合しているのだろうか。

 17:13ソウル手前の永登浦(ヨンドンポ)で下車。地下街など抜けて地下鉄5号線永登浦市場駅へ。18:15頃金浦空港着。例のとおり、E-martで買い物大会。19:15チェックイン。セキュリティ手前のアシアナラウンジでメールチェック。平和っぽい。

 19:50退場。セキュリティ2人、イミグレすぐ。すでに皆様搭乗開始中。NH1294便。機材はB777-200.席はYの12D。チケットはソウル発東京経由札幌行き1年オープンの第1区間。久々の有償ソウル発券である。

 20:20定刻出発(PB)。機材食は多少豪華になり、ホットミールもつくようになっていた。1切れながら、刺し身もあった。OZとの差が大きすぎたからかなあ。

 個人用TVがついていたので映画でも、と思ったが、短距離飛行のためTV解放時間が今日は65分程度と、鑑賞できるものが限られる。ショートビデオ(ANA裏方、PINGU)をかいつまんで楽しむ。

 22:05羽田到着。イミグレ待ちなしでよかったが、ターンテーブル人多すぎ。先行したJL8834便の荷物がまだ全部出ていないようだ。税関の列もターンテーブルまで達しようかというほど見たことない長さ。さすがに連休最終日だ。

 ANA便のわしの荷物は、優先タグつきのためすぐに出てきたものの、税関渋滞だ。結局22:30解放。バスで第1ターミナル後、22:55発の京急で帰宅。

今日の土産:マッコリ、ビール(Cass,ヒューガルデン缶)、クラウンバターワッフル、カップ麺、岩海苔、キムチ、ハチミツほか。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:13 | トラックバック

2008年11月02日

釜山遠征(1)・KTX乗車

(画像は後日)
 昨日は福岡遠征だったが、今日からは続きで韓国遠征。5:30起床して6:47昨日も来た羽田空港。3連休中日だが、国際線ターミナル混雑。

 Yがかなり長い。Cも大勢。事前にWebチェックインをしていたので、ガラガラだった自動チェックイン機に初挑戦。パスポートをスキャンするまでは順調だったが、「チェックインを完了できませんでした」とでて終了。あれ、出鼻をくじかれてしまった。
 それではと有人Cカウンタへ。なんだかいつもと違う雰囲気。明らかにわしだけなのに「お連れさまはいらっしゃいますか?」と聞かれ、「1人です」と答えるとどこかへ電話しだした。あれれ?わしは指名手配か? なにやら電話処理の後、青帯の搭乗券登場。「北野様(仮名)、本日エコノミークラス満席でございまして、ビジネスクラスのお座席をご用意させていただきました」とお申し出をいただく。 やった!いわゆるインボラアップグレードである。

 セキュリティ5分、イミグレ1分。例の通り羽田国際線の待合室は広くない。JGC特典でラウンジ券をもらったが、よくみるとラウンジ入場のほか、1000円分の免税品または飲食に使えるクーポン券として使えるようだ。ただし、併用(金券として使ったらラウンジ入場不可。逆も)はできない。ちょうど韓国のガイドブックを買おうとしていたので、歩き方を購入。免税店というだけあって、消費税は請求されなかった。クーポン券とEdyの併用払いもできた。

 7:50搭乗。JL8831便。機材はB44(BA8910)。席は5D。チケットはソウル発東京経由台北行きJAL国際線特典航空券(アワード)の最終区間。すっごくお得な航空券だった。JALに感謝します。

 金浦ゆきの機内食は例の通りショボイのだが、今日はビジネスクラスだけあって、ワンプレートながらホットミールつきのご膳だった。まあまあうまい、かな。飲み物は大吟醸酒をいただく。

 MAGIC2機材だったので映画鑑賞。センター・オブ・ジ・アース(CenterOfTheEarth)を辛うじて最後までみられた。10:45ソウル金浦空港着。C席だったこともあり、出国までスムーズ。 軍資金をGETして地下鉄でソウル駅へ。今回は韓国版新幹線KTXに乗るのが目的のひとつ。自動券売機でチケットを購入。どうやら韓国以外で発行されたクレジットカードは使えない模様(窓口ではOK)。

 ロッテマートソウル駅前店で昼食を買い出し、いよいよKTXに乗車。20両編成と長い。17号車11Dの窓側だ。 13:30出発。最高時速300km/hで疾走。車窓をしばしぼぉっとみていたら一時的に目が焼きついてしまい、不思議な光景が脳裏で点滅する。こりゃいかん、寝よう。(後日談:閃輝暗点らしい)

 寝ていたら気分が悪くなりW/Cへ。事なきを得たもののその後は謎の腰痛と背筋痛におそわれる。寝違えたのか? 謎である。這々の体(ほうほうのてい)で16:13釜山駅に到着。2002年の初韓国が釜山だった。6年ぶりの再訪。しかし不調につきホテル直行。チェックイン。せっかく釜山に来たのにはなから西洋人とは情けない。バタンQ。

 疲れているのかわからないが、起きたら23時だった。うーむ、まだ腰は痛いし、おなかもそれほど空いていないし、今日はこのまま寝てしまおう。zzz。

今日の宿:東横イン釜山中央洞。直販サイトで手配。50000KRW(税10%別)のところ35000KRW(約2800円)。同ホテルチェーンの釜山第1号ホテル。システムは日本と同様で、今日は日曜のためメンバ30%OFFも適用だった。パスポートを提出すると免税となる。

 

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:12 | トラックバック

3