2008年11月16日

紀勢線で久々の国盗り

(画像は後日)
 7:30起床。昨夜は少々飲酒量が多かったためか、軽い頭痛。二日酔いであろう。参ったな。はちみつはないので、コーヒーやお茶を飲んでおく。8:30チェックアウト。追加精算がなければポストのような箱にカードキーをいれればチェックアウト手続きは完了する合理的なシステム。今日は朝から雨である。

 今日は国盗りしつつ迂回して帰る。阪和線、紀勢本線を南下するコースを選んだ。新大阪を9:02に出る特急オーシャンアロー5号に乗るべく、余裕と思って宿を出たが、地下鉄御堂筋線が中津駅どまりがあったりして新大阪に着いたのは8:57.意外と地下鉄とJRは遠くて、11番線に下りたら特急が入線中。ぎりぎりセーフで指定席車両7号車にJump on。事なきを得た。車内を歩いて2号車自由席へ。ガラガラであった。 283系9両編成。サハ283-2.自由席は2両あるが1両は喫煙車なので事実上1両である。

 二日酔いにつき、国盗り済みの和歌山到着まで睡眠タイム。御坊まで盗らずに済むことがわかり、さらに睡眠延長。 御坊からは起床し、雨降りの車窓をみつつ、要所要所で国盗り。 天王寺で多少乗り込んだが半分程度か。紀伊田辺までに大半が下車してしまう。以後ガラガラ。12:51新宮着。

 13:03発の特急〔ワイドビュー〕南紀に乗り換え。南紀号はさっき通った紀伊勝浦始発だが、紀伊勝浦から乗ると確実に座れるものの、多気まで乗る料金が600円くらいUPしてしまう。オーシャンアローで通りすがる際に、自由席にかなりの空席があることを確認していたので新宮で座れる確信を得ていた。自由席は1両しかないが、無事窓側着席。キハ85系4両編成。ハザ3、ハ1.ワイドビューという名の通り、側窓が大きく、座席が通路より15cmくらい高い位置にある。段になっているのでバリアフリーではない。

 そろそろ腹減ったので車内販売で弁当を買って食う。めはり寿司、さんま寿司があったが、無難?そうな幕ノ内弁当(920円)をGET。紀伊勝浦で積んだばかりなのか、ごはんがまだ温かかった。幕ノ内は鮭など魚のおかずが多いのが普通と思っていたが、ここのはハンバーグやウインナーなど肉中心であった。これは予想外。 

 紀伊長島で自由席は満席になった模様。15:03多気着。途中改札は回ってこなかった。15:21発の快速みえ号で15:28松阪へ。キハ75系2連。1号車の半分は指定席。完売のようである。6CDは調整席か。 松阪で長らく使ってきた普通乗車券(横浜市内→松阪 経由:新横浜・新幹線・京都・東海・大阪環・阪和・紀勢)が任務終了。ここからは青空フリーパス(2500円)の出番だが、まだ買ってないのでみどりの窓口に並ぶ。運悪く3人ほど並んでいる。なんとか15:36に買えた。15:38発の快速みえ号に間に合った。 実際は遅れてて、15:40発だった。今日はぎりぎりが多い。

 この快速は4両編成。ガラガラであった。一路鳥羽へ。16:16到着。折り返し16:49発で戻る間に国盗って鳥羽1番街ぶらぶら。土産購入。さきほど乗ってきた列車で名古屋を目指す。もう日も落ちてしまったのと、名古屋までは国盗り済みなので、ポチポチタイム。津から伊勢鉄道となるが、例外なく車内改札を行っていた。青空フリーパスは伊勢鉄道も乗り放題なので無問題。

 たいして混雑することなく18:41名古屋到着。20:27発のこだまで帰るが、まだ時間があるので国盗りの落ち穂拾いをすることに。それゆえ青空フリーパスを買った次第。時刻表と相談して、あと約2時間で2国盗ることにした。まず東海道線快速で穂積駅(岐阜県瑞穂市)へ行き、本巣エリアを盗った後、名古屋へ戻り中央線で鶴舞駅へ行き(19:55)、千種・鶴舞地域を盗った。その後20:11に三度名古屋へ戻り、夕食と土産を買い出して新幹線ホームへ。こだま584号 ぷらっとこだまのグリーン車プラン。9号車の一角をJR東海ツアーズが買い取り自社(JR東海旅行業)で販売している。名古屋?新横浜8700円でグリーン車に乗れる。例の通りワンドリンククーポンつき。プレミアムモルツ(270円相当)に交換した。

 20:27出発。一角だけ人口密度が高い(笑)。車内は極めて静かでグリーン車にふさわしい雰囲気だった。 名古屋の駅弁をいただいて、その後はZN2案件のコーディングに精を出す。静かだったこともあり、重要(?)な関数がゼロから始めて1つ完成した。

 何度ものぞみやひかりに抜かれたが、それでもなんだかあっという間に22:57新横浜到着。地下鉄で帰宅。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:14 | トラックバック

2008年11月15日

関西で紅葉+忘年会

(画像は後日)
 今日から関西遠征。4:40起床し、5:46新横浜へ。6:00始発のひかり393号乗車。数少ないN700系によるひかり号である。 今日は連休ではないためか、それともいつもそうなのか、自由席はガラガラであった。他のひかり号と同様、1?5号車が自由席。全席禁煙なのがGood。2号車8E。

 小田原、静岡と停車した後は名古屋・京都と停車。新横浜発車時点ではこの2号車はほんとにガラガラだったが静岡発車時点で半数以上埋まったようだ。

 N700系は静かにかつ高速に走行。8:01京都着。今日は高野山を目指すが、思うところがありまして、京都から近鉄線に乗り換え。スルッとKANSAI2Dayきっぷで入場。近鉄京都駅でご主人(仮名)と偶然会う。おやおや、京都駅までお出迎えとはあれ嬉しや。

 8:16発の急行橿原神宮前行きで大和西大寺へ。さらに急行に乗り換えて近鉄難波到着。南海電車の難波駅に移動し、ユキちゃん(仮名)と合流。10:02発 高野線快速急行極楽橋行き8連(後ろ4連は橋本で切り離し)で例の通り談笑しつつ移動。11:43極楽橋着。ケーブルカーで高野山へ。紅葉は落葉はじめであったが、さすがに名所だけあって乗客多い。高野山駅からはりんかんバスで奥の院へ。このバスも混雑立席。12:20頃奥の院着。

 紅葉は落葉さかん。色づきは盛りを過ぎていたが、まだきれい。ご廟見学。いろいろな墓石拝見。予報では雨だったが、時折まぶしい日差しが出る。青空多い。

 大門ゆきバスで金堂へ。200円払って見物。15時頃千手院橋西の軽食堂で遅目のランチ。親子丼(600円)。 

 バス(しか手段がないが)で南海駅に戻り、15:45発のケーブルカーで下る。さらば!高野山。 橋本行き各停、なんばゆき急行と乗り継ぎ、17:32新今宮着。西成区内を散歩しつつ、天王寺駅近くの英国風居酒屋Britanniaにて忘年会。道頓堀地ビール樽生(約250ml 504円)をいただく。ケルシュタイプでスッキリしているが、ホップが弱い。コクがないのである。 2杯目は、わしは反対したが、アサヒ製のレーベンブロイ(504円)樽生。やっぱりだめだぁ(笑)。3杯目は無難なギネスドラフト(3/4Pint 650円)。 おつまみもオリジナリティが少なくいまいち。

 長居せずに地下鉄で難波へ移動。なんばCITYのキリンシティで2次会。KPO出身の某嬢様不在でがっかり(笑)。 ブラウマイスターx3、ハーフ&ハーフ。やっぱりこっちのほうがうまい。22:30頃解散。淀屋橋の宿へ。

今日の宿:アパヴィラ淀屋橋。楽天トラベルで手配。RC6000円。地下1階に天然温泉大浴場あるが、今日はだいぶ飲んでしまったためパスした。(そのうち当たり前になるが)地デジがついてた。14階と意外と高いフロアがアサインされた。

 

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:10 | トラックバック

2008年11月03日

釜山遠征(2)・セマウル号

(画像は後日)
 途中何度か起きたものの、8:30までぐだぐだと。朝風呂入って9:40チェックアウト。

 東横インなので無料朝食もつく。昨日は夕食を食べなかったので、朝食をいただく。キムチ、キムバブがあるのが韓国っぽいところ。

 今日は昼過ぎの特急セマウル号で戻るほかは特に予定なし。繁華街である南浦洞が近いので腰痛ではあるが歩いてみる。今日は文化の日だが韓国では平日だ。人通りは少ない。

 魚市場があったのでぶらぶらと視察。その他のコルモクもぶらぶら。11:18地下鉄チガチャル駅より戻る。11:24釜山駅(1100KRW)。広い釜山駅を探検。ダンキンドーナツでホットベーグル(Bacon,cheese&egg:3500KRW)をGET。7-11でMaxBeer(1700KRW)を買って入場しようとしたがまだ改札は始まっていなかった。12:05Open。セマウル号の発車する1番線へ。

 12:20セマウル1004号ソウル行き8両編成。2号車の特室(グリーン車に相当)30番に着座(指定)。通路側だった。 45200KRW(券売機割引で44800KRW)。ウォン安と、腰痛のため特室を選択した次第。特室料金は普通車の15%UPとのこと。普通車の釜山=ソウル間が40000KRW程度なので、特室料金は6000KRW=480円程度と日本のグリーン料金に比べ廉価である。ただしKTXの特室料金は40%増しとのこと。

 特室は3列シートかと思ったが、4列シートだった。シートピッチはゆとりがある。さっき買ったホットベーグル食べつつ、しばしぼぉっと乗車。飲み物はHITE Max。 KTXもそうだったが、検札は来なかった。発売状況票(?)と照合しているのだろうか。

 17:13ソウル手前の永登浦(ヨンドンポ)で下車。地下街など抜けて地下鉄5号線永登浦市場駅へ。18:15頃金浦空港着。例のとおり、E-martで買い物大会。19:15チェックイン。セキュリティ手前のアシアナラウンジでメールチェック。平和っぽい。

 19:50退場。セキュリティ2人、イミグレすぐ。すでに皆様搭乗開始中。NH1294便。機材はB777-200.席はYの12D。チケットはソウル発東京経由札幌行き1年オープンの第1区間。久々の有償ソウル発券である。

 20:20定刻出発(PB)。機材食は多少豪華になり、ホットミールもつくようになっていた。1切れながら、刺し身もあった。OZとの差が大きすぎたからかなあ。

 個人用TVがついていたので映画でも、と思ったが、短距離飛行のためTV解放時間が今日は65分程度と、鑑賞できるものが限られる。ショートビデオ(ANA裏方、PINGU)をかいつまんで楽しむ。

 22:05羽田到着。イミグレ待ちなしでよかったが、ターンテーブル人多すぎ。先行したJL8834便の荷物がまだ全部出ていないようだ。税関の列もターンテーブルまで達しようかというほど見たことない長さ。さすがに連休最終日だ。

 ANA便のわしの荷物は、優先タグつきのためすぐに出てきたものの、税関渋滞だ。結局22:30解放。バスで第1ターミナル後、22:55発の京急で帰宅。

今日の土産:マッコリ、ビール(Cass,ヒューガルデン缶)、クラウンバターワッフル、カップ麺、岩海苔、キムチ、ハチミツほか。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:13 | トラックバック

2008年11月02日

釜山遠征(1)・KTX乗車

(画像は後日)
 昨日は福岡遠征だったが、今日からは続きで韓国遠征。5:30起床して6:47昨日も来た羽田空港。3連休中日だが、国際線ターミナル混雑。

 Yがかなり長い。Cも大勢。事前にWebチェックインをしていたので、ガラガラだった自動チェックイン機に初挑戦。パスポートをスキャンするまでは順調だったが、「チェックインを完了できませんでした」とでて終了。あれ、出鼻をくじかれてしまった。
 それではと有人Cカウンタへ。なんだかいつもと違う雰囲気。明らかにわしだけなのに「お連れさまはいらっしゃいますか?」と聞かれ、「1人です」と答えるとどこかへ電話しだした。あれれ?わしは指名手配か? なにやら電話処理の後、青帯の搭乗券登場。「北野様(仮名)、本日エコノミークラス満席でございまして、ビジネスクラスのお座席をご用意させていただきました」とお申し出をいただく。 やった!いわゆるインボラアップグレードである。

 セキュリティ5分、イミグレ1分。例の通り羽田国際線の待合室は広くない。JGC特典でラウンジ券をもらったが、よくみるとラウンジ入場のほか、1000円分の免税品または飲食に使えるクーポン券として使えるようだ。ただし、併用(金券として使ったらラウンジ入場不可。逆も)はできない。ちょうど韓国のガイドブックを買おうとしていたので、歩き方を購入。免税店というだけあって、消費税は請求されなかった。クーポン券とEdyの併用払いもできた。

 7:50搭乗。JL8831便。機材はB44(BA8910)。席は5D。チケットはソウル発東京経由台北行きJAL国際線特典航空券(アワード)の最終区間。すっごくお得な航空券だった。JALに感謝します。

 金浦ゆきの機内食は例の通りショボイのだが、今日はビジネスクラスだけあって、ワンプレートながらホットミールつきのご膳だった。まあまあうまい、かな。飲み物は大吟醸酒をいただく。

 MAGIC2機材だったので映画鑑賞。センター・オブ・ジ・アース(CenterOfTheEarth)を辛うじて最後までみられた。10:45ソウル金浦空港着。C席だったこともあり、出国までスムーズ。 軍資金をGETして地下鉄でソウル駅へ。今回は韓国版新幹線KTXに乗るのが目的のひとつ。自動券売機でチケットを購入。どうやら韓国以外で発行されたクレジットカードは使えない模様(窓口ではOK)。

 ロッテマートソウル駅前店で昼食を買い出し、いよいよKTXに乗車。20両編成と長い。17号車11Dの窓側だ。 13:30出発。最高時速300km/hで疾走。車窓をしばしぼぉっとみていたら一時的に目が焼きついてしまい、不思議な光景が脳裏で点滅する。こりゃいかん、寝よう。(後日談:閃輝暗点らしい)

 寝ていたら気分が悪くなりW/Cへ。事なきを得たもののその後は謎の腰痛と背筋痛におそわれる。寝違えたのか? 謎である。這々の体(ほうほうのてい)で16:13釜山駅に到着。2002年の初韓国が釜山だった。6年ぶりの再訪。しかし不調につきホテル直行。チェックイン。せっかく釜山に来たのにはなから西洋人とは情けない。バタンQ。

 疲れているのかわからないが、起きたら23時だった。うーむ、まだ腰は痛いし、おなかもそれほど空いていないし、今日はこのまま寝てしまおう。zzz。

今日の宿:東横イン釜山中央洞。直販サイトで手配。50000KRW(税10%別)のところ35000KRW(約2800円)。同ホテルチェーンの釜山第1号ホテル。システムは日本と同様で、今日は日曜のためメンバ30%OFFも適用だった。パスポートを提出すると免税となる。

 

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:12 | トラックバック

2008年10月12日

四国・山陽遠征(3)・あと1城

(画像は後日)
 5:00無事起床できたので、支度して5:20チェックアウト。広島駅から鉄道の日記念西日本一日乗り放題きっぷ(3000円)を行使。

 本日もケータイ国盗り合戦の期間限定夏の攻城戦の続きである。今日は残り8城のうち、本土の7城を攻略するのが目標だ。

 5:43発の芸備線普通備後庄原行きから行動開始。キハ120の2両編成。始発列車だが、意外と乗客多い。昨夜からStillGoing、飲み明かした?と思われる方々もちらほら。

 きれいな朝焼けをみつつ、しばしぼぉっとキハの旅。意外と行き違いが多い=列車本数が多い芸備線。交換する列車はキハ47/48ばかり。そっちのほうがよかったなあ。

 吉田口で吉田郡山城を無事落城。三次から府中行きに乗り換えるが、あれ?列車はどこだ? 振り返って見ると、今乗ってきた列車の行き先が「府中」になっているではないか。 あらら、広島から備後庄原行きとして来たが、先頭1両は三次発府中行きに変身。後ろ1両が引き続き備後庄原まで行く運用になっているようである。うーむ、盲点でした。

 てなわけで、今降りた列車に再乗車。7:44発府中行き。キハ120単行。惰眠をとりつつ9:30府中へ。 福塩線福山経由岡山行き電車に乗り換え。105系2両。ロングシートである。福山へ買い物などへ出かける人は多いのか、徐々に混雑。10:20福山で大半が下車。山陽本線を2両のまま東進。11:06倉敷下車。 備中松山城を盗るため、伯備線に乗り換え。ちょうどよい列車は特急やくも9号だ。短区間なので別払い(西日本一日乗り放題きっぷでは特急は乗れない)して乗車。

 11:16発特急やくも9号出雲市行き。381系6連。ロザ1、ハザ3、ハ2.西日本には珍しく、自由席が2両とも禁煙車だ。5号車余裕で着席。倉敷=備中高梁間は特急券込みで1300円。 検札はこなかった。11:40備中高梁着。城を盗って、改札は出ずに当駅始発の普通播州赤穂行きで折り返す。115系4連。ガラガラだ。 総社で吉備線に乗り換え。キハ40の2両編成。途中備中高松で車中から城盗り。 13:06岡山着。岡山城を盗り、13:12発の山陽本線相生行きに乗り換え。115系3連。岡山=姫路間は本数が少ないので混雑する。 辛うじて座れた。 

 14:04上郡で下車。 上月城を盗りに行くため智頭急行に乗り換える。列車出発までの間に昼食調達。駅前にYショップあったが、もう少しマシな店はないかと県道まで歩く。Aコープ発見。おにぎりとプレモルGET。 智頭急行はこのきっぷでは乗れないので乗車券購入(佐用まで470円×2)。14:23発の普通智頭行き。HOT3500形単行。キハである。

 久崎駅付近で上月城盗れた。14:43佐用着いて折り返し。一応駅前出てみたが、日曜だからだろう、活気がない。14:55発の特急スーパーいなば8号乗車。先月山陰で乗った新型車両。2両編成。自由席はほぼ満員。運よく窓座GETも、13分で上郡に到着し下車。

 15:36上郡始発の相生行き115系4連で移動。2駅で終着相生。姫路行きにすぐ乗り換え。数駅乗って16:10姫路着。 一部高架になっていた。リニューアル中か。 姫路城盗って98城目。次は舞鶴を目指す。播但線は16:40発と勘違いしていたが、16:31発だった。事前に気づき事なきを得た。寺前行き普通。103系2連。JR東日本ではとっくに引退した通勤車両だ。JR西日本は40年前の車両を大事に使う。

 寺前で17:16発和田山行き普通にすぐ接続。キハ41の2両編成。寺前行きはほどほどに乗っていたが、和田山行きはさすがにガラガラである。山越えて18:10和田山終着。すぐ福知山行き列車が接続。この列車は223系2両編成。意外と混雑しており、立席となる。スジを見たら、鳥取、浜坂方面から普通列車で来るとこの列車にたどり着くようだ。連休の夕刻というだけあって土産袋を持った数名単位の乗客が多い。

 すでに日は落ちて車窓は楽しめないので、PDAを取り出して当日誌をポチポチ。福知山までは意外と距離があるのか、18:48着。 多くの乗客は大阪・京都方面の列車に乗り継いでいった。 わしは夕食を買い出しして、19:09福知山市発の東舞鶴行きに乗車。しばしビールなどで旅気分。223系2両編成。西舞鶴手前の真倉駅付近で舞鶴エリアおよび丹後田辺城を攻略。今回予定していた城はすべて盗れ、所期の目標を達成。

 折り返し列車まで時間がありそうなので、ついでに小浜エリアを盗りに行く。東舞鶴ですぐ小浜線敦賀行きに接続。おなじく2両編成。すぐ降りるので前方席へ。20:08三松駅で下車。200mくらい先にローソンあるが、折り返し20:16発の列車に乗るので微妙だ。何もせず寂しい駅を後にする。小浜エリアは無事盗れた。東舞鶴で綾部行きに乗り換え、綾部ではさらに園部行き(113系)に乗り換える。すでに時間も遅く、都会向きの列車なので席には余裕でありつけた。園部でさらに本日乗る最終ランナー(終電はまだ先)京都行きに乗り換え。23:15京都終着。

 宿は五条烏丸にあり、地下鉄で1駅だ。しかし次の列車が23:45発と、30分も電車がない。五条までは1kmちょっとだし、雨でもなく、歩く体力も残っていたので宿まで歩いてチェックイン。 小腹が空いた。コンビニが隣接するが、なか卯もある。京都といえばなか卯だ。ミニ牛丼査収。CVSでビール買って部屋で祝宴(目標達成記念)。

今日の宿:東横イン五条烏丸。直販サイトで手配。日曜は30%引きでリーズナブル。遅いチェックインにもかかわらず、なぜか最上階13階にアサインされた。京都市街は高い建物がほとんどなく、遠くまでよく見える。
今日の国盗り:高田・太田、庄原・三次、新見、西大寺、飾磨、綾部、舞鶴、小浜、亀岡・園部
今日の落城:吉田郡山城、備中松山城、備中高松城、岡山城、上月城、姫路城、丹後田辺城。これで99/100城。リーチである。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:41 | トラックバック

2008年09月16日

【国盗り】九州・山陰遠征(4)山口・島根・鳥取・兵庫

(画像は後日)
 この旅としてはゆっくり目の7:00起床。8:00過ぎにチェックアウトしてすぐ近くの新山口駅へ。今日は8:51発の特急スーパーおきを皮切りに山陰周りで帰宅の日である。山陰経由にしたのは、山陰の城を盗るため(笑)。あほである。

 昨日までは雨や曇りだったが、今日は朝から快晴だ。テンションアップ(笑)。 スーパーおき2号米子行きは、キハ187系3連(普段は2連)。ハザ2、ハ1.平日だが意外と利用客あり。 山口線を走り、島根県の津和野へ。ここから益田まで車内販売常務。 益田までは振り子機構を無効にしているとのこと。 益田からは最高時速110kmで快調に進む。

 途中城を盗りつつ、12:55米子の手前の安来で下車。月山富田城を攻略すべく、バスに乗りかえ。このバスは足立美術館ゆきの無料シャトルバス。月山富田城の近くの鷺の湯温泉隣接の美術館まで運んでくれるサービスだ。13:00発のバスで移動。13:18足立美術館着。城を攻略。

 美術鑑賞をしようと思ったが、現地に行って考えが変わり、安来方面へ引き返すことに。 ちょうど鷺の湯温泉発13:28の地域バス(イエローバス)があったので、それを待って乗り込む。マイクロバスベースの手作りっぽり運用。安来駅を経由し、米子駅まで行く。安来で降りてもよかったが、せっかくなので米子駅までバス旅を楽しむ。14:25米子駅到着(350円)。 JR米子駅発14:44発のスーパーまつかぜ10号鳥取行きに乗り継ぎ。キハ187系2連。ハザ1、ハ1.自由席行列はあったが、窓側自由席にありつけた。出雲市から鳥取駅までは最高時速120km/hで快調に飛ばす。

 15:50鳥取駅着。 今日は火曜日。ミニロトを買うため駅前ぶらぶらするも、No販売店。16:22発の普通浜坂行きに乗り継ぎ。キハ47×2連。平日夕方なのでほとんどの乗客は高校生。香住で大半下車。 17:08浜坂終着。 17:21発の普通豊岡行きに乗り換え。これもキハ47系2連。ガラガラ。

 餘部鉄橋渡って18:15城崎温泉着。向かいに停車中の特急北近畿20号新大阪行きに乗り換え。 もはや時代遅れの183系6連。ハザ4、ハ2、ロザ1.事前に空いていそうな3号車を指定しておいたが、他に客はいないようだ。ほぼ貸切。18:17発車。途中いくつか国や城を盗りつつ、半ば消化試合で21:06新大阪着。

 新幹線に乗り換え。土産買って21:20発の東京行き最終のぞみ54号乗車。窓側を指定したら16号車という末端だった。さすがにのぞみは速い。あっというまに名古屋到着。A席に座っていたが、名古屋でBC席が空いたため、ABC席使って簡易寝台(C寝台)状態であおむけにくつろぐ、 思うところがありまして携帯であび屋へ。新横浜手前までチャット大会(笑)。東海道新幹線ではトンネル内でも通信ができるのがありがたい。

 23:27新横浜到着。地下鉄にて帰還。お疲れさまでした。

今日の土産:じゃがりこ九州限定明太子味、同瀬戸内限定お好み焼き味、同関西限定ねぎ焼き味、ベビースター関西限定ドデカイ鶴橋風月焼きそば味ほか。
今日の国盗り:萩、益田・津和野、浜田、大田、出雲、松江、安来・雲南、米子、倉吉、鳥取、豊岡・香住、福知山、篠山・氷上
今日の落城:大内氏館、山吹城、月山富田城、羽衣石城、鳥取城、竹田城

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:07 | トラックバック

2008年09月14日

【国盗り】九州・山陰遠征(2)・熊本、鹿児島、宮崎

(画像は後日)
 5:00前に起床。5:40チェックアウト。まだ薄暗い。長崎駅発6:00の特急かもめ2号で佐賀に移動。ハイパーサルーン車で、先頭5号車が自由席だったので展望席にありつけた。しばしぼぉっとかぶりつきを堪能。ハイパーサルーンの窓にはフィルタが設置してあるのか、GPS電波を受信できないようだ。ドイツのICEも同様に車内ではGPS電波が受信できない。

 諫早を出てから大問題に気づく。この列車は大村線を経由しないようだ。三城は大村市内にあるが、長崎本線は諫早から東へ有明海に沿って走る。そのため三城の半径5km以内には入らない。盗りこぼし発生である。参ったな。 明後日に時間的余裕があるのでそのとき落ち穂拾い(フォロー)することにする。

 7:29佐賀着。佐賀バスセンターに移動し、7:40発の西鉄柳川行き路線バスに乗車。越県する西鉄路線バスだ。 しばしぼぉっと乗車して8:28福岡県の西鉄柳川駅到着(690円)。柳川城盗って 西鉄電車に乗り換え。思うに初めて乗るかもしれない。8:45発の特急大牟田行きで移動。意外と速い。標準軌だからか。8:59大牟田終着(330円)。すぐにJR鹿児島本線に乗り換え、9:04発の普通熊本行きに乗る。
 途中いくつか国盗りしつつ、9:52熊本終着(910円)。市電で辛島町へ移動(150円)、10:20近くにある交通センターへ。明日の座席券を発券してもらい、10:40発の高速バス ノンストップひのくに号に乗車。10:30発のバスもあったが、スーパーノンストップ便で、高速基山BSに止まらないのでパス。 10:40の便は交通センターからは客2名。途中植木までにぼつぼつ乗り込んだ。 12:11高速基山下車(2000円)。ここから鹿児島行き高速バス桜島号に乗り換え。このバス停は基山PAにあり、今回の乗り換えは上り線から下り線となるのでバス停が離れている。およそ300mの距離。道案内は随所にあるので迷わず成功。時間があったのでトイレ休憩&昼食買い出し。

 12:31発のバスで基山を離れる。座席指定制の高速バス。連休のためか混みあっているようで2日前に予約したものの、通路側の席だった。3列シートでゆったりしている。ビデオ上映もあった。乗車時間が長いからか、2本も上映。 途中宮原SAで10分休憩。 九州道を南下し、鹿児島北ICから一般道を走って15:50鹿児島中央駅到着(4800円)。駅とは言っても駅から3分ほど歩いたバスターミナルにある。

 しばし駅構内を探検し、たいした収穫なくバスターミナルへ戻る。16:16発の宮崎行き高速バスはまゆう号で早くも鹿児島を後にする。 宮崎までの経路上鹿児島空港、えびのICを経由する。隼人、国分などを通るかと思ったが違うようだ。 鹿児島空港からの乗客も多く、空港アクセスバスの役割も兼ねている模様。途中宮崎道霧島PAにて10分休憩。

 当初のプランではいったん宮崎に行ってから油津までバスで移動し、JRで戻ってくるつもりだった。しかしこのバスのダイヤをよく見ると南宮崎駅に近い宮交シティに止まり、ちょうど日南線に乗り継ぐことができるようだ。当初より1時間以上早く宮崎に戻ってくることができる。往復JRだと別清算金額が倍になってしまうが、楽だし睡眠時間も増えるので、その計画に変更。 バスが遅れると破談で当初の計画にする。

 幸いバスは早着して18:50宮交シティ着(2700円)。ここは以前散歩しに来たことがあり、駅までの距離感もつかめているので、あわてず18:55南宮崎駅着。19:01発のJR日南線志布志行き普通に余裕で間に合った。キハ47の2連。ローカル線での移動である。20:08内之田駅着。ここで飫肥城落城。内之田駅は無人駅。夏の夜の田舎の無人駅は虫ばかりである。電灯の周りが特に集まる。 しばし罰ゲーム的な時間を過ごし、20:21発の普通列車で折り返す。キハ40の1両編成。 21:27南宮崎着。後続の21:43発(宮崎空港始発)のホームライナーに乗り換え。ライナー料金は300円だが、宮崎までは料金不要。 特急車両(485系3連)だった。1両は喫煙車だった。JR九州にはまだ存在していたのね。

 21:46宮崎着。宿に戻り、夕食探し。いくつかめぼしい店はあったが、重そうな食事の店ばかりで、結局今日も弁当買って部屋食。この時間から重い食事は翌日まで影響するので控えた次第。

 さすがに5時起きで眠く、早々に就寝せり。

今日の宿:東横イン宮崎駅前。直販サイトで手配。日曜祝日は会員割引で3割引とたいへんリーズナブル。部屋は偶然にも宮崎駅ホームに面しており、出入りする列車を見ることができる。とはいえ、現在では寝台特急は宮崎駅に来ないので余りおもしろくはない。
今日の国盗り:雲仙・島原、嬉野・武雄、小城・多久、佐賀、柳川・大牟田、玉名・山鹿、熊本城、立田山、川尻・江津湖、八女・筑後、久留米、鳥栖・神崎、宇土・宇城、八代、人吉、えびの・小林、霧島、吉野、伊敷、鹿児島、都城、高岡・田野、清武・木花、宮崎、日南
今日の落城:佐賀城、柳川城、熊本城、人吉城、岩剣城、鹿児島城、飫肥城

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:31 | トラックバック

2008年09月13日

【国盗り】九州・山陰遠征(1)・佐賀、長崎

(画像は後日)
 今日から九州・山陰遠征(ケータイ国盗り合戦)。5:00出発で羽田空港へ。ANALounge(signet)でちょい休憩して6:25出発。ANA981便福岡行き。機材はB44.席は11D。チケットは特割7(15800円)。しばし惰眠。8:03福岡空港到着。8:12発の地下鉄に乗れた。8:17博多駅着。 博多交通センター3FにてSUNQパスクーポンをチケットに引き換えてもらう。本日より使用開始。 全九州3日間用。

 早速SUNQパスで唐津行き高速バスからつ号に乗車。8:46発。飛行機が定刻についたおかげでここまではスムーズ。唐津大手口には10:05到着(1500円)。 ここから呼子方面のバスに乗り換え。10:20発の路線バス波戸岬国民宿舎行きに乗り換え。乗客ジジババばかり。 しばしぼぉっと路線バスの旅。11:10終点下車(820円)。案の定乗り通したのはわしだけだった。折り返し11:14のバスで戻る。波戸岬では壱岐を国盗ろうとしたが、たまたま国盗りのサーバの調子が悪く、不発に終わった。幸い、呼子周辺にある名護屋城は無事落城できた。

 11:57西唐津駅で下車(770円)、JR筑肥線で移動。ここからは周遊きっぷ(長崎・佐賀ゾーン)の出番。 唐津からは当初伊万里行き高速バスに乗れると思っていたが、よくみると伊万里行き高速バス波唐津大手口は経由せず、唐津インター口というバス停に寄るようだ。唐津インター口はちと距離がある。あら、この計画は頓挫かと思ったが、伊万里行き時刻表をみると、唐津インター口の手前に浜玉中学校前という停留所があった。地図でみるとJR浜崎駅から1km少々の距離のようだ。
 高速バスが浜玉中学校前を出発するのが12:41.このまま筑肥線で浜崎駅に着くのが12:26で、歩くと微妙な時間だ。 駅前にタクシーがいたらそれでバス停まで行く、タクシーがいなければ高速バスをあきらめて、唐津駅に戻り、JRで伊万里駅へ移動、と選択肢を設けた。もし高速バスに乗れないと伊万里発の松浦鉄道(MR)の乗ろうとしていた列車には間に合わず、1時間遅れ、すなわち以後の乗り継ぎ予定が狂うことになる。 

 浜崎駅に着くと、駅前に浜崎タクシーが待機していた。渡りに船とはこのことだろう。 伊万里行き高速バスに乗りたい旨告げ、浜玉中学校前バス停まで移動(620円)。12:32には到着。バスは時刻通り12:41に来て乗車。

 13:22伊万里到着。徒歩1分のところにあるJR/松浦鉄道(MR)伊万里駅へ。 ここから平戸を経由して佐世保へ移動するため、別精算で松浦鉄道に乗る。佐世保まで2020円だが、一日乗車券があることに気づく。平日2000円、土日休1700円で松浦鉄道全線乗り放題。 もちろん一日フリー乗車券を購入。 13:36発。MR-600形という最近デビューしたような新しい車両だ。1両編成。 ローカル線ゆえ、始発でこそ20人くらい乗っているが、中盤は3人とか閑散とした状態。 たびら平戸口駅はかつて日本最西端の駅だったが、車内アナウンスでは今でも日本最西端の駅と冠している。 16:07佐世保駅終着。案の定乗り通した客はわしだけ。

 佐世保バーガーでも、と思ったが有力店は佐世保駅周辺にはない。かしわめしのおにぎりでごまかす。佐世保バスターミナルから西海を回って長崎へ行く。直通はないので乗り継ぎとなる。

まずは16:36発の西海コラソンホテル行き路線バスに乗車。17:24終着手前の西海橋東口で下車。次のバスは17:53発。西海橋を渡った先に西海橋西口というバス停もあるので、海を見ながら西海橋を渡って西口から乗ろうと思い、橋へ行ったが歩道なく、雨も降っているので断念し、引き返して東口から乗車。さいかい交通の路線バス樫の浦行き。こんな時間だが終バスである。乗客は3人。

 西海市の国道202号を中心にくねくね運行。すぐに貸切状態になった。西海の景色が見えていたが、日没近くだんだん見えなくなる。 運転手がマイクを使って話し掛けてきた。貸切状態の想定範囲内である。どこからきた、とかどこを回ってきたとか、これも想定範囲内。トラック運転手時代のお話が聞けたのはある意味収穫だった。終点でさらに別のバスに乗り継ぐが、万一遅れても便宜を図ってくれるよう連絡してくれた。感謝します。 19:14定刻に終着手前の板の浦ターミナルで運転手の勧めにより下車。

 19:20発の桜の里ターミナル行き路線バスに乗り換え。ここからしばし海岸線を走る。本日の重要イベントがこの海岸線からの五島地域対岸盗り。結果的には失敗!走りながらだと厳しいか。課題が残ってしまった。乗降客はそこそこあり、 20:15終点で下車。 20:20発の長崎新地行き路線バスに乗り換え。本日の最終ランナー。 21:00頃長崎駅前到着。 宿は目の前にあったのに迷ってしまった。目立たないホテルだった。

 長崎にきたらトルコライスか皿うどんかチャンポンを食べないといけない。しかし到着が遅かったためか、めぼしいローカル店なし。結局適当に買って部屋食。。飲み物はサッポロ赤星ラガー。

今日の宿:アパホテル長崎駅前。じゃらんvia JALで手配。RCで5000円とまあ格安だった。しかし喫煙室しかなく、悪臭がしみついていた。
今日の国盗り:唐津、伊万里・有田、平戸、佐世保、西海、時津・長与、長崎
今日の落城:名護屋城、平戸城

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:14 | トラックバック

2008年09月12日

久々に周遊きっぷ購入

午前中、以前不具合騒ぎのあったBフレッツ用ルータ(NTT東日本からレンタル中)のバージョンアップ作業を行う。掲示板ホスティングサービスを行っている関係で、バージョンアップ=回線の一時停止は事前にお知らせしないといけない。 告知は週頭にしていた。

バージョンアップ自体は数分で終了。予後順調のようである。事なきを得た模様。

周遊きっぷ午後東京へ打合せのため出陣。途中品川駅で、明日からの九州遠征に備え、周遊きっぷを購入。長崎・佐賀ゾーンに、往路航空券、復路JRというセットでオーダ。往路の航空券を提示する必要があるが、最近はチケットレスが主流のため、航空券自体がないので物理的に提示は不可能。 JRもそれを考慮してか、現場レベルでは、予約内容のハードコピーを提示するだけでOKとみなしているようだ。

周遊きっぷの具体的な内容は以下の通り。
ゆき券:航空券(羽田→福岡 ANA便 特割7 15800円)
ゾーン券:長崎・佐賀 4000円
かえり券:鳥栖→横浜市内(鹿児島線、山陽線、山口線、山陰線、福知山線、東海道線、新大阪、新幹線経由 11820円 特急券別途)
#カコシ、サンヨ、ヤマク、サンイ、フクチ、トウカ、オサシオ、シンカ、トミシヨ

ケータイ国盗り合戦の一日天下が開催中。 レベル1を攻略(新宿、四谷、有楽町)。JR車内から攻略できたので楽勝だった。

KNTにて九州内バス乗り放題のSUNQパスを発券。全九州3日間用。10000円だが、数年前にVC社から賞品でいただいたKNT旅行券で充当。AGTではSUNQパス現物ではなく、引換券(バウチャー券)を交付する。引換券をSUNQパス取扱窓口に提出し、SUNQパスと引き換える。

 打合せ後、周遊きっぷの経路を誤って申告したことに気づき、帰路再び品川駅にて再発券。差額はなく、事なきを得た。Wally氏(仮名)よりベビースター ドデカイ富士宮焼きそば味をGET。奇遇にもわしは富士宮焼きそばに激しく興味があり、かつての日記の通り、実際に食べに行ったほどだ。ありがたや。

帰りにケータイ国盗り合戦の一日天下レベル2を攻略(川崎、鶴見、伊勢佐木町)。京急沿線のわしにとっては楽勝だった。あはは。

明日より九州国盗り遠征。なんだかわくわくする(こどもか!)。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:43 | トラックバック

2008年08月31日

関西遠征(2)・城めぐりで大移動

(画像は後日)
今日は大移動日なので、睡眠もそこそこに4:30チェックアウト。新今宮から18きっぷ開始。昨日は少々飲み過ぎで不調気味。水分補給。

 新今宮4:59発の列車を皮切りに、天王寺、京橋で乗り換えて住道にて城盗り。折り返して放出6:12発のおおさか東線で久宝寺へ。その後王寺、高田乗り換えで吉野口駅へ。この付近で高取城が盗れるかなと思ったが盗れず。そこで近鉄に乗り換え。壷坂山周辺で落城。その後橿原神宮前で京都行き急行に乗り換え、近鉄郡山で下車、徒歩10分でJRの郡山へ。徐々に晴れてきた。 

 郡山から大和路快速で奈良へ。奈良でしばし休憩。奈良発9:34の快速で加茂へ。加茂で関西本線普通列車亀山行きに乗り換え。キハ120の2連。余裕で座れたが、発車前には立ち席多数。早めの行動で正解。久々のキハに揺られ、伊賀上野まで。

 伊賀上野からは伊賀鉄道(旧近鉄伊賀線)に乗り換え。近鉄から譲り受けた車両で運行。伊賀よろしく、忍者ペイントが施されている。きっぷは車内で購入するようだ。専務車掌?が常駐。車内補充券(ノリホ)を入手も、伊賀神戸(400円)で回収。 沿線は田園風景。ちょうど稲刈りの時期だった。たいへんいい天気である。

 伊賀神戸からは近鉄で松坂へ(670円)。11:37発の急行宇治山田行き。長距離路線だけあって、トイレもついている。伊勢中川で松坂地域が盗れたが、時遅し。 松坂からは再びJRに。 12:26発の快速みえ10号。キハ75。まあ俊足のディーゼル車である。13:39名古屋着。あいかわらずの晴天。 13:43発の新快速豊橋行きに乗り換え。運良く座れた。豊橋からは飯田線に乗り換え。14:43発の天竜峡行き普通。119系4連。本長篠まで乗車。 長篠城を落城し、10分の滞在でUターン。夏暑い地域なのでちょっと歩いただけで蒸し暑い。 本長篠発16:02の119系2連普通で豊橋に戻る。

 昨日のランニングのせいか、午後からももや膝裏が筋肉痛。アイテテ。寝不足もあって、豊橋から東海道線に乗るか新幹線に乗るか検討。結局楽したい気持ちが勝って、17:32発のこだまで熱海までワープ。こだまはガラガラ。 いやはやシンカは速いなあ。あっというまに18:57熱海着。ワープ料金は5670円(自由席)。熱海からは再び19:10発の普通列車、だけどグリーン券(750円)買ってG車でくつろぐ。20:33横浜着。 なんと、雨である。参ったな。持参した100円傘は横浜市内でしか使わなかった。

今日の国盗り:上野・名張、松坂、津、四日市、新城・設楽
今日の落城:飯森山城、信貴山城、高取城、多聞山城、伊賀上野城、津城、岡崎城、長篠城

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:10 | トラックバック

2008年08月30日

関西遠征(1)・たま駅長

(画像は後日)
今日から関西遠征。目的は以下の通り。
・たま駅長に会う
・国盗り
・18きっぷ消化
・関西メンバと宴会

 昨夜より雷雨続く。各列車の運転が危ぶまれたが、朝チェックした限りでは遅延や運休の情報はなし。 新横浜発6:00のひかり号に乗るつもりで家を出たが、きっぷを忘れたような気がして引き返す。しかし、きっぷは普段と違う場所へしまってあり、忘れてはいなかった。
 この凡ミスのため、同列車には乗れないことが確定。後続の新横浜発6:11(品川発6:00)ののぞみ99号に乗ることにした。地下鉄で新横浜へ。いったん18きっぷ入鋏後、新幹線のきっぷで入場するも扉閉まる。入場記録をチェックしているようだ。

 のぞみ99号は最新のN700系。2号車の自由席。山側E席はいっぱいのようだ。海側A席に座る。寝る間もなく国盗り(笑)。7:26名古屋で下車。乗り換え改札も閉まる。。。東海道線に乗り換え。7:35発特別快速米原行き。米原まで立席。8:45米原。北陸線に乗り換え。9:04発長浜行き。

 長浜で下車し、近江鉄道関連会社の湖国バスに乗る。9:23市民病院行き。 9:38虎姫駅の西の旭町で下車(350円)。ここから徒歩で虎姫駅を目指すも、事前調査の距離感以上に遠い。米原行き列車は9:48発。歩いては間に合わないと判断し、雨中走る。9:46駅ホームのそばまでついたが駅舎は線路の反対側。橋上駅舎じゃなかった。踏切は100m先だ。あー、これでは間に合わない。乗り継ぎ計画失敗! 疲れと汗だけ残った。
呆然と乗るべき列車を見送る。。。しばしぼぉっと立ちすくんだが、次は10:24発。バスは10:05発なので、引き返す。暑い。バスは遅れて10:12にやってきた。遅れを取り戻すでもなくマイペースで走行。10:26長浜駅着。 10:29発の新快速にどうにか間に合ったものの、この列車は虎姫発10:24のそれだった。バスに乗っただけ無駄だった。トホホ。

 今日は和歌山駅に13時に集合である。当初の予定の列車に乗れなかったのでこの先は普通・快速列車だけでは間に合わない。米原=京都間を新幹線、新大阪=和歌山を特急くろしお15号でそれぞれワープすることにした。京都=新大阪間は新快速を利用。くろしお号は381系9連。今となってはレトロ級の車両である。自由席は2両あるが、JR西日本はまだ喫煙車があるので、事実上1両。 振り子車両だが、よく揺れる。げろしおという愛称もあるようだがぞっとしない。

 13:02和歌山到着。京都のご主人(仮名)、大阪のユキちゃん(仮名)と合流。旧南海電車貴志川線の和歌山電鉄1日乗車券(650円)を買い、13:20発のいちご電車かぶりつきで、たま駅長のいる貴志駅へ。土曜だからか、乗り通す客(=駅長訪問客)多い。

さっそくたま駅長(住みついたネコ)にご対面。なんともかわいらしい姿である。勤務実態を撮影するも、ギャラリー多くいい絵がなかなか撮れず。それでも適当に撮影。駅長のほか、助役のネコもいる。無人駅なので、人間の駅長はいない。

 駅前のタコ焼き屋でブレイク。5個入り100円とかなり安い。おばちゃんが28年間焼き続けている由。安いのに外はカリカリ中はジューシーでおいしい。感謝します。

 小一時間ほど滞在し、おもちゃ電車で折り返す。本社のある駅で途中下車。車庫などを見物。さらに交通センター駅で途中下車。引退した阪堺電車を見学。16:15頃和歌山駅に戻る。

 バスで南海和歌山市(JR和歌山市駅)へ(220円)。17:00発の南海特急サザンに乗って18:00頃なんばへ(890円)。宴会はKPO(キリンプラザ大阪)を狙ったが2007年10月に閉館した由。代案でダイニングギャラリー80という居酒屋へ。ホットペッパークーポンで飲み放題1280円だった。3名で今後の抱負、作戦を検討。

 2次会はキリンシティにて。ブラウマイスター、終売となるスタウトをいただく。奇遇にも元KPOの方に会う。解散。

 新今宮のホテル迷う。たぶんここだろうと思うホテルでチェックインするも、予約が入っていないという。空き部屋があったので事なきをえた。でも後からわかったが、ホテル名を間違えていた。僕の落ち度です。


今日の宿:サンプラザホテル。3畳バストイレなし。今日は寝るだけなので十分だ。TV、冷蔵庫はある。1800円と格安。チェックイン時に鍵保証金1000円を徴収されるが退去時に返却される。
今日の国盗り:清水、登呂、静岡、焼津・藤枝、牧之原・島田、掛川、磐田・袋井、積志・高塚、浜松、舞阪・三ヶ日、鷲津、豊橋、豊川・蒲郡、岡崎、安城・刈谷、守山・桶狭間、名港・笠寺、一宮、各務原・羽島、岐阜、大垣、揖斐・関ヶ原、米原、長浜、彦根、八幡・八日市、鳳・泉ヶ丘、岸和田、貝塚・泉佐野、六十谷、紀三井寺・和佐、和歌山、海南・那賀、加太
今日の落城:駿府城、名古屋城、岐阜城、大垣城、小谷城、彦根城、安土城、二条城、大坂城、和歌山城

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:04 | トラックバック

2008年08月14日

台湾鉄路遠征(3)・高鉄経由で帰国

(画像は後日)
 だらだら過ごして10時頃チェックアウト。今日は早くも帰る日である。今日も朝から好天で暑い。MRTで台北に出て、ブランチを昨夜に続き台北駅2階の微風で食う。今日はかねてから行きたかった牛肉麺競技館にて某店の牛肉麺(110TWD)。おでんのようなスープと具(ニンジン、大根)。牛肉はまあまあだが、スープはしょっぱかった。麺といいつつ、少し細いうどんのようだ。牛肉麺街は8軒あり、他の店のほうがよかったかなあ。

 台北から桃園国際空港(TPE)に移動。いつもは国光客運のバスを利用するが、今日は趣向を変えて、桃園駅まで台湾高速鉄道(台湾新幹線)で移動し、桃園駅から路線バスで空港まで行くことにした。 

 12:06発の新幹線に乗車。自由席は4両ある&始発だけあってガラガラであった。念のため最もすいていそうな12号車(11E)に着席。台北‐桃園自由席で110TWD(平日割引)。あっという間?に12:26桃園駅到着。12:30発の705番バスで空港へ(30TWD)。道中順調で12:45空港着。2日前のこの時間帯に通関しており、空港を出て戻ってくるまでほぼ48時間だったことになる(だから何?)。

 チェックイン待ちなし。セキュリティ1分、イミグレ1分と順調に出国し、JAL(旧JAA)サクララウンジで休憩。生ビールあり(スーパードライ/黒生)、点心少々。そういえば今回点心を食わなかった(笑)。 この時間大阪行きの乗客もいるので人口多め。PCコーナーが空いていたのでメールチェックなど。たぶん平和なのだろう。

 14:00搭乗。JL648便(旧日本アジア航空=EG206便)。機材はB44(C72)。席はアッパーの17H。ビジネスクラス用のスカイラックスシートである。いわゆるC解放、席だけC、席だけビジネス。チケットはJALアワード(ソウル発東京経由台北行き)の一部。アッパーは満席。メインデッキに降りていないのでその他は不明。

 機内食はチキンか魚から選択。台湾製となるが、成田製と似たようなクオリティか。飲み物はプレミアムモルツ→白ワイン。復路はMAGIC2だったので、カンフーパンダを鑑賞。最後まで見られた。演出がわざとらしいが、漫画ですから、で片づけてしまおう。主役の日本語声優がへたっぴーだったので、原語(英語)に切り替えて意訳は字幕でフォローした。

 台湾の新聞を読んでみた。当然ながらほとんど漢字。発音はできないが、なんとなく意味がわかるからおもしろい。中でも興味をもったのは外来語や外国の固有名詞の漢字化。オリンピックは奥運、野球は棒球と、北京五輪のおかげでだいぶなじんできたが、人名やチーム名はなかなか奥が深い。漢字表記の球団はほぼ同じであるが、カタカナの球団名は漢字表記で見ると中々おもしろい。

ヤクルト=養楽多
ソフトバンク=軟體銀行
ロッテ=羅徳
オリックス=欧力士

 ソフトバンクは傑作である。思わず吹き出しそうになった(笑)。軟らかい銀行って。。。

 18:45成田国際空港到着。サテライト側についたのでイミグレまで遠い。イミグレ1分、荷物なし、税関1分。19:03に通関。19:04発のJRには乗れず。もし乗れたら木更津方面へ国盗りに行くつもりだった(笑)。19:15発のリムジンバス(3500円)で帰途につく。 途中Vodafone向けの国盗り落ち穂拾いをしておく。

今日の土産:タピオカ、台湾ビール、豆花粉、油精、パイナップルケーキ、台湾ベビースターラーメンほか

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:50 | トラックバック

2008年08月13日

台湾鉄路遠征(2)・高雄MRT、客レの旅

(画像は後日)
 7:30起床。外が見えないので天気は不明。朝食の予約時間の8:00前に電話が鳴る。中国語で何か言っている。たぶん、朝食の準備ができたのでお越しください、と脳内変換し、「謝謝」と言って電話を切る。 支度して部屋のドアを開けてびっくり。朝食の載ったワゴンが置いてある。なるほど、あの電話は、朝食を持ってきましたよ、だったのか。それならノックしてくれてもいいのに(笑)。予想外の朝食を部屋でいただく。中か粥ではなくサンドイッチにスープといった洋食だったがホテルが安いので仕方がない。

 9:30チェックアウトして2007年に開業した高雄のMRTに乗る。とりあえず海でもみるかと、オレンジライン(橙線)に乗ろうとするも、まだ開業していないようだ。現在は暫定でレッドライン(紅線)の大部分が運航されている。紅線の南の終点小港駅へ行ってみる。高雄MRTでもICカードが利用されているようだ。しかし台北のEASYCARDは読み取りエラーになってしまった。相互利用はできないようだ。 販売機でチケットを買う、といっても台北のそれと同じく、コイン状のトークンが出てくる。小港まで35TWD。

 日中は10分間隔の運転のようだ。列車はドイツ製の3両編成。台北でもそうだが、ここ高雄でも構内、車内は禁煙はもとより、飲食、ガムも禁止である。罰金は1500TWD以上。

 高雄国際空港通って小港着。駅周辺ぶらぶら。海は遠いようだ。さすがに熱帯地域だけあって、暑い。日差しが強烈だ。それ以上に強烈なのはバイクの乗り方が雑なこと。ノーヘルは頻繁に見かけるほか、幼児添えて3人乗りもいるし、信号はあってないようなものでみな我がもの顔で走っている。事故に巻き込まれないよう注意して歩く。

 暑いのにへこたれて駅に戻る。三多**駅へ移動。太平洋そごう、新光三越、遠百などがあるショッピング街。前回ここへこようと思ったが、時間の都合で断念した経緯がある。11時オープンとほぼ同時にまず三越に入店。地下2階の食料品売り場直行。しかし意外と売り場面積狭い。そごうに至っては食料品売り場さえない。 どちらもフードコートはそれなりに充実しているのだが。
 MRT直結の遠百はというと、地下に頂好Welcomeというメジャーなスーパーがあった。ここで買い物大会。

 高雄で最も高い85ビルを少しだけ視察(1階と地下だけ)、MRTで高雄へ戻る。13:30発の呂光(呂の字は実際には草かんむりに呂)キョコウ号(急行)に乗ることにしていた。あと15分しかない。台南名物の担仔麺を本場で食べたかったけど仕方がない。

 窓口で乗車券買って、高雄駅構内の7-11で軽食とビール買って早足でホームへ駆け込む。キョコウ号は10両編成。最後尾の1号車25番(窓側指定)。この列車もいわゆる客レ(機関車がひく客車列車)である。モーターやディーゼルがないので静かである。 しばしぼぉっと急行列車の旅を満喫。車窓も変化があっておもしろい。途中より隣に若い女性着席。しばし緊張(笑)。

 急行車内では弁当などの車内販売あり。意外と人気があるようですぐ売り切れてしまう。わしはサンドイッチを買ってしまったので弁当は食えず。

 19:20高雄から6時間近くかけて台北駅に到着。ほとんどの乗客が下車。ひとまず夕食を食うべく、駅2階の微風へ。前回気に入った台北夜市で担仔麺(70TWD)をいただく。うーん、フードコートなのにあいかわらずうまい。大戸屋もオープンしていた。

 (ラーメンを)もう一杯いきたかったが、めぼしい店なし。MRTで民権西路へ行き、いったんホテルへ。 近くに夜市があるらしいので偵察へ。平日だが意外と混んでいる。チャーハンを食いたかったが断念。 松青というスーパーにて買い物大会第2弾。途中新竹名物の米粉弁当買って部屋で夜食とする。のみものは台湾麦酒(瓶)。部屋で北京五輪見つつ就寝。

今日の宿:ホテルサンルート台北。日本にあるサンルートの直営店(たぶん)。直販サイトにて予約。1800TWD。内装もサンルートそのまま(ってここ何年も利用してないけど)。日本語がデフォルトのようで、フロントでは普通に日本語が通じる。地下には大戸屋もある。ADSL接続あり(利用はしていない)。NHK(BS1/2,world)、CNNなど100チェネルくらい映る。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:46 | トラックバック

2008年08月12日

台湾鉄路遠征(1)・桃園から高雄へ

(画像は後日)
今日から本当に台湾遠征。6:20出発。京急、京成と乗り継いで8:42成田空港第2ビル到着。空港勤務者御用達の列車のようである。リニューアルしたJAL-JGCカウンタでチェックイン。昨日Webチェックインしていたためか、預け荷物もなかったこともあり、手続きは数十秒で完了。

JGCはFASTLANE使えるのでセキュリティ待ちなし。イミグレ1分。今日あたりから旧盆休みの方も多いと予想していたが、さほど混雑もしていないようだ。

 ゲートがサテライト側だったのでそちらのラウンジに行こうとしたら、リニューアル工事中らしい。本館側ラウンジ推奨ということで、サクララウンジANNEXでしばし休憩。 9:40搭乗。JL641便。機材はB767-300ER。席はエコノミーの17H。チケットはJAL国際線アワードの一部(GMP-HND//SPK-xTYO-TPE-NRT//FUK-xHND-GMP)。割と混んでいるようである。機内食は肉、魚からチョイス。魚を選んだが、JALにしてはおいしいほうか。飲み物はプレミアムモルツ(食事前)+白ワイン(食中)。

 個人用TV(MAGIC3)がついていたので映画鑑賞(幸せの1ページ:Nim's island.)。日本ではまだ公開されていないようだ。最後まで見ることができた。
 しばしぼぉっと休みつつ、12:30桃園国際空港到着。イミグレまで遠い。歩く歩く。。入国待ち2分、荷物なしなので12:50には通関。今日はいつもと趣向を変えて桃園駅までバスで出てみようと思う。 しかしいろいろ情報収集しているうちに、13時発のバス(70/71)を逃す。次は14時。うーむ。それではと、高鉄(台湾新幹線)桃園駅までのバス(705)に乗ってみる。こちらは5‐15分ごとに出ている。13:15発の緑のuBusに乗る(30TWD)。15分ほどで到着。 新幹線で台中へ出て、そこから先は在来線で下ることにした。

 前回鬼門だった新幹線チケット購入。今回は自動券売機で挑戦。失敗した原因は高鉄がJCBカードを受け付けないことと仮定して、決済はVISAカードでトライしたところ、無事発券できた(要暗証番号入力)。

 現在は自由席が4両(9-12号車)設定されているので、平日昼間だし、自由席(385TWD)で移動。13:52発の新幹線に乗る。12両編成の最後部のドア口で待つ。列車が侵入してくるとき車内の空席をチェック。9,10,11号車の窓側は全滅のようだ。しかし12号車には窓側席に余裕があり、無事窓座に座れた。(西・海)ABC-DE(東・山)の座席配置。東海道・山陽新幹線の700系ベースの車両である。静かに発車。最高速度は300km/h!この列車は各駅停車タイプである。速達タイプは桃園駅にはとまらない。 

 さっき書いた通り、自由席は意外と混んでいる。夏休みだからだろう、お子様連れも多い。台湾は今の時期盆ではないのだが。車内販売あり。弁当もあるが、ビールはない。 14:30台中駅到着。 停車中に後続の速達タイプの列車到着。 さっき乗ってきた列車が台中駅で待避して先に行かせるのかと思いきや、各駅停車が先に出発。次の駅で通貨待ち合わせするダイヤのようだ。 なんだかなあ。

 台中駅コンコースは7-11やロイヤルホストなどいくつかの店がある。さて在来線(台鉄)に乗り換えだ。 きっぷ売り場が簡素である。短距離用の自動券売機しかないようだ。あれれ、よくみたらここは台鉄の台中駅ではなく、台中市内の新烏日という駅だった。台中駅はここから3駅ほど北にあるそうだ。 とりあえず台中までの乗車券(15TWD)買って区間車に乗って移動。通勤電車である。

 台中で高雄までの自強号(特急)のチケットを自動券売機で購入。勝手(プロトコル)がわからなかったが、次々やってくる地元民の操作を見て予習し、無事買うことができた。ビールとパン買って乗車。

 この自強号は客車列車(客レ)である。先頭と後方に機関車があるいわゆるプッシュプル(PP)方式。PP自強とも言われる。13両編成で、席は5号車8番。偶数だから窓側と思いきや、通路側であった。窓側は若い女性であった。緊張セリ(笑)。 ドリンクホルダは窓側にしかないのでビールはしばし我慢。GPS測位も中断。斗六駅で窓側に移動。ビールタイム。

 しばしぼぉっと客レ車窓を楽しみ、18:00高雄到着。宿へ向かう。ソファに座ってチェックイン。英語、日本語通じず。筆談で対処し事なきを得た。
部屋でしばし昼寝をしたら、そのまま深夜になってしまった。疲れていたのだろうか。もったいないことをした。

今日の宿:拉斯維嘉LIFE商旅。HotelClub.netにて手配。朝食つきで44USD。高雄駅から徒歩2分前後でつける。 ダブルルームだが、無駄(?)に広い。カウチソファつき。TVは薄型ワイドで、CATV100局以上映る。外の景色は見えない。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:36 | トラックバック

2008年08月11日

国盗り北海道(3)・道南でドライブ

(画像は後日)
 やや浅い眠りで5:40南千歳到着前の横揺れで目覚める。今朝も好天のようだ。 支度して6:20札幌到着。南口を散歩。7:00発のスーパー北斗2号に乗車。キハ283系8連。スーパーおおぞらにも使用される編成。本日もグリーン車(G車)の3号車に乗車。 キロ283の座席はパワーシートだ。レッグレストも装着。オーディオサービスもある。しばしぼぉっと惰眠しつつ南下。隣席の方としばし歓談。羅臼から帰省中の由。お疲れさまです。

 10:11函館終着。国盗りの奥の手、レンタカー手続き。さっそく出発。目指すは松前城周辺。国道5号から国道228号にスイッチ。ほどよい流れで12時過ぎには松前町内へ。途中城盗り挑戦するも、まだ城から遠いようだ。白神下町あたりで再挑戦し、無事落城。 即Uターン。白神岬より下北半島、津軽半島をのぞみ、次なる目標は上ノ国町神明駅。

 途中温泉地取材のあと、木古内より道道5号線にスイッチし、峠一つ越えて上ノ国町に入るも、案の定圏外。神明駅では電波弱く、湯ノ岱付近まで下って江差地域の国盗り成功。 周囲閑散につき、またもUターンし、木古内町から再び国道228号線。ランチを後回しにしていたので腹減った。函館のグルメといえば、ラッキーピエロ(ラッピ)かハセガワストア(ハセスト)と相場は決まっている。両方は食えないのでラッピにしよう。 北斗市上磯町あたりにラッキーピエロがあったはずだが、すでに過ぎていたようだ。ハセストは上磯にあった。

 その後函館港フェリーターミナル付近の国道沿いにラッキーピエロ港北大前店を発見。 毎度メニュー選考は悩むが、今回は無難にチャイニーズチキンバーガー(350円)にしておく。すぐそばの埠頭に止め、車内でいただく。うーん、おいしいぃ。思わず歓声を上げてしまう。

 満足した後は車を返して帰らないといけない。15:50返車。 棒二森屋などで土産物色。 キオスクに大沼ビール発見。割高だが、ケルシュ査収(330ml缶525円)。 スーパー北斗にて独りプチ宴会。16:43スーパー北斗17号にて帰途につく。キハ281系8連。今回最後のG車。3号車1D。

 南千歳で快速エアポートに乗り換えて19:31新千歳空港に戻る。19:55発の飛行機なので急ぎチェックイン。セーフ。しばしぼぉっと土産を買って、搭乗。JAL540便。機材はB777。席は普通席最前方の15H。前はクラスJだが、足下が広い。チケットはJAL国際線特典航空券(ソウル発台北行き GMP-HND//SPK-xTYO-TPE-NRT//FUK-xHND-GMP)の一部。しばしぼぉっと過ごし、羽田から京急で一旦帰宅。明日はいよいよ台湾へ向かう。


今日のレンタカーの走行距離:230km。オリックスレンタカーvia楽天トラベルで手配。コンパクトクラス6時間で免責補償料込み6550円。乗ったのはホンダフィット。小さいながらも意外ときびきび走る。燃費計がついている。エコ運転をしたせいもあるが、燃費は極めてよく、27.4km/lだった。ガソリン単価は182円。
今日の国盗り:亀田・湯の川、函館、江差
今日の落城:徳山館
今日の土産:とうきびチョコ、じゃがりこ北海道限定とうきびバター他

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:08 | トラックバック

2008年08月10日

国盗り北海道(2)・道東、まりも

(画像は後日)
 8:00起床。今朝もよい天気である。カラッとした晴天。本日は道東方面の国盗り。旭川駅発9:01の特急オホーツク1号に乗り込む。キハ183系6連。通常4両だが、夏季につき増結か。網走方から1号車(ハ)、増1号車(ハ)、2号車(ハザ)、増21号車(ハザ)、3号車(ロザ/ハザ)、4号車(ハザ)。今日もグリーン車で移動。3号車5C。この列車も2+1席の配置。C席が1人掛けだ。

 例によってツインクルレディによるウェルカムドリンクあり。コーヒーをいただく。好天で上川付近からは大雪山系がよくみえた。遠軽で方向転換。 12:46網走終着。 釧網線列車まで1時間半ほどあるので、ランチを求め、中心部方面へ歩く。YAKINIKU網走ビールというビアレストランを見つけたが、日曜の午後なのにやってないようだ。夜からの営業だろうか。 残念。
 網走川向かいにBASICというスーパー発見。吸い込まれるように入店。総菜豊富につき、ここでランチ調達。このあと食糧調達が難しいことが予想されるので、夕食や非常食も買っておく。網走ビールも売っていたので、こりゃええわと合わせて査収。 のどかな網走川のベンチにてランチタイム。んー、極楽ぅ。

 14:00に再び網走駅に戻る。まだ改札は始まっていなかった。北京五輪バレーボール予選をしばしぼぉっと観戦。 列車が入線し、改札が始まったので乗車。 釧網本線普通釧路行き。キハ54単行。転換しないリクライニングシートつき。半数以上の乗車と意外と需要ありか。14:27出発。オホーツク海ごしに知床半島をながめつつ、しばしぼぉっと車窓の旅。浜小清水駅にDMV発見。試験営業しているらしい。 緑駅で14分停車、駅前何もなさそうなので外出せず。摩周駅で22分停車。駅前探検。摩周温泉の無料足湯あり。200m先にAコープ発見。電池買いだしするも、NotFound。なにも買わずに列車に戻る。暑い。

 釧路湿原を見つつ、18:25東釧路到着。根室本線に乗り換え。乗り継ぎ時間は10分と短いが、駅前にコープさっぽろがあったので、電池(単3アルカリ)調達。P社のは2本で298だが、MX社のは10本で248円。うーむ、10本は重いが何かと使うので10本パックを査収。ビールも買いたかったが、時間に余裕なく見送り。

 18:35発の普通列車根室行きに乗る。わしと同様釧網本線からの乗り換え組も数名。キハ54×2連。なんと、暖房が入っている! 先頭は釧網本線で乗った515番と内装は同じだが、後ろの車両514号機は転換クロスシートだ。ただし、リクライニングしない。おそらく新幹線0系の普通車シートあるいはキハ80系シートを流用か。車内意外と乗客多く、空いたクロスシートはなし。後部ロングシート(といっても腰部にくぼみがあり、分かれている)に陣取る。 すでに日は落ち始め、車窓を楽しむことはできない。ぼけらっと、網走で入手した道内時刻表を研究。

 厚岸でやや多めの下車。クロスシートに移動。20:49根室終着。折り返しの間(21分)にビールを調達すべく、駅前探検。今日は祭りがあったようで、浴衣姿多い。国道44号線まで出たら根室のハセガワストアともいうべき根室ローカルのスーパー「タイエー」があった。24時間営業。やきとり弁当が名物だが、食糧は網走でGETしているのでビールだけ購入。根室駅に戻る。

 21:10快速ノサップ号として出発。ここまで2両で来たが、根室寄り1両を切り離して1両での運行。キハ54 514。今日の祭り帰りの客で座席はほぼいっぱいかと思ったが、運よく空いたクロスシートがあったので鎮座。ラテン系の言葉も聞こえてくる。 さて、夕食をいただく、といっても質素である。ハムチーズパン、コロッケサンド。飲み物はサッポロクラシック。祭り客らは落石でほとんど下車セリ。以後静寂に。

 23:18釧路終着。臨時特急まりもに乗り換え。2008年8月末で廃止されるそうだ。北海道完結の列車では唯一の寝台車連結列車。北海道フリーパスのグリーン車用でB寝台に乗ることができる。宿代節約&時間節約のため久々に車中泊。キハ183系5連+14系客車1両(スハネフ14 502)。ハネ1、ハザ3、ハ2。自由席、指定席とも余裕がありそうだ。
 3号車11番上段。寝台券は売り切れとのことだが、11下段、12下段とも空いている。途中から乗り込んで来るのだろうか。 深夜の釧路駅は消えゆくまりもをカメラに収めようと鉄人ちらほら。23:30静かに釧路をあとにする。客車なのでエンジン音もなく静かである(スハネフなので電源用エンジンを積んでいるのだが、他車から電源供給できるのでエンジンを稼働させていないようだ)。

 案内放送後、寝台車へのアナウンスは札幌到着前まで省略とのこと。ややもして消灯。白糠、音別、浦幌と停車。浦幌手前で帯広地域を国盗り。眠りにつく。

今日の宿:特急まりもB寝台
今日の国盗り:網走・紋別、釧路、根室、帯広

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:59 | トラックバック

2008年08月09日

国盗り北海道(1)・あらとん、道北

(画像は後日)
本日より一応夏休み。台湾遠征のチケットを使うのだが、札幌経由のため、本日は北海道へ行く。
 暑い中 5:35出発し、羽田発7:00のANA51便で千歳へ移動。機材はB747-400.席は12D。チケットは株主優待割引(SF50)。今日からお盆休みの方が多いようで、札幌行きは夕方まで予約で満席であった。空席待ちは種別Aで終了状態。

 8:35新千歳空港着。ここからJR北海道フリーきっぷで移動三昧。8:49発のエアポートに乗れそうだったが、9:04発のエアポート小樽行に乗る。札幌からは普通に変身するタイプだった。 9:47桑園着。徒歩にて札幌中央市場(場外)にあるラーメン店「あら焚豚骨あらとん」を再訪。しかし少し迷って10:10頃到着。朝から結構お客さん多い。残席4.食券(つけ麺(冷))買ってしばしぼぉっと待つ。待っている間にもお客さんは陸続とご来店し、待ち状態に。 オーダが重なったのと、丁寧に麺を冷やすこともあり、25分ほどかかって到着(無問題)。 いただきます。 あらとんのつけ麺は初だ。 なかなかうまい。 スープ割もいただけるので、試してみた。うーん、スープも余計な味がせず、なまらうまい。ごちそうさまでした。 11:00退店。後で知ったのだが、さいと氏(仮名)がちょっと前まであらとんで食べていた由。あら、入れ違いだったようで。

 桑園駅に戻り、前回サブ機で篠路盗りこぼしのため、札沼線で新川、新琴似まで往復。札幌に帰って、特急サロベツに乗り込む。キハ183系(500番台、1500番台)5連。通常は3連だが、夏休みなので増結しているようだ。1―3号車はハザ、4,5号車がハで、ロザはない。 5号車の後方15Dに鎮座。自由席が2両に増結されているため、空席が多かった。

 12:37出発。しばしぼぉっとキハ特急の旅を堪能。旭川からは宗谷本線にスイッチし、北を目指す。天気もよく、北海道らしい車窓を満喫。でもだんだん飽きてくる(笑)。 17:25宗谷支庁の豊富駅到着。宗谷地域を国盗り。 ここで上り特急と交換。 その特急スーパー宗谷4号に乗り込み、17:30折り返し。なかなかの酔狂ぶりである(笑)。キハ261系6連。1号車(キロハ261)8Aのグリーン車着席。G車は2+1席の配置。A席が1人席だ。キハ261系は最近できた新型振り子機構つき気動車。振り子は札幌から名寄で有効となる。 最高速度は130kmで加速を含め電車と遜色ない走行性能だ。かっこいい(笑)。

 JR北海道のグリーン車では、専門のアテンダント(ツインクルレディ)によるサービスがある。まず、ウェルカムドリンクとおしぼりがつく。もちろん、「いらっしゃいませ!ご主人様」とか言わないので念のため。到着前には、「あと*分ほどで到着でございます」と案内してくれる。

 日が落ちると汽車旅はあまりおもしろくない。レールのジョイント音を子守歌にしばしぼぉっと惰眠。20:28旭川到着。気温は18度。横浜では30度という。涼しい! いったん宿にチェックインして夕食探しに出発。しかしこの時間なので丸井今井などはClosed。昼のあらとんは腹持ちがよく、そんなに食えなそうだ。結局弁当で済ませた。飲み物は大雪地ビールのケラ・ピリカというエールっぽいビール。

今日の国盗り:旭川、士別・名寄、留萌、宗谷
今日の宿:藤田観光ワシントンホテル。旭川駅前にある。楽天トラベルviaJALで手配。夏なので高く、6800円。 旭川には、旭川ワシントンホテルという、独立系のホテルがあるため、わざわざ藤田観光と冠していると思われる。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:44 | トラックバック

2008年07月19日

東北国盗り遠征(2)三陸沿岸

(画像は後日)
 5:30起床。外は晴れている。6:00チェックアウト。今日から三連休パスで東北移動。6:37発のはやて95号で盛岡へ。はやては基本的に全席指定だが、この列車ともう1本は自由席がついている。今日は1?5号車。5号車はほどほど乗っていたが、わしの乗った2号車はガラガラであった。 花巻など盗って、7:52盛岡着。 折り返し8:10のやまびこ46号に乗車。盛岡まで来たのは国盗りによる都合である。 自由席は1?3号車。これもすいていた。しかし各駅でそれなりに乗車あり。水沢江刺で空き列ほぼなし状態。

 8:48一ノ関着。ドラゴンレール大船渡線に乗り換え。時間があるので市街散策。ダイエー一関店が閉店していた。 今日発売の小型時刻表8月号を探すもNotFound。 9:53発の普通盛行き乗車。意外と乗客多い。キハ100の2連。陸前高田、大船渡で海フェスタ。12:27盛着。 三陸鉄道に乗り換え。お座敷列車と一般車両キハの2両編成。12:34発車。運よく座れた。 鉄人割合多い。国盗りご同好の士もちらほら。なぜか鉄人はチェックのシャツ着用率が高い。え?わしはTシャツですが何か?

 冷房寒く、長袖オプション(チェックではない無地のユニクロシャツ)行使。13:26釜石(1050円)。すぐ山田線に連絡。キハ100形2連。これも運よく着席。 13:41発だが、接続列車(はまゆり)遅れのため13分延発。この列車も車内温度24度と寒く、引き続き長袖オプション行使。

 リアス式海岸をしばしぼぉっと眺めつつ、15:08宮古終着。 三陸鉄道北リアス線久慈行きおよびJR岩泉線は接続してくれた。 久慈行き36形単行に乗り換え、すぐ発車。着席もでき、事なきを得た。予想通り、同じような乗り換え組多い。90%くらいの着席。

 すぐ接続してロスタイムがないのはいいが、食糧の調達ができない。一ノ関で多少なりとも買っておけばよかった。お茶しか口にしていないのである。あはは(笑)。 この列車でも長袖オプション継続中。北リアス線は長大トンネルが多い。

 普代から、なんと車内販売カート搭載。販売開始。沿線の名物や三陸鉄道グッズなど。しばしぼぉっとしていたが、お菓子でも買えば良かったか。高い橋梁通過時に減速、ガイド音声サービスあり。

 16:43久慈着。これまたすぐに16:50発の八戸線普通に乗り換え。キハ48+40の2連。夕日に映える太平洋をしばしぼぉっと眺めつつ、18:45八戸終着。 東北新幹線はやて30号に乗り換え。全席指定で、指定席券(ハザ)は持っていないが、盛岡‐八戸間は空いた座席に座れるらしいので6号車のE席に適当に座っておく。 18:57出発。難所を無事盗りながら、再び盛岡へ。 ようやくまとまった時間(といっても小一時間)が取れるので、食材の買いだし。朝なかった本日発売の小型時刻表も査収。

 20:26発のはやてで八戸へ。車内で今日初の食事。Vodafoneで難所の国盗りにチャレンジしたが実らず。20:59再び八戸。本日の最終ランナー21:18発の特急つがる29号に乗車。 今回初の指定席を行使。485系6連。5号車11D。自由席は2、3号車。 本日最後の難所十和田を国盗り、22:18青森に到着。 本日の移動完了。 宿直行。 本日関東、甲信、北陸、東北、つまり全国で梅雨明けしたそうだ。それにしては今の青森駅はちょっとどんよりしている。

今日の国盗り:花巻、紫波・都南、盛岡、気仙沼、大船渡、釜石・遠野、宮古、久慈、八戸、三戸、二戸、雫石・八幡平、玉山、三沢、十和田、野内・田代平、青森
今日の落城:不来方城(盛岡)、九戸城
今日の宿:東横イン青森駅正面口 直販サイトで予約。5460円。青森駅前にある。サービス、内装などはいつも通り。部屋からベイブリッジも見えた。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:20 | トラックバック

2008年07月11日

PiTaPa

配達記録郵便でPiTaPaが到着。 ANAカードの付帯サービスで先日申し込んでいた次第。 先日不在通知が入っていたのだが、今の日本郵便は、差出人を書かないルールになったのか? 書いてないのである。 送りつけ商法とかを判断するのに差出人の記名はお願いしたいところであるが。

PiTaPaは後払いの交通カード。SuicaやPASMOと違って、チャージする必要がないので楽そうである。年間管理費が1050円かかるが、年に1回でも利用すれば免除になるとのこと。 

 夕刻東京へ。 定例MTG前にDoCoMoショップへ寄って予備電池を調達しようとしたが、意外と混んでいたのでUターン。

本日iPhone3Gが発売。 何日も前から徹夜した人もいたらしい。Bカメラでは既に完売していた。わしは、別にいらない(笑)。文字入力が大変そうだ。

 

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:01 | トラックバック

2008年06月20日

時刻表購入

午後より神田へ出陣。新事務所訪問。カントク(仮名)に再会。諸案件の打合せ。その後銀行にて給与処理。有楽町に移動してVPN接続設定するも、やはり720エラーが出てだめぽ。 その後グループMTGを消化。

帰りに大型時刻表7月号および日本鉄道旅行地図帳第2巻=東北を購入。海の日連休の遠征資料だ。

 

 

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:50 | トラックバック

2008年06月07日

東北国盗り遠征(2)

(画像は後日)
 5:50起床。しばしぼぉっと支度して6:40チェックアウト。本日は国盗りしつつ帰還する日。
 秋田駅7:00発のJR羽越線普通列車酒田行きにて秋田を離れる。701系3両編成。土曜の朝ということもあるのか終始空席が目立った。

8:50酒田着。隣のホームに特急いなほ6号が接続。485系6両編成。モハ485-3050。自由席は意外と多く3両。指定席の3号車をとっておいたが、案の定自由席は座り放題だった。新潟まで行くが、単に特急券を買うのは面白くないので、新潟から新幹線に乗って、いなほ区間は乗継割引(半額)にした。以下のチケットをえきねっとにて予約し、昨日仙台駅のMV端末で発券した。
B特急券 いなほ6号 酒田→新潟 1090円(乗継割引)
新幹線自由席特急券 新潟→燕三条 840円
乗車券 秋田→燕 経由(羽越・白新・新潟・新幹線・燕三条・弥彦) 5250円

ちなみに単に酒田→新潟の無割引B特急券を買うと通常期で2190円。


日本海側のA席だったので車窓を楽しみつつ国盗りING。11:00新潟着。
いなほ6号の3号車指定席は新潟到着時でも50%以下の乗車率だった。自動改札機に乗車券を投入したが、ちゃんと途中下車を認識してくれてきっぷは何事もなかったかのように出てきた。

 上越新幹線MAXとき発車の12:09までしばし昼食タイム。新潟といえばなんだろう、と思ったが思い出せず、適当にラーメンを濱来たという店でいただく。醤油とんこつラーメンが600円。今日だけか不明だが、麺大盛りかライスが無料でつくという。大盛りにしてもらう。 これが新潟風ラーメンかわからないが、まあまあうまかった。食後は暑い。

 12:09発のMAXときの自由席に行列ができていた。案外利用者が多いんだなあ。どうにか2階窓側に座れた。国盗りしつつ、燕三条で下車。徒歩10分ほどで北陸道三条燕IC側道にあるバス停に到着。 12:48発の池袋駅東口行き高速バスに乗車。2台で運行。2号車を指定したところ、5人しか乗車していなかった。座り放題である。 D1というかぶりつき席に鎮座。しばしぼぉっと国盗りしつつ帰宅。

 妻は今日もやすらぎの里につき、本日もシングルナイト。

今日の国盗り:本荘、酒田、鶴岡、村上、新発田、豊栄、新潟、白根、巻、燕・三条、長岡、小千谷、魚沼、沼田、渋川、前橋、榛名、高崎、伊勢崎、藤岡、本庄、熊谷、東松山、坂戸・飯能、川越、練馬・石神井、中野

 

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:18 | トラックバック

2008年06月05日

鉄道旅行地図帳

先日オーダしたacha'sRoom用ガステーブル(リンナイ-ハオ)が到着。とはいえ時間の都合で設置&火入れ式は来週の予定である。

鉄道旅行地図帳鉄道旅行地図帳(新潮社)が先日刊行されたことを知った。同社サイトによると、「 この地図帳は鉄道旅行を楽しむための基本情報を満載しています。正確な縮尺の地形図上に鉄道路線と駅を忠実に配置することにこだわりました。既存の路線図のように歪んではいません。道路情報にも邪魔されない鉄道地図帳は、実は日本で初めての試みです。(以下略)」とのこと。 ぬおー、これはくすぐられますネー。てなわけでamazon.co.jpで発注(笑)。今回は第1巻の北海道だが、今後全12巻で続々発刊される由。 http://www.shinchosha.co.jp/railmap/ 
画像(c)新潮社


 明日から東北遠征。必要なバス乗車券の発券、ならびにJR券の予約をしておく。

夜は大和ビルの三好飯に参席。 年齢も職業も違う方々が集う。初回はいつも通り緊張したが、次回以降より一層楽しみたいと思う。明日早いため若干早退して帰る。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:50 | トラックバック

2008年06月01日

畿内国盗り/ANAプレミアムクラス雑感

(画像は後日)
 8:00チェックアウト。スルッとKANSAI 2daysチケット(2日分使えて3800円)行使して地下鉄でなんばへ移動。南海電車難波駅より8:30発特急こうや(橋本まで特急券500円)に乗る。4号車35番。偶然窓側だった。国盗りしつつ、9:14橋本へ。

9:28JR和歌山線で吉野口へ(400円)。近鉄吉野線で橿原神宮乗り換え田原本で折り返し、大和八木から近鉄大阪線で布施へ。布施からまた近鉄線で近鉄奈良へ出る。せっかくなので、外へ出てみるが、あれ、こんな街だったっけ?JR駅前とはだいぶ違うようである。

奈良駅構内で弁当調達。発泡酒も調達。13:05発京都行き特急車内で食う。ビアフェスのグラスが役に立った(笑)。丹波橋にて京阪に乗り換え、特急で枚方市内の樟葉へ。折り返しで特急に乗るが、9000系という見たことない車両だった。おやおやこんな車両が特急に使われるとは。

左京区の出町柳まで乗り通して下車。 今出川通りを歩いたらバスが来たので飛び乗る。烏丸今出川で下車。 京都市地下鉄で北区の北大路へ。折り返して四条へ。烏丸駅から阪急に乗り換え。ちょうど特急が来たので乗る。十三乗り換えで新開地まで直通。 さらに高速長田まで。折り返して十三に戻る。阪急で蛍池に出て大阪モノレールで伊丹空港へ。

個人包括旅行運賃(IIT)なので事前チェックインができないようで、機械でチェックインを試みるも、座席は中央席しか出てこない。おやおや、短時間ではあるが中央とはぞっとしない。有人カウンタでチェックインしてみると、後方非常口と、窓なし24列の窓側席が選べるようだ。とりあえず窓なし席の窓側をアサインしてもらう。 ついでにプレミアムクラスへのUGを聞いてみたところ、満席だが2人待ちということで、ダメ元でUG空席待ちに登録してもらった。

 パン買ってsignet、もといANAラウンジでビールタイム(一番搾り)。無線LANが使えるので、W-ZERO3にてネットアクセス。うーむ、最近はコンテンツが重いのでプアなクライアントマシンでは重くてだめである。時間がかかること幾霜月。

 18:45空席待ちカウンタへ。自分の番号が呼ばれたような気がしたので行ってみる。なんとプレミアムクラスが用意できたらしい。わしが最後の1席をGETできたようだ。感謝します。19:00発のNH38便。機材はB777-300。席は2F。プレミアムクラスの3列席の中央。中央とはいえ、この機材は改修済みでシートピッチが50インチに拡大されているので、余裕で通路へ出入りできる。シート自体はSSP時代のそれをベースにカバーだけ変えた格好のようだ。先週乗ったB747のプレミアムクラス(38インチ)に比べるとVeryGoodである。プレミアムポイントを使って無料アップグレードした。

 食事時間帯だったので弁当もそれなりのが出た。なかなかいける。味噌汁も何も言わなくても出てきた。飲み物はシャンパン。東京=大阪線は水平飛行時間が短く、わしの食い終わった頃にはベルト着用サインが連続点灯(着陸態勢)してしまい、2杯目のお代わりができなかったのが残念。 プレミアムクラスも飛行時間に比例して値段を変えるのも一考ではないだろうか。30分程度の水平飛行で十分なサービスが享受できるか少々微妙ではある。もちろんそれらを割り切ってUG依頼したのだからいいのだが、7000円払ってUGする人にもちょっと物足りないのではないだろうか。

 20:05羽田到着。20:16発の京急にて帰投。

今日の国盗り:住吉・平野、堺、金岡、富田林・長野、橋本・高野、五條・吉野、北葛・高田、橿原・桜井、天理、八尾・松原、生駒・郡山、平城、奈良、木津・笠置、宇治・田辺、伏見、枚方、東山・山科、洛中、左京・大原、洛北、右京、洛南・洛西、向日・長岡京、高槻、茨木、尼崎、芦屋、灘、三宮・神戸、須磨・長田

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:27 | コメント (2) | トラックバック

2008年05月10日

台湾遠征(5)道央で国盗り

(画像は後日)
昨日台湾から帰ったばかりだが、今日から北海道国盗り遠征。なぜ中日なしにお出かけか。それは台湾行きのチケットが、NRT-TPE-xTYO-CTSだからである。台湾行きエコ割14は、なぜか東京発よりも札幌発の方が安いのである。関東在住なので、往路は東京発を適用し、復路は札幌発の運賃を適用してトータルで東京発の単純往復より安く上げることができただけでなく、札幌までの片道が無料&羽田?千歳間のマイルも100%でもらえる、からである(笑)。

能書きはさておき、6:20起床。イエメンへ遠征中の友人の安否が気になっていたが、今朝無事の報が届いた。あーよかった。安心して出発。しかし外は小雨だ。 8:30羽田。signetは省略して、G52から搭乗。NH55便。機材はB44。席は15A(15B空き)。チケットは前述の通りエコ割14web。9:00出発。関東周辺は雨のため下界は見えなかったが、途中十和田湖、青森湾などがよく見えた。10:20新千歳空港着。晴天。
 みどりの窓口にて一日散歩きっぷ購入(2040円)。早速行動開始。10:34発の快速エアポートで移動。南千歳で普通に乗り換え、11:10苫小牧着。駅周辺ぶらぶら。先週は夏日だったというが、今日は外気は10度に満たない&風がやや強い。
 意外と店少ない。駅前のegao内RalseMartで弁当など買い物。東室蘭行き普通列車(711系)車内で食う。飲み物はサッポロクラシック。12:30苫小牧発。しばしぼぉっと移動して東室蘭で長万部行き普通列車(キハ150単行)に乗り換え。意外と学生多い。部活の帰りか。後部に立席。伊達紋別で着席。15:21長万部着。
駅周辺ぶらぶら。海岸が近いので行ってみる。噴火湾が一望。遠くに洞爺や駒ヶ岳も。しかし風冷たい。RalseMartで少々買い出し。16:27発の普通列車小樽行き(キハ150単行)乗車。しばしぼぉっと車窓を楽しむ。途中羊蹄山(蝦夷富士)が山頂部以外はよく見えた。ニセコでオージーらしき客乗車。
19:19小樽終着。意外と長万部からの乗り通し客ちらほら。19:28発の普通列車に乗り換え。通常快速エアポートに使われる6両編成の電車だ。4号車には指定席(uシート)車両がついているが、普通列車で運行される場合は全車自由席=解放である。なのでお得感のあるuシートに着席。しかし車内には一様に「指定席」ステッカーしかないので、わしもそうだが、乗車前にとまどう客も多いだろう。そのためか、uシートは満席になることはなかった。 札幌を一旦通り過ぎて白石まで乗車。白石盗って、20:34札幌に戻る。

ビックカメラで買い物。その後歩いてホテルへチェックイン。さすがに疲れたのか、夕食はコンビニ弁当とした。その後バタンQ。

今日の宿:札幌リッチホテル。楽天トラベルviaJALで手配。RCで3600円と格安だった。昭和時代のビジネスホテル然だが、寝るだけなら必要にして十分である。有線LAN方式のインターネット接続が無料。ただしPCやLANケーブルは持参する必要がある。

今日の国盗り:千歳・北広島、苫小牧・登別、松前・長万部、小樽・ニセコ、手稲、琴似、札幌、篠路、丘珠、白石

 

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:28 | トラックバック

2008年05月07日

台湾遠征(2)〜台湾鉄道で温泉探訪

(画像は後日)
今日も雨である。9:00朝食。担々麺ほかをがっつりと。10:10単身出発して鉄の旅へ。今日は妻とは別行動の日とした。妻は石探索の行脚へ。

台北駅にて蘇澳駅行きのきっぷを購入。遠距離のためか、券売機では不可だった。窓口で駅名と列車種別のメモを渡して無事買うことができた。区間車(区間快も)で片道176TWD。
10:35発の区間車(普通列車)蘇澳行き乗車。EM500系電車。4両編成で電車ロングシートだ。ガーン、ショック! ボックスシートかと思ったのに残念である。途中の主な駅のホームで駅弁の立ち売りがいる。「ベントー!」と叫んで小走りに移動している。窓が開かないので売り子も必死のようである。

13:16蘇澳終着。台湾ではきっぷは領収書代わりになるそうで、改札に証明印がある。それをきっぷに押して駅員に見せると持ち帰ることができる。印が見あたらないときは、駅員に手のひらをぽんぽん押すジェスチャを示せば、言葉が無くても応じてくれる。

まだ雨である。雨の中街散策。ここ蘇澳には、世界でも珍しい泉質の冷泉があるという。天然サイダーともいうべき炭酸泉だそうだ。適当に取材。 名物の炭酸泉を使ったサイダー(汽水)を購入(20TWD)。雨上がったら蒸し暑くなってきた。

14:30発の自強号(特急に相当)にて蘇澳を離れる。指定席でも無座(自由席)でも運賃は同じなので、窓口で列車種別、発車時刻、行き先(到○○)、枚数(張)、窓側などの希望を書いたメモを渡してきっぷ購入。希望通り買えた。 礁渓まで71TWD。イタリア製の電車であった。券面の2号車はガラガラだったが、なぜかわしの席の隣にじーさんが座っている。ガラガラなのに不思議である。 その席は放棄して誰もいない隣の車両にてくつろぐ。転換リクライニングシートだ。

15:06礁渓着。また雨だ。ここは礁渓温泉の玄関口。駅前に足湯があり、無料で利用できる。蒸し暑いのと、タオルを忘れたことから、足湯の代わりに手湯させてもらう。駅前を少し散策したが、日本の温泉街に似ている。温泉旅館、ホテルっぽい建物の外観も日本に似ているのだ。時間があるときに泊まってみたいものである。

 券売機で無座のきっぷを買って、15:31発の筥光号(急行に相当 筥の字は実際は「くさかんむりに呂」)にて移動。電気機関車にひかれた客車列車(客レ)である。これも転換リクライニングシート。ガラガラであった。八堵まで行くが、八堵は通過してしまうことがわかり、七堵まで行って折り返す。幸いすぐ折り返し普通列車があった。八堵で下車したが、何もない! 基隆までのきっぷ(15TWD)買い、普通列車で台湾の海の玄関口の一つ基隆駅へ。ここは下関や門司港のような雰囲気だ。港がすぐそばなので風景撮影。大型フェリーもいた。海軍施設もあるのか、撮影には気を遣う。事なきを得た。

17:45発の普通列車で台北へ戻る。 新世界地下街ぶらぶら。安い文具を購入。部屋戻ると妻はとっくの前に戻っていた由。 夕食は今日も台北駅2階のBreeze。昨日豆花を食べた吃四方にてジャージャー麺、炒飯、餃子(合計300TWD)をシェアして食う。安いからか、どれも今市。 COMEBUYというチェーン店でタピオカ(珍珠)ミルクティ(30TWD)をテイクアウト。しかし甘過ぎ。牛乳を買って薄める(笑)。 部屋戻り、小宴会。ハイネケン、Tigerビール。

今日の宿:今日も天成大飯店に連泊。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 22:38 | トラックバック

2008年04月06日

ドイツ遠征2008〜(4)アルトビール大会

(画像は後日)
 朝食摂って、10:30チェックアウト。今朝もベルリンは3度と冷え込んだ。Sバーンでベルリン東駅に移動し、11:38同駅始発のICEでデュッセルドルフへ向かう。

 土曜だからか、それほど混んではいなかった。Hannover、Dortmundを経由して16:20頃Duesseldorf中央駅到着。
現地在住のKさんと合流。6年ぶりのライン川を眺めたあと、デュッセルドルフ名物のアルトビールを3軒はしご。1杯250mlと少量で、グラスがあくと、わんこそばのごとく、新しいビールが出てくる。FuechschenAlt(きつねマーク),Schluessel Alt(鍵マーク),Uerige。都合10杯。Uerigeがホップがきいており、好みだった。

「Mett」と呼ばれる生豚肉のターターステーキのオープンサンドを食べる。え?豚肉の生? 牛肉なら生でも食べたことはあるが、さすがに抵抗感がある。 しかし、普通に食べられている料理とのこと。日本じゃ食べられそうにない料理だ。これもいい機会と、ありがたくいただく。 むほ!意外と行けるようだ。ネキトロに似た食感とでもいうのだろうか。これは結構なお味で。

 さすがに10杯=2500mlである。フラフラ君になってしまった模様。でもおいしかった。ドイツに来て、デュッセルドルフに来てよかった。ほかにもブロイハウスはあるようなので、次回以降攻略してみたい。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:35 | トラックバック

2008年04月05日

ドイツ遠征2008〜(3)ベルリンの壁

(画像は後日)
8:00起床。 6:00頃一旦目が覚めたときは外は晴れていたようだが、いまは小雨である。参ったな。 

9:00朝食。シンプルではあるが、過不足なくうまい。いつものように、ハンバーガーにして食う。フランクフルター、スクランブルエッグといったホットディッシュあり。

今日は連泊なので、朝食後洗濯大会。バスルームにオイルヒータがあったので全開にして干しておく。

今日の作戦を練って、11:30出発。 一日乗車券(ABゾーン:6.10EUR)買ってOstBahnHof(ベルリン東駅:旧東ベルリンの中央駅)へ。偶然SL等のイベント車両が1番線にいた。撮影大会。食堂車もあり、軽食も取れるようだが、昼時とあって、満席のようだ。もっとも さきほどの朝食で 空腹ではないのだが。

撮影大会後、イーストサイドギャラリーを歩く。ベルリンの壁が保存されている。壁には落書き、ではなくアートが書かれ、飽きることなく歩くことができる。

 Warschauer駅からUバーンでMoeckernbruecke駅へ。徒歩数本のドイツ技術博物館へ。 入場料4.50EUR。 コート預かりあり(無料)。かつて機関庫があったところに建設されたので、扇形機関庫を流用した鉄道車両展示がある。SLを中心に約20種類展示。なかなかおもしろい。 さきほどのベルリン東駅といい、今日は撮影枚数過多で早くも電池ゲージが減ってきた。

 鉄道系だけでなく、他の交通や、いわゆる技術系の展示もある。

 Gleisdreieck駅からUバーンでEberswalder Str.駅へ。 この近くにあるカリーブルスト(カレーソーセージ)で有名な店Konnopke's Imbissへ。前評判通り、行列ができている。 ドイツで行列ができることはスーパーのレジや主要駅のDBの切符売り場以外であまりない。カリーブルスト(1.70EUR)をオーダ。ぶつ切りしたソーセージにカレーパウダーと甘辛ソースをかけてあるベルリン名物。うまい。行列ができるのも納得。

 UバーンでAlexanderPl駅に戻り、しばしぼぉと散策。何かイベントがあるようだ。ミニオクトーバフェストか。ハート型のお菓子売りなどの出店がある。

 路上でブラートブルスト(焼きソーセージ)売り発見。1.20EURと安いのでついつい購入(笑)。うまい。電化小売のSaturn冷やかし、Sバーンで宿近くの駅に戻る。 
買い物大会。Karstadtで煙人形探し、NotFound。向かいのPlus,Keiser'sで買い物大会。小麦粉、塩、ビールほか。ユーロ高だが、それを差し引いても安い安い。思わず歓声を上げてしまう。

Alexで買った焼きソーセージを夕食代わりにして部屋でビール大会。ハルツ地方のビールと、シェッファホッファ。

今日の宿:今日もHotelOrionに連泊。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:32 | トラックバック

2008年04月04日

ドイツ遠征2008〜(2)ブランデンブルク門

(画像は後日)
7:00起床。外は5度くらいだという。さすがに北海道より北にあるだけあってまだまだ春本番とはいかないようだ。8:30チェックアウト。HannoverHbfを探検。しかし意外と広くて探検しきれず。次回にチャレンジ。

 今日はベルリンへの移動だ。ジャーマンレイルパスでの移動なのと、まだ時間があるのでまっすぐ行かずにハンブルク経由で行くことにした。 9:20発のICEで一路ハンブルクへ。ハンブルクでは観光はほどほどに、かねてからやってみたかったハンバーガーを食べることにした。ハンブルクはハンバーグの語源となったらしい街である。元祖ハンバーガー?をIMBISSで購入。2.80EUR。

HamburgHbf発11:03のICEに乗るつもりだったが、混雑しているので、1時間後のICEにして、なおかつその列車の始発駅であるHamburgAltonaまで行くことにした。Sバーンで12分ほどで到着。 Altona駅をしばしぼぉっと探検。 Altona駅11:51発のICEでベルリンへ向かう。ICE車内でさっき買ったハンバーガーを食う。13:36ベルリン西部のSpandau下車。Sバーンに乗り換え。Charlottenburgで下車。徒歩でホテルへチェックイン。

身軽になってひとまず市内探検。徒歩でぶらぶら。クーダム通りをぶらぶら。通りの両側にはブランド店が点在し、銀座の中央通りのようである(道幅はかなり広い)。

ジャーマンレイルパスはSバーンに有効だが、Uバーンには乗ることができない。SバーンのSavingnyPlaz駅から移動。東ドイツの信号機のキャラクタ、アンペルマングッズを買うべく、HackescherMarkt駅で下車。ハッケシャホーフ内にあるアンペルマンギャラリーへ。信号小人とも呼ばれるデザインのグッズが数十種類売られている。

おみやげ&我が社デコレーション用にいくつか購入。平日だが、意外と賑わっていた。見ているだけでもなかなかおもしろいと思った。

 SバーンでFriedrichStr駅(フリードリッヒ通り)へ移動。徒歩でウンターデン・リンデンへ。途中USの大使館?あり。なぜか撮影禁止。ものものしい警備であった。ウンターデン・リンデンに出ると、西側にあのブランデンブルク門が見えてくる。ドイツ統一の象徴的建築物だ。 かねてからここに来たいと思っていたが、なかなか縁がなく、今日まで来られなかった。なかなか壮観である。 ベルリン発祥のベロタクシーもたくさん走っている。

しばしぼぉっと感動しつつ、6月17日通りを歩く。戦勝記念塔まで歩こうと思ったが意外と遠く、途中で北へ折れ、ベルリン中央駅に。ここは再開発中でまだ周囲に建物は少ない。数年後にはホテルやデパートが建ち並ぶだろう。

 中央駅は広い。地下にはKeiser'sなどのスーパーもある。駅だから高い、というわけでもなく、良心的な値段である。ビールや水を調達。エコバッグが役に立つ。SバーンでCharlottenburg駅へ戻り、駅前のMediaMarkt、Kaustadtなどを下見。スーパーもあちこちにあり、この駅は便利そうだ。駅から北へ延びる通りは歩行者天国となっており、旭川駅北口の通りによく似ている。露店で野菜を売っていた。シュパーゲル(ホワイトアスパラ)ももう出ていた。季節は春なのだろう。

 宿に戻り、ビール大会。ベルリンに来たので、BERLINER Pilsner,Berliner Kindl Premium.どちらも0.59EUR+Pfund(0.08EUR)。 昼に食べたハンバーガー@ハンブルクの腹持ちがよく、夕食もおろそかに早めに就寝。

今日の宿:Hotel Orion. HRSで手配。朝食付き50EUR。無線LANによるインターネット接続が無料。WEPがかかっているので、フロントで利用の旨言うと、接続に必要な情報を記した紙をくれる。Good。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:21 | トラックバック

2007年09月29日

ドイツ遠征2007〜(8)世界の車窓から・さらばドイツ

(画像は後日)
8:30起床。本日いよいよ離独。 9時過ぎ朝食いただく。まあまあの内容だが(ユーロ高なので)7EURの価値があるかは微妙だ。

 今日は朝からいい天気だ。10:30頃チェックアウト。トラムでシュツットガルト中央駅へ(2.30EUR)。今日は何をするか決めていなかったが、お疲れなのと荷物もあるので、ということからライン川の車窓を楽しむことにした。Stuttgart Hbf.からHamburg行きIC2112に乗る。土曜のためか意外と多くの席が予約済みだ。わしらの降りる先の予約席を見つけ、そこに陣取りしばしぼぉっと乗車。マインツの先から右側にライン川がせまってくる。対岸には古城が点在する。名勝地である。あちこち撮影。

 15:10ケルン中央駅(Koeln Hbf)着 駅から近い店でケルシュでもと思ったがあいにくの雨(小雨)である。 途中まで行ったものの、苦渋の決断で駅まで引き返す。構内でケルシュビール購入。プレッツェルも購入。ケルンからフランクフルト空港へ向かう車内で飲むことにした。

 15:54発の高速新線経由のICEはLH便名もついていた(コードシェア)。ゆえに利用客も多く、席にありつけなかった(ばらばらなら座れたかもしれないが)。 車端部でスーツケースをイス代わりにしてケルシュで乾杯。 ICE611は最高速度300km/hで疾走し、16:47FRA着。 スーパーで最後の買い出ししてパッキングしてチェックイン。セネターラウンジでしばし休憩。レーベンブロイのオクトーバフェストビールがあったのでありがたくいただく。

 18:40搭乗。OZ542便。機材はB777-200.席は2G いわゆるシェルフラットシート。チケットはアシアナ航空限定ビジネスクラス1年オープンの復路。 遅めの搭乗だがウェルカムドリンクサービスはあった。同行のホワイト達人はYクラス(スマソ)。

 19:00出発。さらばドイツ!また来年(たぶん)。 機内食(RoastSalmon)を味わい、映画1本(博士の愛した数式)を見て適当に就寝。 フラットシートのおかげでよく寝られた。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:18 | トラックバック

2007年09月27日

ドイツ遠征2007〜(6)ミュンヘン、ウルム

(画像は後日)

昨日はバタンQだったが5:50自然起床。 昨日は飲みすぎたので案の定不調の朝である。昨日もらったチェコの薬用酒(BECHEROVKA)を迎え酒として飲む(笑)。効くのだろうか。

 不調につき9:00まで寝る。途中ホワイト達人(仮名)より入電。無事のようでなにより。夕刻合流を約す。

 10:30頃チェックアウト。今日もどんより。気分も体調もどんより。Sバーンで中央駅に移動(2.20EUR)。ロッカーに荷物預けて行動開始。例の通りマリエンプラッツ周辺ぶらぶら。 不調につき休憩しながらぶらぶら。ミヒャエル教会に初入場。荘厳である。写真撮影OK。ここでもしばし休憩。

 いつものかばんやさんチェック。セールをやっていたが今日はパス。ヘンケルスの店へ。いくつかセールをしていたので仕入れる。
今日も寒い。外で休憩しようと思ったが、地下の駅が多少暖かいのでベンチでしばし大休止。14:40ミュンヘン中央駅へ。ようやく腹へってきたので、IMBISS(DINER)で焼きソーセージ(Bratwuerst 1.95EUR)を買ってホームで食う。うまい。

 15時過ぎホワイト達人と再会。バーガーキングで作戦会議。荷物受け取って16:23発のICEコンパートメントでUlmへ移動。 ウルム駅構内のInterCityHotelに飛び込みチェックイン。予約はなかったが、泊まることができた。

 ひと休み後買いだしを兼ねてウルムの市街を散策。世界一高い大聖堂がある。Mullerで土産買い出し。BなかったのでKAUFHOF地下でBほか買い出し。気になった店で地ビールGoldOchsen(Helles)をいただく。日本人にあいそうなビールであった。

 部屋戻り、一段落後、自宅のメールサーバの不調を直すべく、無線LAN(有料 10.00EUR/5時間)を利用してサーバメンテ。VPN入れたのでどうにか作業はできた。sendmail,qpopper,dracd,xinetdなどをインストール。DNSも不調だが、セカンダリが生きているのでとりあえず帰国まで放置。どうにかメールサーバは仮復旧。fmlのインストールなどが積み残し事項だ。 2:00頃まで作業となってしまった。

今日の宿:InterCityHotel Ulm 飛び込みで利用。ツインルーム朝食つき120EUR(140EURから値切った)と少々値がはるが、体調不良もあり、歩き回って探すよりかはよいかなと判断した次第。市内交通乗り放題カードがついている(結局使わなかった)。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:42 | トラックバック

2007年09月25日

ドイツ遠征2007〜(4)City of Jena

(画像は後日)
6:00起床。外雲多い。徐々に雨になるとのこと。


 今日はJena社の由来となった旧東ドイツのJena(イエナ/イェーナ)という街を探訪する。9時過ぎチェックアウト。市電(トラム)でドレスデン中央駅へ(1.80EUR)。電停には券売機がなかったが、車内にあった。車内で買うと時刻入りの切符がでてくるので、刻印は不要だ。 9:30頃DresdenHbf到着。2002年にここへ来たかったのだが、ちょうどその前日に洪水が発生し、断念した次第。修復工事はいまだ残っているものの、ほとんど回復といった印象だ。あちこちきれいになっているようだ。

 Jenaへ行くにはICEでLeiptig(ライプチヒ)経由でWeimar(ワイマール)へ出てRE(快速)に乗り換えるのが最も速いが、ワイマールまでは昨日乗っており、それでは面白くない。ということで経由地をChemnitz(ケムニッツ)に定め、ローカル線の旅とした。10:25発のIRE(InterRegioExpress=地域間急行)でケムニツに移動。ニュルンベルクまでの長い道のりを走る列車なのに2両編成でびっくり。一応座れ事なきを得た。 学生団体多かったが次のFreiburgで皆下車していった。このIREはディーゼルカー(キハ/キロハ)だが、数年前レポートした通り、速い!時速160km程度で走るのだ。急行料金は不要である。カーブでも高速で通過できるよう振り子構造になっているようだ。 JR北海道のキハ283系も振り子だがそれ以上に左右に傾く。飲みすぎて乗ると危険な列車である(笑)。

 11:22ケムニッツ中央駅到着。5年ぶりに降り立つ。ここはドレスデン行きを断念してここに2泊することになった街だ。前回同様雨である。駅構内で次の列車を待つことにした。 駅周辺は前回と特に変わりばえないようだ。構内ぶらぶら。ビール(Halleröder 1.39EUR+pfand/500缶)買ってJena方面のゲッティンゲン(Göttingen)行き快速(キハ2両)に乗る。この列車も300km以上走る長距離ランナーだ。駅のトイレは0.50EURと小用には割高だったので、乗車して車内のWCで済ませた。

 12:27再びローカル線のキハの旅。この列車も150km/hくらいで走る。しかしトロトロ走ることも多い。

 14:36Jena West(イエナ西駅)到着。学生たくさん降りる。ここは学生の街という。Jenaには駅がいくつかあり、ここWest駅はローカル線しか止まらない。このWest駅のほか、ICEなどが停車するJena Paradies駅が各地からの玄関駅になっている。明日はParadies駅からJenaを去るので、West駅にはもう戻ってこない。

 ひとまずここ西駅近くにあるというホテルにチェックイン。玄関開かない。ピンポンしてレセプションとお話。ジーっと鳴って開錠。玄関前がレセプションと思いきや、1階がレセプションらしい。 滞りなくチェックイン、カード端末あるいはホストが不調なのか決済に時間がかかった。広い部屋に荷物置いて15:20頃より散策へ。

 ここJenaはカール・ツァイスレンズの本拠地。まずは光学博物館へ行ってみる。16:30までとガイドブックにあったので始めにここへ来た次第。社会科見学のコースなのか、学生多い。しかしちょうど入れ替わったようだ。 当時のガラス工場も再現されていた。Zeiß社の歴史、カメラのレンズはもちろん、めがね、顕微鏡、双眼鏡などの歴史を展示。すべてドイツ語である。KievのオリジナルであるContaxII,III、Sonnerレンズの実物もあった。

 Jenaの中心地をぶらぶら。トラムがあちこち走っている。i寄って地図GET。SPARのある建物にテューリンガーソーセージのインビス(IMBISS)発見。パンつきで1.30EURと安いので買って店前食い。ソーセージは30cmくらいあるだろうか。長い! うまい! Bを買ってから食えばよかったか。

 歩き疲れたのでここらでUターン。夕食やビール買って18:30部屋戻る。 浴室にオイルヒーター兼乾燥機(水平棒がたくさんあるタイプ)があるので洗濯大会。B(ペットボトルのB&ケストリッツァのEdelPils)飲んでしばしぼぉっと寝る。

今日の宿:テューリンガーホフ HRSで手配。朝食つき55EUR。 31号室はキッチン、ソファつきのかなり広い部屋だった。こりゃびっくり。ミネラルウォータつき。 浴槽は子供用のプールのように大きかった。リフトなし。3階の一部の部屋はアパートのようだ。下宿兼用かな。中心地からは遠いがGoodValueな宿だろう。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:02 | トラックバック

2007年09月24日

ドイツ遠征2007〜(3)ドレスデンとSL

(画像は後日)
5:30起床。朝食パスして7:00チェックアウト。目の前のフランクフルト中央駅へ。7:20発のICE1555でドレスデンへ向け出発。さらば、フランクフルト! 今日からジャーマンレイルパス使用開始。今回は予算の都合で2等での旅。朝からいい天気である。途中霧。
車内でドレスデンでの行動計画を練る。 ICE1555は12両編成で わしの23号車は50%程度の乗車率。2007年9月からDBも全列車禁煙となった。よいことである。

 GPSなかなか測位できず。どうも窓に何かのフィルタが入っているようだ。Leipzig(ライプチヒ)で方向転換。 11:54DresdenNeuStadt(ドレスデン新市街)駅着。直前でBVO鉄道の客車やSL確認。

 トラム1日乗車券(4.50EUR)買って11番でNordStr.で下車。石畳をガラガラ引いて宿着。チェックインできた。荷物置いて、昨日乾かなかったシャツなど干してお出かけ。

 宿の1階がレストランだ。 昼食いただく。ドレスデンといえばRadeberger。昼からいただく。0.3lで2.20EUR。食事は中華風の鶏とニンジンの煮込み風(?) 7.00EUR。快晴でいい塩梅である。至福のとき。木から何か落下している。クルミであった。 周りの方は割って食べている。わしもいただく。 天然のおつまみである。 ありがたや。

 おいしくいただいてお出かけ。トラムでNeuStadt駅へ戻る。14:07発のS-BahnでRadeBeulOst(ラーデボウル東)へ。ここからBVO鉄道がRadeburg駅まで毎日走っている。すでに客レがいた。しばし撮影。SLもやがて先頭に連結。 乗車券はどこで買うのだろう? 出発まで余り時間もなかったのでそのまま乗車。 中間に展望車がついている。 展望車というかトロッコ車というか。屋根のない客車である。今日は晴天なのでトロッコ車両に乗る。14:26出発。SLの旅である。石炭の煙がトロッコ車両にも遠慮なく流れてくる。日本ではなかなか味わえないであろう。 こうしたSL列車が毎日走っているのである。

 食堂車があるらしいと事前に聞いていたが、残念ながらなかった。イベント列車の時に連結されるっぽい。 今日は平日なのでなおさらだろう。 トロッコ車両は50%程度の乗車率。検札が来た。 ジャーマンレイルパスを提示して、RadebeulOstから乗り換えてきたむね説明。ペナルティなどはなく精算できた。 Radeburg駅まで6.40EUR。この列車で通学しているお子さんもいるようだ。この列車はRadeburg駅まで行く最終列車(はやい)。しばしSLの旅を堪能。

 15:21Radeburg終点到着。しばし機関車などを撮影。ここは無人駅のようだ。 ここから16:05発のバスでMoritzburgへ戻るが、それまでラーデベルガー工場でもぶらぶらするつもりだった。しかし、どうも様子が違う。あれれ、ラーデベルガーはどこか? どうやらRadebergとRadeburgを間違えたようである。ラーデベルガーは文字通りRadeberg駅に行かないとダメのようだ。 SLも乗れてBも見られてラッキーと思ったが甘かった(笑)。

 とすると長居する理由もなく、折り返しの15:39発の当駅最終列車でRadebeul(Ost)へ戻ることにした(6.40EUR)。帰りもSLを堪能。展望車でなく一般車両に乗ったが、客はまばらだった。

 新市街駅に戻り、ドレスデンのハイライトの探訪へ。エルベ川にかかる橋から旧市街を眺める。古都ドレスデンといった感じ。徒歩でツヴィンガー宮殿へ。観光客ちらほら 時間的に遅いのか団体客はあまりいない。 ゼンパーオペラ等外から拝観。短い時間ながらドレスデンを堪能。

 ショッピング街ぶらぶら。B買いだし(Radebergerほか)。Postplaz電停近くのIMBISSでホットドッグ(Radebergerナントカ 2.00EUR)を買い、トラムでホテル戻って部屋で食う。

今日の宿:PRIVAT HRSで手配。朝食つき51EUR。閑静な住宅街にあるペンションといった印象。 部屋は広くはないが清潔感はある。ミネラルウォータ(750ml)のサービスがあった。無線LANが使えるとHRSにあったが、特に案内もそのような電波もなかった。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:24 | トラックバック

2007年08月13日

久々の小田急線/世田谷線

世間はお盆だが、例年通り今週もカレンダー通りの出陣。PHPモジュールの実装ほか。

 お盆は電車が比較的すいていることを理由に、退陣後国盗りへ。地下鉄千代田線赤坂駅で国盗り挑戦するも、渋谷周辺と判定されてしまう。青山/六本木を取りこぼす。

 代々木上原駅に10年以上ぶりにおりたつ。ホームは基本的にかわらないものの、小田急線の行き先や両数に時代の変化を感じた。各停新松田行き?各停が8両編成? 東北沢で急行の待避はなし。というか、待避できるスペースがない。複複線工事の進捗に伴う臨時措置と思われる。梅が丘から複複線となった。豪徳寺で下車。複複線の急行線で急行藤沢行きが追い越していく。

 20:10山下駅からこれまた久々の世田谷線乗車(140円)。Suica/PASMOも使えることを運賃支払い後に知った(笑)。

 三軒茶屋から田園都市線、あざみ野発21:02の横浜市営地下鉄と乗り継いで帰宅。プチ旅行であった。

今日の国盗り:代々木上原/下北沢、三軒茶屋/二子玉川、成城/世田谷、溝の口/たまプラーザ/青葉台

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:00 | トラックバック

2007年08月12日

18きっぷで国盗り三昧

(画像は後日)
 6:00起床できたのでそのまま支度して出発。今日は二日酔い症状はなさそうだ。地下鉄谷町線で東梅田へ移動(230円)し、JR大阪駅から18きっぷで帰宅開始。大阪始発7:17発の新快速近江塩津行き乗車。意外と混んでおり、立席後ろかぶりつき。 京都で湖西線乗り換え、国盗りのため和邇(わに)駅まで往復。9:10山科へ戻る。米原方面行きの新快速が遅れており、所定9:06発の新快速近江塩津行きに乗れてしまった。

 10:03米原着。米原〜大垣は鬼門で18きっぷシーズンは混雑必至なのだが、10:14発の大垣行きは6両(想定2両)も連ね、無事着席できた。

 大垣で不評の階段乗り継ぎは健在。Boo。快速へは着席せず(できず)、11:07岐阜で下車。11:14発の高山線・太多線直通の普通列車多治見行きに乗り換え。キハ11形2連ワンマン。 ボックス席窓側に座れた。車内混雑していたが、美濃太田でガラガラに。おそらく美濃太田で接続する普通高山行きに流れたのだろう。 以後多治見までボックス寡占。12:39多治見着。

 接続よく、12:41発の中央西線快速名古屋行きに乗る。高蔵寺で下車、階段乗り継ぎで普通名古屋行きに乗り換え、鶴舞で下車。

 名古屋市営地下鉄で国盗り落ち穂拾い。14:37金山へ移動。鶴舞の国盗りに失敗した(地下鉄内で捕捉すると異なる基地局を拾ってしまう)ので中央線で鶴舞まで。行って来いで14:55名古屋へ。15:00発の快速米原行きで岐阜へ戻る(新快速着席のため)。15:22発の新快速豊橋行き(313系6連)乗る。窓側着席。やはり岐阜まで戻って正解だったか。

 16:33豊橋着。相変わらずの階段乗り継ぎで16:36発普通掛川行き乗車。案の定座れなかったが、33分間なので特に問題なし。 ポチポチタイム。17:09浜松。しばしぼぉっとして17:30発の富士行きにて東進。途中睡魔に襲われるも事なきを得た。 18:41静岡着。

 構内探検+夕食買い出しして、19:05にホームへ。案の定まだそれほど並んでいなかった。19:23に浜松方面からの静岡止の列車が到着すると列が長〜くなった。静岡駅19:35発上り東海道本線東京行き(366M)に確実に座るためには19時前後に静岡へ到着しておき、19:23以前に列に並ぶことをおすすめする。

いまさらながら、366Mは特急型車両373系を使用した普通列車で、18きっぷや普通乗車券、定期券等だけで乗ることができる。この列車は東京へ着いた後は夜行快速「ムーンライトながら号」として使用される。日中はこの車両は特急「伊那路」や「ふじかわ」等に使用されている。

 3番目に並べたので首尾よく窓側確保。車内で夕食(総菜パン等)。飲み物はプレミアムモルツ。ほぼ満席で出発。しばしぼぉっとマターリしながら22:15横浜着。 久々に18きっぷによる大阪〜横浜の移動だったが、体力的にはまだまだ大丈夫?かもしれない。

今日の国盗り:高槻/茨木/摂津、長岡京市/向日市、洛中/洛南、山科、大津市、湖西、湖東/湖南、湖北、西濃、岐阜、中濃、東濃、瀬戸/春日井/小牧/犬山、守山区、(名古屋市)西区/東区/北区、千種/東山公園、名駅/伏見/栄、熱田/瑞穂、塩釜口/赤池、名古屋市港区、大須/上前津/金山、鶴舞、一宮/稲沢/津島、南区/緑区、東海/大府/日進/愛知郡、豊田/安城/刈谷/岡崎、知多半島/西尾/蒲郡、豊橋/渥美/奥三河、浜松/浜名湖、掛川/小笠、焼津/藤枝/志太、静岡市、富士/富士宮、沼津/三島/御殿場、下田/伊豆、熱海/伊東/東伊豆、小田原/箱根、鎌倉/大船/平塚

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:54 | トラックバック

2007年06月05日

メール不通/本業ぼちぼち

出陣。雑技団案件ほか。概ね順調。
 昨夜からメール届かず。不思議に思っていたが、外部からSMTPポートが到達しない(ダンマリ)。あー、再起動した際にマルチホーミングの設定がクリアされて回答呼が行方不明になっていると思われる。 Webなど他サービスには影響していないので、早退はせずに 帰宅後対処。前回(リンク)と同じレシピでやっつけておく。僕の落ち度でご心配とご迷惑をおかけしてしまった由。

 解決後、宿泊施設検索の落ち穂拾い。東京駅を中心に検索してもなぜか東京都の旅館・ホテルが出力(抽出)されない不具合調査&ジオコーディング取りこぼし調査。1000件もあるので骨が折れる。なんとか機械的にできないものか。

 ムッシュ氏らのご協力(オファー)により携帯用コンテンツに天気予報リンクを設置。1月下旬にオファーをいただいていたものの、時間貧乏につき本日まで実装できずにいた次第。感謝します。

 昼休みにタビオ(ダン)社の配当金を受領@MUFJ。10000円(1000円源泉徴収で9000円)なり。ハブは明日かな。

 帰りに横浜駅東急線改札のCITIBANK ATMに立ち寄り。東急線券売機横に東急電車時刻表冊子があった。冊子というより雑誌・書籍並のページ数である。とても無償配布には見えないが、定価の記載もなく、無料のようだ。資料としてありがたく頂戴した。感謝します。

 今週末は松山遠征。所持のチケットは伊丹〜松山の2片道(リピート4)。有効期限は7月4日だが、確実に使用できるのが今週末なので、週末飛ぶ。アプローチを大阪か松山か検討していて、別途手持ちの羽田→伊丹のJALオープン券を使って復路はぷらっとこだまなどと思案していたが、そういえばJALが7月上旬の土日限定で国内線アワード10000マイルキャンペーンをしていることを思い出し、早速空席照会。6月9日搭乗分は今日が締切日だった。6月9日羽田→松山はすんなり希望便が手配できたが、翌10日の逆区間の最終便があいていない。 視点を変えて四国内の他空港を検索、高松発で夕方便があいていたのでそれで手配。 四国キハの旅としゃれてみるなり。

 全国温泉ガイドトップページ(ホームページ)の特選宿泊情報を数年ぶりに機能増強。KNT提供の宿泊施設リストをDBに登録し、ランダムに数件抽出して表示させてみた。 他旅行業者のマスタも整備していきたいと思う。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:42 | トラックバック

2007年05月02日

台北遠征2007(2)〜台灣高速鐵路

(画像は後日)
9:30朝食 軽くお粥、点心など。 今日は台灣高速鐵路(台湾高速鉄道/HSR/高鐵:台湾新幹線)に乗る日とした。 10:00台北駅にてきっぷ購入。自販機でも購入できるが、日本発行のクレジットカードは使えないらしいので、カウンタに並ぶ。列車名、区間、人数などをメモ帳に書いて提出。首尾よく買えた。 JCBカード(ANA)はなぜかはじかれてしまうようで、予備のVISAカード(JAL)で試した。こちらは無事OK。高雄(左営)まで1490TWD。

 自動改札(欧州製)から入場。適当に列車を撮影。10:15出発。台湾新幹線は2007年1月の開業。3月に台北まで延伸した。 日本の新幹線700系をベースにした700T系12連。全車指定席で、6号車はグリーン車に相当する商務車(ビジネスクラス)。
 4号車のDE席。 シンカと同様の3-2(ABC-DE)配列。板橋まで地下区間。列車によっては速達タイプもあるがまだ少なく、この列車は各駅停車タイプ。最高速度は300km/h。700系ベースだけあって、走行音は静かで揺れも少ない。Good。

 途中駅での乗降も頻繁にある。 中央のB席も含めて埋まり出す。 平日の昼間なのにずいぶん利用があるものだと思ったが、途中後方車両へ探検しに行ったら、5号車はなんと1人しか客がいない。 これが仕様だと言われれば仕方がないが、販売方法に問題があるのではないだろうか? 詰め込みですか。うーむ。

12:25左營駅着。きっぷは回収されず、自動改札から出てきた。 左營駅(台鉄側は新左營駅)と高雄駅の区間列車は少なく、13:04発の区間列車までない。帰りの新幹線のきっぷを今のうちに購入。

 台鉄では列車種別毎に運賃も異なり、速度料金込みの乗車券を指定して購入しないといけないようだ。 自動券売機で購入。復路の列車時刻もチェック。 区間列車(電車だった 15TWD)にて13:10高雄駅着。 北回帰線の南に位置する高雄市は熱帯気候でホームに降りたとたんむっとする。Tシャツ姿に衣替え。 思うところがありましてホームで台鉄時刻表を購入(25TWD)。 駅降りて西の高雄中学見物。小龍包店探すも、なかなかない。駅から離れたデパートへバスで行こうと思ったが、いつ来るかわからず、時間が読めないので中止。駅構内の店にて台南名物という担仔麺(ダンズィミエン)をいただく。50TWD。エビのダシがきいた麺だという。Good。レンゲがなぜか使い捨てのプラスティック製。
デザートに豆花というものに挑戦。たくさんの種類があるが、字から選んで花生白豆花(30TWD)にしてみた。これまたメモ帳に漢字を書いてオーダ。豆腐(豆乳)でできたゼリーのようなもの。ピーナツがたくさんトッピングされている。なるほど花生とは落花生のことか。甘すぎず結構いける。

高雄駅構内の台鉄ショップに立ち寄り。鉄道グッズがたくさん。ストラップほか購入。 駅弁(便當)があったので 購入(60TWD〜80TWD)。

15:38発の区間快速に乗車。客車列車(客レ)である。日本ではすっかり姿を消した客レ鈍行。隣のホームにいた台北方面行き復興号も客レ。 座席は旧国鉄の特急グリーン車のみにしっかりしている。1区間ながら列車の旅を楽しんだ。次回は台鉄三昧もいいなあ。 15:50新左營駅着。駅構内7-11で台湾麦酒買って足早に高鉄ホームへ。204列車 15:55発車。

3号車18DE。台北方最前列だった。 早速駅弁を食う。排骨飯風?魯肉飯風?まあまあいける味か。台湾新幹線の窓は、汚れていた。洗車周期が長い? 台中まで各駅停車だが台中から板橋まではノンストップ(新竹、桃園通過)。 やはりこの3号車は徐々に混んできてB席も埋まりだした。 17:50台北着。

永楽市場、迪化街へ行くべく、MRT淡水線に乗り雙連駅へ(20TWD)。妻の意向で天然石屋物色。適当に購入。永楽市場あきらめ、寧夏路夜市へ。小龍包の屋台1軒だけ発見。1人前60TWDと安い。 アツアツでうまい。別店で蝦仁炒飯60TWD。たいへんおいしい。 屋台なのに立派な厨房がある。炒青菜(30TWD)はいまいち。夜市とは別の古早味豆花で休憩。ここの豆花もなかなかうまい。 双連駅からMRTで台北へ戻る。 7-11でプレミアムモルツを発券。酒税の関係か、350ml缶45TWD(約175円)と日本より安い。 部屋で宴会。

今日の宿: 今日もコスモスホテル(天成大飯店)に連泊。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:29 | トラックバック

2007年03月20日

MUFJ銀行ATM無料の落とし穴

出陣。朝銀行立ち寄り。給与振替手続きを行う。振込で対応しようと思ったが、A支店からA支店(同一支店)への振込はB支店のATMで行っても無料だろうと思ったが、210円かかると表示され、操作中止。一旦引き出し、預入することで結果的に無手数料で完了した。A支店のATMでやれば無料だろうと思われる。

 今日も105案件対応、半年くらい手つかずだったg案件見積もり。新戦力加入で能率向上なるか。

 明日は関西遠征。天気がよさそうなので広いところでしばしぼぉっとしてみたい。現地の移動は当初18きっぷを考えていたが、スルットKANSAI2Daysチケットの残り1回分消化もかねて、姫路再訪としてみたい。

 京急品川駅のJR線連絡改札口をSuica定期券(JR-京急)をタッチして通過したが、当たり前ながら、滞りなく通過できた。 磁気券とPASMO(Suica)の併用も従来通り可能で、その場合はまず磁気券を挿入した上で、PASMOタッチをする。ICOCAは引き続き使用不可である。

 この改札口は品川駅の出口と勘違いして通る客も多く、PASMOでは残額が十分あれば通過できてしまい、客は後から、うっかりに気づくことだろう。誤通過を防止するような看板などはPASMO導入後追加されていないようだ。

 PASMO導入に伴い、構内にICチャージ機が設置されていた。現金のみの取り扱いで、1000円、2000円、3000円、4000円、5000円そして10000円のチャージがその場でできる模様。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:48 | トラックバック

2007年03月08日

JALマイルが家族で分け合える/仁川空港鉄道

不肖UG、二度寝で午後出陣。

JALが2007年4月から家族間でマイルを合算(共有)できるようになると知った。本会員と一親等以内の家族、というから適用範囲は狭い。マイル特典での家族の定義が二親等以内。 あまりマイルのたまらない妻の分と合算できるのは大変ありがたいニュースであった。
 原則手数料はかからないとのことだが、双方ともJALカードの会員である必要がある。単なるJMB会員ではこの恩恵にはあずかれない。わしらはすでに揃ってJALカードユーザなので条件クリアである。 ANAも追随してくれたらいいなあ。

 105案件不具合修正数件。 GS案件エヴィデンス提示。今日もタスクが多かった。ココイチの看板が緑など不定の色になってしまう不具合を発見したが、開発機に閉じた問題と判断し、明日に先送り。

 週末の遠征に備え、長崎のガイドブックをSuicaで購入。

 帰宅後F案件改修続き。会員登録機能の実装を概ね終える。

韓国仁川空港とソウル金浦空港を結ぶ鉄道 A'REX(仮称ではIREXだったような)が3月23日に開業することを知った。

--以下リリース文--
現在試運転中の仁川国際空港と金浦空港を結ぶ空港鉄道「A’REX」が3月23日に正式開通し、仁川空港から市内へのアクセスが一層便利になります。

今回開通するのは仁川国際空港から金浦空港までの区間で、所要時間は仁川から金浦までの直通列車で28分、各駅停車する一般列車で33分と、リムジンバスや乗用車利用時より10分以上時間を短縮されます。 運賃は直行列車で7,900ウォン、一般列車で3,100ウォン。
又、桂陽(ケヤン)駅で地下鉄1号線、金浦空港駅で地下鉄5号線・9号線へ乗換え可能です。
今回の開通に引き続き、2010年1月には金浦空港駅〜弘大入口駅〜孔徳駅〜ソウル駅までの4駅が開通予定となっています。

A’REX 路線駅名 ※()内区間は2010年1月開通予定
仁川(インチョン)国際空港〜空港貨物庁舎〜雲西(ウンソ)〜黔岩(コマム)〜桂陽(ケヤン)〜金浦(キンポ)空港(〜デジタルメディアシティ〜弘大入口〜孔徳〜ソウル駅)


この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:07 | トラックバック

2007年02月12日

日帰り松山

富士山日帰り松山。
8:30出発で9:17羽田空港。signet立ち寄って64番ゲートから搭乗。まもなく65番搭乗口付近に第3のsignetがオープンするそうだ。NH19便。機材はB777-300。席は18K(隣空き)。乗客少なく、ガラガラである。チケットはリピート4回回数券。今日は晴天で東京湾、横浜、相模湾、富士山などがよく見えた。

 11:00伊丹到着。外へ出て松山行きチェックイン(時間があるので羽田でまとめてチェックインしなかった)。551蓬莱豚まん購入。セキュリティ入って人気のなさそうなベンチで食う(豚まんの香りでご迷惑をかけないため)。食ってからsignetへ。一番絞りを飲みつつ、会社設立後の手続き書類作成。signetでの飲食の注意喚起の文言に変化が。「強い臭いのするお食事はご遠慮ください」だったような。以前は匂いのきつい食べ物は云々だったような。

 11:509Bバスゲートから搭乗。NH エアセントラル運航DH-Q400プロペラ機。席は窓側の6D。チケットはリピート4回(RP4)。 ほぼ満席で離陸。西日本も概ね晴天で、瀬戸内海やしまなみ海道などがよく見えた。13:15松山空港(MYJ)到着。

久米乃癒 松山では温泉取材以外何も決めていない。案内所でガイドマップをGETしてとりあえずバス(300円)でJR松山駅へ。時刻表でキハスジ調査。伊予鉄大手町駅まで歩き、元京王線5000系で久米駅へ(250円)。全国温泉ガイドによると徒歩5分でたかの子温泉があるらしいのだが、NotFound。かわりに?東道後温泉久米の癒を発見。入浴料450円。入浴セット(カゴ)をぶら下げた地元客と思われる車でいっぱいだった。取材終了。

 久米駅前のハードオフぶらぶら。15:47久米駅発、松山市駅で乗り換えて16:27郡中港駅へ(550円)。JR予讃線伊予市駅と隣接。伊予市という名前の割には寂れた駅前だった。
四国へ来たらキハ(気動車:ディーゼルカー)の旅とばかりに、16:45発の普通列車松山行き単行(キハ54 8)で松山へ戻る(260円)。あらかじめスジを調べておいたが、この区間は電化されていることもあり、電車による普通列車も多い。数少ないキハ運用だった。 

旧京王5000系 愛媛県に来たらじゃこ天は外せない。不本意ではあるが、コンビニMAXでじゃこ天(3枚168円)を買い、17:21発の路線バス(300円)で空港へ戻る。復路も大阪経由。伊丹行きはチェックイン済みだったが、乗り継ぎ便であるNH40(伊丹?羽田)はまだだったのでカウンタで乗り継ぎ手続きをしておく。別チケット&別予約だったからか、5分ほどかかってしまったが事なきを得た。signetにて書類作成続き。先ほど買ったじゃこ天をつまみにBでも、と思ったがビールサーバ(スーパードライ)がCLOSED。ガーン、ショック!

 19:00搭乗。NH便 バスではなく徒歩で搭乗。機材はプロペラ機のDH-Q400 窓側3D。 上空大きな揺れはなく、宝石を散りばめたような夜景にうっとり。20:00伊丹到着。タラップ降りたら北野(仮名)様?と呼ばれる。バスで到着ロビーへ。ここでも北野様?。乗り継ぎの通路(階段)へ案内され、上ったところが羽田行きの搭乗口だった。ちょうど最終案内中でまだ数十名が搭乗中。 事なきを得た。乗り継ぎ情報を入れていたのでスムーズに乗り継ぎができた。GHに感謝。MCTである25分ぎりぎりの時間だったがNH16XX便が定刻だったので事なきを得た。

20:20NH40便出発。機材はB777-300。席は後方通路の37G。満席のようだ。チケットは往路同様リピート4.21:30羽田着。 21:50発の特急金沢文庫行き(800系使用の6連特急)で帰還。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:45 | トラックバック

2007年01月30日

NZ遠征2007(5)〜タイエリ峡谷鉄道

(画像は後日)
9:30起床。天気よし。 ダニーデン発9:30のタイエリ峡谷鉄道(Taieri Gorge Railway:TGR)に乗車する気が少しあったが、眠気には勝てなかった。 午前中は洗濯日とした。 ランドリーで洗濯(洗浄3NZD:30min+乾燥3NZD:45min)。

 12:30頃出発。 思うところがありましてゴルフ練習場(打ちっ放し: Driver Range)へ。NZはゴルフが安い(1ラウンド20〜30NZD)のだが、わし自身はやったことがないので、まずは練習場へ、ということにした。 ボール1山(30球くらい Basket of balls)5NZD。クラブレンタル2NZD。1W/3Wをくれた。アイアンもリクエストすればくれるかもしれない。 打つ場所は芝生の上。ティーもサービスで貸してくれた。

 妻の手ほどきで打ち方を教わる。野球打ちではダメらしい。腕がつりそうになりながらも何度かスイング。主に右へ数十m飛んだり転がったりと案の定散々だったが、2度ほどカキーンといい音がして150ヤードほど飛んだ。やはりうまくいくと気持ちいい。

 30分ほどでバスケット終了。初ゴルフだったが、左手の肘手前の筋肉を使うのがつらく、おそらく今後自ら進んでゴルフをすることはないと思われる。よい経験であった。

 昨日来たダニーデン駅へ。14:30発のタイエリ峡谷鉄道のチケットを購入。駅のスタッフに日本人と思われる顔を発見。 こんにちはプロトコルで 先方も日本人と確認。日本語でチケットの購入ができた。ASAMIさんに感謝します。

 スーパーcountdownで昼食(パン)調達。駅の駐車場に車を停め(1.60NZD/1h 平日18時以降、日曜は終日無料)、乗車。 C号車 12A/13Aの向かい席 2+1の席配置


(タイエリ峡谷鉄道の様子は後日詳載)


18:15ダニーデン駅へ帰着。 オクタゴンなど街を散策。風冷たい。
再びcountdownで買い出し。部屋戻り調理、夕食。 彗星見つからず。

今日のレンタカーの走行距離:11km 宿とダニーデン駅の往復程度。
今日の宿:今日もDunedin Holiday Parkに連泊。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:10 | トラックバック

2006年11月18日

紅葉を見にいこうや

(他の画像は後日)
関西遠征。5時起きで6:21羽田。JL1303便。機材はB767-300(A20)。席は15G。特便割引1+チケレス割(10400円)。うち1000円はJALICクーポン利用。 8:10関空(KIX)。南海の空港急行で9:30なんばへ。ご主人、ユキちゃん(いずれも仮名)と合流。

 南海高野線快速急行で高野山方面極楽橋へ。 橋本から先は山岳区間を走る。箱根登山鉄道のごとく登っていく。 最急勾配は50パーミルと、箱根登山鉄道の80パーミルよりは緩やかだが、かなりの坂道だ。20m車は入れず、17m車が活躍している。

 極楽橋から高野山駅まではケーブルカー(同じく南海電鉄)で上る。このケーブルカーは勾配がきつく、最急で500パーミルを超える。カーブルカーの線路は交換個所を除いて直線であることが多いが、このケーブルカーの区間には曲線部分、つまりカーブがある。意外である。

2006111801.jpg 11:50高野山駅到着。南海りんかんバスで高野山奥の院へ(400円)。このバスでもスルッとKANSAIが使え、わしの持っている2Dayチケットも有効だ。総本山の高野山見学。 さすがに荘厳である。 いろいろな企業の墓まである。

 玉川通りのお店で昼食(親子丼:650円)。バスで千手院へ移動。金剛峯寺周辺で紅葉撮影。散り始め(落葉し始め)だが、木によっては赤いですよと歓声を上げてしまうものもあり、美しい。来てよかった。

 バスで高野山駅へ戻り、15:46発のケーブルカーで降りる。南海普通(各停)と急行を乗り継ぎ、17:40なんばへ戻る。マクドでスナックをつまみ、忘年会会場のKPOレストラン(道頓堀戎橋横)へ。 去年もここで忘年会。キリンオリジナルのここで作ったドラフトビール4種(ピルス、ヴァイツェン、エール、スタウト)ほかが飲み放題(1700円 2時間)。適当につまみや軽食をシェアする。 お題は例の通り比較文化学(ネパールは安全か? 今夜が山だ、など)で大いに盛り上がった。 
今日のビール:ピルスx2 ヴァイツェンx2 エールx1 スタウトx1

 20:30宴たけなわだが時間切れで参会。難波駅へ移動し、解散。21時発のラピートβ77号で21:38再び関空へ。 551買ってサクララウンジで休憩。22時24番ゲートから搭乗。JL1322便。機材はB767-300(クラスJ改修済)。席はクラスJの82G(82D空き)。チケットは特便割引1+チケットレス割引(XFT)で12350円。うち1000円はJAL ICクーポン充当。

 ビール6杯(実際は一部グラスで残しているので5杯相当)と、寝不足からか、惰眠。 またおめざめですか?ステッカーをいただいた。 23:20羽田。23:38発の京急普通京急蒲田行きを乗り継いで0:20頃帰宅。 日帰り関西旅行という酔狂な旅ではあったが、現地の滞在時間は13時間を超えており、十分堪能できた。 スル関2Dayチケットはどうやら有効期間(今回の場合平成19年5月1日まで)中に、2日間有効(連続しなくても可らしい)と解釈できる、とわしらでは認識したので、もう1日乗り放題権利が残っているようだ。 来年早期に再度の関西遠征をしたいものだ。次回は兵庫県エリアの乗りつぶしが今のところ濃厚だ。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:44 | トラックバック

2006年09月01日

JAL先得割引/500系来夏引退

早くも9月。朝は涼しく感じた。雨のせいかセミも鳴いていなかった。今日も出陣し、B案件ブン回し仕掛け&検証。 段取りをよくした効果か、生成時間は多少短くなったようだ。

先得割引=お先に予約で、おトクなんです。 JALが先得割引という新しい割引運賃を11月より導入することを知った。これは従来のスーパー特便割引21に、多少特典をつけただけで、目玉となる魅力は特になさそうだ。 28日前までの予約が必要で、対象便は限られている。連休時には設定のない便もある。運賃は便によって異なるなど、従来の前売り21やバーゲンフェアに比べると複雑でわかりづらい。はたしてこんな割引で客を呼び戻せるのだろうか? お先に得する、というネーミングもちとセンスが悪い。

結局どれがお得なのか?(see ranking)

 世界最速(本当?)の新幹線500系(JR西日本)が2007年夏にN700系がデビューするのに伴い、東海道新幹線区間(東京〜新大阪)から姿を消すとのこと。500系には2回しか乗っていないが、あと1年足らずで引退とは残念なものである。実行するかわからないが、やっておきたいことは、以下の6つ。
とりあえず乗る(自由席=ハ)
グリーン車(ロザ)に乗る
雪をいだく富士山とからめて撮影
満開の桜をからめて撮影(これは引退後でもできるか)
JR東日本の新幹線とからめて撮影
踊り子号(185系も長続きしないだろう)とからめて撮影

 山陽新幹線では最高時速300km/h で世界最速とうたっているが、ドイツのICESprinterなど300km/h で走行する列車はある。上海ではリニアモーターカーが新幹線を上回る速度で営業運転している。おそらくある区間の表定速度(当該区間を、出発から到着までの時間で割った速度)が最速なのだろう。検証はしていない。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:34 | コメント (1) | トラックバック

2006年08月28日

Iノードに注意/横軽復活?

 出陣。先週末からブン回していたB案件は、途中でファイル書き込みエラーとなっていた。ディスクがいっぱいになったのかと思ってdfコマンドで確認したが、使用率は62%で問題なさそうだ。さらに調査したところ、LinuxにおけるファイルシステムのIノードを使いきってしまったようだ。あらゆるファイルの新規追加ができない状態になっていた。何か対策を考えないと。

 産経新聞1面に碓氷峠の線路復活の記事があった。1997年10月の北陸新幹線(長野新幹線)開業に伴い、在来の信越本線横川駅と軽井沢駅の間(通称横軽)が廃線となって久しいが、線路は撤去されずに残り続けており、横川側の一部区間はトロッコ列車を運転させたり、横軽専用の補助電気機関車EF63の体験運転を行うなど保存に積極的であった。 同区間の復活は決定ではないが、観光特区路線として、通常の鉄道路線とは異なる形態で運用するようだ。 どのような車両で実現するかわからないが、復活したら是非乗ってみたいと思う。

 その他廃線復活計画もちらほら!?(see ranking)

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:24 | トラックバック

2006年08月26日

函館ぶらぶら(1)〜ラッピ三昧

Kikonai Station JR Hokkaido, Japan Hakodate Sta. JR Hokkaido

Yume Kukan Train 起きたら外は明るく、快晴だった。7:52函館着。 撮影後流れ解散。本旅行を企画していただいたY氏、お誘いいただいた梅吉氏(仮名)らに感謝。


Hakodate city rail ロッカー(400円)に荷物を預け、本屋で市電・バス2日乗車券(1700円)を購入。

あてもなくぶらぶら開始。快晴で日差し強烈。暑いが風はさわやかだ。
市電でどっく前へ移動(220円)。外国人墓地を訪問。海が見える。


Lucky pierot高竜寺よりバスで五稜郭駅前を過ぎたあたりまで移動(260円)。ちょっとイメージしたところと違うのですぐ折り返してバスにのり、宮前町で下車(230円)。徒歩でラッキーピエロ(ラッピ)本町店へ。ハヤシライス(505円)食う。ウマー。


Hakodate Horse race cource JRA市民会館前より市電で競馬場前へ移動(200円)。

函館競馬場へ。 数レース参戦。全敗。のどかでいい感じの競馬場。


2006082607.jpg市電で13:50十字街(240円)へ。鳳来軒閉店。ついさっき終了してしまったようだ。 かわりにラッピ十字街銀座店へ。トンカツバーガー(380円)いただく。カツ2枚載っており、大口を開けないと食えない。


2006082608.jpg市電で谷地頭へ移動(200円)。 立ち待岬を約10年ぶりに再訪。下北半島、津軽半島見えた。市電で函館駅前へ(220円) 6番バスで啄木小公園へ移動(230円)。津軽海峡を見つつしばしぼぉっと過ごす。

Retro train@Yachigashira Sta.


ハセストのやきとり弁当6番バスで函館駅前へ。 函館山へ移動しようと思ったが、バス行列長。 数年前にもベストコンディションで見ているので、グルメ路線へ変更。市電で末広町へ(200円) ハセガワストアでヤキトリ弁当(399円)とB購入。波止場で食う。
市電末広町から函館へ移動(220円) ロッカーの荷物取り出して市電で市民会館へ(240円)。宿にチェックイン コープさっぽろへ買いだし。宿の温泉堪能 

湯の川温泉 ホテル雨宮館今日の宿:湯の川温泉 ホテル雨宮館 じゃらんで手配。シングルルーム素泊まり4500円+入湯税150円と格安だったが、値段の割にはGoodな宿だった。


この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:31 | トラックバック

2006年08月25日

夢空間北斗星の旅

 出陣。B案件ブン回しドライバ試運転&ブン回し開始。順調そうである。今夜から函館遠征のため16時で撤収。16:40上野駅。今回は梅吉氏(仮名)知人による夢空間函館号の団体臨時列車(団臨)への参加である。弁当買って梅吉氏らと合流して 13番線から17:17出発。列車番号は9005レらしい。

 函館方から夢空間車両3両、ハネ(開放B寝台)2、ロビーカー、ロコ(ツインデラックス)、オロハネ(ロイヤル+ソロ)、オロハネ(ロイヤル+デュエット)、ハネ、カニの11両編成。わしはソロの8号車。同車両に梅吉氏ら元同僚が集結。

Yume Kukan Dining car(Board Restaurant) Yume Kukan Lounge Car
列車は8007レ「エルム」のスジで運転しているようだ。大宮、宇都宮などに運転停車(ドアは開閉しない)。 車内を探検。目玉の夢空間車両(JR東日本がバブル期の平成元年に試作した近未来型車両)は、初めて見るが約20年たった現在でも絢爛豪華だ。食堂車、ラウンジカー、夢空間寝台車の3両。ラウンジカーには中央にバーカウンター、その傍に自動伴奏ピアノもある。夢空間寝台車は1両に3室の個室寝台(エクセレントスイート、スーペリアツイン)があり、定員わずか6名(一般のB寝台の定員は30名)と、かなりゆったりしている。その分1室50980円〜67280円する。

Lobby Car ロビーカーは他の寝台特急でも使われているものと同じタイプ(オハ25)。シャワー室2室を備える。ロビーカーは禁煙となっていた。ラウンジカーは喫煙可。

Solo compartment sleeping car ソロは1人用個室寝台で今回は屋根に近い上の部屋だった。禁煙車ではないので他の個室や通路から流煙してくる。ソロには何度も乗っているが、このようなことは記憶にない。老朽化のためすき間が増えたのだろうか。30年近い車齢なので仕方がないか。


仙台駅弁 黄金街道 Ekiben 夕食は食堂車、ではなく上野駅の駅弁屋で購入した仙台の駅弁黄金街道。駅弁屋では新幹線で各地の駅弁を輸送して販売しているのだ。飲み物はWINE&DINEで買ったプレミアムモルツ。

Koriyama Station, Fukushima
郡山に運転停車中(ドアは開かない)に駅名標を撮影。

 今日は午後から頭痛のため、探検などはほどほどにして就寝。車両端かつ上部のため結構揺れる。

今日の宿:夢空間函館号

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:59 | トラックバック

2006年08月23日

GoogleMapsHack/さらば10円メール

出陣。B案件ブン回し作戦を練る。ネタは用意できたっぽい。日本は島国ということを改めて実感。

 今日から京急も定期人。帰りにJRに乗るときに誤って京急の定期券を投入してしまったが、なぜか扉は閉まらなかった。品川駅での京急/JR連絡改札口で入場記録のないJR定期券(MFM 高密度高保持磁気定期券)と、京急定期券(同)を投入したが、エラーにはならなかった。

 週末の夢空間北斗星のスジ情報をいただく。エルムと同じスジだろうが、運転停車時間が結構あるものだ。詳細は割愛。寝台の配席表もきた。 ソロの1室にわが名を確認。あまり知っている人はいないようだ。鉄研軍団が多そうだ。 それよりもお金はいつ誰に払うのだろう。

 オライリー社からGoogleMapsの活用テクニック本GoogleMapsHuckが出ているようだ。オライリーの本は役に立つが高いので購入を躊躇していたが今日W隊員(仮名)が買ってきた。ふむふむいろいろ使えそうではある。

 GMOインターネット社からMASTERNET退会完了のお知らせがきた。先日更新はがきがきて、web上で解約申請していたもの。 MASTERNETは10円メールサービスをしていた(今も?)ISPで8年くらい前にLibretto ff1100を買ったときに同サービスを利用するために入会した。ある程度の期間は利用していたが、ここ数年はログインすらしておらず、年会費およびID管理料 計1155円を払い続けていた。毎年カード明細に1155円を見つけては解約しようと思いつつも、肝心のIDを失念していたこともあり、難儀していた。 マスターネット社はゼロ社に買収されたが、その後GMOインターネット社がゼロのISP部門を買い取った経緯がある。GMOグループになって、ようやく親切になったようで更新のお知らせを送ってきたようだ。 
ともあれ、本日(正確には8月31日)で無事10円メールと縁が切れてめでたしめでたし。

 帰りに最寄のスーパーで生筋子を発見。キリンの秋味も出回ってきたし、まだまだ蒸し暑いが季節は着実に秋へ向かっているようだ。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:36 | トラックバック

2006年07月01日

ソウル遠征2006Summer(1)〜カジノに挑戦

今日からソウル遠征。4:30起床で5:51羽田。国際線乗り継ぎカウンタでチェックイン。

JL1303 JL1303便。機材はB767-300(A20)。国内線用の機材でクラスJは旧スーパーシート。クラスJへのUGをもくろんだが、空席待ち5番目で2席しか空かず願い叶わず。 チケットはソウル発札幌行きのJALアワードの復路(GMP-oHND-SPK//HND-xKIX-ICN)。席は23D(隣空き)。

 8:10関空到着。次のソウル行きはチェックイン済みなのでそのまま出国、搭乗かと思っていたが、一旦出口を出て国際線のセキュリティチェック後、出国となるようだ。乗り継ぎ最小時間(MCT)が70分なのも納得である。

 セキュリティ、出国とも待ち数十秒。JAL GLOBAL(JGC)ラウンジへ。意外と韓国人多い。しかも奥様ばかり。おつまみや軽食をごっそり持ち帰るのはいかがなものかと。

 9:25搭乗。JL961便。機材はB767-300。国内線仕様(旧スーパーシート)。言わずもがなさきほどのJL1303便と同一機材だ。席は13G。隣空き。 前方の旧スーパーシートはビジネスクラスとして使われるが客3人(定員16人)。この便には機内食は提供されず、アルコールを含めたドリンクとおつまみのサービスのみ。C席も同様かと。 飲み物はモルツプレミアムx2。

工事中のIREXの駅(ゴムアムかゲヤン駅)工事中の仁川空港鉄道 11:25仁川(インチョン:ICN)空港着。イミグレ10分。両替(キャッシング)して一般リムジンバスで金浦空港へ。2007年3月に開業する仁川への高速鉄道は線路、架線はほぼ完成していた。試運転も行われているというが、今日は確認できなかった。 金浦空港国内線ターミナルをぶらぶらして地下鉄乗ってソウル市内へ。数年前に買った定額券(10000KRWで11000KRW分使用可)の残額が600KRWで、初乗りの800KRW(現金乗車は900KRW)に足りない&市内までは1100KRWかかるが、乗り越し/追加運賃精算なしで忠武路駅で下車できた。

 14:00とりあえずチェックイン。しばし部屋でくつろぐ&昼寝。16:20カントク氏より入電。仁川空港出発とのこと。ぼちぼち支度して徒歩で明洞経由でウェスティンホテルチョースンのロビーへ。17:30カントクと合流。ウェスティンは待ち合わせのためだけに利用させていただいた。

焼き肉@ソウル まずは腹ごしらえということで散歩がてら徒歩で忠武路の焼き肉の珍古介(チンゴゲ)へ。3回目の入店。骨付カルビ(20000KRW)とビール(OB)を堪能。サンチュ、エゴマの葉などにくるんで食う。ウマー。第2の目的である焼き肉大会は無事成功した。

Casino 第1の目的であるカジノをすべく、地下鉄で2駅会賢駅から徒歩5分ほどのミレニアムヒルトンホテル内に今年オープンした7Luck Casinoへ。入り口でパスポートチェック&荷物預け(任意)。入場無料。 ブラックジャック、ポーカー、スロットマシンなどがある。 初カジノなのでカジノ通のカントクのレクチャを受けながらルーレットに挑戦。予算は50000KRW。テーブルでゲームチップに交換(20枚=2500KRW/枚)。 場の空気や他の参加者の勝ち負け状況を見ながら ついている人に乗る方針で参戦。初め2枚増えたが徐々に減り、2枚まで減ったが13枚まで戻したところでニューカマーが来たところで切り上げた。カントクは大勝ち。わしは20000KRW(約2400円)の損失だったが、2時間ゲームを楽しめたことと、フリードリンクでビールを数杯いただけたことを考えると十分モトはとれたと思う。
意外と頭を使うゲームなのであった。

 23:00ホテルへ戻る。小宴会後、バタンキュー。

今日の宿:アストリアホテル。楽天トラベルで手配。土日は安いようで、デラックスツインで57000KRW(RC)。ミョンドン、南大門へも徒歩圏だ。NHKが映る。フロントでは日本語が普通に通じる。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:44 | トラックバック

2006年06月22日

ご当地ラーメンダービー

出陣。M社案件ブン回し管理、D社アイコン問題調査サポート。Webセーフカラーと透過色とパレット数上限256の三重奏。

 9月のビール大会@ミュンヘン(MUC)の日程ほぼFIX。HRS.deでホテル探し。少し高いがSendlingTorに確保。

ラ王沖縄そば ampmで今年もご当地ラーメンダービー(全国カップ麺ダービー)。去年同様沖縄代表ラ王沖縄そば(239円)があったので即購入。北海道のやきそば弁当なども健在だった。前エントリの顔ぶれは以下の通り。

ラ王沖縄そば ¥239 日清食品
熊本ラーメン ¥150 サンボー食品
どん兵衛博多ごぼう天うどん ¥150 日清食品
焼豚ラーメン ¥163 サンボー食品
恐るべきさぬきうどんきつね大 ¥263 宮武讃岐製麺所
長崎ちゃんぽん ¥150 マルタイ
ペヤングヌードルしょうゆ味 ¥140 まるか商事
焼きそばバゴォーン ¥150 東洋水産
大判やきそば弁当 ¥176 東洋水産
やきそばできました 海鮮うましお味 ¥150 日清食品

まだまだあるご当地ラーメン!?(see ranking)


ラ王沖縄そばは、日清食品のサイトでも購入できる。

 7月にハワイへ行く権利および沖縄へ片道だけ行ける権利を持っているが、ハワイ遠征はモチベーション低下により、沖縄遠征は復路の手配が安くできないためそれぞれ延期となりそうである。賞味期限はハワイは12月上旬、沖縄は10月末。どちらもJALの国際線特典航空券(アワード)。

 早いもので今日で結婚丸10年。光陰矢のごとし。おしゃれにドイツ産のスパークリングワイン(Sekt)で乾杯。ワールドカップはブラジル相手に1-4で完敗。1次リーグ最下位で敗退決定。

今日のSHINKANSENストラップ:おそらく500系、E2系こまち、東北新幹線200系。NEWDAYS@品川駅では、爽健美茶以外にACTIVEダイエットにもついていた。これで6種獲得。全種コンプリートできるだろうか。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:56 | トラックバック

2006年05月02日

シドニー遠征(4)〜Cronulla

Cronulla 11:00出発。TownHall駅から電車でCronullaへ行く。日帰り往復きっぷで6.40AUD。
12:25到着。Mallの先、駅から徒歩10分でビーチに到着。今日も快晴でいい感じ。青い海、少々高い波がありサーファが10数名。海水浴客なし。1時間ほど滞在。不幸にも仕事の問い合わせメールが来た。
AKI氏に公衆電話から連絡。公衆電話は日本とほぼ同じ使い方。0.50AUD以上投入して、ダイヤルする。

わし@Cronulla


WestFields 昼食は食べたくなかったのでパス。Cronulla14:05発の列車で折り返し。思うところがありましてMirrandaへ行くことに(2.80AUD)。WestFieldショッピングセンターに隣接している。かなり広い。WOOLWORTH、BIG W他多数。フードコートあり。マクドもSC内に2店もある。

 スーパーWOOLWORTHSで土産(ビールほか)、夕食の材料買って戻る。CityRailでTownHallへ戻る。歩いて16:50部屋戻る。プチ仕事。


今日の夕食 夕食はスーパーで買った食材を使って自炊。ハンバーガー+スープ。夜土産買い出し。TownHallのWOOLWORTHS隣のディスカウントショップ。センセーショナルプライス(笑)。

明日はもう帰国。荷造り、支度して0:00就寝。

今日の宿:今日もTrendwest Suites Sydneyに滞在。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:49 | トラックバック

2006年03月26日

LVM on Linux

Jenaプロジェクトの続き。
Jenaサーバのディスクは250GBあるはずだが、dfコマンドで見ても
20GB程度しかないように見える。まだ確保していないと言うことだろうか。
調査してみた。

Redhat linux enterprise ES 4ではパーティションはLVMで管理されているらしいことがわかった。

・LVMの状況
# ./lvm pvs
PV VG Fmt Attr PSize PFree
/dev/sda2 VolGroup00 lvm2 a- 4.00G 4.00G
/dev/sda5 VolGroup00 lvm2 a- 228.53G 202.53G
# ./lvm lvscan
ACTIVE /dev/VolGroup00/LogVol00 [4.00 GB] inherit
ACTIVE /dev/VolGroup00/LogVol05 [4.00 GB] inherit
ACTIVE /dev/VolGroup00/LogVol03 [4.00 GB] inherit
ACTIVE /dev/VolGroup00/LogVol02 [8.00 GB] inherit
ACTIVE /dev/VolGroup00/LogVol04 [4.00 GB] inherit
ACTIVE /dev/VolGroup00/LogVol01 [2.00 GB] inherit
→論理的には228GBほど確保しているが、そのうち24GBしか使っていない。スカスカである。宝の持ち腐れである。モターイない!

・新領域を確保
念のためダミーエリアを試しに作成してみる
#./lvm lvcreate -L 2G -n jena /dev/VolGroup00
Logical volume "jena" created
# ./lvm lvscan
ACTIVE /dev/VolGroup00/LogVol00 [4.00 GB] inherit
ACTIVE /dev/VolGroup00/LogVol05 [4.00 GB] inherit
ACTIVE /dev/VolGroup00/LogVol03 [4.00 GB] inherit
ACTIVE /dev/VolGroup00/LogVol02 [8.00 GB] inherit
ACTIVE /dev/VolGroup00/LogVol04 [4.00 GB] inherit
ACTIVE /dev/VolGroup00/LogVol01 [2.00 GB] inherit
ACTIVE /dev/VolGroup00/jena [2.00 GB] inherit
# ./lvm pvs
PV VG Fmt Attr PSize PFree
/dev/sda2 VolGroup00 lvm2 a- 4.00G 4.00G
/dev/sda5 VolGroup00 lvm2 a- 228.53G 200.53G
→ちゃんとFreeエリアが減っている

・フォーマット
# ./mkfs.ext3 -j /dev/VolGroup00/jena
mke2fs 1.35 (28-Feb-2004)
Filesystem label=
OS type: Linux
Block size=4096 (log=2)
Fragment size=4096 (log=2)
262144 inodes, 524288 blocks
26214 blocks (5.00%) reserved for the super user
First data block=0
Maximum filesystem blocks=536870912
16 block groups
32768 blocks per group, 32768 fragments per group
16384 inodes per group
Superblock backups stored on blocks:
32768, 98304, 163840, 229376, 294912

Writing inode tables: done
Creating journal (8192 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done

This filesystem will be automatically checked every 22 mounts or
180 days, whichever comes first. Use tune2fs -c or -i to override.

・マウント
# mkdir /home/jena
# mount /dev/VolGroup00/jena /home/jena

うまくいったので、本番
# ./lvm lvcreate -L 200G -n data /dev/VolGroup00
Logical volume "data" created
# ./lvm pvs
PV VG Fmt Attr PSize PFree
/dev/sda2 VolGroup00 lvm2 a- 4.00G 4.00G
/dev/sda5 VolGroup00 lvm2 a- 228.53G 544.00M
# ./mkfs.ext3 -j /dev/VolGroup00/data
mke2fs 1.35 (28-Feb-2004)
Filesystem label=
OS type: Linux
Block size=4096 (log=2)
Fragment size=4096 (log=2)
26214400 inodes, 52428800 blocks
2621440 blocks (5.00%) reserved for the super user
First data block=0
Maximum filesystem blocks=54525952
1600 block groups
32768 blocks per group, 32768 fragments per group
16384 inodes per group
Superblock backups stored on blocks:
32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632, 2654208,
4096000, 7962624, 11239424, 20480000, 23887872

Writing inode tables: done
Creating journal (8192 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done

This filesystem will be automatically checked every 39 mounts or
180 days, whichever comes first. Use tune2fs -c or -i to override.
:(以下省略)

・/etc/fstab を更新
以下追加
/dev/VolGroup00/jena /home/jena ext3 defaults 1 2
/dev/VolGroup00/data /data ext3 defaults 1 2

・postgreSQLを今日定義した広大な領域にインストール


 小田急9000系が3月17日で現役引退していたことを知った。小学生/高校大学は小田急沿線で育ったので慣れ親しんだ車両だったがさすがに登場から30年以上たっては引退も当然であろう。2600系、4000系や5000系(not 5200系)はどうしているだろうか。すっかり浦島太郎である。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:48 | トラックバック

2005年12月25日

SeasonEndParty@もてぎ/doodle10@Google completed.

CHIMAY Première昨日ソウルから帰国したばかりだが、今日はツインリンクもてぎ遠征。早起きして横浜発7:35の湘南新宿ラインで小山へ。途中カントク氏(仮名)、ホワイト隊員(仮名)、広報部長(仮名)らと合流。 朝からビール片手にグリーン車で宴会。バスペールエール。 小山から水戸線で下館へ。さらに真岡鐵道で11:30茂木駅。車内でCHIMAY RED プレミエール。


SeasonEndParty@TwinRingTomogi茂木駅からタクシーでツインリンクもてぎ内ホテルツインリンクへ。 2005オートレースのシーズンエンドパーティに参加。 スーパードライほか。 ビンゴ大会で景品をいただく。感謝します。その他紙ヒコーキ大会(?)。
15:00終了。 15:40発の宇都宮駅方面行きバス(1日1便)に乗車。ほぼ貸し切り。1500円。 駅ビルにあるみんみんで焼餃子(220円)&地ビール(400円)を味わう。
17:53湘南新宿ライン逗子行きグリーン車(G車)でささやかに宴会などをしつつ帰宅。宇都宮から横浜まで乗り換えなしで移動できるのは便利至極であった。

山形県内のJR羽越線で特急いなほ14号が暴風雪に起因すると思われるトラブルにより脱線。一部の車両が横転転覆してしまう鉄道事故が発生。 犠牲者も出ている模様。
規制となる風速値には達していなかったらしいが、悪いタイミングで神風というか突風が吹いてしまったのではないかと推理する。あるいは車両に付着した氷雪が何らかの理由で剥落し、車輪が乗り上げたのかもしれない。安全は金では買えない。JR車両にもシートベルト着用をする日が来るかもしれない。

doodle10_5 (C)GoogleGoogleのdoodleが今日完成画が公開された。 猫とねずみが協力してソケットの接続をして、晴れてケーブルが接続されてねずみ/ハムスター用レヴォルバ(回転遊具)を動力に電飾されたGoogleロゴイルミネーションが輝いた。 Good Job > Google.


有馬記念にPATで投票したものの、勘が冴えなかったか、はたまたビンゴで運を使ってしまったからか、かすりもせずハズレた。 2000円の損失。7戦全勝だったディープインパクトは8連勝ならず。またJRA銀行へ貯金をしてしまった。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:00 | トラックバック

2005年12月23日

ソウル遠征2005Winter(1)〜チョルド

JL8831 今日から一泊でソウル遠征。3時間半睡眠の5:00起床。 6:40羽田空港(HND)第2ターミナル。無料シャトルバスで国際線ターミナルへ。 Cカウンタでチェックイン。出国は6:45からだったので、しばし待機。

6:50出国。特別待合室に移動(チェックイン時にインビテーションカードをもらった)。国内線ほどではないが、まあまあ広い。 しばし休憩。

機内食@JL8831 7:55搭乗。JL8831便。機材はB44(コンフィグ:C72)。席は38H。8:15出発。 Yは満席。Cは不明。O/Bによるインボラアップグレードがあった模様。わしのチケットは特典航空券なのでその運は回ってこなかった模様。
 機内食は冷えている。例の通りいまいち。飲み物はモルツプレミアム。隣は子供2人。前に親らしき人。 Ishiharaパーサが挨拶まわり。わしのとなりの2人の子供の親と間違われ「朝から大変ですねー」と言われてしまう。参ったな。適当に濁しておく。

 富士山北、若狭湾、松江沖を経て、10:35ソウル金浦(キンポ)国際空港(GMP)到着。イミグレ5分。気温-5度。 11:00地下鉄5号線で移動。11:30新吉で1号線に乗り換え。外は雪。

韓国鉄道博物館12:40ウィワン(儀旺)駅到着。小雪舞う中、徒歩10分で鉄道博物館到着。入場料500KRW。韓国では今日は平日なのと、寒いためか、客がほとんどいない。屋外に車両10数両。施錠してあるので、車両内には入れなかった。
 寒いので館内へ。しかし館内非暖房。一応暖房はついているようだが、処理能力不足で全然暖まっていない。 各種資料拝見。1940年代頃のダイヤグラム(スジ)が多数展示してあった。昭和の文字や、ひらがな、カタカナも散見される。貴重な資料と思う。
運転シミュレータもあるが、音がなく、臨調感に欠ける。つまらん。

 寒いので撤収。街をぶらぶら。14:00駅に戻る。屋台でナントカカントカ(ちくわの中にウインナーを通して串を刺したものを揚げたもの)を食う。1000KRW。安い。まあうまい。 ホームの自販機でコーヒー(300KRW)飲む。薄い。

質素な夕食 1号線、4号線と乗り継ぎ、三角地駅で6号線に乗り換え、15:00孔徳駅着。外快晴。徒歩5分で宿到着。 寒いのでチェックイン。しばし休憩。近所へ散歩兼買い出し。しかし寒いので、事前に部屋から目星をつけていたスーパー(マート)でラーメンなど購入。コンビニSG25(LG25)でおにぎり(700KRW)購入。

部屋で夕食。 白湯ラーメン(サリコムタン:560KRW)、ラーメン用キムチ(1000KRW)、おにぎりほか。飲み物はCASS(640ml:1600KRW)、HITE_Prime(500ml:1300KRW)。

Holiday inn Seoul今日の宿:ホリデイ・イン・ソウル。旅窓で手配。シングルR/C 90000KRW+21%。9Fで眺めはまあいいが、1部屋を壁で仕切って2部屋にしたような広くない部屋。NHK_BS映る。ANA機長らもこの宿を利用していた。

doodle10_3 (C)Google今日のdoodle: 電源(?)コードが届かないようです。。。ピ〜ンチ!?


この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:28 | トラックバック

2005年11月27日

箱根遠征(2)〜紅葉狩り

腹が減っていないのでわしのみ朝食はパス。10:00チェックアウト。

箱根湯本にて今日は紅葉狩り。今日も快晴だ。青い空に紅葉は大変絵になる。 湯本はまだ紅葉の盛りではないので、宮ノ下まで上がってみることにした。


モハ1型+モハ2型&2000型10:25箱根湯本発の箱根登山鉄道(モハ2型108+モハ1型106+104)で移動。108号機は旧塗装仕様だった。今年(2004年ではないかと思うが)はスイスレイティシェ鉄道(Rhb)(このブログの上部にある画像にある赤い車体の鉄道)との姉妹鉄道提携25周年記念と言うことで、側面に記念ロゴ前面にRhbのヘッドマーク(スイス・グラウビュンデン州の州旗を模したもの。Rhbにも同様のヘッドマークがつけられている)が掲示されていた。

 小田急のパンフレットに宮ノ下の早川渓谷散策道が紹介されていたので、そこへ行ってみる。登山鉄道沿線の紅葉の景色は抜群だ。時折歓声が上がるし、車掌のアナウンスもあった。


早川渓谷散策道にて 宮ノ下の簡易郵便局の脇を下って渓谷へ出る。堂ヶ島温泉のロープウェイぞいの道を降りていくと、大和屋ホテル、対星館を経て、早川に出る。このあたりの紅葉も見事だ。テントウムシのたくさんいる橋を渡ると、散策道。険しい道もあるが、爽快だ。東京電力川久保発電所あたりからの眺めもなかなかだ。 東京電力管轄(厚意で開放中)の吊り橋を渡って坂道を上がると、木賀温泉のはずれの138号線に出る。


宮ノ下からの紅葉 138号線から今来た道を含めた紅葉の眺めもすばらしい。来た甲斐があったというものだ。徒歩で宮ノ下富士屋ホテル近くの渡邊ベーカリーへ。明治24年(1891年)創業と言う老舗のパン屋である。温泉シチューパン(525円)が有名らしいが満席。あんパンなどを購入して帰投。

帰りは伊豆箱根バスで湯本まで。新装開店した村上二郎商店で梅干しなどを購入。

2005112705.jpg 例の通り、風祭の箱根ビール藏でランチタイム(とはいえ14時過ぎだが)。定番の地ビールのほか、特別仕込みの「星たちの宴」というビール、ではなく発泡酒を飲んだ。上面発酵ビールで、アルコール度 約4%。箱根ビール藏のサイトによると、
---
<特徴>
香り付けとしてホップの他にコリアンダーというハーブを用いた箱根ビール藏オリジナル発泡酒です。

苦味を抑えスッキリと飲みやすく仕上げてました。ビールでは醸し出せないハーブ特有のスパイシーな香りをお楽しみいただけます。
---

 ヒューガルデンホワイトに似た味かなと思ったが、案の定似ていた。Good。300mlグラスで400円は、良心的な値段設定だ。税制上は発泡酒といえど、ビールに限りなく近い代物だ。

 満腹後、箱根登山鉄道で16:15小田原へ。解散後、わしらは踊り子の指定をGETしようとしたが、あいにく18:37まで席がない。16:37の踊り子110号の自由席にチャレンジしたが、FULLなので16:50発の湘南新宿ライン高崎行きで横浜へ。

 思うところがありまして、ヨドバシカメラマルチメディア横浜へ。iBook、デジカメ、携帯電話、DVDレコーダなどを下見、しただけでなく、DVDレコーダ購入。妻は携帯電話機種変更。

 機種変更の待ち時間に同B2FのMIKI COFFEEでコーヒーブレイク。高い(600円)が、なかなかよさげな喫茶店だった。

 妻の機種変更したD701iにはポケベル入力モードがなく、ショックを受けていたようだった。わしも機種変更する前にはしっかり確認しておかないと、と思った。どうやら富士通、三菱製の昨今のケータイはポケベル入力機能が省略されているようだ。携帯電話メーカ殿!ポケベル入力機能は廃止しないでくだされ。ちなみに、わしの狙っているvodafone 703SHにはポケベル入力機能がちゃんとあるようで安心して購入できそうだ。

 人混みに行ったためか、ヨドバシ入店直後から頭痛の嵐。なにか化学物質でもあるのだろうか?それとも単なる体調不良か?どちらにしても、参ったな。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:10 | トラックバック

2005年11月26日

箱根遠征(1)〜移動

新しくなった小田原駅今日からわしの親たちと箱根へ紅葉狩り。踊り子箱根フリーきっぷ(横浜発4000円)を使い、踊り子109号で小田原へ。フリーきっぷは箱根登山鉄道および同バスには乗れず、伊豆箱根バスのみ乗車可能。時間もあったので小田原から伊豆箱根バスで湯本へ。しかし紅葉の最盛期の土曜日ということで国道1号線は渋滞。湯本まで小一時間かかってしまった。

小田急20000系(RSE)と9000系@箱根湯本駅 湯本で合流する母と妹の乗車する小田急ロマンスカー(VSE:50000系)に途中で抜かれてしまった。参ったな。

 合流後、宿へ。湯本周辺の紅葉はまだ盛り前のようだ。チェックイン後、しばしぼぉっとしつつ、以後は一家でくつろぐ。


今日の宿:箱根湯本 ホテル滝亭楽天トラベル(旅の窓口)で手配。洋室ツイン(トイレ、バスなし)1泊2食付きで8200円と安い。が、安いものには訳があるようで、部屋がにおったり(発生源不明)、簡易ベッドだったり、食事がバイキングなのはいいが、器が質素だったり、浴室のカランの数より桶の数が少なかったり等、ある程度割り切る覚悟は必要のようである。総じて言えば箱根にしては割安なホテルではある。温泉には北投石も使っている。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:58 | トラックバック

2005年11月17日

交通センサス

 出陣し、引き続き詳細機能確認用ツールの作成を進める。 ぺたぺた機能、お絵かき機能の確認ツールがほぼできた。

2005111701.jpg
 出陣時、品川駅にて団臨を目撃。14系ベースのこの列車は何だろう?カマはEF64のようだ。

改札口にてスタンバイしている人から封筒を受け取る。交通センサスの調査票と察していたので躊躇せず受け取った。駅構内にいる人はほぼ駅や鉄道会社の許可を得ているので比較的信用してもよいと考える。

センサスは昨日だけではなかったのか? 母数(標本)が少なかったので今日も配布したのかなど想像の翼を広げてしまう。

2005111702.jpg 晴天だったので昼休みに再び皇居外苑へ。ベンチにすわり、ぼけらっとしつつおにぎりを食う。 飲み物はおぉいお茶濃い味。 紅葉は少し色がつきはじめた感じだ。

今日はボジョレ ヌーボーの解禁日。ビック酒販でも盛大に売っていたが、ワインが直射日光にあたりまくっており、購買欲はうせてしまった。

帰りにベルギー産のランビックビール、ベルビューフラウボウ(588円)と、モルツ ザプレミアムを購入。ランビックビールは高価なこともあり(ビルスの2倍)、非常用、イベント用に寝かせておこうと思う。

JR東日本の12月10日のダイヤ改正のパンフレットを入手。 千葉支社のものだったので、房総方面がメイン。183系の特急が房総半島からも消滅、武蔵野線の103系も消滅などがめだった変更点だった。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:18 | トラックバック

2005年11月07日

山手線ハングアップ

 低血圧(93-65)で起床ままならず、不本意ながら午後出陣。 山手線が架線トラブルで朝から全線ストップしていた。わしが出陣する頃にようやく動き出した。点検を怠っていたことが原因ではないかと推測する。大丈夫だろう主義があったのではないだろうか。他山の石として、われらが構築したサブシステムに、大丈夫だろう主義はないだろうか折を見て確認したいと思う。

C案件の証憑作成。 TIFF_G3で白黒反転する不具合調査。描画エンジンとgif2tiffg3ライブラリとで白黒パレットの認識が逆であることが原因。 適切とはいえないが、gif2tiffg3ライブラリを改修。 予後良好。

夜からE案件のサブシステムバージョンアップ。 更新サーバが18台と多いため、22時までかかってしまった。 作業中に問題は起こらず、事なきを得そうである。 明日夕刻まで問題通報がなければ勝訴といえよう。

先月末で解約したADSL(その1)用のモデム、スプリッタをNTTに返却。あらかじめ返送用の封筒とゆうパック送付書が付属していたので荷造りは楽だった。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:26 | トラックバック

2005年10月23日

DE耐4th

DE耐4th、ではなくSP耐久出陣先副部長どのが参加するDE耐第4戦へピットクルーとして応援へ。 6:30出発。東北新幹線Maxやまびこ103号で8:27宇都宮へ。Max自由席(1〜3号車)は上野出発までガラガラだったが、大宮で結構埋まった。ちなみに1階席である。

8:50発のバス(唯一の直行)で10:18ツインリンクもてぎ(1500円)へ。このバスには初めて乗車したが、満席で発車。今日はもてぎでフォーミュラニッポンも開催されているからだろう。 もてぎのバス停は中央エントランスそばにある。フォーミュラへ行く人(わし以外の乗客)には便利がいいが、北ショートコースへ行きたいときはかなり戻らないといけない。しかし場内に無料ループバスがあり、たまたますぐ乗り継げたので事なきを得た。
その後ライダーらと合流。
昼食は登谷(とや)にて登谷定食(1365円)。海鮮丼、にぎり寿司など5種からメインを選択、その他にざるうどん、アイスクリームがつく。今回は特上天丼をチョイス。これもうまかったが、量が多いので残した。ミニサイズあるいは単品のみの提供も検討してもよいのではないかと思う。

レースはマシンが快調なこともあり、2位で終了。しかし終了10分前までは1位だった。 惜敗であるが、結果としては上々であった。レース前半は晴れて日差しが暑かったが、日が陰ると急に冷え込んだ。ブルブル。

撤収後ホロルの湯という日帰り温泉へ。 浴室は広い。薬湯、露天風呂、サウナあり。ロッカーあり無料。 湯はカルキ臭やや強く、本当に温泉かどうかは疑問。 パンフレットには一応単純温泉とあるが、温泉研究所または保健所発行の成分分析書が掲示されていなかった。 入浴料は休日1000円だが17時以降は半額となる。すなわち今日は500円。

休憩室兼食堂で休憩。 ソーセージ、豆腐サラダ、キリンビール。 20:30撤収。

TX区間快速 22:00つくばエクスプレス(TX)三郷中央駅に送っていただく。感謝します&お疲れ様でした。 思いもかけずTX初乗り。 22:05の区間快速秋葉原ゆきに乗車。逆方向なのですいている。6号車は客2人。 下り列車もすいているようだ。 沿線人口が少ないからだろうが大丈夫か? それはさておきTXは速い。10分で北千住、20分で秋葉原に到着。運賃が高い点を除けば満足である。

DNSの切り替え反映がすすんだようで、旧IPへのアクセスがほとんど来なくなった。 試しにBフレッツにつないでみる。 つないだら速度測定をしたくなるわけで、broadland.jpにて測定。しかし無線LAN環境で3.5M、有線LAN環境で 6.8Mと意外と遅かった。 とりあえずの配線による接続ということもあるかもしれない。時期をみてフレッツスクエア直つなぎなどの方法で検証してみようと思う。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:52 | トラックバック

2005年10月17日

クモユニ74001復元

 雨の中出陣。 別案件の本番リリース(エンジンバージョンアップ)に向けて、チェックリスト(SCL)を作成。今日は機能別に、どの観点でチェックを行うかの洗い出し、環境構築検討などでおわる。

 夕刻別サブシステムでの基幹システムバージョンアップ。先日十分な検証を行った甲斐があったのか、スムーズに移行(切り替え)できた。

クモユニポスト 帰りにJR品川駅でかわいいポストを発見。20年くらい前まで活躍していた旧型郵便荷物電車クモユニ74をデフォルメしたポストだ。ポストつながりで、品川駅が起点である、山手線および品鶴線(ひんかくせん)のゼロキロポストが併設されている。 品鶴線というと…

意外と歴史あるこの路線(see ranking)


馴染みがないが、横須賀線の品川〜新川崎〜鶴見までの区間のことである。 当初は貨物専用線だった。今や横須賀線のみならず、湘南新宿ライン、成田エクスプレスなどの重要な路線となっている。山手線は環状線だが、品川〜新宿〜田端の区間が山手線である(代々木〜新宿は中央本線との二重戸籍)。田端〜上野〜東京は東北本線、東京〜新橋〜品川は東海道本線がそれぞれ正式な区間である。山手線は多数の路線を走る列車なのである。

南チタのほうが・・・ 電車ポストの横には、形式名や所属電車区などが実車同様に再現されていた。なかなか力の入ったポストである。
このポストは品川駅以外にもあるのかもしれない。発見次第レポートしたい。ゼロキロポスト(0km)のある駅だろうか。 東京駅にもありそうであるが、鶴見駅にはなさそうな気がする。鶴見駅は鶴見線(鶴見〜扇町、海芝浦、大川)の始点(始発駅)でもある。 実車の画像はこちらのようだ(103系写真館)。

プロ野球パリーグプレーオフ第2ステージ第5戦は接戦のすえ、千葉ロッテマリーンズが31年ぶりのリーグ制覇を決めた。 例年ない熱烈な応援とバレンタイン監督の的確な采配でホークスを寄り切ったのではないだろうか。 日本シリーズのカードは阪神タイガースvsマリーンズという数年前は最下位に甘んじていた球団同士の珍カードとなる。 どちらが日本一になるか興味津々である。

 JRAからはがきが届く。18年末までにPAT投票をしないとPAT権利が無効になるそうな。そういえば今年は投票していない。数年前にPAT権利をロストしているので、そのうち投票しておこうと思う。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:55 | コメント (3) | トラックバック

2005年10月03日

JALが新たなキャンペーン

腹痛で午後出陣。 今日も比較的平和な一日。

 Softether VPN のLinux対応版が去る9月30日リリースされていたのを思い出し、 alps(Lavie)にインストール。
tarBallを展開してmakeするだけでできあがる。
vpnserver startでサービス開始。 vpnserver stop でサービス停止というシンプル。 マルチスレッドを使っているようだ。

 vodafone3G機で位置情報サービスがようやく開始された。 しかしわしの保有するV801SHは対応していないらしい。プンスカΩ。

JALが新キャンペーン「マイルバック」というのを始めた。 2005年4月から11月までに搭乗1回以上、かつ10000マイル以上の特典交換(消費)したメンバで、2005年12月から2006年3月までに1回以上搭乗した人を対象に、消費マイルの20%(上限5000マイル)を2006年4月に返してくれるともの。返されたマイルは2008年12月まで有効。 2005年11月30日まで、国際線の特典航空券がエコノミークラスに限り2割引で交換できる(例えばグアム往復が20000マイルのところを16000マイルでOK)。併用が可能を解釈して、この例だと、16000マイルの20% 3200マイルが返ってくる。すなわち今なら実質12800マイルでグアム、台湾、中国、香港に行けるわけだ。 しかし、交換時に16000マイルないとだめであるので念のため。
わしは、JALに何度も対象運賃で搭乗しているし、7月にソウル行きアワードを発券しているので、このまま冬にでも1回乗れば対象者である。何度も書いているとおり、不祥事の多いJALには有償搭乗を見送っているので、3月までにしぶしぶ乗ることになるだろう。

 品川駅で「テッピーニュース」を見付けた。 毎年10月14日の鉄道の日(かつては鉄道記念日といっていたような)を記念して発行されている無料のパンフレット(新聞)である。 今年も日比谷公園で10月8日および9日に開催されるそうだ。

 京急蒲田駅の空港線ホームが昨日から東寄りに変更になった。 連続立体化工事の進捗に伴い、移動したもの。 旧1番線は、連絡通路で埋められ、2つのホームが合体した格好となっている。そのため横幅が大変広い。 その他めぼしい変更はなし。

 今日から妻が犬山遠征。 数日間静かな日々が続く。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:50 | トラックバック

2005年09月11日

日帰り九州

 日帰り九州の酔狂な旅。 4時間睡眠の5:20に起床。6:32羽田。ゲートが54番と遠かったこともあり、搭乗はほぼぎりぎりだった。6:55出発。 NH619便鹿児島行き。機材はA321。席は3A。隣は空き。 A320はB737の置き換え機らしい。何度も乗っているが、座席配列は3-3。

今日は晴天で風も弱く、視界は良好。房総半島、大島などの伊豆七島がよく見えた。 三宅島からは噴煙がなお上がっていた。

8:35鹿児島空港(KOJ)到着。 ここも何度も来ているが、改めてみるとボーディングブリッジが多い。搭乗口も10個以上はあるようだ。 屋久島、奄美諸島などのハブ空港として君臨しているのがうかがえる。

加治木駅 ここから加治木までバスで行こうとしていた。バスは8:50だろうと思っていたら、8:44発だった。あわてて5番バス停から飛び乗る。セーフ。南国交通のいわゆる路線バス。 空港から乗ったのはわしを含めて2人。途中駅でぽつぽつ乗車。 9:06加治木駅到着。運賃は330円。 降りたのはわしだけだった。 ここからは九遊きっぷでJR乗りまくりである。まずはきっぷを買わないとと、窓口へ。駅員氏は九遊きっぷの存在や発売条件を知らなかった。 なんとか買うことができた。航空券の照会番号を控えるルールになっているようだ。 初めて売ったという。 カードは使えなかったので、仕方なく現金払い。 POS端末だった。


加治木駅は大変のどかな駅。駅前にはめぼしいものはない。 9:31 鹿児島中央(旧西鹿児島)駅行き普通列車で加治木を後にする。455系改造車。 クハ455-202。ロングシートの多いセミクロス車になっていた。

錦江湾をながめながら のほほんと走る。 桜島は山頂部が雲に隠れていた。

つばめ@鹿児島中央駅 10:07鹿児島中央着。新幹線つばめ42号に乗り換え。おみやげ買って10:12 14番線へ。まだ車内清掃中だった。すぐに乗車できた。自由席の4号車(5号車および6号車の一部も)に乗る。ガラガラである。大丈夫か? 10:16静かに発車。 各駅停車タイプだが、駅間では当然速い。

11:03新八代。ここで九州横断特急に乗り換え。 弁当を買うつもりだったが、在来線側にも売店はあるだろうと思っていたがさにあらず。何もない。 結局買わず。 特急は2両編成。自由席車と指定席車。 意外と混んでいたが、なんとか座れた。前から2列目。展望がよろしい。

熊本駅熊本でほとんどの客が入れ代わった。 進行方向も変わってしまったので、展望は終了。 熊本からは豊肥本線(あそ高原線)経由で別府に向かう。 立野でスイッチバック。勾配はきつそうだ。 惰眠を交えながらも大分に近付くにつれ、川の堤防の上部まで流木跡があるところが目だってくる。先週の台風14号のつめあとだろう。川幅40m,通常の川面から堤防上部までは10mくらいある。今日は川幅の1/3ほどしか流れていないが、先週はえげつないことになっていたのだろう。

大雨の影響で本来別府行きのこの列車は今日に限り大分止まりとなった。大分-別府間は臨時特急で代行輸送するという。大雨って今日は降っていないのだが。


大分駅(ぼけぼけ)14:25大分。 同じホームの向かい側に臨時特急が。乗ってもよかったが、なんとなく大分で下車。まだめしを食っていなかったので、トキハで調達。7Fのファミリーレストランではカレーや親子丼が315円と安かったがなんとなくパス。B1Fの総菜売り場で、従業員も買っている弁当と、とり天を購入。


寝台特急彗星サボ15:15発のソニック(白いかもめ仕様)で別府へ。 ampmでビールを購入して、15:58別府始発の特急にちりん17号(ハイパーサルーン 787系)乗車。車内で弁当を食べた。これが今日初めての食事。 5両編成。禁煙自由席の3号車。40%程度の混雑。 日向市で上り寝台特急彗星京都行と交換。 彗星は今月末で廃止が決定している。 すれちがいざまに見た限りでは乗客の多くは鉄人っぽい人達だった。

交換列車の遅れなどにより、6分遅れて19:23宮崎着。 普通宮崎空港行き最終列車に接続。 817系。 19:35宮崎空港(KMI)着。 こんな時間なのにもう終電である。

サクッとチェックインを済ませ、適当に土産を買って、ラウンジ大淀でビール片手に休憩。 NHKが放映されており、20:00から選挙特報がはじまった。いきなり、自民圧勝、との見出しがあり驚く。 20:15搭乗。 NH618便 機材はA321。A320との違いは全長および定員が多いことらしい。 席は最前列窓側の1F。 道中はNHK第一ラジオで開票情報に耳を傾ける。やはり自民圧勝が濃厚だ。わしのシナリオ通りとなりそうだ。

21:50羽田空港へ10分早着。しかし52番ゲートから出口までは遠かった。普通に歩いて22:00京急改札口。22:13発の京急久里浜行きで帰宅。

今日の土産:つばめ根付、長崎カステラ(本人の希望により。長崎行ってないのだが)。

今日はデジカメを忘れたので携帯電話での撮影である。画質がいつもにましてよくなくて申し訳ありません。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:17 | トラックバック

2005年09月02日

わざと精度を落とす改修を行う

時差ぼけ解消狙いをかねて早めに出陣。 新機能の検証を行うが、作成する画像の色数の限界が256色であるため、理想の機能の実装には至らず、妥協点を見いだして今日のところは落ち着く。

別途新機能(仕様変更)の実装。旧ライブラリとの互換性を保つため精度の悪い投影方法をサポートすることにした。 描画エンジン部は実装完了。ドライバ(PHP)の実装は来週。

 明日はホリデーパスでおでかけしそうである。一応、JR東日本の指定券販売機(MV端末)でもホリデーパスが買えることを確認しておく。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:21 | トラックバック

2005年08月27日

スイス遠征(8)〜ソウルぶらり/無事帰国

breakfast on LH7123時間ほど寝て、9:30(日本時間 以後同じ)起床。勧められるままオレンジジュースをいただく。朝食はオムレツor冷カツ。オムレツをチョイス。温かくてGood。

フラットシートのおかげでほとんど疲れずに過ごせた。Good。モンゴルのウランバートル、北京、黄海を経由して11:20ソウル仁川空港(ICN)到着。 入国待ち5人。最近韓国の入国審査に時間がかかるようになった。厳しくなったのだろうか?

 荷物は凹みもなく無事戻ってきた。12:00発のバス(4500KRW)で金浦空港へ。 12:25着。JL8834便にチェックインしちゃおうと思ったが、カウンタは無人。受付は16:45からとの掲示があった。うーむ。とりあえずこの重い荷物を何とかしたかったのだが。 金浦にはコインロッカーが私の知る限りない。

 地下鉄駅のコインロッカーを利用したが、銭を払っても鍵が回らない。あいたたた。 困っていると親切そうな若い女性2人が一生懸命助けてくれた。どうも故障らしい。もう一回やれば?ってことになった再び1200KRW投じて別のストレージを使ったらうまくいった。 200KRWは彼女らが提供してくれた。韓国人の親切に感謝します。

 あてもなく地下鉄に乗る。定額券がまだ10000KRW以上残っていたので交通費には困らない。最初にバンカ駅(5号線の終着駅)を再訪。1000ウォンショップが目当てだったが、別の店に変わっていた。ガーン、ショック! 本屋があったのでのぞいてみる。地図帳があったので購入。5500KRW。 次の目的地を汝矣島(ヨイド)に決定。 汝矣島公園というのがあるらしい。漢江もみえるらしい。5号線1本で行ける。

ヨイド公園 土曜なので家族連れでにぎわっていた。ドラマか映画の撮影らしいものも行われている。都会にありながらも、のどかな公園である。しばし公園散策。15:10地下鉄駅へ。16:00金浦空港に戻ってきた。まだチェックイン前なので、e-mart(イーマート)へ。新世界百貨店系列の廉価スーパーである。 お菓子などを購入。

KALラウンジ@GMP 17:00チェックイン。 小銭消費をかねて、7-11でおにぎり(800KRW)等を購入。JALラウンジ(KALラウンジ)にて休憩。LANが使えるので、メールチェック。各種缶ビール、軽食(パンなど)がある。カップラーメンもある。 18:30ラウンジを出る。セキュリティ待ち1分、出国待ちなし。 G37から優先搭乗行使。JL8834便。8月から増便されたものだ。機材はB747。S24コンフィグ? C席がずいぶん多い。席は40C。 久々に聞く日本語である。19:13出発。19:25離陸。さらば、韓国!この区間はJALのアワードを利用。

 離陸後ベルトサイン消灯前にトイレに行く香具師が出現。CAは制止したものの、個室へ入ってしまった。気分が悪かったのだろう。青い顔をして帰ってきた。その後も5回以上往復していた。大丈夫だろうか。

お粗末なJL8834機内食 機内食は予想通りというか相変わらず質素なボックスタイプ。ちらし寿司、小サンドウイッチ。飲み物はモルツ。なぜかまわりの乗客もみなモルツ。 OZ/KEといった韓国の航空会社の方がよいのかもしれない。機会があればOZの同路線に乗ってみようと思う。

日経を読んでいるうちにうとうと、、、。21:15羽田到着。入国待ち4人。荷物出てこない。ファーストクラスタグなのに、再度に出てきた。コンテナ手配ミスらしい。 22:01発の快特で帰宅。 日本は蒸し暑い。 かくして6泊8日のスイス遠征は無事終了した。また行ってみたい国が一つ二つ増えたのは確かなようだ。

今日のお土産:スイスビール、ドイツビール、スイスチョコ各種、オーストリア岩塩、韓国お菓子、コチュジャン、クノールスープ、セントバーナードぬいぐるみほか

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:36 | トラックバック

2005年08月26日

スイス遠征(7)〜さらばスイス/苦あれば楽あり

(この日のブログは画像が特に多いので重いかもしれません)
 6:30起床。ヨーロッパにいると毎日早起きできる。今日はついにヨーロッパを離れる日である。朝から好天。朝食はパスして、9:10チェックアウト。ベルンの第一印象はごみごみした町。木を見て森を見ず、なのだろうが、今回は思い出は薄かった。機会があればゆっくり探検してみたい。

 9:34発のジュネーブ空港行きを確認。5番線のICに乗車。長い編成の全車2階建て。1等は4両もある。BOX席占有できた。 アナウンスはドイツ語、フランス語。Freiburgから先はフランス語、ドイツ語。言語圏の違いから順序が変わるようだ。

レマン湖の車窓 左にレマン湖が見えてきた。よい車窓。雰囲気としては中央線で勝沼付近を走行しているのに似ている。まわりにブドウ畑。盆地の代わりに湖がある感じだ。昨日coopで買ったrevellaという乳酸菌飲料を飲んでみる。どこかで飲んだ味だ。しばらくして思い出した。カルピスソーダに近い。個人的には今市で、飲み残してしまった。


ジュネーヴ中央駅 レマン湖と間欠泉
 11:15ジュネーヴ(Geneva)中央駅到着。 当初はジュネーヴ空港直行予定だったが、まだ時間があることから、ジュネーブ市街を観光することにした。 ロッカー(4CHF)に荷物を預け、身軽になって街へ繰り出す。湖を目指す。5分ほどで到着。ブルク橋を渡る。噴水(間欠泉)が見える。かなり高く上がっている。ルソーの家というのもある。 coop発見。スイス最後の買い物大会。

12:10駅に戻る。12:27発のジュネーヴ空港行きを確認。12:40発のTGVが8番線からでるそうなので、取材を試みたが、パスポートコントロールがあり、断念。 12:27発のIRで12:40ジュネーヴ空港(GVA)へ。

 再度荷造り(さっきcoopで買った土産挿入)して、ルフトハンザ(LH)カウンタでチェックイン。ビジネスクラスカウンタに並んでいたが、手隙のファーストクラスカウンタから「こちらへどうぞ」と声をかけられ、恐縮(スターアライアンスゴールドなのでファーストのカウンタでも手続きできたのだが、語学のスキルが十分でないのでいつも遠慮してCカウンタへ行っているのだ)。 予約変更(搭乗日、搭乗便)しているからか、このチケットのままでは処理できないようだ。発券カウンタへ行ってもう一度来なさい、荷物は預かっておくから、と言われ、発券カウンタでステッカー処理をしてもらって、チェックイン。フランクフルト経由のソウルまで通しで無事できた。ラウンジの場所も親切に案内してもらえた。感謝します。

 パスポートコントロールはあるが、表紙を見せただけでOK。おまけに「コンニチハ、アリガトウ」とまで言われてしまう。免税店は安いが我が家に縁のないものばかりで荷物になるのでパス。チョコなどはcoopなどの方が安いと思った。

LHセネターラウンジ@GVA LHセネターラウンジ@GVA
 小銭消化をかねて、スイスカード(ナイフ等)購入。26CHF。 セキュリティゲート通過前に各社のラウンジはある。13:00ルフトハンザセネターラウンジへ。係員のほかは誰もいない。PAULANERビールあり。おつまみ若干あり。日本語の新聞はなし。 徐々に利用者増加。でも満席にはならず。 14:25ゲートへ。セキュリティ待ちなし。B31(搭乗券には印字なし、自分で確認した)には結構人がいる。スタアラゴールドメンバは少ないのか?

LH便からのアルプスの眺め 14:35搭乗。LH3667便。機材はB737-500。席は最後列の20D。この便も満席のようだ。 15:05離陸。さらば、スイス! 右手にアルプスが見える。撮影。機内食はサンドウイッチ飲み物はSekt(スパークリングワイン、いわゆるシャンパン。ドイツ製なのでシャンパンとは言わない)。うまい。サンドウイッチは、セロリが入っていた。うっかり食べてしまって失敗。。。


B737-500後方ハッチから降機 エアバスA380
 16:05フランクフルト国際空港(FRA)到着。またもやバスで降機。後部ハッチも開いたので、出るのは早かった。 入国待ち2分。早速地下1階のスーパーへ。6月に来たときは、BIFIが買い占められていたが、今日は潤沢にあった! ビールやSektなどと併せて購入。 フランクフルト空港には近々デビューするエアバス社のA380航空機の模型(SQ用?)が展示してあった。

2mのフルフラットベットシート PrivateBed on Lufthansa 17:00再び出国。セキュリティでスイスカードが没収されてしまう。がーん、ショック! 傷心して17:10 B23ゲートに到着。時間が十分にないのでラウンジはパス。韓国人でごったがえすB23待合エリア内部へパスポート、搭乗券を提示して入ろうとしたら、呼び止められ、「Mr.Kitano(仮名)? We invite you to business class!」と言われ、ビジネスクラスへアップグレードしてもらえた。Y(エコノミー)満席(オーバブッキング)によるインボラアップグレード(IVUG)と思われる。やった! 苦あれば楽あり。スイスカードのことはこれで癒えた。ちなみにわしのもっていたのはHクラスの予約。

 17:30搭乗。18:05出発。さらば、ドイツ! LH712便。機材はA340-600。C席は最近はやりのシェルフラットシート(2mのフルフラットベットシート PrivateBed)。隣はドイツ人奥様。日本人は見たところ誰もいないようだ。

WindowsCE on LH個人TVがなぜか不調。固まってしまう。リセットしたもらった。WindowsCEを使っているようだ。その後はトラブルはなかった。


dinner on LH712 夕食はチキンor魚orビビンパ。チキンをチョイス。うまい。飲み物はシャンパン、ビールなどを堪能。うまい。いつしか就寝。


この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:58 | トラックバック

2005年08月25日

スイス遠征(6)〜世界遺産ベルンへ

 6:30起床。外は曇り。8:00朝食。昨日と同じだ。 丸いパンは途中でなくなってしまった。今日も日本人目撃。 今日は食べている途中に快晴とはならず。
晴れたら3000m級の山にケーブルカーなどで登ろうかと思っていたが、中止。

氷河特急サボ今日はスイスの首都ベルンへの移動日。日本への帰途開始ともいえる。あっという間である。 St.Moritz駅12:02発の予定だったが、10:02発が氷河急行と知り、急遽9:40チェックアウト。9:55駅へ。1等は2両あったが、がらがらである。予約も入っていない。平日だからだろう。最後尾の展望車両へ。天井部分にもガラスが入っており、視界がよろしい。

氷河特急1等車車内10:02発車。最後尾にはわししかいない。 Samedanで1人乗車したのみ。車内放送はドイツ語、英語、イタリア語。氷河急行は全車指定だが、少なくともChurまでは料金不要だ。もちろんユーレールパスも利用できる。車掌が検札にきたが、案の定お咎めなしだった。
今日は曇り時々晴れといった天候。車販が来た、ビールもあるが、何も買わず。おみやげ販売が来た。ピンズ(8CHF)がほしかったが、あいにく売り切れ。 帽子(17CHF)を購入。

列車は氷河急行+普通列車の併結のようで、13両ほどと長い。 12:02Chur到着。氷河急行は、さらに増結してツェルマットへ向かっていった。 12:10発のチューリッヒ方面のICがあったが、パスして市内探検+土産探し。


 Churはこの地域の中心都市(州都)というが、田舎町である。スーパーは見あたらず。KIOSKで土産購入。

Chur発ブリュッセル行きEC特急IRIS号 13:10発のECに乗車。Chur発ブリュッセル中央駅行き(22:46着)という長距離特急である。コルマール(Colmar)、ストラスブールなど経由する。SBB(スイス国鉄)の車両がフランス、ドイツを経由してベルギーまで行くのだ。隣には13:16発のIC。こちらはDBの車両。13:10発の方が停車駅が少ない。1等はコンパートメントと、オープンの2両。長距離ECなのに食堂車はない。 車販はある。


チューリッヒ中央駅 右側にチューリッヒ湖がひろがってきたら、まもなくチューリッヒ。14:30Zurich駅到着。 大きな駅である。B1Fのロッカー(5CHF)に荷物を預け、身軽になって駅構内探検。いまどき禁煙駅ではない。もうもうである。構内のB2Fには非常に多くの店がある。MIGROS発見。土産購入。15:45荷物引き取り、ホームのIMBISSでホットドッグ(5CHF)を購入。15:50IC入線。 車内でホットドッグを食う。飲み物はMIGROSで買ったノンアルコールビール(1.30CHF)。 


IC1等車車内
 16:00出発。全車2F建ての車両。次はベルンまでノンストップ。高速線を走るようで、200km/h以上は出ている感じだ。速い速い。 16:58Bern駅到着。帰宅ラッシュなのか、人多すぎ。首都と言うこともあるのだろう。この駅も禁煙駅ではない。疲れる。目抜き通りを経て、ホテルへ向かう。人通り多い。急に雨降り出してきた。初めて傘(ダイソー)出動。無事チェックイン。

ベルン市街 身軽になって目抜き通りを散歩へ。ここは世界一長い?商店街。3kmあるという。ベルンは世界遺産。いろいろ見て歩きたかったが、あいにく雨。 coop,MIGROSを見つけたので買い物。スイスの店は18:30頃一斉に閉めてしまうが、木曜日(Do)だけは、20時過ぎまで営業している店が多い。たまたま今日は木曜日で遅くまでゆっくり買い物できた。19:30部屋に戻る。 チューリッヒでホットドッグを食べたので、夕食は軽めにした。飲み物はCARDINALというスイスのビール(1.40CHF)。 荷造りしてTV見る。洪水の被害は甚大のようである。23:00就寝。

HotelContinental@Bern今日の宿:HotelContinental 楽天トラベルで手配。旧市街にあり、部屋からは世界遺産である市街の一部が眺められる。冷蔵庫、エアコンはない。照明は比較的暗い。


この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 22:54 | トラックバック

2005年08月24日

スイス遠征(5)〜ベルニナ急行でパスタの国へ

(この日のブログは画像が特に多いので重いかもしれません)
部屋からの眺め6:30起床。霧。 7:10朝食。ハム、チーズ、クロワッサン、パン、ジャム、ジュース、ヨーグルトほか。日本人散見。外国人団体も多い。 8:10出発。8:25サンモリッツ駅。氷河特急がいた。撮影。

サンモリッツ駅名標 8:45Tirano(ティラノ)行き普通列車でサンモリッツ出発。1等は喫煙車のみ?ということで2等へ。 団体客多くにぎやか。しかしよく見ると、先頭2両は電気機関車と思ったが、電車だった。1等席もあるようだ。ホームには日本語の駅名標がある。Rhb鉄道は箱根登山鉄道と姉妹関係にあり、駅名標が箱根登山鉄道から寄贈されたのだ。 箱根登山鉄道にRhb鉄道から駅名標が贈られているかは不明である。

各地の姉妹鉄道みつかるかも(see ranking)

20050824e4.jpg高度をどんどん上げていく。アルプスも次第に見えてくる。もちろん日本の南/中央/北アルプスではないスイスの本場のアルプスである。

20050824e5.jpg
高度を上げるに従い、森林も減ってくる。やがて森林限界も超えてしまう。氷河も次々見えてくる。


Ospizio Bernina駅 9:38 Ospizio Bernina(オスッピツオ・ベルニナ)駅。標高2253m。粘着運転の路線では最高地点にある駅。日本の最高地点駅は長野県の野辺山駅。1300mあまりだ。 今日は快晴。気温は7度。 目の前に白い湖。その向こうにカンブレナ氷河をたたえた山、ピッツ・カンブレナが手に取るように見える。駅周辺をぶらぶら。周りに樹木はない。森林限界を超えているのだ。

世界でもっとも標高の高い駅は?(see ranking)

20050824e8.jpg次の列車は10:26。駅近くで、湖面と列車が撮影できるポイントを見つけ、深呼吸をしつつ、10:23乗車列車を撮影。同駅でSt.Moritz駅行き列車と交換。10:27出発。St.Moritzから来たベルニナ急行971列車。全席指定、と思ったが、それはChur発の別列車で、これは最後尾2両の展望車両は指定席だが、他の一般客車は指定は不要である。先頭の電動車に乗ったが、客席は意外と混んでいる。座れず。デッキに立席かと思いきや、補助席を発見。冬期はスキー立てのようである。窓ガラスもあり、座ったまま景色も楽しめる。モーターや走行音は大きいが、それ以外はなかなかよい。陽気なイタリア人風の車掌が検札に来た。

11:15 Poschiavo(ポスキアーヴォ)駅で客室が空いたので1等席に移動。すでにイタリア語圏である。 11:38Brusio駅で降りる(Stop on Request)。降りたのはわしだけだったようだ。 この先にループ橋があるというので撮影するため下車した次第。

20050824e14.jpg 20050824e15.jpg
ベルニナ急行 徒歩5分でループ橋到着。立派な橋脚である。 後続のハイジ特急、ベルニナ急行など3列車を撮影。 12:25撤収。帰路犬に追いかけられ、びびりまくったが事なきを得た。 12:40Brusio駅に戻る。ベンチでしばしぼぉっと休憩。暑い。汗かく。 周りはのどかである。

日本にもループ状の線路あります(see ranking)

20050824e22.jpg 駅にはボタンがあり、乗りたい方向のボタンを押すらしい。押さないと止まってくれない? とりあえずTirano方面のボタンを押しておいた。表記はドイツ語、イタリア語しかないのでよくわからん。警備員が来たらどうしよう(汗)。


Tirano駅手前では道路の上を走る 13:09Tirano行き普通列車乗車。 電動車1等に乗る。 さきほどのループ橋を通過。車内からも撮影。2度楽しめた(復路も通過したので3度)。峠を下り、いつしかイタリア国境を通過。路面を走る(併用軌道)。しばらくすると、13:30Tirano駅終着。もちろんイタリア領である。入国審査は駅で行われると、ガイドブックで読んだが、特にチェックはなかった。パスポート必携とあったのに拍子抜けである。 とにかく初イタリア。駅前はパスタのレストランが多い。すぐ隣にはイタリア国鉄?の駅があり、ミラノなどに行くことができる。

Tirano駅 Tirano駅前のレストラン。ここでピザを買った
Tirano駅。パスポートコントロールもあるのだが、ノーチェック。

本場イタリアンジェラート レストランはあるが、やはり1人ではなかなか敷居が高い。本場のジェラートがあったので食う。うまい、安い(1.00EUR)。 スーパー探し。あったが、昼休みだ。13:00〜15:00まで休みだという。なんともやる気のないスーパーである。がっかり。

20050824e33.jpg 駅前にピザの持ち帰り(TakeAway)があったので、1ピースでもいいか聞いてみる。OKだというのでお願いする。マルガリータ、マッシュルームなどから選べるが、基本のマルガリータをオーダ。 10分ほどでできあがった。大きな箱できた。どうやら1枚まるごとオーダしてしまったらしい。値段は5EUR。安い! が、一度には食いきれないので、余ったら夜食おう。


ティラノ駅名標 14:25Tirano駅に戻る。パスポートコントロールはなし。すでに列車がいたが、これはハイジ特急だった。14:35ハイジ特急発車。 かわってベルニナ急行入線。先頭の電動車へ。1等は窓が開く。暑いので全開。喫煙(8席)/禁煙(8席)はドア1枚で仕切られているだけである。禁煙エリアは終点までほぼ貸し切り。14:50出発。車窓を撮影して楽しむ。すいているので右に左に移動し放題である。今度はスイス/イタリア国境が確認できた。先ほど買ったピザを食う。本場イタリア生まれのピザである。うまい。 車掌はまたまた陽気な人。


箱根号の電動車 Rhbスピードメータ。振り切っている

 再び登山して17:15 St.Moritzに戻る。Rhb鉄道は箱根登山鉄道と仲がいいと書いたが、機関車にも「箱根号」というのがある。 スピードメータを見る機会があったので、興味深く拝見。Max75km/h。St.Moritz手前で65km/hを記録。 

スーパーcoop寄って、少し早いが18:50夕食(残ったピザほか)。飲み物はCALANDAというスイスのビール(1.40CHF/500ml)。洗濯して洪水の様子をTVで見つつ、22:30就寝。

今日の宿:今日もHAUSER連泊。

参考リンク(TB)
『瑞西綺譚』とかいうブログらしいぞ、ここは・・・ : 【スイスマイナー旅行記 −ベルニナ特急・マトモ編−】

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:18 | コメント (3) | トラックバック

2005年08月23日

スイス遠征(4)〜サン・モリッツへ

(この日のブログは画像が特に多いので重いかもしれません)
 6:30起床。どんより。小雨。7:00朝食(2F)。ハム、チーズ、パン、シリアルといったコールドフードのみ。ソーセージはなかった。例の通りカイザーサンドにして食べる。

ミュンヘン中央駅7:40チェックアウト。ミュンヘン中央駅のキオスクで紙パックの0.5L evian(0.95EUR
保証金不要)を購入。EC196チューリッヒ行きに乗車。スイスSBBの車両。1等は2両(コンパートメント/オープン)。オープンの車両へ。半分くらいは予約のシートが入っていた。あいていた4人席へ。

 8:14出発。外は雨。検札時に「この列車はこの先の区間で豪雨のため、Lindau駅で運転打ち切りとなる。Lindau〜St.Margrethenまではバスによる代行運転となるので、バスに乗り換えてほしい」と言われた。ZDFなどのニュースでドイツ南部豪雨、洪水と聞いていたが、ここにも影響が出てしまったようだ。「わしはChurへ行きたいのだが今日中に行けるか?」と聞いてところ、「それは問題ない」と言われた。ひとまず安心でしておく。St.Maritz(サンモリッツ)への到着は少し遅れそうだが事なきを得そうだ。この車両には日本人がわしを入れて5人もいた。

リンダウ中央駅 10:27Lindau駅到着。 バスに乗り換えるが、なんと、1台しかない。すでにぎゅうぎゅうであった。行き先は手書きだった。雨中待ちぼうけである。日本人4名は急いでいるらしく、しびれをきらしてタクシーでSt.Margrethenへ移動していった。

その5分くらい後、11:05に次のバスはやってきた。今度は乗れた。11:15満員で発車。乗車券チェックは特になし。

代行バスがスイスSt.Margrethen駅に到着すぐオーストリアに入り、11:38Bregenz駅着。 スイス国境をパスポートノーチェックで通過し、12:10St.Margrethen着。 直通なら11:00すぐには到着だったが、1時間ほど遅れてしまった。 Zurich行きがやってきた。バスで来た乗客の多くはそれに乗車。わしは反対方向。 さっきタクシーに乗った日本人がホームにいらっしゃった。あらまー。

12:31Chur行きRE乗車。1等だったが、同一車両に禁煙席と喫煙席が混在している。当初知らずに喫煙席近くの禁煙席にいたが、やはり煙が流れてきたので、遠い禁煙席に退避。 13:40Chur(クール)着。

レーティッシュ鉄道(RhB)@Chur駅 Churから登山電車、レーティッシュ鉄道(RhB)に乗り換え。1000mmゲージ。いわゆる狭軌。 赤い車両。1等すいている。席は1-2の配置。ゆったりしている。 13:58Chur出発。 Churは標高600m。どんどん上っていく。雨はあがったがどんよりしている。 景色はまあまあ。川は大雨の影響で洪水のようだ。 右側に座り、車窓を撮影。Good。 峠越えたら晴れた。

Rhb路線図
テーブルにある路線図

Rhb FirstClass
1等車内の様子。

ランドヴァッサー橋
Rhb鉄道の名所の一つランドヴァッサー橋

20050823e5.jpg
スイスイメージらしい風景

サンモリッツ駅15:58 St.Moritz(サンモリッツ)到着。標高は1775m。さすがに高地。涼しい。 ホテルへ移動。高級リゾート地だそうで、ブランド店が多い。エスカレータで坂を上る。 さらに坂を歩き、ホテル到着。 入るなり先方から「Mr.Kitano(仮名)?」と質問される。 なぜわかったのだろう?びっくりである。 大変フレンドリーな若い女性によるレセプションだった。Very good。洪水のことを心配してもくれた。 わしがミュンヘンから来たというとなおさら心配してくれたようだ。 ひとまず部屋へ。 身軽になって散歩。 

博物館を紹介されたが、17:00閉館。 湖きれい。徐々に青空が広がる。

 お決まりのスーパー探し。coop発見!案外安い。 evian 500ml 0.90CHF。Bier 500mlは0.75CHF〜。330ml*6本パックは6.90CHF。水1.5LPet0.95CHF。ビン、缶に保証金制度はない。 18:00部屋戻る。外は14度。湿度30%。 洗濯して夕食へ。 しかし1人で気軽に入れそうな店なし。 駅へ行ってみる。IMBISSあったがちょうど店じまい中。KIOSKの価格は激烈に高い!evian0.5L 3.40CHF。ぼったくりか?

Feldschl醇rsschen mit Bifi
 結局食べ物にありつけず、部屋に戻る。 フランクフルトで買ってあったBIFIcoopで買ったビールで夕食とする。質素だが満足。

HAUSER@St.Moritz 今日の宿:HAUSER(ハウザー)。楽天トラベルで手配。朝食付き7600円。レストラン、パティシエ併設。ガイドブックにも載っている。シングルルーム、バスタブ付きがありがたい。 CNN等が映る。イタリア語のプログラムも多い。日本語のパンフレット、ご案内もある。レストランには日本語メニューあり。冷蔵庫はなし。ロビーに無料で使えるPCあり。ネットに接続できる。GMAILでメールチェックをした。日本語は表示されるが、入力する手段はなく、送信は断念した。


この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:31 | トラックバック

2005年08月22日

スイス遠征(3)〜ウイーン・ミュンヘン

5:30起床。腹減っていないので朝食パス(機内食も出るだろうし)。7:00チェックアウト。空港へのシャトルバスの待ち人多数。一度に乗れるか心配したが、大型バスが来て全員乗れた。

7:30フランクフルト空港(FRA)着。チェックインしようとしたが、Yは長蛇の列。スターアライアンスゴールドの特典を活用し、ビジネスクラスカウンタでチェックイン。しかし、カウンタが1列方式ではなかったので、不幸にも時間がかかった。7:50搭乗券受け取る。

セキュリティゲートも長蛇の列。 しかしよく見ると、Y用の列と、F/C用の列とで分かれていた。

F/C列は、スターアライアンスゴールドメンバでも並べる事が明記されていたので、安心して、F/C列に並ぶ。搭乗券のNH*Gの部分を指し示してチェックも無事通過。それでも5分待ち。 A34というゲートは遠い遠い。。。 搭乗券に記載の搭乗時刻8:00には間に合わず。 なのでセネターラウンジも素通り。

ルフトハンザ機内食8:05 A34ゲート到着。しかしまだ搭乗は始まっていなかった。 8:15開始。 LH3530便。ウイーン(Vienna:VIE)行き。機材はB737-300。全部Yだろうか。席は皆同じだ。サービスが違うのだろうか? でも優先搭乗はなかったが。 席は23D。最後列だ。どうも満席っぽい。 機内食は甘いパン。 飲み物はビール。無料である。 低気圧の影響で結構揺れた。


BILLA@VIE 10:15ウイーン到着。後部ハッチも開いた。 バスでターミナルへ。空港内のスーパー(BELLA)で買い物して、 OBB(オーストリア国鉄)のSバーンでウイーン中心部へ向かう。

ここからユーレイルパスが使えるが、まだバリデートしてもらっていないので、事実上使えない。残念ながら窓口が見つからず、また次の列車の発車まで10分足らずな事と、列車の間隔が30分なことを鑑み、Time is money.ということで、3.00EUR出して、ウイーン中央駅(Wien Mitte)までの乗車券を買い、乗車。

列車はDBに似ている。 11:09ウイーン空港発。 のどかな風景を経て、11:35 Wien Mitte駅へ。

Wien 窓口でユーレールセレクトパスのバリデート(Validation)を受ける(無料)。 今日は列車でミュンヘンへ移動する。次の列車の13:30まで少々時間があるので、ウイーンの町を散歩。

U-Bahn@WienUバーン(地下鉄)3号線でStephansplazへ。王宮周辺観光。雨は上がっている。たまに日が差す。ミヒャエル門から、ブルク門へ抜ける。 Volkssthentor駅から再びU3でウイーン西駅(Wien west)へ。

ザルツブルク方面のECは未入線。パン(ピザのようなパン 1.99EUR)を買っているといつしか入線していた。 1等はなぜか1/2両しかない。すでにいい席は予約済み。ならばと多数ある2等車へ。すいている。 BOX席占有。2等でも十分広い。

ピザパン mit Bier13:30出発。早速ピザパンを食う。飲み物はBEVIEOD 500ml(0.39EUR)。冷えていなかったがうまい。


Salzburg Hbfオーストリアを半分横断して16:27 ドイツ国境に近いSalzburg(ザルツブルク)着。観光する暇もなく、ICに乗り換え。DB(ドイツ国鉄)の車両。1等ガラガラ。 出発してすぐドイツ入国。EUなので特に審査はなし。 外は雨。デジカメLUMIXの電池が減ってきた。壁にあるコンセントで充電。便利である。 なぜか徐々に頭痛。。。

SchneiderWeisseの店1SchneiderWeisseの店2

 18:36ミュンヘン中央駅(HauptBahnHof: HBF)到着。 雨である。 ホテル直行。チェックイン。 身軽になって散歩へ。雨あがる。 SバーンでいつものMarienplazへ。 また雨。まだ明るいので旧市庁舎撮影。 気になっていたシュナイダーヴァイス(SchneiderWeisse)の店へ。混んでいたので入店せず。雨あがる。 

SchneiderWeisseのメニューシュナイダーヴァイスの店のメニュー。都合によりこの写真だけやたら大きくしている。


いつもの鞄屋訪問。繁盛している。団体客多い。PINSが気になったが、結局買わず。

Mcdonald's@Munich 徒歩で中央駅(HauptBahnHof=HBF)目指すが、道を間違い、Sendlingertor駅へ出てしまう。UバーンでHBFへ。構内の店でホットドッグ(2.95EUR)を食う。うまい。

今日の宴会 シュナイダーヴァイスがほしかったが、ないので我慢。昨日ウイーンで買ったレーベンブロイにしておく。 駅でプレッツェル(0.50EUR)購入。 部屋で一人宴会。22:30就寝。

今日の宿: Hotel Luitpold。HRS.deで手配。朝食付き60EUR。狭いシングルベッド*2。シャワーオンリー。ミニバー/冷蔵庫なし。CNNorBBC映らず。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:58 | トラックバック

2005年08月13日

ツインリングもてぎ遠征

mac_ichi氏(仮名)らが参戦するバイクレースに参加。 9:00北浦和駅でホワイト隊員(仮名)らと合流。車でツインリンクもてぎを目指すものの、今日はお盆と土曜が重なり、東北道の渋滞100kmをはじめ、常磐道も大渋滞。 国道16、4を通ったが激しく混んでいたので県道、国道125号などで迂回。 13:00には現着。
雨の予報だったが、夏らしい晴天。

ツインリンクもてぎにてわしらはピットクルー(といってもメカ知識ゼロだが)で、サインマンが主な仕事。ラップタイムを計測し、 ライダーに掲示する。 15:00スタート。 ときおり小雨に降られたもののたいしたことはなかった。 100分間のレースで、途中マシントラブルにより一時中断。給油機構が不調になったようだ。 修正してレース復帰。 リタイヤとはならなかったようだ。

このトラブルが響き、トップから遅れること23周の25位と惨敗。 しかし完走したうえ、ライダーに怪我もなかったのでなによりだ。

17:50撤収。 国道4号の上り線はすいており、順調に走り19:40幸手の極楽湯到着。 天然温泉を堪能し、夕食(唐揚定食)をとる。飲み物はキリン一番搾り。ウマー。

21:40散会。 時間が読めないので、無難にわしのみ幸手駅から22:00発の東武線準急で帰宅。 浅草乗り換えの予定だったが、Yahoo!乗り換え案内によると20分早く帰宅でき、運賃も大差ないので、北千住、日暮里、東京、横浜経由で0:00帰宅。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:24 | トラックバック

2005年08月09日

ユーレイルセレクトパス購入

出陣。引き続き、描画エンジンのブラッシュアップに挑戦。 gdライブラリのgdImageFilledPolygon関数のコストが大きいことに着目し、ポリゴン(多角形)の内部を高速に塗り潰すアルゴリズムを考える。 なかなか斬新なアイデアが浮かばない。 Yソート方式という、ポリゴンを線分に分解した上で、Y座標を昇順または降順にソートし、Y軸の上からスキャンして、交点を求めるのに必要な線分だけを対象に交差判定する、といったものがあった。 100%ではないが実装してみたところ、ソートのコストも無視できないようで、あまり速くはならなかった(変わらず)。ただ、座標数が多いときなどには効果がありそうなので、この関数は残しておく。

結果的に今日は昨日までの水準と変わらなかった。

スイス遠征のユーレイルセレクトパス(3国(スイス、オーストリア、ドイツ):1等:5日間用:39000円)を近ツー関連会社の旅まあとにオーダ。 先日NECツーリストに見積依頼したが、高額(42200円)なのと、払い戻し手数料が50%(通常15%)と決められていることがあり、手配会社を変更した次第。web上でクレジットカードによる決済ができるのもアドバンテージだった。N社は電話かFAXする必要がある。

ヨーロッパ2日目の宿泊地が未定だったが、ドイツにも気軽に立ち寄ることができることもあって、ミュンヘンにする予定だ。ウルム(Ulm)も考えたが、遅くに到着することと、翌日のサンモリッツまでの移動時間がミュンヘンのそれと大差ないことで今回はウルムはとりやめた。

DB(ドイツ国鉄)およびOBB(オーストリア国鉄)のサイトで時刻表を印刷。

ホテル選びはHRS,appleworld,skygate,bookings,楽天で探したが、選択肢が多く、悩む。

今日は手作り餃子を夕食に食った。飲み物は5月にフランスで購入したBecker's Pils。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:57 | トラックバック

2005年08月06日

日帰り大阪

今日だけ日帰り大阪。 9:16羽田。 signetでモルツ ザプレミアム。

10:00搭乗。NH19便。 機材チェック遅れのため20分遅延。 機材はB44(B747-400)。 席は2階(アッパー)の76K。 上空ガス多く、陸地には入道雲多数。 11:20伊丹着。 モノレール、阪急と乗り継いで12:00淡路駅。

貨物列車ここでユキちゃん、ご主人(いずれも仮名)と合流。 蒸し暑い。 赤川鉄橋(貨物線と歩道共存)へ。 しばし談議のあと、13:10頃貨物列車(DD51とコンテナ)が通過。 淀川にかかるこの木橋を渡ったころ夕立発生。 一時的に雨宿りするが事なきを得る。

キャベツ焼き バスで大阪駅へ。 JR環状線で天満駅へ。駅前のキャベツ焼(100円)を賞味。100円のわりにはうまい。席はなく、店の前で立ち食い。 天神橋商店街を闊歩。夕立はなお続く。雷鳴幾千回。 ドトールでコーヒーブレイク。 15:00出店。 JR東西線でユキちゃんとお別れ。

 ご主人と15:17発の片町線(学研都市線)快速(207系)で木津へ。 ビールを買い込んで木津16:15発のみやこ路快速(221系)で宴会がてら京都へ。

スーパーはくと京都でご主人と解散。 新快速で大阪へ移動するつもりだったが、新快速の10分後に特急スーパーはくとが続くことを知り、奮発して乗車。17:12京都出発。新大阪までの特急料金は630円。 2号車だったが、車両前方に前景モニタがあり、間接的にかぶりつきができる。 特急は思いのほかスピードは上げなかったのがちょっと残念。

17:36新大阪 トイレ休憩後、17:54新大阪をリムジンバス(490円)で18:28伊丹空港へ。 551を購入してsignetで小休止。 19:00出発。 NH38便。 機材はB777-300(3-4-3配置)。席は10K(10HJ空き)。

なぜか頭痛。 大阪南部に雷雲あり。 平穏に飛行を続けた後、房総半島から花火が散見されるようになる。鴨川付近、木更津付近、千葉港、市川付近、江戸川周辺などで花火を確認。 中でも壮観だったのは市川付近の花火。 4列、5列の放火ショー。 大変美しい。音が聞こえないのが残念である。

20:10羽田到着。 20:20発の急行で、品川、渋谷へ。妻が訪問中の目黒区のT氏宅へ直行。旅談議などが盛り上がった。

宴たけなわではあったが、23:00散会。 終電で帰宅。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:41 | トラックバック

2005年08月04日

サキュレータの嵐

今日も出陣。 パフォーマンス向上に努力する。 gdライブラリを中心にチューニング。 ポリゴンの内面を塗り潰すアルゴリズムが足を引っ張っていそうだ。

出陣先の会社が最近冷房の効きが悪くなっている。気候自体が暑いせいもあるが、空調からの風も弱い。 吹いているのかわからないほど。 サーバなどの熱源が増えたことも一因か。 設定温度は19度にしているが、わしを含め寒さを感じたことはない。 しかも夜になると空調が止まってしまい、暑くなってくる。 ここ3日間ほどは、20時以降は熱帯夜のような 温度、湿度で生産性が大幅に低下していた。 苦情が多かったのか、今日サキュレータが4台導入された。これで熱帯夜から解放されるかと期待したが、今日も20時以降は昨日までとほとんど変わらなかった。 改善されることを期待したい。


スイス遠征用に、ユーレイルセレクトパス(3国用)をNECツーリストに見積もり。1等5日間用で42200円。送料が別途500円。カード決済ができるところを選んだ。

帰りに最寄りのスーパーでだだちゃ豆発見。398円/250gだったので即購入。 早速鶴岡の味を堪能した。 飲み物はモルツ。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:26 | トラックバック

2005年05月15日

GOSHOW

7:40起床。 チェックアウトして釧路駅8:40発のスーパーおおぞら4号に乗車。 曇りで気温は4度。寒い。 途中雨。

スーパーおおぞら4号@釧路駅
このスーパーおおぞら4号は、スーパーおおぞらの中でも最速の列車を誇る。
キハ283 10両編成の9号車(禁煙自由席)。自由席は50%ほどの乗車率。 10:05再び帯広。

長崎屋に買い出し。ここは生鮮食品売り場は何度もきているが、他のフロアは初めてである。 思ったより広い。ゲーセンもある。
土産を購入し、帯広駅前11:30発の空港行きバス(1000円)に乗る。 12:08とかち帯広空港着。

2005051502.jpg
最終便(20時台発)の予約(バーゲンフェア)を持っていたが、JL1154便へGOSHOW。無事OK。長崎屋@帯広で買った寿司を 帯広空港待合所で食う。 機材はA300-600R。席はクラスJの85F。14:35羽田着。 14:53発の京急で帰宅。

帰宅すると、デジカメ一眼レフが到着していた。部屋で試写。一眼レフらしい奥行きのある写真が撮れた。Good。
フランス遠征のレンタカーもalamoで手配できた。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:35 | トラックバック

2005年02月28日

さくら終焉/ANA里帰り便

出陣。出陣途上に、今日で廃止となる寝台特急さくら(はやぶさと併結)を横浜駅付近にて撮影。さくらは横浜駅を出たが、その数分後に出発したわしの乗る京急の快特が生麦付近で捕捉。サクッと追い抜いた。車内を見る限り、鉄人(鉄道マニア)ばかりである。
さくら/はやぶさ

 点→面変換処理に不具合。doubleとintを計算処理で混在していて適切にキャストしていなかったことが原因。

上位ライブラリのレビューを行う。しばらくかかりそうである。

HISフランクフルトでGWのFRA_NRTの里帰り便の予約依頼。予約クラスはHで、アップグレードも可能のようだ。 3ヶ月FIXOPENで1095EUR++。

4月のバーゲンフェアをチケットレスで発券。

通帳記入のため昼UFJ銀行へ行ったが、月末ということもあり、ATMには長蛇の列。それではと窓口へ。個人客を優先しているらしく。45分待ちだったが、3分待ちで済んだ。

iPodShuffleは軽くて小さくてGood。ストラップを使って首から下げている。

帰宅後確定申告書類準備。毎夜遅くまで数字と格闘である。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 23:55 | トラックバック

2005年01月22日

シドニー遠征〜(2)一夜限りのシドニー

6:30起床。ぼぉっとする。8:20SYD到着。 入国待ち多数。大行列である。100mはあるだろうか。今週末は何かあるのだろうか?
9:00ようやく入国。 お土産にせんべいを持参したので、検疫、税関にまた並ぶ。韓国から来たというとちょっと待てと。混雑していることもあるのだろうか。

いろいろ聞かれたがフレンドリーな対応で事なきを得た。 9:50ようやく自由の身になった。 電車でcentralへ。 ロッカー(4AUD)に荷物を預け、サキュラーキーへ。

サキュラキーでしばしぼぉっとして 薄曇り ロックスをぶらぶら。マーケット開催中だった。にぎやかだ。


ハーバーブリッジからみたオペラハウス・サキュラーキー
ハーバブリッジを徒歩で横断 電車では西側を通るためオペラハウスなどがあまり見えなかったが、歩道は最も東寄りにあり、ばっちり見えた。Good。

 12:10Milson's pointに渡り、某オフィスを訪問。通常土曜は休みだが、幸か不幸か休日出勤とのことで、めでたくあうことができた。 昼食をLavenderBlueで一緒に取り、いつものバーで〆の一杯(VB)をいただいて17:20解散。 電車でCentralへ戻り、荷物を引き取って徒歩5分の宿へチェックイン。

今日の宿:RG Hotel on capitol squire Hotelclub.net で手配。OBのようでダウングレード(シャワーのみの部屋)させられたが、小さいながらもバスタブがあり、問題はなかった。
ただ、CNNなどが見られない(TVは5チャンネルのみ)など、ちょっと外れだった。ロケーションは悪くないのだが。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2004年12月30日

ドイツ遠征(3)〜DBのICEでミュンヘン

時差の関係でやはり5時とかに起きてしまう。 津波の話題でもちきりのCNNを見てから、朝食を適当にとり、8:20チェックアウト。 今日はICEでミュンヘンに移動である。

8:50発のICEでまずはマンヘイムへ。 今回のチケットはDBの突然割引とも言えるSURF&RAILである。フランクフルト-ミュンヘン 2等往復でわずか50EUR(通常147EUR)と格安。 2等でも空席は多数で余裕で進行方向左窓側席GET。 9:28マンヘイム着。次のICEは9:31発だが、まだ入腺していない。 それどころか60分遅れと案内されている。うーむ。とりあえず駅案内所でチケットを見せて後続の列車に乗れるか尋ねてみたところ、遅延証明印とともにOK回答を得た。 次のミュンヘン方面への列車はオーストリアへのECだが、とても混雑しているため、見送りした。 次は10:31発のICEだ。結局1時間後のICEである。この時点でも当初乗車予定のICEはまだマンヘイムには来ていない。運休だろうか。 このICEでも無事席をGETできた。 間合いにマンヘイムのキオスクで買ったビール(レーベンブルイ)を車内で味わう。 13:30ミュンヘン中央駅到着。 この時期には珍しく晴れている。

ひとまず宿へチェックイン。 いつもの通り、マリエン広場へ出掛ける。 クリスマス後のセールを行っている店が多い。人通りも多い。賑やかである。 ここでもKAUFHOFに入り、いろいろ見て回る。 十分歩き回って外へ出たころには日が落ちていた。 ライトアップされた市庁舎を撮影。 Sバーンで宿に戻る。 駅前のHITSというスーパーで夕食やお土産を手配。ここは安くて品物も充実。次回も利用したい。近隣にPENNYというこれまた安いスーパーもある。

今日の宿: ヒルトンミュンヘンシティ hilton.comで手配。 2004年5月にも滞在している。最も安い部屋を89EURでWEBで決済。 HILTON GOLD VIPカードの威力で前回同様デラックスルームにアップグレードしてくれたほか、朝食が無料提供された。 今回もおいしいサービスを享受できた。感謝します。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2004年12月04日

極楽湯

散歩がてらスーパーと本屋へ。 ASAHIパソコンにVPNの記事があったので390円出して購入。しかしよく読むとWindowsマシンをサーバにして運用する方法だけが載っていた。 わしはLinuxサーバで運用したかったのにー。 まあよく調べると、SoftEtherをいうアプリはLinuxにも(完全ではないが)移植されているようなのでalpsサーバにインストールしてみる。しかし、openSSLが必要とのことでそれを先にインストール。しかし時間切れで後日にする。

夕方からお出掛け。明日のツインリングもてぎでのレース参戦のために今から出陣である。京急、都営地下鉄で浅草へ。 東武に乗り換えて幸手へ行くが、集合時刻に遅れそうなので、急行しもつけ(300円)でおいかけ。4両編成で旧急行りょうもう(現在は特急)の車両。 春日部で降りて19:20幸手へ。 徒歩7分の天然温泉極楽湯でI氏らと合流。入浴後、宴会。3時までの営業を利用して仮眠。 しかし普段夜更かししているせいか、なかなか寝付けず。 2時から再入浴。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2004年11月07日

関西遠征〜おきまりのパターン

ゆっくり起きて10:00チェックアウト。案の定二日酔いである。参ったな。

今日は15:00伊丹発のJAL便で帰る以外は何も決めていない。 ひとまず四条通りを歩く。宿のとなりの大丸で大北海道市を開催していたので覗いてみる。 朝食をかねてソフトクリームを堪能。 小樽の寿司屋横丁などが出店していたが、さほど腹は減っていないので見送り。

錦通りを歩いて四条大橋まで行く。紅葉はまだのようだ。徐々に二日酔いと思われる頭痛が増してきた。参ったな。ぼちぼちと阪急で帰投。河原町11:18発の特急で十三へ。阪急の特急は以前より停車駅が増えていた。京阪間が44分もかかっている。せっかくの標準軌なのだから狭軌のJRよりがんばってもらいたいものである。

十三からは神戸線で西宮北口へ。 今津線に乗り換えるが、551蓬莱を見付けたのでついつい購入。ホームで昼食。うまいが2個は多いか。 12:47西宮北口発。 宝塚で快速急行接続。13:30蛍池駅。 コープで買い物(クレジットカード使用可 ただしサイン要)して、昨日と同じ道を歩いて14:05伊丹空港着。 チェックインして新サクララウンジでぼぉっとするものの、依然二日酔いは続く。

さすがに生ビール(モルツ、スーパードライ)はご遠慮してカフェラテをいただく。 1516便はオーバーブッキングのようで、フレックス(次便に振替るかわりにマイルor現金プレゼント)を募っていた。 わしも応募してもよかったが不調のため見送り。結局調整がついた(NOSHOW多数?)ため、誰一人として積み残しは出なかった。 15:05 出発。 JL1516便 機材はB777-200(旧JASレインボー機)。席はクラスJの83G。旧レインボーシートである。 今日も特割1(11300円)にクーポンを使用してのアップグレード。

 二日酔いのため、降機まで不調。 個人用テレビ(ゲームつき)がついていたがほとんど操作せず。参ったな。 羽田混雑と着陸方向変更(34->16)のため、到着は20分ほど遅れた。 16:48発の京急快特で帰宅。
飲みすぎには気を付けなくてはいけない、とは飲んだ後に気付くものである。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2004年10月13日

パスネットトランプ

続けて出陣。 新規能のサブルーチンの実装。思いのほかアイデアがうかび、順調だった。

帰りに品川駅で、去る9日からパスネット各社局で発売されている限定トランプをGET。ここ数日探していたが人気なのかGETすることができなかったのだ。

口内炎はよくも悪くも進展なし。早く治ってほしいものだ。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2004年10月09日

台風で京急不通

台風が接近中。午後まであまり風雨は強くなく、本当に接近しているのか疑問だったが、日没頃から強烈な風雨となった。東海道新幹線が早々に抑止したほか、首都圏の主な路線が抑止となった。

なんと京急も日ノ出町駅付近(横浜市長官舎)の土砂崩れで一時は全線不通になったが、やがて開通した。しかし横浜〜上大岡は依然不通である。しかし明日始発には間に合うとのことだ。 通信インフラがやられたのか、京急のサイトへはなかなかつながらなかった。

 今日はおでかけしなくて正解だったようだ。 台風の影響かvodafoneもダウン。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2004年08月28日

愚かなボウリング場

定例ボウリング大会@綱島 今回はかなり善戦したが、GG氏のほうが上手で2位となった。 ここのラウンドワンは数か月にも開催地だったが、待ち時間が長くて新横浜へエスケープした因縁の場所である。
今日も40分待ちといわれたが、1時間待った。 マイボーラーが多いので回転がよくないのと、14:00までは1G420円というのが災いした感じである。 劣悪なのは分煙をあまり考えていないことだ。禁煙レーンはあるがすぐうしろに灰皿があり、あまり意味がない。 管轄署にちくれば、健康増進法に引っ掛かるのではないだろうか。改善を期待したいが個人的には二度と行かないボウリング場だろう。馬鹿な客は思いの外多くはないのである。

Y500系に初乗車して横浜駅で下車。相鉄口の変わり様に驚きつつシャルで総菜を買う。閉店が近いのか、タイムサービスでおとくだった。 ついでにツェラーカッツ(Zeller Katz)のスパークリングワインを購入。東急ストアはカードが使えて至極便利。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2004年08月15日

プチ夏休み(3)〜白鳥+かもしか+こまち

9:00起床、9:50チェックアウト。今日は早くも帰る日である。 ブランチでラッキーピエロ函館駅前店に行く。オーダを取ってからつくりはじめるので時間はかかるができたてアツアツの味が楽しめる。 今日はラッキーチーズバーガーを所望。 おいしい。

棒二で買い物して11:30函館発の白鳥20で帰宅開始。 5号車 雨が降ったり晴れたりと変わりやすい天気であった。吉岡海底駅に停車し、見学者を降ろす。 12:50青函トンネルを出る。青森側も曇っている。

13:36青森 大雨である。乗降時ですら濡れてしまう。 13:46発のかもしか4号に乗り換え。 今日は青森滞在時間はわずか10分。 特急かもしか4号は485系3両。 一応グリーン席が12あるが必要か? 今回は指定が東能代までしか取れなかったので自由席狙い。首尾よく席が確保できた。 禁煙の自由席は1号車(半室グリーン)の4〜14列の44席のみ。対して喫煙自由席は2号車全部。 3号車は禁煙指定席である。 設備は時代遅れであまり特急とは思えない。 グリーン席はなおさらである。 雨が降ったり晴れたり不安定な天気である。

16:24秋田着。 ここで1時間のトランジット。秋田新幹線開業後初めてきた。 駅前はかなり近代的になっていてびっくり。 思い立って稲庭うどんをイトーヨーカ堂で買う。構内に大館駅の鷄めしがあったのでそれも購入。 17:28こまち282号で秋田を去る。 盛岡ではやて282と併結。 車内で駅弁と、同じく秋田で買ったビール(銀河高原ビール)をいただく。盛岡から大宮の手前まで惰眠。 大宮駅に5分遅れて到着。 昼間に車両故障があったそうで、大宮ー東京間に15本の列車が滞留しているという。東京には40分遅れるそうなので、大宮で降りて、東北線で上野へ移動し、山手線、京急で帰宅。 久々の鉄道の旅だったが、お互い充実した感想を持ったのでよしとしよう。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2004年08月13日

プチ夏休み(1)〜鉄路函館へ

今日から、というより今日だけ夏休み。寸暇を利用して2泊3日で函館へ行くことにした。 飛行機の安いチケットが手に入らなかったことと、JRが安いことと新型特急に乗ってみたくなったので列車で行くことにした。

5:00出発。始発に乗って5:52東京。6:00はやて91号出発。 2号車 途中ほとんど寝る。はやてはさすがに速く、3時間で八戸着。 八戸で1時間の待ち合わせ(すぐ乗り継ぐ列車もあったが散歩したかったので)。1局旅行貯金して10:16発のスーパー白鳥1号で青森へ向かう。 JR北海道の新型車両789系8連。 4号車 満席。 車両は新しいが結構揺れた。 11:14青森着。 ここで4時間滞在。京都のご主人(仮名)推薦のまるかいラーメンへ行ったが、15日まで床張り替えとのことでラーメンにありつけなかった。

アスパムに初めて行ってみる。 14Fに回転展望レストランがあるというので、ラーメンのかわりに行ってみる。 展望は確かに楽しめておすすめできるが、ランチの方は値段(1600-2400円)の割には今市だった。

青森駅周辺で旅行貯金を3局こなして15:22発の白鳥11号で函館へ。

青函トンネルをくぐって北海道に出ると雨だった。17:32函館に着いても雨。 ひとまずチェックイン。 この天気では夜景は望み薄のため、明日に延期。 夕食だけとるべく外出。函館へ来たら塩ラーメン!ということでメジャーな龍園へ行ってみる。塩ラーメンと餃子を食べたが、ラーメンはただ塩味がするだけでスープのうまみは感じられなかった。餃子(670円)は味はともかく、高すぎる。

ローソンでサッポロクラシックを買い、部屋で宴会。

今日の宿:東横イン函館朝市 DBL,TW は空いていなかったのでシングルの2人利用なり。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2004年06月13日

根室遠征(2)〜廃線跡探訪

8:40出発。今日はわしメインで廃線跡めぐりだったが、天気がよさげなので、中ちゃんの希望でその前に歯舞を再訪。やはり日光があたると見栄えがよろしい。 最後の満開の桜を楽しんだ。 ノサップへ行こうとも思ったが、霧笛が聞こえることから、断念した。

まずは厚床駅へ。ここは標津線の分岐駅だったところだ。今は単なる根室本線の無人駅に成り下がっている。 かつてはほたて弁当が飛ぶように売れたそうだ。往時を偲ぶものは無駄に多いホームくらいである。

ここから旧標津線をトレース。厚床から、歩く廃線事典の中ちゃんが運転し、あちこち探訪した。 なるほどあちこち残っているものだ。 奥行臼駅は駅舎がそのまま残されていた。別海町の文化財になっているそうだ。 よい雰囲気だった。 もうひとつ感銘したのは西春別駅だ。 駅があった場所は鉄道資料館が建てられ、往時の資料がたくさん展示されている。 屋外にはD51 27や車掌車、それにキハ22が静態保存されていた。 ちょうど快晴で、空とキハの朱色と芝生の緑がきれいだった。

わしの目的は中ちゃんの人徳もあり、無事達成できた。感謝します。 偶然見付けた西春別温泉を取材し、気持ち良い夏の北海道をドライブしながら寄り道しつつ 1830釧路空港へ戻る。 昨日来たばかりだがもう帰らないといけない。 後ろ髪をひかれつつ夕焼けの釧路を飛び立った。 JL1148便 機材はA300-600R.席は普通席の5GH。 わしは通路側だったが中ちゃんから窓側を譲っていただき、席を交替した。 飲み物サービスでは中ちゃんに「北野様いつもご搭乗ありがとうございます〜」とご挨拶していた。交替していたことは通知していなかったので当然かも。中ちゃんは驚いていらっしゃた。 最近は国内線ではご挨拶されない、という噂を聞いていたが、便によってはそうでもなさそうだ。

21:30羽田着。 短い旅だったが、それなりに充実したものだった。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2004年05月04日

GWドイツ遠征(6)〜ソウルで見つけた木製綿棒

2:30頃(ソウル時刻9:30)起床。 食事の支度が始まったようだ。 のどかわく。軽い頭痛。のみすぎか。。。12:20 仁川(ICN)到着。 メールを送っておく(W100)。 バスでGMPへ。 Eマートのロッカー(無料)に荷物預け、地下鉄で○花へ、 14:00到着。団地街で店が多い。木軸の綿棒を購入。地下鉄きっぷを買う。SFカードかと思ったら磁気券だった。なくしそうである。 14:50 Eマートで買い物。お菓子を中心にいろいろ購入。

 15:40GMPからバスで仁川へ。16:20着。搭乗券はすでにあるのでそのまま出国、OZラウンジへ。やっとメール受信して送信。カード利用額情報を照会。PCを買ったのと、引き落とし日のタイミングで限度額をオーバーしていたようだ。妻も使えなかったという。

ごく軽く食って17:50 16番ゲートへ。 しばらくして搭乗開始。CY同時のようである。 まあいいか。OZ106便成田行き。機材はB63。席はCクラスの3G。 18:20出発。18:37離陸。 食事は洋食をチョイス(ツナステーキ)。キムチはないようだ。 飲み物は白ワイン。 20:30成田着。 雨である。23.7度で蒸し暑い。 入国は意外と2人待ち。 荷物は少し傷が付いていてショック。

21:15のバス(満席)で、23:10帰宅。

今日のお土産:DB、韓国菓子、スープ、ブイヨン、韓国綿棒、メークセット他

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2004年05月03日

GWドイツ遠征(5)〜RIMOWA 再び&Uターン

やはり3:00や4:00に起きてしまう。 6:30起床。 ポチポチとメール整理。今日の計画を立てる。外は快晴だ。せっかくなので買い物へ行こうと決意。12:00前にチェックストするとして、 MarienPlatzに10:00すぎに行き、11:30に宿に戻ることにした。

朝食は種類が実に豊富。白ソーセージあり。どれもおいしい。通常は22EURという。

SバーンでMarienPlatzへ。快晴。Henklesと鞄屋へ行く。鞄屋はわしを覚えていた、 今日はRIMOWAのアタッシュケース(EUR215)を購入。しかしJALカードが承認されず。あれれ限度額オーバーだろうか。 予備のカードを使って事なきを得たが気になる。 11:20部屋戻る。支度してチェックアウトするが、フロントがなぜか大混雑で、部屋に戻ってTVからQuickCheckOutして外に出る。 12:05ミュンヘンHbf。DBラウンジ入場。特割チケットでも入れた。1等ならパス以外なら入れるようだ。 インターネット接続は有料のようだった。時間切れで断念。

 Kioskで生ビールを買い、ICE1等車内で飲む。 指定を取っていたが先客あり。あれれ? 12号車だが表記はなぜか2等。しかし椅子は1等。どうなっているのだろうか。別の車両に空席を見つけたので事なきを得たものの、しっくりこない。 12:34出発。早速検札来た。カードを要求された。まあこれは想定範囲内なので問題なし。

 ビールで一人宴会。 途中何度か急停車。ドイツ語だけで状況を説明しているのでよくわからない。 やがて再出発。Ulmには12分遅れて14:02着。 フランクフルトHbfには12分遅れて16:20着。 きっぷはここまでなので空港までのきっぷ(EUR3.25)を買い直す。16番線のRE乗車。キハだ。16:37空港着。 スーパーで土産購入。

 パッキングしてアタッシュケースをチェックイン。 再度スーパーで買い物。 以後LHビジネスラウンジで過ごす。いつもと違って静かである。 LANケーブルが転がっていたので試してみたがOFFLINEのようだ。使えない。

 18:30 B48ゲートへ。ちょうどFC優先搭乗だったので搭乗。 OZ542便 機材はB44Combi。席はアッパーCクラス10B(10A空)。クルーが往路と同じだった! たはは。。。 19:15出発。 夕食は鳥を選択。結構量多い。飲み物はシャンパン、白ワイン、BECKS 22:00頃就寝。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2004年05月02日

GWドイツ遠征(4)〜Hilton GoldVIP Power

4:00起床。昨日昼寝のつもりが朝までぐっすり寝てしまったようだ。 6:30朝食。昨日夕食をとっていないので空腹だったのだ。 アンケートを実施していた。 朝食の質は前回同様比較的高い。 日本人4人。
7:30チェックアウト。 今日は昨日調べたバイエルンチケット(15EUR)であてのない鉄道の旅。 時刻表で直近出発の列車を探す。 8:09発のGarmisch-Partenkirchen行きREがちょうどよさそう。 2等席も十分空席あり。客レである。

雲は多いが明るい。時々雪をかぶった山々が見える。のどかな風景だ。 9:31Garmisch-Partenkirchen着。ここから出発する登山鉄道を見物。ちょうど10:15発の列車が入線。 アプト式で2600mまで登るという。 山頂は雲の中であるのと、軽装のため、今回はパス。駅周辺で桜発見。 クアハウス取材。 10:30駅戻る。 11:06発まで列車がない。ホームでしばしぼぉっとしてしまう。 11:06 12連mitt〜行き。勾配続く。 11:25Mitt〜着。帰りの時刻を確認し、散歩。 のみの市があるようだ。数十軒あり。服や日用品が多い。チーズやワイン、おもちゃもある。 結局何も買わず。 12:36Mitt〜発Munich行きに乗車。Garmisch-Partenkirchenをすぎて、思うところがありまして13:47Weilheim下車。 Geltendorfへ向かう。乗り継ぎよく14:02AugsBurg行き来た。キハ2連。動力車は1両のようだ。

湖沿いに走る。タンポポ多し。 14:35Geltendorf着。 次は15:01 駅前のimbissだけが開いていたのでソーセージをかってホームで食べる。imbissではドイツ語しか通じず、それでもなんとかBierともにGETできた。 15:01RE乗車。 すいている15:30ミュンヘン帰着。

ロッカーから荷物を取り出し(EUR3を使ったが別の場所にEUR1.50の小型のがあった)、S8でRothen〜へ。途中のMarienPlatzでなぜか降ろされてしまう。せっかくだから改札外へでてみると、Email送信端末があったので無事の連絡を妻に送っておく(EUR0.30)。 16:15MarienPlatz出発。16:20Rosen〜 Hiltonは駅近くと下調べしておいたが、駅の上だった。 即チェックイン。 JALのオファーでもらったGoldVIPカードを出す。デラックスルームにアップグレードしてくれた。朝食もつくという。部屋広い。立派な仕事机もあり。ベッドも広い。水が2本と、フルーツがついていた。おそらく無料だろう。文字通りデラックスである。 夕食は軽くBiFi等ですます。 22:00就寝。

今日の宿:Hilton Munich City hilton.co.jp で最安を予約(EUR89)。GoldVIPカード万歳!

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2004年03月01日

ドイツ遠征(3)〜早くも帰国の途へ

2004030200.jpg 7:30起床。朝食は思いのほか充実していた。ソーセージは4種類。ボイルソーセージ(フランクフルター)もあった。パンの種類も豊富。 ついつい食べすぎてしまう。

Kassel HauptBahnHof9:15チェックアウト。今日は早くも夕方の便で帰国する日である。昨夜カッセルの街を予習したが、グリム兄弟の街ということはわかったが、特に散歩するほどでもないと勝手に判断。 別の街へいくことにした。

さてどこへ行こうかとトーマスクックで検討したところ、ヴュルツブルクが目に止まった。Kasselからは1時間おきくらいに出ているらしい。ちょうど今からKaselHbf.を出ればいい具合に乗り継げそうである。ヴェルツブルクといえばロマンティック街道の始点である。ちょっと行ってみよう。

10:06KasselHbf.出発。4両のキハ。 Kassel-Wilhelmshoheまで1駅だが1等に乗車。

10:11 Kassel-Wilhelmshohe 10:25 ICE91 ウィーン行き発車。この列車はビジネス路線なのか、1等も結構乗っている。車端にあるBahn.confortという会員向けの席に座らせてもらう。途中乗り込むこともなく、事なきを得た。 11:28 ヴュルツブルク着。 まずはDB窓口で時刻表をGET。 16:00までにフランクフルト空港へ行くには、なんと13:29のICEに乗らないといけないことが判明。 2時間しか滞在できない。

2004030202.jpg 事前(ICE内)の予習で、ヴュルツブルクで観光するポイントを、お城、大聖堂、レジデンツと決めていた。 今日は月曜日のため、レジデンツ以外は内部に入れないことも調査済み。 すべて外から見るだけとした。ロッカー(2EUR)に不要な荷物を預け、身軽になってガイドブック通り、市電(1.50EUR)で3駅の市庁前へ。チェコで乗ったような車両だ。

2004030203.jpg 2004030204.jpg
市庁前までは意外と近かった。徒歩圏内である。 マイン川を渡る橋はプラハのカレル橋のように偶像が立っている。 橋から古城が良く見えた。 城はこれにて目標達成。続いて大聖堂。これもさっき市電で通ったのだったが、橋から遠目で見た風景がよさげだったのでそれで目標達成。

ホーフ庭園 続いてレジデンツへ歩いて移動。冬の平日だからか、世界遺産といえども閑散としている。隣接するホーフ庭園からの景色がよさげと聞いたのでそちらに移動。噴水があったが寒さのため周囲はつららがたくさんあった。

 これにて全て目標達成。適当に買い物していたら時間がおしてきた。大聖堂付近を13:10に歩き始める。駅についたのは13:24 ホームへ上がったのは13:28で当然ICEは停車していた。なんとか間に合い事なきを得た。車内でさきほど買ったヴュルツブルクの地ビールを嗜む。

14:46 フランクフルト 空港駅。構内にあるというスーパーで買い物。この駅には何度も来ているのに存在すら知らなかった。ハルツのビールもある。ほとんどが缶である。ゆえに1缶あたり0.25EURの保証金を取られてしまう。

15:15チェックイン。 以後ルフトハンザ(LH) ビジネスクラスラウンジでまったり。飲み物はヘニンガーほか。

17:25搭乗開始。今回の帰りはアシアナ航空のビジネスクラスチケットなので優先搭乗権をお行使。 OZ542便(フランクフルト発ソウル行き) 機材はB44(combi)。 席はアッパーの8B(8A不在)。 18:00出発。Cクラスは半分も乗っていない。 アッパーの窓側には小物入れがあるが、そこに足を乗せて寝ると、フルフラット とはいかないが、ちょうど良いあんばいである。 夕食はビーフステーキを選択。 機内食の画像を載せておく。どれも大変おいしいと思った。
2004030206.jpg

main dining sweets and coffee


21:00頃早々と就寝。夜行便ではアイマスクと耳栓が配られるようだ。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2004年02月29日

ドイツ遠征(2)〜ハルツ狭軌鉄道

(画像は後日)
昨夜はがんばって23:00まで起きていた。 しかし体内時差調整はまだのようで、4:00頃一旦目が覚めてしまう。また寝たが5:30頃起きてしまった。 いいやもう起きよう。

早めに動いて街の見聞をしようと思い、予定より2時間早く6:50チェックアウト。
7:13の列車で移動しようと思ったが、なんと日曜は運休だった。8:13までないらしい。参ったな。 こんなことならもう少し部屋でゆっくりしておくんだった。

今日はこの旅の主目的であるドイツSL探訪の日である。当初は北ドイツのモリー鉄道を考えていたが、行程的にきついことなどもあり、ハルツ狭軌鉄道に予定変更。 筋を調べると、SLは2時間おきに走っているようだ。 Wernigerode14:40発Nordhausen行きに的を絞って、まずはWernigerodeへ。8:13発のベルリン東駅行きICEでHildesheimへ。そこで乗り換えてWernigerodeへ行く。 ICE車内は予約が多かったが無事テーブルつきの席に座れた。 徐々に積雪の量が増えていった。今日の宿であるKassel(カッセル)を一度通るが、Kassel駅は雪だった。 しかしその後は回復。 10:30Hildesheim着。ここで30分の接続。あてもなく駅前を散歩してみたが、今日は日曜のためかほとんどの店は閉まっている。マクドでさえ、開店は11:00というやる気のなさ。結局駅構内のミニスーパーで非常食っぽいものを購入。

11:01RE(快速)出発。キハ4両である。1等あり。先月ナーエに行ったときに乗車したのと同じタイプのようだ。

快速という通り、速度は速い。とてつもなく速い。運転席のスピードメーターの針は160km/hを指していた。 JR特急もびっくりである。しかも電車ではない。気動車なのだ。ザクとは違うのだよ、ザクとは。

12:32Wernigerode(ヴェルニゲローデ)到着。Hildesheim駅から100km余りを90分で来たのだから表定速度はかなり速い。

12:40発のハルツ鉄道ブロッケン行きが見送れそうだ。ホームに移動し、出発風景を撮影。 狭軌鉄道というとおり、線路の幅がDBなどに比べてかなり狭い。JRの幅(1067mm)より狭そうだ。 SLは70年以上前の機関車だが元気爽快そうだ。 ちいさな客車を6両ほど引いてゆっくりと旅立っていった。 見送ったところで次の列車のチケットを買っておこうと事務所へ行ったが、閉鎖されていた。良く見ると、12:45〜13:15は休みのようだ。仕方がないので街の散策へ。

ここWernigerodeは街の風景が美しいらしい。たしかに石畳の道と鮮やかな壁の家屋が美しい。 しかし寒い(風景とは関係ないが) どこかの外気温計は-4度を指していた。風がないのが救いである。

撮影や土産を買って駅に戻り、きっぷを購入。Nordhausenまでは3時間かかるが片道EUR8と(時間の割に)とても安い。しかし距離的には60kmほどなので、実は日本と大差ないのかも。 きっぷは意外にも硬券だった。

14:40 HSB出発。ブロッケンに行かないからか、ガラガラである。わしの乗った車両は貸し切りだ。 トイレは中央にあり、垂れ流しである。 SLはとてもゆっくり走る。自転車なみである。デッキは外にあり、寒風の中ドラフト音を楽しめる。 寒いが爽快である。ああ乗ることができてよかった。

途中Drei Annenで15分停車。ブロケンからの接続列車を待つ。 ホームに軽食の屋台があったので、焼ソーセージをGET。くくく、おいしい!

かくして汽車旅の醍醐味を味わい、17:30Nordhausen Nord駅到着。すぐ横のDB Nordhausen駅へ。次のKassel行きは18:15と確認。 駅周辺を闊歩するが日曜の夕方なので全然店が開いていない。ドイツにはコンビニがない。一回りして駅構内のキオスクで地ビール(EUR1.50)を買ってホームへ。

18:15 RE Kassel Hbf.行き。 1等まずまず座っている。 さっき買ったビールを飲む。テーブルのない席だったので難儀した。

20:00カッセル中央駅着。 構内はスーパーしか開いていない。そのスーパーで夕食を買い込み、住所を頼りにホテルを探すが地図では通りの名前が見当たらない。 残された中央駅の右150mという情報だけを頼りに勘で歩き始めたらすぐ看板発見。事なきを得た。

今日の宿: EXCELLCIOR KASSEL 昨夜フランクフルトのインターシティホテルからHRS経由で予約。朝食つきシングルEUR51。 冷蔵庫の飲み物が無料と思っていたが、冷蔵庫はなく、机上にパックジュースがあるだけだった。バスタブはなし。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2004年02月28日

ドイツ遠征(1)〜悪い客

今日からドイツ遠征。今回は体調OKだ。
8:30YCAT発のバスで9:45成田へ。 今日はANAのファーストクラスカウンタ(V)でチェックイン。 IT運賃だったが、混んでいるらしくてプレミアムエコノミー席をくれた。スタアラゴールド(UA*G)パワーだろうか。ともかくラッキーだった。

 搭乗開始は11:55とまだ十分余裕があるので久々にショッピングモールを冷やかし、サテライトのsignetへ入場。前回嗜まなかった大吟醸をのむがおいしくない。アルコール添加でも大吟醸と称していいのだろうか。

2004022801.jpg 12:00搭乗。 NH209便フランクフルト行き。 機材はB44。 席は31D。プレミアムエコノミーの前から2番目。といってもプレミアムYは3列しかないが。 プレミアムYは2-4-2の配置で、席の横幅が若干広い。 シートピッチも新幹線普通席程度に広い。 リクライニング角度は大きくはないが、最大の特徴であるレッグレストがついているため、居住性は優れている。 パソコン用の電源も装備されている。ミールはエコノミーと共通だ。普通運賃やGETプレミアム運賃といった高額を貢がないと座れないのだが、わしのようなIIT運賃で座らせていただけるとは恐縮至極。

ミールはYと共通といえど、機内食は優先的に配膳されるのでメイン料理の選択も希望通りもらえるようだ。 和食をチョイスした。 飲み物はYEBISUがないのでモルツ ザ プレミアム。

2004022802.jpg 途中3時間ほど睡眠。 明日の行程を練った。
16:40フランクフルト空港到着。 プレミアムエコノミーは前方なので入国審査も並ばず通過できた。 ANAとUAに感謝します。UAにはこれほど世話になっているのにUA便に乗ったことがない悪い客ですわ。

2004022803.jpg 今日の宿はフランクフルトである。DBで移動するが、ユーレールパス(EuRailPass)が3回分あって今回3日間しか滞在しないので今日の元は取れないがパスを使う。 フランクフルト南駅までICEで移動。そこからSバーンで移動。いずれも1等。 17:33フランクフルト中央駅着。 駅裏の宿へチェックイン。

2004022804.jpg 身軽になって出陣。せっかく鉄道パスがあるのだからと、あてもなくICEでおでかけ。 駅構内はブンデスリーガサポーターで賑やかだった。時折気勢が共鳴する。

どこへ行くか。明日は北へ行くので南へ行ってみよう。カールスルーエかシュトゥットゥガルトに絞ったが、チューリッヒという行き先が目に留まって、先発する18:13のICEにとりあえず乗ってみる。 構内のバーでビール(VOM FASS:サーバから注ぐもの EUR1.90)を買う。 車内でのもう。

この列車はカールスルーエに行くらしい。 1等は貸し切り状態だった。折り返しの列車をトーマスクックで検討。カールスルーエに行くと折り返し列車がしばらくなく、戻りが遅くなるようだ。 それではと手前のマンハイム駅までの乗車とする。 18:44マンハイム到着。 すでに空は真っ暗である。 駅前に出たが土曜の夜だからか店はほとんど閉まっている。 市電がたくさんあるようで、駅前には3本の線路があった。

Gleis at Manheim Hbf. 駅構内の店はやっているので適当に買い物(マンヘイムビール、プレッツェル)して19:31のICEで折り返す。 コンパートメントが空いていたので座ってみた。 20:08フランクフルト中央駅に戻った。 さすがに寒いので宿へ直行。 ロビーにフリーアクセスのPCがあったので、ちゃっかり明日の宿をHRSを使って予約した。悪い客である。

今日の宿:IntercityHotel HRSの週末割引でEUR29(朝食別)。 通常予約(18:00までに予約保証)だったので18:00までにたどりつけてまずは安堵。 ここは2回目だが、今回も部屋から無線LANアクセスができた。感謝します。これまた悪い客である。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2004年02月07日

シドニー遠征(1)〜ビーチでのほほん

朝食@JL7716:40物音で起床。これまた不評の朝食を食べる。 去年と全く同じ献立だった。 8:30シドニー キングスフォード スミス空港到着。

発車案内@Sydney Central station 今回は繰り越しの現金がほとんどないためまずはATMで軍資金をキャッシング。今日はシドニーの北160kmのNEW CASTLEへ行ってみる。中央駅までは列車で行こうと思っていたが、僅か9KMなのに11.60AUDと高い。
ミニバス8AUD。残り1席だったので乗れた。最前列。客のリクエストを聞いてくれて、ホテルや駅などへ連れていってくれる。

9:40セントラル駅。 NEWCASTLE 10:17 時刻表GET 往復でAUD21とかなり安い。

InterCity4両の特急。 特急とはいっても、通勤車両と大差ない。2階建て。 10:17発 海沿いを進むかと思ったが案外山の中を進む。 のどかである。 10分ほど遅れて13:03着。

New Castle何の予備知識もなく来てしまったがとりあえず歩く。 すぐ近くに海があり、駅前には広い公園もある。ここでぼけらっとしよう。 朝から快晴で日差しも強烈だ。夏なので太陽も高い。 木陰の芝生を見付けたのでしばしごろ寝。 日光下では暑くてたまらないが、木陰はさわやかな風が心地よい。 日焼けを防ぐためサングラスとマスクで防御。しかしこれでは怪しい人である。

ビーチがあるらしい。まぶしい。
写真を撮っていたら、撮ってくれた。
暑いので予定を早めて15:28の特急で折り返す。顔が熱い。やはり日焼けしてしまったようだ。

Coat hangerHORNSBYで乗り換え NORTH SYDNEY下車。18:40宿。

買い出し。 土曜だから営業中の店少ない。7-11発見。総菜屋も発見。適当に買う。しかしBOTTLESHOP見付からず。観光客風の人が行く方向へいく。あったあった。VBなどを購入。

North SYDNEY HARBOURVIEW HOTEL今日の宿:North SYDNEY HARBOURVIEW HOTEL hotelclub.netで手配。AUD115 眺望がかなりGOOD。


この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2004年01月18日

ドイツ遠征(3)〜DBでミュンヘンへ

7:50起床 8:30朝食。 フランスパンやクロワッサンを中心に食べる。 IBISだからそれほどフレンチではない(了承済)。

9:05チェックアウト。 朝食は別料金(EUR6)だった(食べて部屋に帰ってから知った)。 今日はミュンヘン方面への移動が中心である。 とりあえずナンシー発9:33のミュンヘン行きECで移動。このまま乗り換えなしでミュンヘンへ行ける便利な列車である。 パリ東駅を6:41に出てきた国際特急である。パリからミュンヘンまで8時間半かかるが、全区間乗る人はいるのだろうか?

やってきたのはDBの車両で1等は2両あるがいずれもコンパートメントだった。座席指定のない1室に入り。鉄道旅行を満喫。 AC電源もついていたのでデジカメのバッテリーの心配はいらなかった。

Kehl駅からドイツに入った。すると車内サービスがはじまった。注文を聞きにきたので早速ビアをオーダ。グラスについでくれるサービスつきでEUR2.80(EUR3渡して釣りはチップとしてあげた)。栓抜きを忘れてくるトホホな係員だったが、わしが持っていると言ったら、おぉそれはかたじけない、みたいなリアクションをしてくれた。

12:48Stuttgart着。 このままミュンヘンへ乗り通してもよいのだが、せっかくドイツにきたのだからICEに乗らないと、というわけで下車。13:12発のICEミュンヘン行きに乗り換え。 機関車つきのICEで1等は半分くらいの入り。余裕で4人がけテーブル席を占拠。 検札のあと、食事などの注文を取りに来たので、とりあえずメニューももらう。しかし持ち合わせていなかったようで、食堂車まで取りにいってくれた。ドイツ人は親切だ。 ドイツにきたらソーセージを食べないと、ということで焼きソーセージ(ニユンベルガー)を食おうと思ったが、6本も入っているのでパス。フランクフルター(EUR2.50)にしておく。飲み物はBier. 2種類あり、vom fassと書いてあるのとないのがある。何かと尋ねたら、どうやらvomは英語で言うfromで、vom fassというのはサーバから注ぐものらしい。車内で樽ビールが味わえるとはさすがドイツ。

ミュンヘンに近付くにつれ、所々に積雪が見られるようになった。寒そうだ。 15:24ミュンヘン着。かなり寒い。 今日の宿を決めていなかったので日曜でもやっているiでお願いした。 駅前でEUR33という格安のホテルを紹介してもらった。 トイレとシャワーは共同(その条件でお願いした)だが気にしない。 部屋は狭く、TVもないが値段相応だろう。
荷物おいて散歩。 DB工事かなにかでSバーン入り口閉鎖。Uバーン(地下鉄)もダイヤが変更されており、Sバーンで2駅なのにえらい遠回りしてしまった。

Marienplatzにある新市庁舎周辺を散策。 日曜なのでほとんど閉まっているがウインドウショッピングを意識しているようで、多くの店が明るい。

17:00 鐘なった。冬季は17:00のからくり時計はないそうだ。寒い

KarsPlatzにてスケートあり 中央駅のimbissでソーセージを食って、飲み物を買って帰る。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2004年01月17日

ドイツ遠征(2)〜ワインの町を訪ねたけれど

7:40起床 雨やんでいる 8:00朝食 日本人3人がいた。 目当てのソーセージはなく、ハム、チーズのみ 茹卵がもれなくついてきた。

8:50 チェックアウト 9:00駅にてパスのバリデーションをしてもらう。 乗る予定の列車の時刻を覚え間違えていて、9:00出発だった。しまった!次は10:00である。参ったな。しかし時刻表を見ると、9:24という列車があるようだ。ただ、目的地にはいかない。でもここにいてもつまらないので移動してみよう。

9:24普通列車(RB)でマインツ発。 2両のキハだったが、1等席が備わっている。 設備はあまりかわらない気がするが、座れる確率はかなり高いだろう。 16席あったが、わしが降りるまで独占だった。

10:01BadKreuznach 着。 この列車はBadSobernheim へ行くが、この町も見ておこうと思った次第。 infomation休業。 土曜だからか。土日が繁忙期ではないのか? 仕方がないのでiに張ってあった地図をデジカメで撮った。 近くにクアハウイスがあるようなので、取材へいく。 Nahe(ナーエ)川を渡って徒歩10分で到着。 しかし冬季は休業のようだ。残念。

この地へ来た目的の一つはNahe産のワインを見にくることだったが、目星をつけたこの駅の周囲にはワイン専門店は見当たらなかった。見当違いだったのだろうか。残念。

11:02発のRBでBadSobernheim へ移動。また1等貸し切り。 11:25 BadSobernheim着。 駅前は寂れていた。温泉地は車窓から見た限りでは駅から遠くにあるようだ。 参ったな。 ここに数時間滞在予定だったが、思うところがありEuroCity(EC)に乗るためここは15分の滞在にとどめ、11:41の急行(RE)でSaabrucken へ移動。 長距離急行のためか1等は数人いた。検札はなし。 駅前のスーパーで買ったビールKIRNERで休息。 12:56 Saabrucken 着。ここも散策したいがECの出発が13:08なので構内のみの滞在。

13:08パリ東駅ゆきEC出発。1等は がらがら。 検札あり。4人も検札官がいた。

14:02フランスMetz駅着。
14:42 Metz発 1等独占。 検札あり。 1等と2等の入り口が共通で、席も大差ないためか、はたまたわしのような貧乏人が乗っているからか、誤乗多数。

15:25 ナンシー(Nancy)終着。 案外早い時間に来られた。宿を探すが迷子になる。 通りの名前を確認して駅に戻ったら何のことはない。駅前であった。参ったな。

早速チェックインして、散歩へ。ナンシーは世界遺産のあることと、金沢と姉妹都市出あることは予習していた。閑静な街と想像していたが、 目抜き通りは結構な賑わいである。トラムも走っているがよく見るとゴムタイヤである。レールは1本だけ。集電はポール式である。車のナンバーをつけていることからして、バス扱いなのであろう。

大学のある街ということもあるのだろう、若い人が多い。商店街もファッション関係が多い。 適当に闊歩して世界遺産であるスタニラス広場へ来た。 うまく表現できないが荘厳である。凱旋門に似た門もいくつか見られる。 パリの街を見たことはないが、ミニシャンゼリゼと呼ぶ人もいるという。

スーパーを見付けたので例により物色。さすがフランスだけあって、水が安い。evian,volvic,vittelが500ccペットボトルでe0.34。日本では高いペリエも500mビンでEUR0.56である。

メイン系は一人分がなかったのでとりあえずの既製品のサンドウイッチを買っただけ。 帰りに屋台でホットドッグ(EUR2.44)を購入。飲み物はフランスのビエール(ビール)、16:44。

今日の宿:IBIS ナンシー駅前店。 ネットで探したがラックレート(rack rate)のEUR47.00しかなかった。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2003年11月02日

レピシエでイングリッシュティー

昼まで睡眠。 ヨドバシ上大岡へ行く。ルトランカードの700系版を見つけたので買う。 Bトレインショーティの485系版があったのでAセットとBセットを買った。
アウトレットコーナーを見てみる。旧機種のザウルスが表示価格のさらに40%引きで売られているが、それでも高いので見送り。

素材集購入。 DoCoMo下見。 レピシエ(LEPICIER)で紅茶とスコーンのセットをオーダ。イングランドで成せなかったアフタヌーンティーを(気分だけ)楽しむ。 ソウルの本を購入。 夜はいくら丼

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2003年10月25日

欧州遠征(8)〜ロンドン散策、帰国の途へ

9:00起床 9:30チェックアウト ホテルに荷物預ける。ロンドン橋見に行く。MarbleArch駅から中央線。Bank駅で乗り換え、LondonBridge駅下車。

ロンドン橋に行く。 タワーブリッジと間違えた。 Uターン。タワーブリッジへは地下鉄では不便なのでバス(RV1)で移動。 タワーブリッジ渡って下車。 歩いてタワーブリッジ見物。バス(42)でTowerGateへ移動。TowerHill駅から地下鉄環状線でVictoria駅。 サンドウイッチを購入し、徒歩でベルサイユ宮殿へ。隔日で行われる衛兵交代式を見に行く。今日行われるかはわからないが出たとこ勝負である。宮殿近くには観光バスが陸続と駐車しているので今日行われるのはほぼ確実のようだ。

 11:30宮殿に着いたが人垣がすごい。二重三重は当然。これでは宮殿内は見えない。音が聞こえてきたが見えない。 雰囲気だけは味わえたのでベンチでサンドウイッチを食べる。公園が隣接しているので鴨や黒鳥が集まってくる。 食事後散策。 途中で池の写真を撮っていたら妻とはぐれてしまった。 一大事であったが「はぐれたら最後に会った場所へ戻る」ルールで戻ったところ途中で合流し事なきを得た。

St.Jame's Park駅でトイレに行こうとしたがトイレがないようだ。Victoria駅に移動し国鉄の駅にて事なきを得る(20p)。 ここからあてのないバスの旅をしようとCoachStationへ行く。しかし長距離バスばかりである。Coachは長距離のバスであることを忘れていた。 近くのバス停から11番バス(2階建て)で市内観覧。どこかで折り返し、22番バス(旧型2階建てバス)で移動。このバスに乗ってみたかった。 KnightsBridge、HydeParkを経由し、終点ピカデリーサーカスで下車。繁華街だけあって人多し。 地下鉄Bakeloo線でOxfordSquare駅、中央線でMarbleArch駅に戻り、スーパー探し。緑色の袋を持つ人が結構いる。スーパーっぽい。袋を持つ人が現れるところを探ったらあった。スーパーだ。そのスーパーMarks&Spencerで土産買う。 小麦粉はなぜかない。 イングランドの人はケーキを作らないのだろうか。
 
ホテル戻る。荷物を受け取り、16:10MarbleArch駅から中央線、NottingHillからDistrictLine、Earl'sCoart駅から再度DistrictLineでHammerSmith駅でピカデリー線に乗り換え。ヒースロー行きが来たが乗客多く見送り。続いてなぜかヒースロー空港行きが来たので乗る。しかし2駅手前のHattonCross駅止まりになってしまう。どういうことだろうか。 是非もなく後続のヒースロー空港行きに乗り事なきを得る。 17:30空港(LHR)着。第3ターミナルに移動。荷物を整理し、18:00チェックイン。復路もファーストクラスなので、ファーストクラスカウンタに並んでいたが何か外人がごねているようだ。 ビジネスクラスカウンタが空いたので移動してチェックインした。 サクララウンジは混雑しているとのこと。 で、ビジネスクラスラウンジに案内された。 ハイネケンなどを飲んですごす。 途中大阪行きの搭乗開始があり、若干ラウンジはすいた。 サクララウンジの様子を見に行ったが相変わらず混雑している。スナックなどの品質に差は認められなかった。 19:20搭乗開始。 JA8919 ファーストクラス席。5GH。ソロシート(SKY SLEEPER SOLO)だ。ただし最新のものではない。 ソロなので2人の場合離れてしまうが、わしらの5GH間がもっとも近い席のようだ。ついで1CHか。 コンフィグはL07というもの。 往路と違ってJL402便のファーストクラスは満席だ。 19:53出発。 フルフラット シャンペン 洋食 チキン 食事に2時間かかる 0:00頃就寝。羽毛布団がありがたい。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2003年10月24日

欧州遠征(7)〜タリス、ユーロスターでロンドンへ

6:30起床。 7:00朝食 昨日より質素。あまり食欲はないが軽く食べておく。 7:45チェックアウト。まだ暗い。 寒い。 晴れ。 7:50ケルン駅着。 タリスは8番線から出発。始発だがまだ来ていない。 8:05入線。 ホームに日本人団体多かったが同じ車両だった。しかも向かい席だった。 28号車 65-66番。テーブル席。向かいは視察の日本人軍団。 霧 国境越えてベルギー入国。EU内なのでパスポートコントロールはなし。 当然ながらDBの車両よりベルギーの車両が目立つようになった。 家の作り違う。 Leige発車後、勾配途中にて交換のためか9:33運転停車。電気消える。 交直切り替えか? しばらくして電気がつき、反対方向に動き出した。スイッチバックかと思ったがまた逆方向へ動き出そうとする。前後へがたごと動いている。坂道発進が出来ないような状況だ。しばししてアナウンス有り(オランダ語、フランス語、ドイツ語、英語)。機関車故障のためいったん引き返すとのこと。 機関車を交換したか増結したかわからないが10:07再出発。 さっきスタックした地点を軽くクリアし、11:05ブリュッセル中央駅到着。寒そうだ。

 ブリュッセルからはユーロスターでロンドンへ向かう。まずはチケットの発券と行うためしかるべき窓口へ行く。座席はインターネットで予約済みだ。係の女性に予約確認書(メール)を見せて発券依頼を行うが、これはフランスで予約したものだからここじゃダメだ。ここはベルギーなのでフランスで発券してくれ、ショックなことを言う。 それはおかしいと抗議したが受け入れてもらえず、かわりに「むこうのtravelCentreに行けば何とかなるかも」とあしらわれた。 でTravelCentreにいくと、「ここじゃない。RailTour(さっきのところ)へ行け」という、わしが「いや、そこで聞いたらここへ行けといわれたんだよ」といっても、「いいや、Railtourへ行け」と話にならない。 再度RailTourへ行くとさっきとは違う人がいたので、丁寧に「Please collect this ticket.」と言ったところ、確認書を持って奥へ引っ込んでしまった。あららと心配したが、チケットを持って帰ってきた。あーよかった。 それにしても考えてみればベルギーから乗るのにフランスで発券というのも変だし、確認書には「当日出発駅でチケットをお受け取りください」と書いてあるのだ。 女性の勉強不足のためにえらい目にあった。

 チケットが入手できたので安堵して散歩へ行こうとするが、外は雪である。参ったな。散歩は中止して構内のみとする。

12:30チェックイン。有人窓口へ並んでいたが、自動改札機のような自動チェックイン機を使ってさくっとチェックインしている人も多い。わしのチケットは航空券のような形をしていて磁気帯がついている。いけるかも、ということでトライしてみたらサクッと通過できた。

 セキュリティチェック(荷物検査)のあとに出国審査。 12:50搭乗(乗車)開始。外はまだ雪だ。2等2号車の21,22番。20両編成。 テーブルが大きい。 カフェカーがある。 12:58出発。徐々に雨が上がり、晴れてきた。

カレー〜駅でしばし停車。なにかあったようだ。 ドーバー海峡トンネルを軽く通過し、イングランドに上陸。青函トンネルのような雰囲気だ。 結局1時間ほど遅れて15:33(ベルギー時刻16:33)到着。遅れたお詫びにドリンク券か、時間半額券をくれるという。しかしもらい忘れてしまった。というより見送り。 入国審査をへて、地下鉄(UnderGround)でホテルへ。1日乗車券(DayTravelCard P4.10)を購入。 16:30ホテル着。チェックイン。

 市内探検出発。BigBen、テムズ川でぼぉー。寒い。18:00の鐘聞く。 地下鉄で○○駅。めし探す。 ない。噴火。 picassoというレストランでオムレツとパスタを食う。飲み物はGuiness。

バスでVictoria駅に移動。地下鉄DistrictLineに乗ってしまう。 GloucesterRoadで下車。
CircleLine待つがこない。 何かあったか。 迂回して移動することにした。 District LineでEarl'sCourtに行き、乗り換えてNottingHillへ出ることにした。 Earl'sCourt駅でぼーっとしていたら何か列車が来た。しかしサボがないのでどこ行きかわからない。先頭にいたので運転士に「NottingHillに行くか?」と聞いたら「Jump on!」というので飛び乗る。セーフ。 NottingHillGateで中央線に乗り換え。MarbleArchで下車。21:00ホテル戻る。 妻だいぶお疲れの様子。僕の落ち度。バスローブ有り。デスク照明がない。

今日の宿:Montcalm Nikko. 18世紀に建てられた由緒あるホテルだったが、最近日航グループになった。 スタッフは日本人が複数いて日本語でチェックインできた。 今回はJML特典のホテルクーポンによる無料宿泊である。303号室。高級ホテルらしく、ポーター有り。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2003年10月23日

欧州遠征(7)〜ICE三昧

7:00起床 7:35朝食。8:55チェックアウト。9:10中央駅。プレッツエル、ビール購入。 22番線からICE610に乗車。16両編成 9:32出発。1等車の38号車34,36番。座席は当初逆方向(転換しない) Stuttgartで方向転換。食堂車有り。禁煙席もあり。 車窓は北海道のような風景。 フランクフルト空港駅からは数年前に出来た高速新線を経由。300km/hで疾走。 14:06ケルン(Koeln)着。

 ホテルは駅から100mと至近。今回は昨日地図でバッチリチェックしていたので迷わず到着。CentralHotel am Dam e60(TW朝食つき)と安い。 234号室。部屋は狭い。ポットがある。

 荷物を置いて身軽になって散歩。iで無料と有料(1.20EUR)のガイドブックをGET。ライン川渡り、対岸から大聖堂を見る。 市街へ戻り、繁華街であるホーエ通りを散歩。ヘンケルの店発見。はさみなどを購入。 デパ地下でいろいろ物色。 ○○という菓子購入。 レストランAlt K醇rln am Dom 薄カツレツ(名称失念)+ビール2種 


部屋へ戻り宴会。 部屋の暖房が故障しているのか効かず寒かった。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2003年10月22日

欧州遠征(6)〜BMW博物館

9:30朝食 10:30出発。どんよりしている。 今日はBMW博物館へ。の前に新市庁舎のからくり時計 ホテルから歩いてMarenPlazへ。11:00間に合った。10分間続く。 ギャラリー多し。 聖母教会に行く。厳か。 南塔に上がる。内部エレベータあり。3EUR エレベータに係員常駐。チケットを見せる。チケットは地上の入口で購入。 約100mの高さにある。360度展望。Good。オデオン広場駅から1日乗車券(tageskarte)を買い、Uバーンでオリンピック公園へ。 そのそばにBMW本社有り。 博物館3EUR 歴代の名車あり。Good。

15:05 Uバーンで○○駅へ。ここで中央駅方面行きに乗り換える予定だったが、せっかくなので地上に出てみる。 しかし特になし、と思ったらトラム発見(12)。行き先を見てもどこなのかわからないが乗ってみる。 道すがらスーパー探し。 あったが駅から遠い。Leon***で乗り換えなければいけないことがわかったため下車。 乗り換えようとしたらスーパー発見。物色 小麦粉は405と550という種類があることがわかった。どちらがどちらかは不明。 トラム20で中央駅北へ。歩いてすぐの中央駅へ。明日からのケルン経由ブリュッセル行きの乗車券を窓口で購入。 ICEとタリス(THA)の乗り継ぎで2人で225.10EUR。 中央駅でホットドッグなどを買い込み、18:00部屋戻る。 入室しようとしたがカードキーが働かない。延泊したからだろう。フロントでキー交換。 18:30宴会開始。 wrapという食べ物は不評だった。 街中にあるトルコ料理カバブのDONERKEBABを買ってみたが、ガーリックが強烈に効いていてこれまた不評。 

 インターネットにアクセスしてhrs.deにて明日の夜のケルンの宿を60EURで予約。

今日の宿:今日もTRY-P munichに連泊

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2003年10月21日

欧州遠征(5)〜ドイツ博物館

9:00 朝食 ハム3種 チーズ3種
今日は雨である。 ドイツ博物館へ行く 中央駅でパートナー1日乗車券を購入。機械では買えなそうなので窓口で並んで購入。待つことしばし。やっと買えた。 Sバーンへ行くと自販機で売っていた。。。トホホ。 isabelで下車。 徒歩5分で現着。 
人多し。社会科見学か。 7.5EUR ドイツの工業技術、科学技術を展示。鉄コーナー充実。理科実験楽しめる。 しかし広すぎて半分も見られず残念。 足疲労。茶しばこうと
トラム18で移動。marienPlaz 中央駅を通り越し、○○で下車。茶なし。うろうろ歩いて中央駅へ。 ないのでトラムで再移動。isabelからSバーンで市庁へ移動。
16:30Donisl 入店。ドイツ料理店。Bier+○○(すね肉)+チーズ 22EURで腹いっぱい。

ヘンケルの店、デパートを冷やかし。小麦粉を購入したいが、薄力粉と強力粉の違いがわからず。強力粉を買いたいのだが。。。 Sバーンで中央駅。 B買(レーベンブロイx6) デポジットは缶(0.25EUR)とビン(0.08EUR)で異なる。
 18:30部屋戻る。へとへと。早寝。明日はローテンブルグを中止し、延泊してミュンヘン(MUC)滞在。明後日ケルンに移動とした。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2003年10月19日

欧州遠征(3)〜世界の車窓から

7:00起床。まだ暗い。腰痛足痺れ。8:00朝食 ハム、チーズ、ソーセージ オムレツもあり。デザートはヨーグルト。

8:40出 徒歩でプラハ(Praha)中央駅 気温は0度くらいか 9:10のPilzn(ピルゼン)ゆきに乗ろうと思っていたが、ウヤのようだ。 10:30までない。 代案で旅行博で教えてもらった町、チェスケブデヨビツェへ行ってみる。きっぷ(往復2人で252KC)を買う。地名を指差し、「This station, return, 2!」で無事買えた。9:17の列車で出発。客レでコンパートメントだ。空いてる部屋を探し、若い女性が1人だけいたところへ合流。  連結器はネジ式+バッファ有り。 北海道に似た風景。

11:45 チェスケブデヨビツェ到着。 城を見に来たつもりだったが城はなさそうだ。 日曜なのに閑散。iのあるオタカラ2広場へ行く

広場は歴史を感じさせる空間 日本にはないつくり。 中央に噴水
晴天 街を散歩 hobby展あり。今日までのようだ。50kcだが断念。

トロリーバスあり。マクドで休憩。Bあり。
14:55駅戻る 15:31発の列車でプラハへ戻る。2階建て。1等車なし
トイレは垂れ流し。駅の線路にちり紙多数。最初は何かと思った。

18:27プラハ着。地下鉄でTescoの最寄り駅へ。買い物をして地下鉄でMustek駅へ戻る。車内混雑でスリ未遂にあうがポケット類をがっちりガードしていたので事なきを得た。
TESCOで買い物。 徒歩でホテルへ戻る。 zaurus紛失に気づく。ない!ザウルスがない! 往路の列車内か。ロストである。ロストイントレインである。ブルーになったがあきらめる。 早めにふて寝する。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2003年08月03日

鳥取遠征(2) 

 早起きして朝からキハ堪能と考えていたが、起きたら9:00だった。 次のとっとりライナーの時刻を調べたところ、9:49だった。 適当に支度して出発。 キハ28-2466。 今日も快調に走る。最高速度は90〜95km/hといったところか。おそらく現在日本一速いキハ58といっていいだろう。

 今日も猛暑らしい。雲はほとんど無く、微風のため外は暑そうだ。

 11:31米子着。 思うところがあって11:45発の境線で境港を再訪することにした。 境港線は前回2000年同様鬼太郎ペイントのキハ40単行だ。冷房搭載車のはずだが、猛暑でへばったのか、効いていないようだ。 あちこちの窓が開け放たれている。 キハ40-2095。車内には鬼太郎のお面(着ぐるみ)をかぶった人がいる。境港市の関連の人だろうか。あるいはJRのバイトか。客席に座ったりしているのでJRの社員でないことはほぼ間違いない。中にいるのはどうも女性のようだ。

 12:26境港着。水木しげるロードは変わり映えしないが、妖怪神社と水木しげる記念館(\700)ができていた。 ロードには猫娘(頭部だけ着ぐるみ)がいた。かなり暑そうである。 着ぐるみがなくても十分暑いので早々に撤収。13:12発の列車で米子に戻る。今度は冷房車と思ったキハ33-1002も効きが悪かった。 今度はネズミ男が乗っていた。鬼太郎と同様中身は女性のようだ。 13:55米子着。 次のとっとりライナーの15:29まで市内を散策。

 米子では昨日から「がいな祭」が開催されていて賑わっていた。雑踏を避け商店街を闊歩。日曜日のせいかあるいはがいな祭のせいか閑散としている。暑いのと朝から何も食べていないので何か調達しようと高島屋へ。 食指が動くものはなく、ドイツのビアテイスト飲料をGETしたのみ。 米子駅までは\100の循環バス「だんだんバス」で戻る。

 15:29米子を去る。 キハ28-2409。原形を留めている車両だ。駅弁(といってもキオスクのものだが)を買い込み、しばし旅情に浸る。飲み物はさっき高島屋で買ったノンアルコールビール。

 17:09鳥取着。まだまだあちこちに行けるが暑いので今日もこの辺にしておこう。 車窓から見えたジャスコへ買い出しに行って宿に戻る。

 BS1で阪神×中日がやっていたので試合終了まで応援。今日も勝ったよタイガース。マジックは29まで減少。貯金を40に戻してロードへ出る。

今日の宿:今日もα-1

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2003年08月02日

鳥取遠征(1) 

 今日から鳥取遠征。目的は終焉間近のキハ58乗り収めとチケット消化(笑)。 

 5:50起床で羽田へ行く。京急の特急は予想よりもすいていた。7:11羽田空港着。 出発ロビーへ行くが思いの外混んでいる。やはり夏休みのせいだろうか。 セキュリティを抜けるのも10分ほどかかった。

 あまり時間がなかったがサクラANNEXでショートブレイク。 89番ゲートから搭乗。

 JD(JAS)271便出雲行。機材は新塗色のMD-87。席は4A。 前方には国会議員の江藤氏らが陣取っていた。我々とは別の車(SPつき)でいらっしゃた。8:23離陸。 富士山北、各務原、琵琶湖北、丹後半島を経て宍道湖上空から9:17着陸。

 9:23空港から徒歩で出発。今日はここから荘原駅まで歩くことにしていた。事前の調査では3.8kmということでたいしたことがないだろうと思っていたが、こちらは梅雨が明けて夏本番であることを計算にいれていなかった。 激暑である。参ったな。風でもあればまだしのげるのだがほぼ無風である。む・ふ・う。説明にもつい力が入ってしまう。

 途中道の駅湯の川に足湯を発見したなど収穫も得ながら10:22山陰本線荘原駅(無人駅)到着。ちょうど米子行快速アクアライナーが鎮座していたが残念ながら間に合わなかった。いや、ダッシュすれば十分間に合ったのだがそこまでの根性はなかった。

 時刻表を見ると出雲市行きが10:31にあるようだ。しばし休憩し、乗車する。キハ47(米トウ)2連ワンマンカー。短時間だが車内で涼む。天国ぅ。 10:46出雲市着。改札で18きっぷに印を押してもらう(荘原駅無人のため)。

 折り返しで米子へ向かうが11:43発まで列車がないようだ。 しばし駅前を散策。前回来た時は駅舎やデパートが工事中だったが晴れて完成したようだ。 ベーカリーでパンを買い、早目のランチを駅の待合ベンチでとる。飲み物はYEBISU。

 アクアライナーは以前は石見ライナーと称していた。石見時代はキハ58だったが、現在は新鋭のキハ126(トイレ有)である。 車内は安っぽい作りで石見時代よりスピードアップしたかわりに居住性が若干悪くなっている印象を受けた。

 走行性能はよく、120km/hくらいだせそうである。

 13:10米子着。ここからお目当てのキハ58快速とっとりライナーである。 国鉄色のキハ58+キハ28の2連。 どちらもすいていたのでエンジン2基のキハ58を選ぶ。 13:21ひとまず米子を去る。

 とっとりライナーは文字通り快い速度で走行し、短い乗車であったが堪能できた。 14:59鳥取着。 15:01発の米子行とっとりライナーとの並び、および今乗って来た老兵を撮影。

 このあと米子方面へ戻ろうかとも思ったが空港から荘原駅までの疲労のせいと、夏本番となった今日の気候のため、今日はもう乗車しないことに決定。 35度という猛暑の中散歩して投宿。 荷物を置いて買い出しもかねて散歩。宿の辺りは末吉温泉町という名の通り、日乃丸温泉という銭湯らしきものを発見。 入ろうかとも思ったがいかんせん この猛暑である。見送りした。

 あまりに暑いので適当に買い込みUターン。

今日の宿:α−1鳥取 旅の窓口で手配。税サ込で\5000。LAN経由でインターネット接続OK。ウォシュレットもついていた。禁煙ルームは最上階の10Fで眺めがよかった(JR側ではなかったが)。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2003年07月07日

寝台特急は必要か?

 出社日。新機能の実装とバグの駆逐と高速化の実施をまんべんなく行う。 少々頭がオーバーヒート気味である(USO)。

 バイト君のために?任意のメモリブロックをファイルに落とせるツール(関数)を作成した。しかしバイト君は体調不良で休みであった。

 PHP掲示板はNGワード機能にバグがあった。NULLをereg関数にかけており、設定処理時のチェック漏れである。

 帰りに寝台特急出雲を目撃。横浜駅21:36に発車して行ったが、終点出雲市へは翌日早朝に飛行機で移動した場合よりも遅く着く。 首都圏から利用する価値は極めて低い、もっと言えば存在価値はないように思える。 強いて言えば静岡県内からの利用者か、城崎、浜坂、鳥取方面への利用者には便利ということだろう。しかしマーケティングの視点から見ると静岡県内からの需要は多いとも思えない。おそらく赤字三昧であろう。 運賃料金に見合った設備、サービスを提供しているならともかく、いまだに国鉄時代のオンボロ客車とスリが怖くて安眠できないベッドでは利用するのはよほど切羽詰まった人か鉄道おたくだろう。

 同じく帰りに田町電車区にて189系先頭車2連を目撃。 このことより臨時ながらはハザ10連と推測。 6両編成(モノクラス)を2本使って10両編成を作ったのだろう。余った先頭車2両と思われる。いずれも国鉄色だった。JR東海側は何を使うのだろうか。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2003年05月18日

日本一周2003_2nd〜(2)キハの旅

10:00チェックアウト。かんの温泉の湯疲れか、だるい。今日は朝から曇天である。しかも気温は4度と冷え込んでいる。シャツとベストしか持ってきていなかったので寒風が堪えるが、帯広駅に一番近い宿だったので事なきを得た。

今日はJRで移動するかバスで移動するか迷ったが結局JRで移動することにした。

10:10発の普通列車滝川行きで帯広を離れる。さらば!帯広!さらば!十勝! 普通列車はキハ40 2両だが30%ほどの乗車率。

 11:08新得。ここで石勝線に乗り換えるため下車。南千歳方面の列車は12:06のスーパーとかち6号までないので、昼食タイムとする。新得そばの町として有名である。ならばそばを食わなくては、とそばの館を目指して歩き出したが思いのほか遠そうだ。これでは時間切れになってしまう。 ということでUターンして駅前の手打そば「せきぐち」でざるそば(\650)を食う。手打と言うことで期待したが、麺が案外太く、わし好みではなかった。

 近所のスーパーで北海道限定の発泡酒冷醸を買い込み、スーパーとかちに乗車。キハ283系を使用している。振り子である。ふ・り・こ説明にもつい力が入ってしまう(^^;。自由席の混雑が懸念されたが、意外とすいており、右窓側に着席できた。

 新得〜トマム間は車窓八景(そんなのがあるか自信がないが)のひとつ狩勝峠を通る。しかし今日の狩勝峠はどんよりしており、雄大な景色を眺めることはできなかった。残念。 狩勝峠を超えると一転して快晴となった。 ところでこのスーパーとかち6号には特急券を持たずに乗車している。車内改札が来たが下車駅を申し出たらお咎め無しだった。石勝線の新得〜新夕張は普通列車が運行されていないため、同区間の利用に限り特急料金は不要なのだ。

 13:02新夕張着。数少ないすぐ接続する普通列車に乗り換え、13:07発車。キハ40単行だが5人くらいしか乗っていなかった。

14:03南千歳着。思うところがあって下車。 徒歩で新千歳空港へ向かう。思いがけず着陸する政府専用機を目撃。どこから来たのだろうか。それよりも寒風が思いのほか強くあわててベストを着る。また意外と遠くて14:45空港着。疲れた。一般人にはお薦めしない(歩く人はいないとは思うが)。

 思うところ、とは6月のチケットの発券である。JASカウンタで妻のバースデー割引のチケットを発券しようとしたが、本人の誕生日を証明できるものを提示しないとダメだと言う。おっしゃるとおりである。是非もなくそれはチケットレスにすることにして、別件の奄美大島往復を発券した。しかし代金の一部をJALクーポンで充当したのだが、残額をJALカードで決済することが(システム上)できないらしい。このことは那覇空港でも発生しており、係員の手間などを考慮すると現金での決済もやむなしと判断し、差額は現金精算とした。

 15:25の千歳ターミナル行きバス千歳駅前に移動(\190)。バス停すぐの宿にチェックイン。しばしメールチェックなどをしてしばし昼寝。

 19:00夕食に出陣。中ちゃんが北海道に来たらビクトリアのハンバーグと言っていたのを思い出し、入ろうとしたが体調的に肉を受け付けないようだ。 んで代案の以前食べてうまかった一国堂みそラーメン(\700)をいただく。前回食べた塩ラーメンは鶏がらスープだが、このみそラーメンとしょうゆラーメンはトンコツスープと言う。ちょっと濃い目だった(味の調整はしてくれるらしい)が、大変おいしかった。黒豚角煮チャーシュー麺(\1000)も気になったが次回の課題としたい。

今日の宿:千歳エアポートホテル。朝千歳空港まで無料で送っていただける(所要12分 7:00〜9:00まで40分間隔で運行) 旅の窓口経由でシングルバストイレ付\4500と安いがベッド、部屋、バスタブは狭い。しかしわしには苦にならなかった。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2003年05月04日

日本一周2003_May(4)_乗り鉄モード

 9:00に朝食バイキングをとる。さすがにこの時間帯はガラガラである。多すぎず少なすぎずいただいた。 今日はJRの一日散歩きっぷを使って移動する以外は何も決めていない。 札沼線完乗でもと思ったが、札沼線の末端部浦臼〜新十津川一日3往復しかなく、今から旅立っても今夜の便までに新千歳に戻れない。 んであれこれ考えた末、ひとまず札幌へ出て岩見沢へ抜け、室蘭本線を完乗することにした。

 10:30チェックアウト。今朝も暖かく、ベストを切れば十分だ。千歳駅で道内のポケット時刻表無料配布されていたのでGET。実に助かるアイテムだ。
 10:56快速エアポート11:25札幌へ。11:40普通岩見沢行で早くも札幌離脱。 12:21岩見沢到着。 30分のトランジットの間ラーメンでもと思ったが、日本蕎麦屋とカレー屋しかみあたらず、散策のみに終わる。

12:53室蘭本線苫小牧行キハ40普通列車出発。2両編成ワンマンカーだ。

 室蘭本線室蘭岩見沢を結ぶ「本線」だが、千歳線開業後はすっかり影を潜めてしまった。一部区間は複線になっていてかつての需要が想像できるが、苫小牧〜岩見沢は今や1日7往復で単線で十分な線路容量である。尤も、函館方面から旭川方面への貨物輸送需要はありそうなわけで、複線のままで残しているのはそれなりに理由があるのであろう。

 14:17苫小牧着。すぐ東室蘭行に乗車。711系だ。いつまで走らすのだろうか。14:33出発。車窓を眺めつつしばしぼぉーっとしてしまう。 飽きる事なく15:36東室蘭到着。同じホームで室蘭行き普通列車に接続している。電化区間しか走らないのにキハ150-100だ。

 15:50室蘭到着。これで室蘭本線完乗できたことになる。(長万部〜東室蘭は何度も乗っている) 室蘭へ来た目的は地ビールレストランへ行くことだ。前回は車で連れて来てもらったので駅との位置関係が分かっていない。しかしなんのことはない。駅から丸見えだった。  しかし休みだった。とほほーい。 是非もなく回転寿司でブレイク。 16:37特急すずらん(室蘭〜東室蘭普通列車)で東室蘭へ。

 18:08苫小牧臨時の札幌行があるというので乗ってみる。快速優駿浪漫号ニセコエクスプレスを使用している。盲点でしたよ! 18:15出発。途中南千歳、新札幌にしか止まらない割には後発の普通列車に南千歳の手前の美々駅で追い越される(ドア扱いなし)という。快速とは名ばかりである。

 ニセコエクスプレスは初乗車だ。個人用テレビが装備されており、前方展望などが楽しめる。Good。18:49南千歳着。18:58発の快速エアポート(スーパーホワイトアロー号の車両)新千歳空港駅へ。今日は一日散歩きっぷをかなり活用させてもらった。感謝します。

 今日のチケットは株主優待割引だ。まだ発券していなかったので空港カウンタで発券&チェックイン。\12900(保険料込)と、GWにしては安く上がった(実際は優待券をヤフオク\4500で購入しているので実質\17400である。それでも特割より安い)。 

 発券後、夕食をと昨日に続き1F社員食堂おあしすへ。 今日の〆はラーメンと決めていたが、結構種類があるようだ。昔風ラーメンに心動かされたが、塩ラーメン(\450)を見つけ即決。あっさりしたスープと昨日と同様の腰のある縮れ麺とのバランスがほどよい。一言言わせていただければ、少ししょっぱい。

 出発までサクララウンジでマターリ。飲み物は生ビール。今日はよく味を吟味したが、サッポロクラシックのような味がした。以前はサーバにステッカーが貼ってあったのだが。

 20:42 JL534便は出発。GW終盤の夜便だが満席ではなさそうだ。 JAS機材のB777。席は旧レインボーシートの3A。 個人用テレビがついているが、ゲームの楽しめるポケットビジョン(インタラクティブ対応)だった。ゲームを試してみたがあまりおもしろくなかった。

 22:10羽田到着。23:15帰宅。 あてのない旅中心だったがなかなかに楽しめた。

 帰宅すると、UnitedAirLines(UA)からプレミアエグゼクティブカードが届いていた。2月中旬に申し込んだから2ケ月ほどかかったことになる。 これで期間限定ながら、スターアライアンスゴールド(GOLD)のサービスが享受できる。 国内においては全日空(ANA)利用時にラウンジSignetが利用できることになる。が、利用機会はあるのかは微妙である。

今日のお土産:さんぴん茶、ゴーヤ、ポーク缶、沖縄麩、とうきびチョコ、帆立貝柱など

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2003年03月31日

思うところがありまして

朝日で目が覚める。我が家には東側に窓がないのでこのような目覚めは懐かしい。

 8:00朝食。新鮮な干物をチョイスすることができる。小骨の少なそうな鯵の味醂干しをいただく。 例の通り量が多いので不本意ながらおかずは半分残した。

熱海駅からバス(\430)で姫の沢公園へ行くが、標高が高いせいか、花は咲き始めでイマイチだった。

 小一時間滞在後バスで熱海駅へ戻る。11:55発の踊り子104号で帰途につく。指定券の交付を受けてもよかったが、平日ならば自由席でもよかろうと、そのまま入場。踊り子は伊東から7両で来たが、熱海で東京方に空車5両増結するという。増結側の自由席に並ぶ人はわずかだったので当確。 JRの併結作業はいまだに緩慢で京急とは大違いだ。 11号車クハ185-9。

思うところがあって横浜から相鉄で海老名へ行ってみる。妻がかねてから行きたがっていたasobi:(あそびー)が目的だ。しかし海老名のどこにあるかは不明で現地でネット検索した。

 バンダイの店のようで同社の製品を中心に販売されている。プリモプエルもあったが、妻の目当てのコプエルは案の定SOLDOUT。鉄模型もあったがわしの目当てのデジQトレインはノーエントリーだった。Nゲージは潤沢にあったのだが。

 帰宅後カウンタcgiの改修を行う。同一IPで12h以内のアクセスはカウントアップしない機能と、処理のPHP化(描画アプリは従来同様fly)を行った。 同一IPのチェックは安易にテーブルファイルを新設してサーチさせた。 PHP化したことにより処理速度が50%程度向上した。

夜思うところがあってwebのトイザらスを物色。妻の希望のプリモプエルはなかったが、わしの探していたデジQトレイン(キハ58,165系)はあったのでオーダしておく。e-milenet経由で購入すると期間限定で送料無料(\2000以上)だけでなく、\1000値引き(\4000以上)となるのでお得だ。マイルもたまるので言うことなし。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2003年02月09日

シドニー遠征(2) ブルーマウンテン

 朝食はイタリアンソーセージとチーズのイングリッシュマフィンサンドウィッチ、ツナサラダと玉子のソフトバゲットサンドウィッチ。デザートはフルーツ。なかなか力の入ったメニュだった。ヨーグルトが付属するがなぜか明治十勝ヨーグルト。

 オーストラリア大陸を見ようとしたが、雲に覆われて全く見えず。 8:10定刻より早くシドニー・キングスフォードスミス空港(人名が由来のようだ)到着。出国航空券を所持していなかったが、軽くイミグレを通過できた。しかし入国後の手荷物検査が並んでおり時間がかかる。到着時に検査を行うのは珍しい。食べ物などの持ち込みを厳しく制限しているからのようだ。

 空港でsite氏(仮名)らと解散後、今回の主目的であるブルーマウンテンズヘ向かう。バスによるツアーがあるかもしれないということだったが、よくわからないので、一旦CITY(CENTRAL)へ出てからチケットを買うことにした。

 9:30シドニーセントラル駅着。窓口(券売機でも買えるが)で、カトゥーンバ駅までの日帰り往復きっぷ(DayReturn)を買う。カトゥーンバ駅までは100kmあるので結構値段が張ると思っていたが、わずか13.60AUD(約1000円)だった。ついでに時刻表のコピーをもらう。シドニー〜カトゥーンバ間は概ね1時間ごとに列車があるようだ。

 10:02出発。シドニーの列車はほとんど2階建て。せっかくなので2階に着席。

 世界の車窓からごとく車窓を楽しみ、12:00カトゥーンバ駅着。今日は空港から直行できているため、荷物が重い。駅のロッカーに預けて身軽で探検しようとしたが、残念ながらロッカーが見つからず、仕方なく荷物を背負ったまま移動。 夏なので日差しが強めだ。

 20分ほど歩いてエコーポイントに到着。その名の通り展望がよい。日曜ということもあってか人出も多めだ。

 展望台からは、ブルーマウンテンの景色がよく楽しめる。幸い天気もよく、来た甲斐があったと感慨ひとしお。 隣接する奇岩スリーシスターズも美しい。

 見るものは見たので次に移動。次の目的地はシーニックワールド。ここには世界一勾配の急な鉄道があるという。その斜度は52度というからほとんど壁である。

 エコーポイントから歩くこと約15分で到着。ここも観光名所だけあって、多くの人が訪れていた。観光バスも多数。

 急勾配のシーニックレイルウェイは、往復またはロープウェイのスカイウェイとの組み合わせでいずれも12AUD。乗ろうと思っていたが、ブースから出発の様子を見物していたところ、まるでジェットコースターのごとく落ちて行くではないか!これはたまらん、ということで撮影のみにて撤収。

 さて、ここでしばらく滞在するつもりだったが予定が変わってしまった。 さらに今朝から歩き回ったのと日頃の運動不足のため、足が疲れてしまったので駅まではバスで帰ることにして、遅めのランチを公園でとる。

 15:10バス乗車(2.20AUD)。駅までは意外と近く、15:20カトゥーンバ駅到着。運よく15:25の列車に乗ることができた。行きと違って、帰りの列車は終点シドニー中央駅までガラガラだった。 道中思うところがあって携帯電話に内蔵されたミニゲームを楽しむ。 17:20シドニー中央駅(CENTRAL)着。乗り換えてKingsCross駅へ移動。 宿へチェックイン。オペラハウスの夕景、夜景を撮ろうと思ったが今日は歩き過ぎたので断念。 例の通り近くのボトルショップColes(スーパー)で買い物をして総菜屋さんでピザ(2.80AUD)を買って部屋で一人宴会。

今日の宿:クレストホテル KingsCross駅の上に位置し交通至便。日本人ユーザも多いようだ。わしの利用した部屋はコネクションルームとなっているようで、鉄のドアを挟んで隣の部屋の物音や話し声が筒抜けだった。参ったな。

今日のビール:カスケード(cascade)、クラウン(crown)、TOOHEYS NEW。どれもビターが強いがカスケードが今日の中ではベストか。VB(Victoria Bitter)は明日しこたま飲むだろうと思って温存しておく。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2003年01月19日

台北遠征(2)

MRTの一日乗車券(一日票:NT150)を買ってまずは今回の目的である新北投温泉へ。MRT新北投駅まで開通しているのでアクセスは楽だった。MRTはこの季節でも冷房が効いていた。
 一日票での乗り降りは専用の改札口を利用し、いちいち係員を呼び出さないといけないのでちょっと不便だ。
ちなみに、MRT車内および駅構内では禁煙は当然として、飲食も一切禁止である。検挙されればNT1500罰金を科せられるという。日本でもやればおもしろそうだ。

 駅から坂道を上って温泉を目指す。しかしガイドブックではすぐだと思っていたのだが延々と上り坂が続き温泉地らしき光景にはなかなか出会えない。どうやら道を誤ってしまったらしい。上り詰めたら一軒温泉宿を発見。どうやら陽明山公園方面へ来てしまったようである。北投宝物館(失念)というところから下って行くといくつかの温泉宿が見えてきた。その数が増えてきたところがどうやら新北投温泉らしい。かなり迂回してしまったようだ。

 新北投温泉一帯は公園になっていて、ピクニックをしにきている子供も多いようだ。

 公営?の露天風呂を見つけたので、さてさてと入ろうと思ったが、水着が必要のようだ。しまった!水着忘れた! 是非もなく指をくわえながら外から見るだけで終了。

 11:00新北投駅出発。ガイドブックにのどかでよさげとあった新店へ行ってみることにする。北投駅淡水線に乗換終点新店まで乗り通す。

 新店で降りたものの、意外と都会でびっくり。周辺図をみると、吊り橋があるようなので行ってみる。途中には露店、屋台が並ぶ街があり興味深い。しかし食をそそるようなものには遭遇できず。

 吊り橋は立派なもので大きな川にかかっている。川には足こぎボートがたくさんあり観光名所のようだ。碧タンという景勝地のようである。

 今日は帰国日につきあまり時間がないため、残念ながら30分ほどの散策で12:27MRTで帰途につく。

 台北駅構内のセブンイレブン台鉄のポケット時刻表(ジコクヒョウとそれなりに言ってみたが通じなかった)をなんとか購入。友人のために複数買ったのだがレジ姉は「なんでいくつも買うのかしら」(勝手に解釈)と笑っているようだった。わしが日本人とわかるのか最後は「ドウモアリガトウゴザイマシタ」と流暢にお礼いただいた。参ったな。

 まだまだ名残惜しいが13:15往路と同じ國光客運バスにて空港へ。さらば!台北の街よ!
14:20チェックイン。主な土産は手配済みなので免税店も用なし。強いて言えば今朝両替機でNT1000をくずしたらNT100札9枚と小銭が来ると思ったのだが全部NT50硬貨で両替されたので小銭を使おうと思ったが目ぼしい買い物もないのでそれも中止。次回の軍資金としよう。

 搭乗まで2002年にリニューアルしたJAAサクララウンジでマターリ。ここではLAN接続によるインターネットアクセス無料ででき、ようやくネット難民から救済された。飲み物は豊富にあったが名残を惜しんで台湾ビール。ただしサーバはなく、缶での提供だ。その他3種類のつまみ、茶菓子をぼりぼり食う。

 15:45予定通りEG206は出発。機材はJAAのもの、席は34G。今日も空席多数だ。

機内食は魚をチョイス。飲み物は一番搾り+白ワイン。腹一杯になってしまう。

 途中ほとんど揺れずマターリフライトで19:15NRT着陸。しかし成田は広く、ゲートまで数十分滑走する。

 19:50イミグレ通過。降機後Yahoo!モバイルで調べておいた19:55京成線特急上野行に乗車。青砥で始発の快特三崎口行に乗換、スムーズに進んだがやはり成田は遠く22:20帰宅。

 台北滞在は正味24時間に満たなかったが、一言で表現するならば、良くも悪くも、「カオス」な街だった。次回の探検に期待したい。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2002年08月30日

四国遠征(1)

 関西の友人が18きっぷで四国へ行くという。図らずしも今日はオフとなったため、急遽わしも18きっぷ消化をかねて四国へ遠征
することにした。
4:30起床。まずはJL481で岡山(OKJ)へ。前日の特売りで予約したので\10500でOK。新幹線で大阪へ行くよりも安い。
羽田で10月のバーゲンフェアのチケットをJAL利用クーポンで購入。クーポンで買うと払い戻しができないのがネックだがわしは多分行けるので気にしない。

 ラウンジでいつもの缶牛乳等を飲んで80番ゲートからバスで搭乗。機材はB737-400(B34)。席は最後尾の26K。しかし窓がない!参ったな。しかし全く見えないわけではないので問題なし。天候はよく、K席からは多摩地方、甲府、伊那谷、犬山、琵琶湖がよく見えた。○。

8:50岡山空港着。すぐバスで岡山駅へ向かう。\680。車内は羽田からの乗客でほぼ満員になってしまった。 5分遅れで発車したが、快調に走り、定刻より早く9:27に岡山駅到着。友人は9:15に岡山駅に着いており、次の乗車列車である快速マリンライナーの発車時刻9:44に余裕で間に合った。11番線6号車で合流。友人も4:30に起きたという。

 まずは朝からではあるがビールで乾杯。9:44発車。久々に瀬戸大橋を渡る。6号車にはDQNがおり、喫煙はするわ裸足で歩き回るわで参ったな。

高松から琴電へ。元京急の車両62および1000系と対面。62はかなり昔の車両なのでわしは現役当時の姿を知らないのだが。長尾行きの車両は62+67。わしらは67に乗車。吊り掛けのモーターがよろしい。冷房がないのは仕方がない。単線でのんびり走る。途中交換した列車はすべて元名古屋の地下鉄。旧車両はわしの乗った列車だけのようでラッキーだった。

11:53長尾着。大窪寺行きバスは11:20に行ったばかりのようだ。次は13:45(終車)でほかに乗り継ぎでもいけないらしい。仕方がないので長尾市内散策となった。87番札所を見学して、暑いのでビールでのどを潤す。昼飯屋を探すと郵便局発見。しまった!通帳忘れた! やむを得ず新規で口座を作ることに。最近はシャチハタ印でも口座開設ができて便利!? 預入中に突然大雨が。しまった!傘忘れた! 是非もないのでサンクスで傘を買い(\400)、うどん屋でランチ。かやくうどん(\200)というメニュがあるのでオーダ。シンプルだがうまい。 その後雨は止んでしまい、大川自動車(バス)の待合室でしばしぼぉっとしてしまう。 13:45大窪寺経由清水行き発
車。乗客はわしらのほかにはいなかったが、途中で数名乗車。それもまた途中で下車してしまい、大窪寺では無人になってしまった模様。14:15着。また雨だ。大窪寺までの運賃は\700。

ここは88番札所。結願の寺だ。 めでたく友人が結願。結願すると雨はやんだ。15:11折り返しのバス(終車)で帰途に着く。予想通り同じバス、同じ運転手だった。 15:42長尾営業所着。今日は徳島へ向かうため、高松へは戻らず徳島方面のJR駅に行きたい。偶然にも営業所には志度行きが待機していた。これ幸いと飛び乗る。 15:50発車。16:10琴電志度駅着。JR志度駅までは徒歩30秒。近くのローソンでビールとつまみ(じゃこ天)を買い、徳島行き普通列車車内で宴会。1000系キハでトイレはなし。途中数分停車する駅が多数存在するがきっとトイレタイムを設けているのであろう。

18:36徳島着。途中iモードの旅窓で宿を探していたが、予算とロケーションで駅直上のクレメント徳島(TW\12000)に決定。部屋は広い。インタナショナル仕様なのだろうか。外国人もちらほら。特筆は窓から駅構内および徳島運転所を含む景色が一望できることだ。
VeryGood。

まずは強い雨の中夕食へ。台風15号の影響のようだ。行動範囲は狭くならざるを得ない。参ったな。とりあえず本屋でグルメ本を立ち読みして情報収集した後、串仙という居酒屋へ。Asahiビールメインなので躊躇したが、Kirinの瓶ビールもあるので入店。おでん、串カツを食う。サービスのキャベツばかり食っていたので飲んで食って1人当たり\1200だった。店にとっては商売上がったりであろう。雨が小止みになったところで買出しをして部屋で2次会。枝豆、焼き鳥など。飲み物はヱビス。おいしさのあまり思わず歓声を上げてしまう。 ところで明日も天気は悪いらしい。参ったな。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2002年08月20日

ガキドン

久々に出社。少し休みぼけもあるが気持ちを切り替えて臨む。処理結果の精査中にプログラムのバグを発見。見つけることができて一同一安心!? 事なきを得た。鉄砲というのに21:30までお仕事。

帰りに品川駅で大垣夜行(ガキドン)の行列を目撃。座れないレベルではないが1乗車口あたり10数人が並んでいるようだ。 品川駅構内の「あじさい」でそばを食ったが18きっぷユーザと思しき方がちらほら。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2002年08月15日

ドイツ遠征(6)〜ケルン・UG

朝食@デュッセルドルフのホテル 7:30起床。朝食はGood。同じグループのケムニツより質がよろしい。しかし係員の態度はよろしくない。いつもの通りパンとチーズなどでバーガーにして食べる。

Düsseldorf Hbf. Paris Miki Düsseldorf branch

2002081504.jpg 2002081505.jpg

Bier/Düsseldorf 支度して10:20チェックアウト。デュッセルドルフ中央駅に戻って重い荷物をコインロッカーに預け、ライン川を目指して散歩。途中日本人街を通ってみたが、ホームシックとかはゼンゼンなく、ドイツまで来て日本語の嵐を見るのもなんだかなあと思う気持ちのほうが強く、好きになれなかった。途中ヨーロッパらしいオープンカフェがたくさんある通りをコンタックスで撮り冷やかしながらぼちぼちとライン川に到着。河川岸にはやはりオープンカフェが点在し、よい雰囲気。デュッセルドルフ名物のアルトビール(e2.10)を片手にわしもオープンカフェでしばしぼぉーっとしてしまう。

Z company in Düsseldorf ライン川を離れ、ウインドウショッピングを楽しみながら13:40駅に戻る。14:02のICでケルンへ移動。列車は若干遅れているようで14:06入線。結局ケルンには15分遅れの14:40到着。ここからフランクフルト空港への全車指定席の最新鋭新幹線ICESprinter(スプリンター)の予約に挑戦。必要事項をメモした紙を渡したが、希望の列車の1等の禁煙席はFULL(満席)という。それではと2等を手配してもらう。ICESprinterの場合、指定席料金2.60EURのほか、特急料金相当のEUR12.00が必要とのこと。

Bier on DB 17:46のICESprinterが無事手配できたので、残りの時間をどうするか思案していたが、とりあえずケルン駅前の大聖堂をチラッと見た後、ここから程近い刃物の街ゾーリンゲンに行くことにした。手元の時刻表によると50分くらい滞在できるようだ。15:09ICで移動。1等のコンパートメントを専有できた。冷房の温度調節ができるようだ。途中までICEと併走したが文字通り並走でほとんど同じように加速していった。面白かった。

 15:39ゾーリンゲン到着。あてもなく駅前の商店街を闊歩するが、なぜか刃物屋さんは一軒もない!参ったな。とりあえずスーパーを見つけたのでそこに刃物はないか探したが、ベルリン製のものしかなかった。ビールが安いのでついつい買ってしまう。お土産用のチェコの珍しい酒もあったのでついでに買っておく。適当なところで引き返すが結局刃物のお店は見つけることができなかった。うーむ。 是非もなくICでケルンへ引き返す。1等車内でさっき買ったビールと先日買ったソーセージのおつまみでブレイク。

2002081509.jpg ICが入ってきた。奥はSバーン
 16:50ケルン到着。ケルン駅構内のコンビニのような店で小銭を消費するために菓子を買い、ぴったり使い切ることに成功。 17:46までまだ時間があったが、今日も歩きつかれたのと、ここはひっきりなしに列車が行き来するのでホーム端に座ってしばし撮鉄タイム。ドイツ人青年が1人別のホームで同様に撮鉄タイムしていた。

 17:35ICEが入線したので乗車。23号車86番。窓側だが進行方向ではない。86番にはユーロパスを持った若い女性がいたが、きっと指定と知らずに乗ってしまったのであろう。すぐ席を立ってくれたが、やがて隣に戻ってきた。向かいの席は日本人男性。ユーロパスで北欧を回ってきたらしい。

 ICESprinterは評判通り非常に速い。300km/hを出すという。フランクフルト空港までの1時間はあっという間だった。トンネルが多かったので景色を楽しむには向いていないかもしれない。

 空港に着き、JALファーストクラスカウンタでチェックイン。現地人と思われる係員に「Cクラスにアップグレードしてあります」と言うと、困った顔をしながら「エイゴ・・・?」。どうやら日本語はダメらしい。英語で言い直すと「OK」てな具合にスムーズに運び事なきを得た。わしは問題なかったがファーストクラスカウンタぐらい日本語OKな係員を配置したほうがよいと思われ。ちなみにチケットはシドニー発フランクフルト行きJALエコノミー(Mクラス)をマイルを使ってビジネスクラスへアップグレードしたもの(現在はUG不可)。

 もう空港には用はないのでイミグレへ。なんと出国時もスタンプはおろかパスポートのチェックすらしなかった。うーむ。

 手荷物検査時、荷物に酒瓶があったので気さくそうな係員に「取り扱い注意で頼むよ」と言ったら実に丁寧なアクションで扱ってくれた。感謝します。出国後はDFSで適当に買い物をしてサクララウンジへ。しかしこれが実に遠い。散々歩いてようやく到着と思ったらそこはデルタ航空のラウンジだった。慌てて隣のサクララウンジへエスケープ。

 ラウンジでドイツビールを飲みながらPCをポチポチ。ボックスはほぼ満員の様子。日本人しかいないようだ。
 20:40すぎ搭乗アナウンスあり。ぼちぼち退場。帰りはCクラスなので慌てて乗る必要もないのでゲート前でしばし荷物の整理。席は9K。さらばドイツ!さらばビール天国よ!

2002081511.jpg Cクラスは空席が目立つ。9Hの方も9Gへ移動され、9Hに荷物をおくことができ、楽をさせてもらえた。機内食は2食ともうまい。満足。食前酒としてシャンパンが飲めるのも貧乏人にはうれしい限り。1種類しかなかったが、ドイツビールも飲めたのもうれしい。いつしかお休みモードに突入。


この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2002年08月14日

ドイツ遠征(5)〜ICEでデュッセルドルフへ

携帯のアラームで6:30起床。曇りでたまに雨が降る。気温は11度と8月としては低め。朝食は昨日とまったく同じだったが、材料は豊富なのでアレンジして食べる。グー。しかし突如トイレに行きたくなり、早々に退散。とほほ。

8:10チェックアウト。今日は机上の予定では8:57発のREでLerpzigへ出てIRとICEを乗り継いで移動する予定だったが、駅についてみると8:57発の列車はバス代行となっていた。どこかで不通になっているようだ。ガーン、ショック! 発車時刻表を見ると、7:55発予定のNurnberg行きICEがまだ止まっている。とりあえずそれに飛び乗りNurnberg経由で行けるか賭けてみた。わしを待っていたかのように、運良く乗るとすぐ発車。8:50。

1等は無人のようだ。1人用のテーブル席に陣取る。今日気がついたが1等席には専用の電源コンセントが装備されている。こりゃええわとデジカメ用のACアダプタを差込み、ガンガン撮りまくる。 列車は途中徐行区間もあったものの、1時間遅れで無事ニューンベルグ到着。ここは晴天。途中検札に来た車掌は親切で、わしがデュッセルドルフに行くと言い添えたら、ニューンベルグでの接続時間や乗車ホームなどを教えてくれた。感謝します。
 ニューンベルグからは再びICE(キハではない)乗車。12:25発。車端の液晶(モノクロ)画面に行き先表示に混じってスピードが表示されるのでチェックしていた。250km/hがmaxか。高架区間ではないのに速い速い。JRの在来線区間では狭軌のためここまでは出せないであろう。

 さて思うところがありましてフランクフルト中央駅で下車。実は先日のInterCityHotelで無線LANの実験をしようとしたのだが、ロビーでは無線をキャッチできず、不発に終わった。結局何もせずに後続のEC(EuroCity:国際特急)へ乗車。1等はコンパートメントのみのようだ。あいにくどのコンパートメントもあいてなく、老夫婦と思われる方がいる1室へ「May I enter?」と言って入らせてもらう。acceptしてもらったものの、どうも老夫婦には英語が通じていないようだ。右手にライン川を臨みながら快調に走る。景色はGood。デュッセルドルフまでまだ間があるので食堂車へ探検に行くが、禁煙席がないので、ビール(e2.40)だけ買って座席で一人乾杯。よくみるとオーストリアのビールのようだ。そういえばこの列車はオーストリアのウィーンから来ているらしい。

 ケルンで老夫婦下車。コンパートメントは以後独占状態。ビアを飲みつつのほほんと過ごす。18:23ついにデュッセルドルフ到着。まだまだバリバリに明るい。駅前には多聞にもれず市電が走っている。徒歩で今日の宿へ向かう。何とか迷わず到着。フロントの方は気さくで親日的。部屋にはバスタブがあった。昨日まではなかったのでうれしい。荷物を置いて散歩&買出し。スーパーを見つけたので入ってみる。ビールが安い!500ml缶が、e0.49とかe0.55(日本円で60円くらい)だ。ぬおぉ!ソーセージは2人前くらいでe1.50〜。思わず歓声を上げてしまう。 さらに散歩するともっと安いスーパー発見。ドイツパンが500gでe0.39、カマンベールチーズ100g e0.60、ビールはさっきのスーパーで買ってしまったが、e0.30など安い!

今日の夕食:ソーセージ多数、カマンベールチーズ多数、ドイツパン多数、魚のひまわり油漬け缶 飲み物はビール2本。食いきれず苦しい。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2002年08月13日

ドイツ遠征(4)〜洪水でSL断念

7:00起床。今日も台風のような天気だ。TVではドレスデンほか各地で洪水被害が出ているようだ。ほぉら、やっぱり嵐が来ていたんじゃないか。
さて朝食。ソーセージはなかったものの、パンもハムもチーズも種類が多くgood。間違えて喫煙席に座ってしまったことがBad。それにしても今日は朝から消防車か救急車かわからないがサイレンが多い。

 さて、今日はSL探訪をすべく、BVO鉄道を目指す。今日はDBに乗る距離が少ないのでパスは使わない。 ケムニツ駅にてBVO鉄道の起点となるクランツァール(Cranzahl)駅までのきっぷを買おうとしたが、係員はドイツ語で何事か言って売ってくれない。英語の話せるという係員に尋ねたが理由はドイツ語で言っている。うーむ。とにかく売れないらしい。 きっと途中からバス連絡だから通しでは売れないのだろうと解釈し、もう時間もないし、それではと、途中の接続駅であるヴォルケンシュタイン(Wolkenstein)駅までのきっぷ(4.50EUR)を自販機で買い、1分後の10:44に出る列車のホームへ行くが列車はいるものの、サボにはNicht....と書いてあり、車内も暗い。手元の辞書で調べると、乗車できないらしい。あれ?わしの乗る列車は番線が変更になったかと思ったが、案内板によると確かにこのホームだ。じゃあ遅れているのだろうと解釈してしばしぼぉーっとしながら待っていると、案内板の表示がパタパタと消えてしまった。このとき、ウヤ(運休)を悟った。ガーン、ショック!列車がウヤになったことよりドイツに来た大目的の一つのBVO鉄道を訪問することができないことが大いにショックであった。バーデンバーデンのことといい、昨日の振り子列車といい今回はツキに見放されているようだ。

 しばし途方に暮れていたが、今日もケムニツ宿泊なのでケムニツ市内探訪へ予定変更。せっかくきっぷがあるので、トラムに乗って気の向くままに移動。セントラルが比較的規模が大きいのでそこを散策することにし、セントラルから1駅先の交差点で下車する。

 すぐ近くに橋があるが人垣ができている。何事かと思って近づくと、濁流であった。幸い溢れていないものの、橋げたから10cm下まで水位がある。昨日の大雨の影響であろう。上流からは薪やタイヤなどがジャンジャン流れてくる。これは大変だ。 運休もこの大雨の影響なのだろうと改めて思った。しばし川沿いの遊歩道を撮影がてら散歩。途中の歩道橋には、大型の材木などがひっかかっており、警察の介入で通行禁止となっていた。うーむ。

 日本での経験から水位は今後高くなると察して濁流見物はほどほどにしてセントラルを散歩。デパートにインターネットサーフサービスコーナーを見つけた。1.50EUR30分サーフおよびメール送信する。Windows2000Proのため日本語フォントが入っていたので、日本のサイトも難なく見られた。ついでにJALの10月のバーゲンフェアの先行予約もちゃっかりしておく。助かった。

 土産や水などを物色し、途中でマクドがあった(昨日見つけたのだが)ので日本にないメニューのビッグマックブラジル風味とビールをオーダ。

16:00部屋へ戻り、しばし昼寝。夕方明日以降の予定を検討。TVではドレスデンやチェコのプラハの深刻な洪水被害を報道している。一部の鉄道にも影響しているという。明日は天気は回復するというが、より西のほうが天気はよいらしい。明日は西へむかうことにした。問題は鉄道網がちゃんと動いているかどうかだが、TVではよくつかめない。明日夜に都市へ入ると宿探しも大変だ。

 そういえばと、ふと思い立ってフロントでこのホテルのチェーン店の料金について聞いてみた。フロントではわからないが、電話で聞いてくれるという。チェーン店には明日行くことが可能なボン、ケルン、デュッセルドルフなどがあったが、結局デュッセルドルフにあるビジネスホテルを70EURで手配してもらえた。これで列車が遅れても事なきを得そうだ。とても親切なフロントの方だった。

 よく考えるとここからデュッセルドルフまで628kmもあることがわかった。パスだから銭の心配は要らないし、時刻表によれば午後でても余裕でつくようだが万一着けなかったらどうなるのだろうか。

 今日は夕焼けがややきれいだ。天候は回復しているのだろうか。

今日の夕食:デパートで買ったソーセージなど。飲み物はホテル内で買ったビール(0.33L:1.50EUR)1本。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2002年08月12日

ドイツ遠征(3)〜旧東独ケムニツ

携帯のアラームは1回鳴ると無効になってしまうようで、今日は鳴らなかった。7:30起床。外はまだ雨が降っているようだ。ガーン、ショック! 朝食を昨日と同じくガンガン摂るが質的には昨日よりよろしくない。ここにも日本人がいた。

 ところで今日は強烈な二日酔いである。500ml3缶はわしの許容量を超えていたようだ。そういえば先週も同じ失敗をしたような。。。参ったな

 今日はSLの走るBVO鉄道への前線の町、ケムニツ(Chemnitz)へ向かう。ミュンヘンからは意外と遠くて、ICEを乗り継いでも5時間30分かかる。ミュンヘンからのICE1518は遠くハンブルグ行きだ。パンフレットによると、終点まで10時間近くかかるようだ。乗り通す客はいるのだろうか? 長距離特急のためか、1等のほとんどの席はどこかしらの予約が入っていた。よく見てわしの乗る区間が未予約の席を確保できた。1人用テーブル席。PCを出そうかとも思ったが頭痛のためパス。参ったな10:51出発。

 ICEらしく200km/hあるいはそれ以上の速度で快調に走る。12:19ニュルンベルグ到着。ここで別のICE1661に乗り換え。このICEはディーゼルカーのようだ。非電化区間を走るらしい。1等車は編成端にあり、かぶりつきルームともいうべき小部屋があった。しかもどの席も空席だったので、エイヤと陣取る。発車を待つが運転士が来ない。おかしいなと思っていると後ろ向きに走り出した。逆向きだったようだ。参ったな

 列車は非電化区間を快調に走る。160kmくらいでているのではないだろうか。よく観察すると、この車両は振り子構造のようだ。ややきついカーブでも150km/hくらいの高速で駆け抜けていく。しかし振り子特有のカーブの前後の揺れが二日酔いの体には堪えた。思わず2席を使用して簡易ベンチを作って横になってしまった。あーしんど。

 ということでかぶりつきルームを去り、席を移動。エンジンの上付近のテーブル席が空いていたので陣取り、風景もそこそこにしばし休憩。風景は北海道によく似ている。水を飲んでいたが、emptyになったのでboad bistro(ボードビストロ)ビールではなくオレンジジュース(2.40EUR)を購入。しかしながらなおもシンドく、早くケムニツに着かないかとあせる一方。参ったな

 Hof(ホフ)を過ぎると中央部が空いたので、中央部のコンパートメントへ再移動。少しよくなったようだ。やはり揺れとエンジンの振動がよろしくなかったようだ。早く気づけばよかった。不覚。

 15:54ケムニツ着。雨である。風も少し強い。今日の宿を求め、駅前のi(観光案内所)へ。innという単語は通じなかったが、hotelで通じた。予算50EURで駅から近い宿(2泊)を手配してもらう。ガイドブックによると予約料を払うと書いてあったが請求されなかった。しかし確約書をよく読むと、手数料(金額不明)は料金に含まれると書いてあった。料金は1日46EUR。朝食、税、サービス料込みだから日本のビジネスホテルに比べかなり安い

 雨中を歩くこと5分でその宿(europa:ヨーロッパ)はあった。なかなかよさげな感じだ。部屋も広めで白を基調とした明るい部屋だ。特筆は眼下にトラムが眺められること。ホテルの前の大通りがトラムの軌道にもなっているのだ。

 早速買出しへ。今日は台風のような天気だ。傘が一部壊れてしまった。とはいえ骨の一部に障害が出ただけなので傷は浅そうだ。スーパーらしいものがあるといわれた先は化粧品メインの雑貨屋だった。もっと先にあるかもしれないが、この天候なのでこの雑貨屋で菓子と水(0.49EUR)を調達。残りは駅で調達することにした。駅ではメインとビールを購入。ホテルへ戻ってフロントに嵐が来ているのかと聞くと、いいえという。珍しいことではないようだ。それともフロントの方はかなりの悠長な方なのだろうか?

 部屋からはオペラハウスらしきものと、大聖堂のようなものが正面に見える。無線LANはAPが見つからず。夕食後、昼間の振り子列車のせいか体がフラフラするので早めに就寝。明日のSL訪問に備える。

今日の夕食:薄いカツをパンでサンドしたもの(何と言うのだろう:e2.65)と30cmはある長〜いジュージューソーセージ(2.30EUR)。飲み物は500ml缶ビール(名称失念:1.80EUR)1本。
今日の宿:Hotel europa.(★★) gunnewigチェーンのひとつ。フロントの女性が大変親切だった。◎
注:2007年現在は、Hotel an der Oper, Chemnitzというホテルに名称及び運営者が変更となっている。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2002年08月11日

ドイツ遠征(2)〜バーデンバーデン・カールスルーエ・ミュンヘン

6:30携帯で起床。外は曇り。7:00朝食。webでの評判どおりハム、チーズやソーセージ種類が豊富。昼食を摂らずに済むようガンガン食う。日本人が結構いた。

8:25チェックアウト。8:30フランクフルト中央駅でしばし撮影タイム。ドームに覆われているのでこの時間でも薄暗い。

今日はバーデンバーデンを取材してミュンヘンに移動だ。8:44ICE入線。14両編成と長い。1等車は3両あり、わしは禁煙席の11号車32番へ着席。ドイツの座席予約のルールは、基本は自由席で、予約が入れば座席の上の棚などにその区間あるいは予約済みの旨の札あるいは電光表示がされる。逆に言えばこれらの表示がなければどの席に座ってもよい。今回は1人旅であるのと、1等を利用することから、事前予約(e2.60)は不要と考えている。ICEの多くには食堂車も連結されているが、予算の都合から今回は利用することはなさそうだ。
 座席にはバリエーションがあり、一般的なシートのほかに、木製テーブルつきの席(1+1、2+2などあり)、4人用セミコンパートメントもある。一般シートにはビデオサービスがある。一般シート以外はオーディオサービスがあるがヘッドフォンは持ち込まないといけないようでこれまた利用することはなさそうだ。しまった!ヘッドフォン忘れた!

 ドイツの新幹線ICEの紹介を書いたところでICE693は8:49発車。今回は一駅だけ利用だが、77km,37分乗車できる。なぜ細かい数字が書けるかというと、席の上にその列車停車駅、時刻、区間距離、乗り継ぎ案内、車内や駅の設備などを記したパンフレットが置かれているのだ。1つのパンフで1列車だけを記載してあり、DB全体で何種類のパンフレットがあるのか見当もつかないがDBの力の入りようが実感できた。

 9:26マンヘイム中央駅到着。同じホームで9分の接続でIC609に乗り換え、IC(インターシティ)はいわば特急というところか。1等車に楽勝で着席。日本人も何人か見られる。ICの1等はコンパートメントもあるようだが、一般席は1+2の配置。日本のグリーン車によく似ているが天井がやたら高い。
 このICも一区間の乗車。といっても61km,29分乗る。表定速度が120km/h以上なのでかなり速い。Bクリ。

 9:58カールスルーエ中央駅到着。ここはトラムモデル都市として日本のいくつかの地方都市が模範にしている街だが、今回はトランジットのみ。18分の接続でRE18007に乗り換え。REは快速といったところか。快速にも1等席はあるが1等車ではなく、1等と2等の混在する車両となるようだ。6人用のコンパートメント席だ。

 10:16発車。REも結構速く、10:34バーデンバーデン駅到着。 まずはミュンヘンへの時刻表をGET。昨日も書いたとおりこの時刻表は便利だ。トーマスクックの時刻表は不要とも思えるほど。

 荷物を預けようとロッカーに入れたはいいが、日本式に、ドアを開けたまま金を入れて閉めて鍵を抜こうとしたところ、勝手が違うようで、鍵が閉まらない! ロッカーが悪いのかわしが悪いのかわからないが、金だけ取られてしまった!とほほーい! ここで小銭がなくなったので結局荷物を持ってバーデンバーデンに行くことになった。

 カラカラ浴場などのあるバーデンバーデンへはバス(長い連接バス)で移動する。乗車券を買って乗車するようだが、そのまま乗車する人も多い。車内清算もできるのだろうか? とりあえずわしはきっぷ(e1.90)を買って乗車。車内にある機械に入れてバリデーションを受けるようだ。チーンと鳴った。

 10分ほどで到着。数ヶ所のドアから客がぞろぞろ降りるがきっぷは渡さないのか?わしも不思議に思いつつそのまま下車。手元にきっぷが残った。うーむ、不正乗車し放題ではないのか??

 涼しい町を歩く。8月というのに18度くらいしかない。コートを着ている人もいる。わしはTシャツ1枚であるのだが。 とりあえず案内所へ行くが手元のガイドブックにあるはずの案内所がない! うろうろするうちに何とか見つけ事なきを得た。しかし特に情報はGETできず、飲泉できたのが唯一の収穫。

 適当に歩いていくとフリードリッヒ浴場に到着。ここは高いので撮影と資料収集のみで終了。近くのカラカラ浴場へ行くと、日曜ということもあるのか大混雑だ。うーむまだ午前中だというのに、である。参ったな。切符も買うのもプールへ入るのにも大行列参ったな。結局カラカラ浴場は外部からの撮影のみにて妥協することにした。参ったな

 しばし途方に暮れていたが、思うところがあってカールスルーエ路面電車を探訪することにした。バスで駅に戻り、Sバーン(国電に相当)でカールスルーエへ。この電車には1等車はなく、空いていたのでかぶりつく。25分ほどでカールスルーエ中央駅到着。意外なことに、路面電車のホームへ入線。なんとこの電車はそのまま路面電車として走っていくようだ。かぶりつきを継続しつつ、世界の車窓からよろしく路面電車探訪を継続。
ここはバスも軌道上を走る。なかなか両者のよいところを融合した交通システムを見受けた。

 しばらく進むと、専用軌道に戻ってしまったようだ。単線区間に入るとさすがに来すぎの感が出てきたので、適当なところで降りた。たまたま反対方向の列車がすぐ来たので乗車。マケットプラッツまで戻る。近くには平面交差のポイントもあり、奥が深い。15:40カールスルーエ中央駅に戻り、無料配布時刻表を頼りにルートを模索する。16:05IR2365(急行か?)でシュトゥットガルトへ行き、ICEに乗るとよいらしい。IRには1等があった。5人用コンパートメントの席が空いていたので着席。あとから40代くらいのおば様が見え、相席となるが特に気にならない。16:57シュトゥットガルト到着。覚えたてのドイツ語アウフヴィダーゼーエン(さようなら)というと笑って何事か返事をしてくれた。何を言っているのかはわからなかったが、怒ってはいないようだった。

 11分の接続で今日2回目のICE797に乗車。空いていたので3人がけのテーブル席を占拠。なぜかほかの方はPCをポチポチ。わしもPCを出してポチポチ開始。パンフレットによるとベルリンから来た列車のようだ。ミュンヘンまでの2時間余りをここで過ごした。途中各地で雨に見舞われた。参ったな

19:24ミュンヘン着。外は雨であった。しかも結構気温が低いようだ。ホテルを探すがまたも道を間違えてしまった。なんとか軌道修正し事なきを得た。ホテル前に外気表示があった。14℃の表示にBクリ。その後夕食を調達に散歩。それにしても、ドイツの喫煙マナーは日本と同じくらい悪い。このままではドイツを好きになれないなと思った。

 今日の部屋からは無線LANの電波は拾えなかった。電話線のジャックもなぜかRJ45で使えず。。。参ったな。
今日の夕食:ミュンヘン駅構内で買ったボイルソーセージとプレッツェル。飲み物はドイツビール3種。

今日の宿:ホテルドライレーベン。部屋は昨日より狭いのに値段は昨日より高い。参ったな。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2002年07月13日

続 山口遠征(1)

 本日より再びJALバーゲンフェアで山口遠征。しかし前回と違うのは今回はわし単行ということ。今回の目的はJR小野田線を走る旧型国電クモハ42を見に行く&乗車することだ。先日と同様のJL461便だが、先日のTさんと再会するためと、スーパーシートへUGするために早めに直通快特で羽田へ移動。スーパーシートの取消待ち(スタンバイ)は3番目だった。おそらくUGできると確信してサクララウンジへ。UEO(久米島)へ行かれるTさんはまだおらず、限定のミルクを飲みながら待機。結局ぎりぎりに現れ、1分ほどのオフ会(?)で解散。わしは7:45なのでゆったりラウンジで過ごそうとしたが、冷房が強烈で寒く、早めに退去した。バスラウンジで待っていると、スタンバイの呼び出しがあり、わしを含め結局10名ほどがUGできた模様。座席は82H。朝食は洋食だった。ちょっとがっかり。しかしスピードくじで舌鼓という和菓子があたったのでうれしかった。

9:20UBJ(山口宇部)着。蒸し暑い。徒歩8分のところのJR宇部線草江駅へ移動。鉄人らしき方が数名。同じ便で移動してきたと思われる。とりあえず本山支線は夕方まで昼寝しているので、宿のある宇部新川で下車。散歩ついでに宇部市立図書館で涼む&仕事。しばらくいると冷房で寒くなる。参ったな

 13:20撤収して散歩。ホームセンターなどを見つつ、15:00にビジネスホテル新川へ。まだチェックインはできないそうで、とりあえず荷物を預かってもらい、軽装で本山支線へ移動。雀田駅に着いた時点で強烈なショックを受ける。なんと今日の本山支線はクモハ42ではなく、クモハ123なのである。ガーン、ショック!東ショック!しかしせっかく来たのと、同区間は未乗車なのでしぶしぶ乗車。車内では近隣の山口東京理科大学の方と思われる若い方が物理の実験を行っていた。それ以外はほとんど鉄人と思われる。

 5分ほどで長門本山駅に到着。ここで30分ほどのインタバルで折り返しだが、せっかくなので徒歩で雀田駅へ戻ることにした。途中道を間違えつつも、田園風景とクモハ123との撮影も絡めながら無事雀田駅に戻れた。案の定道中で見たことのある面々がホームにいた。なかでもJL461でわしの隣に座っていた鉄人らしき人がいたことが特に驚いた。

18:20宿チェックイン。部屋は値段\4700にしてはまずまず。CS放送が無料だった。
今日の夕食:ローソンで買った手まり寿司。飲み物は麒麟淡麗。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2002年06月15日

関西遠征

 今週末は関西遠征。3時間ちょっとの睡眠で4:40起床。ヤフオクでGET(\6200)した航空券でJL101に搭乗する。ラウンジでミルクと野菜の戦士(新商品か?)を飲みながら新聞をチェック。8:10伊丹着。モノレール、阪急でちんたら移動して梅田で「大阪周遊パス」を購入。このパスは大阪市内の主な鉄道、市営バスが乗り放題の上24の施設に無料で入場できる。また主な施設、店舗の割引券も付属する便利なパスだ。\2000。梅田からJRではなく地下鉄で移動。途中本町駅で友人ユキ氏(仮名)に遭遇。10:00弁天町着。京都のご主人(仮名)とも合流。

交通科学館を初訪問。入場料はパスの威力で2割引の\320だった。ちょうど上映中だった「東海道新幹線」という記録映画を3人でフル鑑賞。大変貴重な映像が盛りだくさんだった。先日から屋外展示場が改装工事中で、SLなどのほか、食堂車のレストランも営業停止。ガーン、ショック!

梅雨ではあるが天気は良好で塩を噴きそうなくらい暑い。(注:塩を噴くというのは中ちゃん独自の言い回しらしく、衣服の上から塩が浮かび上がるという。本当に塩を噴くかどうかは甚だ疑問なのだが)弁天町から地下鉄でコスモスクエアへ移動し、OTS線に乗ってコスモ展望台に上る。ここは関西で最も高いという。入場料は通常\800もするが、パスのおかげで無料だ。ちょっとガスがかかっており、遠景は望めなかったが十分楽しむことができた。ちょっとまぶしくて目がしょぼしょぼしてしまう。

ニュートラムで住之江公園に移動し、ラーメン屋(名前失念)で屋台ラーメンと、パリパリ餃子を堪能。 四つ橋線で玉出へ出てちょいと歩いて南海岸里玉出駅より高野線に乗るが、思うところがあって天下茶屋駅に戻ってから移動。先頭にかぶりつき、京急とは比較にならないのろさでなかもず駅へ移動。ここから地下鉄御堂筋線で梅田へ移動し、阪神改札そばのミックスジュースを一気飲みした後、阪神特急(新型車両)で尼崎へ。ここから阪神西大阪線ジェットカー(5001〜)に乗り西九条へ移動し、西大阪線完乗。いつかは難波へ延伸されるというが、現状いくつかのビルを破壊しないと無理そうだ。

時間の都合で別運賃を払ってJRで弁天町へ移動。たまたまきていた関空快速にかぶりつく(弁天町が先頭で下車すると便利なので念のため)。弁天町から地下鉄中央線で堺筋本町に移動し、いつもの居酒屋「きんちゃく」で宴会。

23:00長堀橋の大阪富士屋ホテルに投宿。遅めのチェックインのせいか、前金で精算だった。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2001年09月02日

関西遠征

4:30に起きて、始発の次の電車に乗って羽田空港へ。早朝は横浜方面から直通電車があるので楽だ。もう数回お世話になっているがいつもほぼ着席している状態。好評のようだ。

2001090201.jpg JAL341便関空へ。特売りで\9,000という破格便だ。さらにチケットレスで2%OFFなり。 関空線は東京湾南を飛ぶようで、K席からは、みなとみらいがよく見える。晴れていれば富士山も見えたことだろう。 今日は曇りなのでやがて下界の様子はさえぎられた。関空到着前に雲の中を飛行していたが、他の飛行機とばったり衝突したりしないかと不安になる。まあ大丈夫なんだろうけど。

 関空は2回目だが、やたら広い。搭乗口から駅まではかなり歩かされた。ゼーハー。空港ビル付近に芸能人がいたようだが、わしにはだれかわからなかった。SMAPの誰かのような気もするが。

2001090202.jpg2001090203.jpg
 関西空港駅からは18きっぷの出番。本日で4回目のスタンプをもらう。本日も日中の予定は特に決めていなくて、適当に御坊などに行ってみた。紀州鉄道はこの駅からでているが初めて車両を見た。昭和35年製のディーゼルカーだ。御坊からは老雄165系にて和歌山へ戻る。たぶんこの165系も風前の灯であろう。無念。

 なにげに未乗区間の和歌山市−和歌山を乗りつぶした。和歌山市で降りてみたが、完全に南海電車の駅だ。JRは申し訳程度に隅っこで発着する。

 JRで新世界へ行く。づぼらや携帯ストラップを買うためだ。もっとも、お使いである。他に用はなかった。久々にジャンジャン横丁を通ったが相変わらず怪しい。なぜか串カツ屋が行列ができるほど繁盛。

 腹減った。無性に牛丼が食いたくなり、新今宮から関空快速大阪へ。しかし駅が大きすぎて路頭に迷う。とりあえず今晩の宴会の場所である京都方面へ移動する。223系の新快速永原行きで移動。京都駅で降りようとしたが、ふとFM滋賀を聞きたくなって、そのまま乗車。77.0Mhzにチューンしていたが、西大津くらいから聞こえるようになった。成り行きで堅田で下車する。駅から近い国道沿いに飲食店がならぶ。王将もあったが吉野家をみつけたので入店。280円の牛丼を食べて支払うと、なんと財布には500円しかなかった。すかさず近くの堅田郵便局で払い出して事なきを得た。

 FM滋賀でニュースや天気予想の情報を収集して、比良、西大津経由で京都駅へ。関西の友人3人と飲んだくれる。帰路は本日のムーンライトながらだったが、話が盛り上がり、紆余曲折あって明朝の飛行機で帰ることになった。携帯で明日の予約を入れる。特売りはとれなかったが、e割が取れた。居酒屋では、ハモなどをつまみに比較文化学の話題で大いに盛り上がった。

本日の宿:大阪の友人宅。こんな形で初訪問となるとは誰が予想できたであろうか。ひざ掛けに使うつもりだったバスタオルは、本来の役目を果たすことになった。3:00まで葛菓子をつまみにご主人・奥様と飲む。いろいろと厚待遇いただき感謝感謝である。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2001年08月25日

鉄と麦酒

2001082501.jpg 今日は年に1回のJR大井工場公開の日だ。有志に呼びかけたところ、愛知県よりつね氏(仮名)がやってきてくれた。

2001082502.jpg午後からの参加だったが、やはり人出は相当のもの。ここへは2年ぶりとなるが、相変わらず親子連れが多い。しかも鉄人っぽい親が多い(笑)。 今回は113系は淘汰され、かわりにE217系が登場。旧車も、ゴハチ、クモハ12など健在。特にEF5861はかなりきれいだった。

2001082503.jpg それにしても今日はかなり暑い。2時には撤収してしまった。 夜の部(飲み会)までは時間があるので、鉄的にはJR唯一の101系をご案内すべく南武支線へ。幸運にも接続が良く、トントンと、乗車。鶴見線経由で鶴見駅へ。ここで喉の渇きをいやすべく、思うところがあって生麦のキリンビアビレッジへ。

2001082504.jpg 撮影もかねて京急で移動。
 同所は数年ぶりとなるが、なによりいいのは、できたてビールが2杯も試飲できるのだ。しかもおつまみつき。こりゃいい!

 少しふらつきながら新横浜へ移動、そのまま地元のKKM氏(仮名)と合流し、乾杯! いやー実に有意義なリフレッシュサタデーだった。


この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

1