2002年05月13日

ちょっくら逃亡(3)

 今日は帰宅日である。7:30に目覚め、身支度。友人夫妻も起きてきた。月曜日の早朝に出発で申し訳なく思ったが、友人は快く迎えてくれた。感謝感謝。

 バスで千歳空港へ移動。今回はJRに乗らなかったことになる。バスは遅れてきたが出発までは余裕があるので気にしない。

 9:00すぎにSPKへ到着し、まずはチェックイン。10:20発のJL938便沖縄行きまで間があるので、ショッピングを楽しむ。自宅へのお土産として、いつもの六花亭ストロベリーチョコのほか、旬のホワイトアスパラを市価調して最安の店で買う。

 買い物を終えてサクララウンジへ移動。ちょうど10:00の東京行きの利用者が去ったところのようで、ガラガラだ。わし一人というときもあった。いつものとおり、トマトジュースと搾りたて牛乳を飲む。仕上げは健康を考えてお茶にした。読み物は北海道新聞。

 JL938はほぼ満席のようだ。今日もスーパーシートである。席は83A 離陸後なかなかシートベルト着用サインが消えなかった。 ややもして機内食のサービス。今日は朝食を摂っていないので、楽しみにしていた。景色を楽しみつつゆっくり食べた。隣人の男性の方は弁当を持参してきたようで、機内食を断っていた。2つ入る胃は持ち合わせていなかったようだ。

 下界は今日も雲が多めで、下北半島からは能登半島まで視界はさえぎられた。残念。しかしその先は視界良好で、鳥取砂丘や広島空港、瀬戸内海、佐田岬半島、日向灘、大隈半島がよく見えてグー。

 梅雨の影響で南西諸島は雲が多く再び視界はさえぎられた。13:30.定刻より15分ほど早く那覇空港到着。雨上がりで気温は28度と蒸し暑い。

 今日は5時間ほど滞在できるので、友人宅で検討していた沖縄料理の店をはしごするのである。\100ロッカーに荷物を預け、バスにて出発。国際通りのど真ん中である牧志で下車(国際通りは例によって渋滞しており松尾や県庁前で降りたほうが早かったがバスからの車窓撮影も目的だったのであえて牧志まで乗車した)。まずは沖映通りにある「かどや」でとんこつスープの沖縄そば(かけ)を食す。シンプルな店構えだ。メニューも5種類しかなくシンプル。味は思わず歓声を上げそうなくらいおいしい。

 続いてフーチャンプルーまたはポーク玉子焼を食おうとするが、さすがにすぐには胃が受け付けてくれないので、平日を活かし、スタンプラリーをすることにした。まずは次の店である江戸食堂の営業を確認し、とまりん(泊埠頭)方面へ向かう。那覇市内中心部ではほとんどの郵便局を攻略済みだったが泊地区はまだ未訪問だった。2局を訪問し、そろそろ腹ごなしできたころ 15:30江戸食堂入店。半端な時間であり客は少なかった。今日は一人ということもあり、カウンター席に座る。メニュを見ると、お目当てのフーチャンプルーはなく(応相談かもしれないが)、第2希望であるポーク玉子焼をオーダ。今日はおばぁ一人で切り盛りしている。おじぃはいなかった。

 おばぁと話などをしているうちにポーク玉子焼が到着。わしはメニュに「定食」とついていなかったので、単品だと思っていたのだが、山盛りのごはん、味噌汁(内地の普通の味噌汁風、ただし味は沖縄そばのスープのよう=沖縄の味噌汁にあらず)のほかに、サービスで手作りの肉団子をレンジでチンして提供してくれた。もちろんメニュに載ってないものだ。これだけの量には驚いた。さっきのそばがなければ余裕で食えた量であったが、当然ながらまだ消化し切れていないため、ゆくーり食べることにした。味はまたまた思わず歓声を上げてしまいそうになるくらい素朴でおいしいものだった。ククク、、美味しい! これで\450なのだから安い! またくるぜ>おばぁ

 満腹の体で沖縄の食材を買うためにダイエーへ向かう。本当は市場へ行くべきだろうが、今回は時間と胃袋の都合により断念。 結局車麩(ノーマルと圧縮両方)、ポークランチョン缶、天然塩、ボンカレー、生ゴーヤー、オリオンビール(荷物の都合で1缶のみ)を調達。ダイエーはカードが使えるので便利だ。

 思いのほか重い買い物袋を提げ、県庁前からバスで空港へ戻る。出発まで再度ラウンジでくつろぐ。今日は外の蒸し暑さに負けてラウンジ内でオリオンビールをサーバから注ぎごくごく飲んでしまう。

 帰路のJL908もスーパーシートなので当然ながら弁当が出る。胃はすでに臨界状態に近く、善戦むなしく完食はならなかった。飲み物はヱビス。

 先月に続くJAL修行の旅だったが、今回は観光色が強く、旅行をしたついでにマイルがたまったという感じで満足であった。今回の移動で64000FOPとなった。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2002年05月12日

ちょっくら逃亡(2)

 わしの希望で友人車で美瑛方面へ出発。目的(野望)は3つ。
1.純平の天丼を食う
2.桜の花見をする
3.温泉に入る

 道央道を快調に走り12:30に純平着。待望の天丼を食う。友人は海老丼、鶏ササミ丼 メニューに載ってないメンチカツ単品も食った。どれもうまいうまい。くくく、、おいしいぃ。あまりのおいしさに笑いそうになる。

 食後 定番の美瑛の丘めぐり。新栄の丘がすっかり近代的になってしまった。売店とかなかったのに。バス専用駐車場まで整備されていてBクリ。

 美馬牛から上富良野へ出て、十勝岳方面へ。さすがに山のほうはまだ残雪が多い。ふきのとうもワンサカだ。 せっかくなので食べごろのものを摘んでいく。

 温泉は十勝岳温泉カミホロ荘。以前焼失したが最近再建したと言う。ここはまだ入っていないので早速入湯。\600 2つの泉質の源泉を持ち、露天も一応ある。なにより掛け流しというのがベリーグー。気に入ったなり。

 駒を引き返し、美瑛の地酒屋土井で買出しし、セブンスターの木周辺で蕗(フキ)採集をしたあと一路札幌へ。本日の夕食は採ってきた山菜を中心とした春の味となった。実にうまい。
 就寝前にAXESSしてみると、ぜんぜん取れなかった明日の便のA席が空いていたので速攻GETする。ピースピース。

今日の宿:昨日に引き続き友人宅

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2002年05月11日

ちょっくら逃亡(1)

 今日より逃亡である。目的地は北海道。 しかし搭乗便は10:50発のJL903便那覇行き。 よい時間帯のためかラウンジは混雑。とはいえ、席がないほどの混雑ではない。 機材はB44。座席は81K。JGC優先席である。 土曜のためか、子連れも多い。
よく見ればスーパシートにも子供が。金持ち家族らしい。

 今日は下界は雲が多く景色はあまり楽しめず。
ややもして那覇着。今回は1時間のトランジットのため、少々の買い物だけしてすぐまたラウンジへ。ここも土曜のためか混雑。モジュラージャックの使える席はいっぱいの盛況。 PHSにてダイヤルアップを試すが、RASが応答せず。ぶーぶー。

 14:40 JL938にて札幌へ向かう。JL903で見た方も何人かいた。修行者かあるいは日本一周か? わしは旅行者、ということにしておこう。

 機材B6 席は82K JGC優先席である。前が壁で足元が広い。晴れていれば日本海側の景色を楽しめるが、雲雲雲。 ぶーぶー。

 17:30 15分早く新千歳空港到着 今日は友人宅へ向かうのでバスで移動。早着のおかげで1本早いバスに乗れた。札幌市内へ出て友人宅を訪問。夕食を一緒にいただいた。うまい。例によってビールも勧められたが、残念ながら昨日より薬を服用しており、固辞した。といいつつ、50ccほど摂取。 北米旅行などの話をしながら夜更けまでダベリング。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2