2002年07月20日

沖縄遠征(3)

 朝から快晴である。いよいよ沖縄らしい気候が体験できそうだ。今夜は花火大会という。うーむ。
 普段と同様朝食は取らず9:00チェックアウト。今日は本島半周を試みる。まずは本島最北の辺戸岬へ向かう。意外と遠く感じる。

 11:20現着。28km離れた鹿児島県の与論島が間近に見える。雲ひとつなく激烈に暑い。参ったな。 岬を離れ、偶然見つけた近隣のヤンバルクイナの展望台へ立ち寄る。文字通り鳥の姿をかたどったものだが高さが10mくらいある。しかし人影はぜんぜんなかった。穴場なのだろうか。

 国道58号線の本島における始点、奥を通り県道70号線をうねうね進む。時折見える東海岸がきれいだ。交通量はかなり少ない。ここも穴場か。
 県道2号線から国道58号線にもどり、13:30道の駅おおぎみでランチ。沖縄らしいメニューが並ぶが前から気になっていた「みそ汁」(\500)をオーダ。妹は3日連続で沖縄そば。 注目の味噌汁は大きめの丼に入ったものとご飯がついたシンプルなもの。しかし味はグーだ。具(ぐ)は豚肉など。

 国道331号線で再び東海岸へ出て快調なドライブ。途中金武町でブルーシールのソフトクリームでブレイク。それにしても暑いなー。

 思うところがあって海中道路を通ってみたくなり、県道8号、10号経由で平安座島および浜比嘉島へ上陸。誰が作ったか知らないがよくこんな立派な道路を海の上に作ったものだ。感謝します。上陸したものの、余裕時間が余りないことと西日が強烈に暑いので早々に撤収。

 コザを通り沖縄道沖縄南ICに行こうとしたら気がついたら嘉手納米軍施設への車の行列の中にいた(^^;。慌ててUターンし事なきを得た

18:20無事返車し、空港で買い物タイム。例によってBLUESKYでお買い物。例によってラウンジでオリオンビールタイム。なんと今月からここにも自動サーバマシンが導入されていた。便利になったものである。ちょいと時間がなかったのでビールは1杯にとどまる。それでも、シークワーサドリンクは外せなかった。

 JL908で帰京。機材は往路と同様のB747-100.座席はEXITROWの10AB。10Cは無人君だったので荷物を置かせてもらえた。CAさんが大変親切でうれしかった。 
空港で解散後、たまたま横浜方面の京急特急に乗れた。JGC特典で預け荷物が優先的(スーパーシートの次)に出てきたのが奏効したようだ。それにしてもまたしても日焼けしてしまった。参ったな

今日の夕食:空港のファミマで買ったゴーヤチャンプルー弁当&フーチャンプルー弁当。妹待望のフーチャンプルーが食えたようでほっと一安心。飲み物はJALスープ&爽健美茶。
今日のレンタカーの走行距離:約220km。
今日の宿:横浜の自宅

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2002年07月19日

沖縄遠征(2)

今朝は日の出を見に行くとか行っていたのだが、8:30起床…。幸か不幸か曇っていたので事なきを得る。
和洋バイキングの朝食を摂り出発。 今日もスタンプラリーをしつつ本部町を目指す。国道58号線を順調に北上し、時折ビーチへ出て休む。午後から日差しが強烈となる。参ったな

 妹は車窓からマクドの店舗写真を撮っている。わしとは視点が違う。
 15:30先日から来たかった本部町のきしもと食堂で遅めのランチ。しかしこの時間にもかかわらず満員でしばし待たされる。すぐに入れたがその後ガラガラになってしまう。タイミングが悪かっただけか。ガイドブックに多数載っているだけあって店内には記事のコピーや有名人の色紙がワンサカあった。メニュはそば小(\450)とそば大(\600)のみとシンプル。味のほうは豚とカツオで取ったと思われるだしが強烈にうまい。思わず歓声を上げてしまう。いつまでもこの味を保ってもらいたいものだ。

 近くの本部郵便局で今回の最後の貯金を終え、今日の宿である沖縄ロイヤルビューホテルへチェックイン。とりあえず時間があるので、夕食の買出しへ出かける。今日もスーパーの食事で調達で合意した。買い物へ行く途中沖縄海洋博公園が気になったので立ち寄る。見ると無料のビーチがあるという。せっかく沖縄に来たので妹の希望によりビーチへ向かうがえらい遠い。途中イルカなどを鑑賞しつつ現着したのは17:25。なにやらアナウンスがされており聞けば遊泳は17:30までとのこと。ガーン、ショック! すでにライフセーバたちは撤収準備をしているではないか。。。 結局妹のみ足だけ海水浴となったのだった。しかもここは宿の裏に位置しているようだ。帰りに別の道を進んだら宿の裏口に行き当たった。なんとも遠回りしてきたものだ。とほほーい。妹には待機してもらいわしだけ宿から10分歩いて車を取りに行った。すでに海洋博のゲートはクローズしており危うく缶詰となるところだった。参ったな

 その後昨日に引き続きマックスバリュー本部店で調達。部屋で宴を上げる。景色がきれいだ。海の向こうに島が見える。付が海に映えて美しい。

今日の夕食:島とうふの冷奴、こはつさんの自信作弁当(ゴーヤチャンプルー入り)、厚切りハムカツ、クーブイリチー(昆布と蒟蒻と豚肉の煮物)。飲み物はルートビア(シップのにおいがして即却下)とオリオンビール。
今日のレンタカーの走行距離:150kmくらい

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2002年07月18日

沖縄遠征(1)

本日より沖縄遠征。今回は妻と来ようとしていたのだが、予定が合わず頓挫していた。沖縄往復のチケット(SYD発券のADD_ON)は8月のドイツ遠征前に消費する必要があり、一人で行くのもなんなので、親孝行がてら母を誘うが夏の沖縄には行きたくないと一蹴。結局妹と行くことになった。妹のチケットはマイル(14000マイル)で手配した。

JL901で那覇へ。機材はB747-100 座席は10JK。EXITROWである。足元が広くてよろしい。
那覇からいつものトクーレンタカー(マツダ)を借りる。今日はさすがに7月のリゾートシーズンということもあり、利用者がとても多い。しばし待たされる。車種はファミリアワゴン。カーナビがついていないのが残念(前回までは100%ついていたのだが)。3日間レンタルで\14500(税、補償料込)なり。

とりあえず今日は那覇市内をぶらぶら。ダイエー駐車場にとめていつものソーキそばを食べたいという妹を江戸食堂へ案内して昼食。今日も何を頼むか迷うが結局ポーク玉子焼をチョイス。
店内はがらがらだったのでおばぁに挨拶するが覚えていない様子。来店客が多いので無理もないか。しかし前回来た時期と肉団子をサービスしてもらったことなどから思い出してくれたようだ。先日の台風でナーベラー(へちま)が不作でメニューから一時はずれているという。今回のポーク玉子も大変美味しく、さんだーぎーをおまけでいただいた。感謝します。またの再会を約して店を去る。

 それにしても当たり前だが沖縄の夏は暑い。肌にまとわりつく湿気だ。参ったな。食後ダイエーで今回の一番のお目当てである沖縄食材の調達を行う。車麩やポーク缶詰を中心にガンガン買う。とりあえず次回(9月)までの分は確保できたと思われ。

 ダイエー後、郵貯ラリーをしつつ首里城へ。ここは入り口に写真を取らせたがる業者が割拠しているので難儀である。最も遠いコースを選んで通過する。

 その後今日の宿である日航那覇グランドキャッスルへチェックイン。さすがにNikko Internationalだけあって、豪華だ。ポーターが部屋まで運んでくれた。部屋は禁煙ルームの上層階をオーダしておいたので16階であった。眺めは良好である。ちなみに料金は朝食つきツインで\16000(税サ込)。600JMBマイルもつくが、妹につけてあげた。
チェックイン後、夕食の買出しへ出かける。妹はグルメではないようなので、本人の希望により弁当類を買うことに。ほかほか弁当屋にいったが、沖縄らしいメニューはなかったのでUターン。結局浦添市近くのマックスバリューで調達となった。ここは24時間営業だが、ちょうど入れ替えの時間帯なのか、惣菜の一部が半額だった。しめしめといろいろ調達。
今日の夕食:顔ほどの大きさのあるかに玉丼、海鮮スティック、ジューシー。飲み物はオリオンビール(大瓶)

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

1