2004年03月22日

ソウル遠征〜別行動で帰宅

9:30 チェックアウト。 今日は昨日果たせなかったビビンパを食うこと以外は特に決めていなかった。

地下鉄で明洞近くの乙支路入口へ移動。ロッカーに荷物を預けて散策。 適当に歩いて10:30今日のビビンパの店オモニチプへ行く。 半端な時間ということもあり、客はいなかった。ビビンパ(石焼)を所望したが注文取りの女は鍋もいかがとすすめる。そんなに食えるわけないだろう。断固した。 味はまあまあ。歓声を上げるほどではなかった。日本人向けのようで、壁には名刺がたくさん貼られている。ほとんどが旅行会社のものだ。 まずくなかったからいいものの、個人的にはもう来ないだろう。 注文取りの女は立場がわかっていない。高飛車である。

ロッテ百貨店などを見て12:10地下鉄で金浦空港へ向かう。12:50着。 E-MARTでしばし買い物後、羽田便で帰る妻がチェックイン。 茶をしばいて14:30解散。わしは今晩の仁川発の便なので一緒には帰らない。

E-MART探検、土産購入。 16:20、バス(W4500)で仁川へ。16:50空港到着。 軽くチェックインしたが、まだ17:10。 今はラウンジが使えない身分に成り下がってしまったのでラウンジには入れない。何度か仁川に来ているが、空港探検はほとんどしたことがなかったので隅から隅まで歩いてみた。予想以上に広い空港である。 ゲートが50あるのだから当然か。

ぼぉっと荷物の積み込みなどを見たりして18:50 46番ゲートへ行くが、まだ機材がいない。 19:00から搭乗開始なのだが。 18:53 ANA機材が到着。おそらく成田からと思うが遅れていたのだろう。 案の定遅れて定刻の出発時刻である19:20搭乗開始。 わしは関西空港から乗り継ぐのだが間に合うだろうか。 意外と客は少ないようで、19:35ドアクローズ。 NH172便 機材はB63 席は17A(Y席3番目)。窓がなかった。隣はUS人。 ソウル〜大阪便は機内食がなくなったようだ。 飲み物とおつまみのみ。ビールが無料だったのが救いか。 21:10関空着。乗り継ぎだが外へ出てみる。

チェックイン済みの便は22:05発だが、前便NH150便が20分遅延しているらしい。所定出発が21:25なので乗れないはずだったが、乗れそうだ。カウンタでGOSHOWできるか聞いたところ、OKとのことでチェンジしてもらう。 変更できたはいいが関空でのんびりできなくなった。すぐセキュリティを抜けて66番で待機。 21:45搭乗開始。22:00出発。結果的には予定通りであった。ちなみに搭乗予定だったNH976も機材到着遅れのため、遅延していた。NH150への変更サービスを行っていた。すなわちわざわざ変更手続きしなくてもNH150に乗れたことになる。まあいいか。

23:10羽田到着。20番ゲートなので遠い。23:19発の京急にはなんとかセーフ。帰宅はやはり午前様となった。

慌ただしい九州ソウル旅行だったが、妻はそれなりに楽しかったようで、また行きたいと思っているようだ。ただし、次回は女性同士で行きたいらしい。参ったな。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2004年03月21日

ソウル遠征

7:30のホテルのシャトルバスで福岡空港へ送っていただき、7:50チェックイン。セキュリティは8:00からなのでしばし待機。 出国後サクララウンジで新聞チェック。

8:40搭乗。JL971便 機材はB767-300ER(A41)。席は4HK。ビジネスクラスの席である。 前回も書いたがこの便にはビジネスクラスの設定がないので全席エコノミーである。

9:00出発。 離陸後1時間の10:10仁川到着。今日はいい天気である。 入国待ちなし。10:55 605-1バスで移動。 11:55南大門市場着。 当初ここで買い物予定だったが、荷物もあるのでひとまず地下鉄でホテルへ。12:30 宿着く。この時刻でチェックインできるか不明だったが、大丈夫だった。 身軽になって徒歩で東大門市場へ。 途中でビビンパを食うつもりだったがこれはという店はなく、 以前いったことのある東大門運動場の冷麺屋に行ってみる。

13:40無事に到着。冷麺とマンドゥ(水餃子)をオーダ。 オーダ後、別の係の人に、おそらく、「注文はすんだか?」と聞かれたが、「もう済んだ」という韓国語は未習得だったので、I just ordered.と言ったら、「餃子?」と言われてしまった。orderと餃子が似ていたようだ。おろおろしてしまったが、先程注文を取りにきた人に救われ事なきを得た。 味はどちらも合格点。 妻も一応満足していた。

地下鉄で南大門市場へ。 ぶらぶらと歩くが、日本人目当てに客引きが顕著だ。 笑えたのは鞄屋で、多くの店で、こっそりと「完璧な(ブランド品の)偽物ありますよ」とささやくのだ。 日本でおおっぴらにやれば捕まるだろう(警官が囮で行けばすぐわかる)。さすがコピー大国だと思った。

18:00夕食を食べるべく忠武路の珍古介へ。しかし第1、3日曜は定休日だった。おいこら日曜に休むとは何事だ! せっかく来たが門前払いということでとりあえず宿へ戻る。宿の地下にはレストランがあるが、19:30なのに既に閉店。 またまた夕食難民に陥る。 近くのヘルシー指向?のレストランに入った。しかしビビンパはないらしい。釜飯はあるようだ。ガイドブックを見せながら何とか意思疎通を図る。英語が少しできるようでどうにか注文はできたが食べかたがわからない。これまた英語で教えてくれたが複雑なようで今回わしらには理解できなかった。 もう少し食文化についても勉強する必要がありそうだ。

今日の宿:LEES HOTEL SEOUL 今日で4回目の常宿。ダブルでW65000。 今日は冷蔵庫にちゃんと水があった。

この記事が役に立った/おもしろいと思ったら、ワンクリックで応援お願いします

投稿者 onsenfan : 00:00 | トラックバック

2