« 2日目 台湾高鐵路(台湾新幹線)で高雄へ | メイン | その後のハマボウル2 »

2007年07月23日

台湾食べ比べの旅 1日目 台北101へ

GWの5月1日から4日まで、台湾に行ってきました。GWに旅に出るのは何年ぶりだろうか。
同じところに行くのに、なんでこんなに料金が違うのか。と思うと出掛けられなくなる。

今回もチケットはマイルなので、GWの影響はそんなには無いらしい。
飛行時間も3時間あまり。沖縄へ行くのと大差ない。

飛行機

今日もJALでおでかけ。恒例の旅立ち前の不調感が昨夜から襲っていたが、成田に着いたらどうやら治まったようだ。

小腹が空いたので、200円の自然米おにぎりを買って見たが、炊き方も良くないし、鮭はフレークだった。せっかくの自然米もこれではかわいそう。しかし、自然米ってなんだろ?
こんなおにぎりでも商売になるのかなぁ。いくらお握り流行でも…

10時前に飛行機は動き出すが、20分も滑走路を走りやっとテイクオフ。この時間はカルガモ状態に離陸を待っているのか。

機内食

11時半頃に食事。チキンカレーをチョイス
冷やし中華と言うから期待していたら、ホンのちょっと。
久しぶりのスイーツが甘い。糖分を絶って1年半。海外旅行の時だけ解禁だが、不思議とそんなに食べたくない。
 
 同じ3時間でも国内線では機内食は出ない。いつも思うことだが、鉄道の様にお弁当や食べ物の機内販売はないものかと。ビールにおつまみ付きで500円は有るけど、あれじゃ。一部、カップ麺の販売は有るというが、ちゃんとお弁当が欲しいなぁ。

入管妙に混んでいて、25分も並んだ。さすがのGW?

漢字の文化 漢字の文化

漢字の文化

台湾ってなんだか、不思議。同じ漢字の文化何だぁ
韓国とは違って、読むと何となく、どころか結構分かる。
日本では使わなくなった、難しい字だ。こうやって見ると、確かにこんな漢字があった。
日本は簡単に簡単にって事になっている。

バスの切符

現地時間13時25分のバスに乗って台北駅へ。日本との時差はマイナス1時間。

台北駅

1時間ほどで、バスは台北駅に。

天成大飯店

コスモスホテル(天成大飯店)は駅から直ぐだった。

部屋からの眺め 部屋

7階の部屋から外を見る。目の前は銀行かなぁ。
ツインルームをオーダーしたのにベッドは3台。

部屋 部屋

ミネラルウォーターがサービスで置いてあり、お茶はさすがのウーロン茶。
コスモスと言うくらいだからか、ホテル中にはいたるところに花。
部屋の中にもこんな花。

バスタブもあり、こぎれいな感じ。
朝食付きツインルームで1泊1室12360円。
料金 切符

荷物を置いて、お腹も減ったので台北101に行くことにする。
地下鉄の料金表。日本と雰囲気が似ている。
初乗りが20元。4円としても80円。それで結構遠くまで乗れる。
この、パスネットみたいが切符。
別に1日乗車券を買ったわけではない。普通に20元の切符を買ったのに、こんなのが出て来てびっくり

アパート

市政府駅で下車。漢字の世界なのでわかりやすい。月台はホームの事らしい。
なんと駅にはスタンプがある。これも日本と同じだぁ。文化が同じなのか。

こんなアパートが沢山ある。これぞ台湾って感じかなぁ。

台北101

見えてます。台北101。東洋一高かった横浜のランドマークを簡単に追い越して世界一高いビルになったらしい。

さて、無料シャトルバスが有るというのだが、どこに有るのだろ。見えているのに行けないかなぁ。

バス停

駅の周りをウロウロしてやっと見つけたバス停 無料は免費

展望台

まずは展望台へ。350元
89階までが37秒で上がる。耳が痛い。しばらくは耳を押さえていた。下りは46秒


台北101からの眺め 台北101からの眺め

台北101からの眺め 台北101からの眺め

ぐるりと一周。高いビルも有るが、さっき見たようなアパートビルなのか、屋根が普通の家のようなのが、なんか妙。

音声案内機 音声案内機

なんだ、みんなバカでかい携帯を使っているのかと思ったら、音声案内。
日本語のを借りる。無料だが、パスポートか免許証を保証として渡す。
各コーナーに番号が書いてあり、同じ番号を押すと解説が始まる。
みやげ物屋も数軒ある。でも、さすがに高い

スタンプ

ここにもスタンプが有りました。このスタンプ文化は日本だけかと思ったけど、台湾では普通か

メニュー 夕食

夕食は地下のフードコート。台北一広いらしい。小龍包を探したが無かった。こんなところでは食べられないのか。
メニューにはしっかり日本語が。
レンゲは使い捨ての様だ。紙製かな。
この麺がすごーく長い。すすっても。ズルズル、チュルチュルしても、終わらない。なが~い。

スーパーが有ったので入って見るが、日本製品の多いこと。食品はどれだけ入っているのだろう。
しかし、高い。

納豆が売られていたが、なんと冷凍食品になっている。賞味期限が1年近くあるので??と思って触ると、そこは冷凍ケースだった。

プラスティックのコイン

帰りの地下鉄の切符がこれ。プラスティックのコイン。行きと違う。
このコインを持って、自動改札でウロウロ。どこにどうやって入れるのか分からない。ICチップかと思って、タッチもしてみたがだめ。
親切な方が指をさして教えてくれた。改札機が違うのだった。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.odorokutamegoro.com/mt-tb.cgi/1964_1262062662735

コメント

昔より、コストを下げたので機内食のレベルは、かなり落ちましたよね。国内の場合、出さない事で料金を持ってるという感じがしました。国際便もYクラスは落ちた・・・_| ̄|○ ガクッ ワインも美味しくないし・・・。(泣)
国内も昔は出てましたよね。今は空弁があるから、国内添乗員さんは、好きなの選んで、それを食べてるようです。
スタンプは、意外とあるかもですね・・・
スイスにもフランス、イタリア、スタンプありましたよ~☆
台湾は16年前に行ったきりで、achaさんの記事を興味深く見てしまいました。
変わりましたね~☆(@ ̄□ ̄@;)!

なにやら、遅くなってしまった。
読んでくれてありがと

そうそう、昔は軽食が出ましたね。
そのうちに、早朝便だけになにかついて。
元旦に乗って、粗品をもらった事があるわ。

16年前なら随分と違うでしょうね。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)