« 2005年08月 | メイン | 2005年10月 »

2005年09月17日

【北海道】キハ40健在(千歳−追分2631D)

千歳駅久しぶりの北海道です。
今回の行程はほぼ全てがレンタカーになりますが、宿泊した千歳のホテルから南千歳のレンタカー営業所までわずか一駅とはいえ列車のお世話になります。束の間の汽車旅を楽しみましょう。
千歳駅に停まっていたのは9:03発の追分行き気動車です。隣の南千歳駅までしか乗らないので、続々やって来る快速エアポートライナーが便利です。が、気動車に乗れる機会が身近では少なくなってきたので敢えて発車まで20分以上も待ってこの2631Dに乗ることにしました。

キハ40前面国鉄東海型電車の流れを汲む面構え。

キハ40後面進行方向に対する後姿。この面には銘板や形式表記がないのですっきりして見えます。北海道など寒冷地仕様の小さな窓が特徴的です。

サボ行き先表示は昔ながらのサボ。

キハ40客室内ワンマン化改造が施されているほか客室内は両端部が一部ロングシートになっていて通勤時、乗降時の混雑に対応しています。
シート地は国鉄標準色の青のままです。このようなボックスタイプの座席は、俗に直角シートと呼ばれることもありますが、下手なロマンスシートより足が伸ばしやすくて疲れない場合があり、わしは好きです。

キハ40運転席運転席はごちゃごちゃしていて視界も悪そう。
操縦する立場としては現代の列車に見られる機器配置のほうが疲れないでしょうね。
扇風機を始め何箇所かにJNRのマークがあって、時代を感じます。このような気動車もやがて姿を消して行くのでしょう。乗れるうちに乗っておきたいものです。
乗り心地は軌道が良いのに対して速度が遅いので文句ないものでした。

投稿者 うえの : 09:03 | トラックバック