« マイサイトのお知らせ | メイン | 東日本 »

2007年05月16日

ハウテンチューリップ祭へ

 2002年の秋にハウステンボスには行った。http://www.onsenfan.com/~acha506/tabi/kyushu/0209_1.htmそのときに、出来る物ならチューリップの時に来たい。そして、中に泊まりたいと願ったら、5年目にして叶った。感謝

ホテルアムステルダム
 2007年3月11日からの1泊の旅。宿泊はホテルアムステルダム。

 今回も1泊だが、充分にハウステンボスを堪能した。横浜を発つときは雨だったが、長崎は晴れだった。気温は突然の冬の戻りで、そりゃぁ寒かった。
 寒くて冷え冷えでした。

 テイクオフは8時10分予定。108ゲートなので、バスに乗る。風雨が強いので、タラップぴったりにバスが着いたのは嬉しかった。

 定刻にはドアクローズされたが、滑走路には飛行機がカルガモ状態で離陸を待っている。この時間はピーク時なのだろうか。
 飛び立ったのは8時44分。

 低気圧の影響で行きの飛行機は揺れた揺れた。
名古屋あたりで下界が見えてくる。

 10時30分長崎空港着。晴れているが空気が冷たい。手袋を持ってきた良かった。
 
バスでハウステンボスへ 1100円角煮まんじゅう 小腹が空いていた私は、空港で買った角煮まんじゅう(294円)をバスの中で食べる。

入国 荷物は入口で預けると、泊まるホテルまで運んでくれる。この前の時は、外に有るホテル日航だったので、先にチェックインしたのだった。

世界一のティディベア ここにきたら、入口でお待ちかねのティディベアに会いにいく。いつ見ても大きい。

ビッケンビッケン オフィシャルホテルリゾートパスポートが有るので、これを使わなくちゃ。園内のクラッシックバスに乗ってオレンジ広場の佐世保バーガーのビッケンビッケンへハンバーガーを食べに行く。

メニュー フレッシュチーズバーガー

 ビッケンバーガー(550円) フレッシュチーズバーガー(600円)コーヒー(250円)
 大きい15センチはある。けっこうお腹が一杯になる。

 天気はいいのだが、風は冷たいし、ここの椅子がスチール。座っているとお尻がどんどんと冷えてきて、食べ終わる頃は冷え切る。さむーい。

 パレスハウステンボスに歩いていく。天気はいいのだが、とにかく寒い。この寒さでチューリップも長持ちするだろうなぁ。

 今年の冬は暖かかったし、ここのところは随分春めいていたので、身体が暖かさに慣れている。
 寒の戻りっていうけど、戻りと言うより、やって来た。って感じ。

 寒いので、オークションハウスへ。丁度2時のオークションが始まるところだった。なかなか楽しいトークだった。

ドムトルーンからの眺め 2時40分 ドムトルーンへ。
この前は、海外へは一度も行ったことが無かったので、こんなものかと思っていたが、今回、よく見ると…

屋根は偽物だったのだ 建物は下から見れば、本物のように見えたいたが、屋根だけが作られていたり、やっぱり作り物、って丸出しのことが分かった。

カナルクルーザー船 キンデルダイク 3時 カナルクルーザー船に乗って、入国口近くのキンデルダイクに風車とチューリップを見るが、とにかく寒い。こんなに寒いならもっと厚いコートにすれば良かった。

風車とチューリップ

 さっきの椅子の冷えも有るし、身体の芯から冷えてる。

 寒いので歩くが暖かくはならにので、ホテルチェックイン。ひと休みして、また出掛ける。

18時夕食。ピノキオでピザ。ここは窯で焼くという。よーし。と思って行くが長蛇の列。ここまで並んで食べる価値が有るのかなぁ。お腹は減っているし、と検討し、悟空の皿うどんに変更。客待ちは数人だが、ちょうど入れ替わったのか、食べている人が少ない。

皿うどん 皿うどん(900円)皿うどんセット(1400円)にする。セットにはシューマイが付いている。寒いのでビールは飲む気が起きない。

 待っている間から、お腹が痛い。なんで?
やっぱりお腹が冷えたのか。トイレに駆け込む。

 皿うどんは落ち着いて食べられなかった。

 お風呂に入って暖まりたい。入浴剤が売られていないかと探すが無いので、日本酒を買って部屋に帰る。

 部屋の風呂で足湯。30分ほどで身体も温まって来る。

花火 20時50分から花火が上がるので会場に出向くが、持ってきた物を全部着込んでいく。
 Tシャツ2枚、ブラウス2枚。ズボン2枚。背中には風呂敷。
足湯で暖まっていたので、今回はそんなに寒くなかったが、待った割りには5分であっけなく終了。

 ライトアップがそこかしこに有ってきれい
0ライトアップ ライトアップ


 3月12日(月)晴れ

 7時に起きると、空は雲だらけ。朝日とチューリップの写真をと思っていたのだが、輝きは出てこない。
 
 夫は寝ていると言うので、一人で散歩。
ホテルのパンフに、朝、昼、夕暮れにお勧めの散歩コースが載っていった。
 
 今朝も着込んで出掛ける。若干昨日より暖かいか。

0手入れをしている人たち パレスハウステンボスに行くと、朝早くから手入れをしている人たち。

 聞けば、チューリップは期間中に何度も植え替えるという。球根の時から冷蔵庫などで発芽調節をし、ハウスで育てて、つぼみが膨らんできたらポットごと花壇にて植え替えるという。

 だいたい1週間で植え替えるのだが、膨らみ具合のタイミングが有るようだ。今週みたいに寒いとまたそれなりに大変のようだ。

植え替えるチューリップ 植え替えるチューリップ

 まだきれいなチューリップもこの通り抜かれていた。

 そうか、そうだったのか。チューリップ祭は長期間。せっかく来たのにまだ咲いてないとか、もう終わった、と言うことなく、この期間は満開のチューリップがお客様を迎えることになっているのだ。

植え替えるチューリップ 年に一度の大入りなんだろうし。ハウステンボスと言えばやっぱりチューリップだろうし。
 と思っていたら、1年中何かの花は咲いているようだ。

 きれいな花がいつも咲いているように、毎日植え替えをしているという。
 維持費が大変だろうなぁ、などと思ってしまった。

 早い時間なのに沢山の人は来ていた。

 
 ホテルに戻ってバイキングの朝食。そして、10時半チェックアウト。荷物を預けるが、帰りは入口には送られない。ここに取りにくるのだ。

ホテルの中庭 ホテルの中庭

 ホテルの中庭もきれいになっている。園の中には見所スポットが何カ所もあり、スタンプラリーごとくクイズになっている、ここもそのひとつ。

ハウテンのキャラクター アトラクションを3個ほど(すっかり名前はわすれた)殆どのアトラクションが5年前に来たときと変わっていないように思う。

 私は前回はいらなかった、プラネタリウムに行きたかったのにない。愛地球博で、「三菱未来館@もしも月がなかったら」が「Kirara」となって移設されていた。きっと、ここがプラネタリウムだったのだろう。

 ハウステンボスの運河の事や排水、環境への取り組み。結構興味深い展示もあった。
 運河が大村湾の浄化も果たしているという。

14時前に昨夜のピノキオへ。しかし、お昼を外しても並んでいる。

で、今日も諦めて、「とっとっと」という洋食屋でトルコライスのチーズコロッケ(900円)をチョイス。
夫は豚カツ(900円)そして今日はビールを1本(500円)

トルコライス しかし、欲張りなプレートご飯だ。サフランライス、チーズコロッケ、ナポリタン、サラダが乗っている。
 長崎名物なのか。他では見たことがない。

観光丸 観光丸という船が大村湾35分のクルージング。これはパスポートで乗れる。
 しかし、夫は船が嫌いだ。カナルクルーザーという園内の運河を廻る船は、殆ど揺れないし、これだけは乗れる。

 しかし、何を思ったから乗ると言い出す。出港まで数分だぁ。小走りで桟橋までいって、セーフ。

クルージング 35分のクルージングは、帆を上げたり、網に乗ったり、ロープの結び方の講習などのイベントもあって、あっという間。
 鏡のような大村湾では、船はまったく揺れなかった。のに、夫は緊張した顔で乗っていた。

 今日はシャツも2枚だし、ズボンも2枚。寒さは感じないので、1日満喫。

きれいだなぁチューリップ
 16時にホテルで荷物を受け取って、歩いて出国口へ。

 この時期にしかないという、チューリップのゴーダチーズ(1320円)を買って、防寒の服をトイレで脱いで16時49分のバスに乗る。

 約1時間で空港。1泊2日だったが、丸2日間ハウステンボスだけ。こんな旅もいいかもしれない。

皿うどん" 空港に着いたら小腹が減ったので、何かを食べようと。昨日の皿うどんは食べた気がしなかったので、リベンジすることに。
 皿うどん(1000円)ビールセット(1230円)ビール小(500円)
 これで長崎に心残りなし。

19時に搭乗。
夕暮れの飛行機

さよなら長崎。
 

2006年05月29日

名古屋 ワンデートリップ

 古い話になってしまいました。3月31日に名古屋に行ったのでした。
愛知県には年に何度も足を踏み入れるのに、名古屋は乗り換えだけで、降りたのは何年ぶりだろう。
10年ぶりくらいだろうか。

最後に行ったのは…
夏の暑い日に、駅前のビルの屋上。煙い煙いビヤホールだった。
あれは、バーベキューだったなぁ。

さて、今回は、夜じゃなくて、昼の名古屋。名古屋の住人に案内をしてもらいました。

テレビ塔は初めてかなぁ。下まで行ったら、改装で休業中でした。
0503n05

バブル?いや万博でね。
これはバスターミナルの屋根?屋上?
これだけの水を入れるのだから、凄い重いのだろうなぁ。なんて、バカなことを考えました。
下から見ると、歩いている人の足の裏が見える。なんだか面白かった。

0503n06

そして、お昼。
自然食ビュッフェレストラン。「大地のテーブル」 矢場町の駅から数分。11時半頃に行って少し待ちました。
油が解禁されてから、始めて食べた天ぷらでした。美味しかった。野菜のテンブラ。
肉その物の料理は無かったかな。煮物や和え物。伝統食って感じかなぁ。ご飯も、白米、玄米、黒米。
デザートも寒天だったり、鬼饅頭だったり、豆乳のソフトクリーム、スイートポテト。等々、生クリームたっぷり。ってのが無いのがいいなぁ。

とてもいい感じ。
自然だ、身体にいい。とかのうたい文句で、とんでも無い物を食べさせる店が多い中で、感心。感心。
その上、値段が1500円というのにびっくり。
でも、名古屋では高いとか。私は大満足でした。

0503n04
0503n02
0503n010503n03



そして、温泉。
大名古屋温泉に行こうかと思っていたのだが、駅から近いホテルの大浴場が温泉だよ。と教えられて、ひとりで行ってみたのでした。

0503n07

名古屋クラウンホテル。1400円。バスタオルにフェイスタオルを貸してくれます。
その上、1400円払うと1000円のチケットをくれるのです。ホテルで使えば、温泉は400円。
丁度、夕食時だったせいか、貸切状態でゆっくり、のんびりと疲れを癒すことが出来ました。

そして、せっかくの1000円。使おうじゃないの、夕食を食べよう。とホテル内のレストランを見て回る。
食事制限が有る私。昼は何も考えずに食べよう。と決心したけど、夜は少し押さえてと。
ラーメンもそばも止めて和食の店へ。
お鮨は酢飯に砂糖が入っているけど、海鮮丼は白飯だからOK。どこに行っても食べるものに困ったら海鮮丼とここ数ヶ月は決めていた。


そして、海鮮丼
0503n08

ごま油は大丈夫ですか。って確かに聞かれたんです。どうしてですか。と聞いたら、タレに風味を付けるために、ごま油を使ってます。と。
風味付けか。それくらいの油ならもう、油は解禁なんだからいいか。と。

そして、来たこの海鮮丼。妙にテカっている。
食べてびっくり、風味にごま油どころか、ごま油そのものじゃないの。。これってかけすぎ。

これが、名古屋流の海鮮丼?
もう一口食べてみた。そのごま油が、古くない〜い。香ばしさがないよ。

新規のお客が入ってくるたびに、耳をダンボにしてみた。
それが、この海鮮丼を頼む人が多い。常連さんみたいな人も頼んでいる。

やっぱり、これが名古屋流かぁ。と、箸を進めて見るが、半分も行くと、私の胃袋からストップがかかった。
食べ物を残すのは、気が引けるが。どうにもこうにも喉を通らない。

食べたいのに食べられない。と、久しぶりの感じ。

名古屋の友達に聞いたら、そんなの名古屋流じゃないよ。そこのコックさん流じゃないの。と言う。
私もこんな味の海鮮丼は初めてだ。さすが、名古屋。いやいや、それを言ったら怒られる。