« 日記・コラム・つぶやき | メイン

2007年10月08日

再び、オクトーバーフェスト

 そして、最終日にも行きました。
夕焼け
 心配していた、雨も止んで夕焼けが…

盛り上がってました。 それにしても、親子連れが多い。

バンドも、金曜日とは違う曲で、テント中のプローストは大変なもの。


椅子の上に立つと、すぐにスタッフがやって来るので、椅子の上で踊る人はいなかったけど、テント周辺をジェンカ(古かったかぁ)のごとく、跳ね飛ぶ人多々。


9時の閉会が近くなればなるほど盛り上がって、本場さながら。

本場と言えば、帽子をかぶっている人がいて。
帽子の人 帽子の人

ドイツと日本のオクトーバーフェストをはしごしている人も多いようです。
帽子の人 帽子の人

売り切れたビールも有って。
売り切れビール

曲と曲の間には、必ず乾杯の歌。プロースト。
とにかく盛り上がってました。
プロースト


本場の様に、仮装して現れるのも時間の問題かと。
来年は楽しみ。

私も美味しく、楽しくビールを飲みました。

 ランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。
banner_04.gif

2007年10月06日

横浜オクトーバーフェスト 2007

 今年も行きました。YOKOHAMAオクトーバーフェスト。3年連続4回目。
2003年から、今年で5回目だという。行けなかったのは2回目だけかなぁ。

またもや、まずは空いている平日の昼間をねらって。5日に行きました。

9月28日から10月8日までで、今年は入場料200円也

入場口
 なんで入場料を取るようになったのかなぁ


入場料200円

パンフ

 パンフレットには日付にスタンプが。毎日通ってこのスタンプを一杯にしたら何かくれるのだろうか、と見たが別にそのようなことは書いてなかった。 
 再入場にはこのパンフが必要。

 柵で仕切られた会場は、ベンチも増え場所も増えたようだ。


シュパーテン

まずは本場のビールから。
今年も1500円。グラスのデポジット1000円なので、2杯で5000円。
そりゃぁ、ドイツへ行くよりは安いけど…

でも、美味しい。


白ソーセージとプレツェル

 去年はシュパーテンのところでしか売られていなかったプレツェルが今年は3カ所で売られていて、これはソーセージ屋さんで一緒に買った300円。
 去年500円だった、シュパーテンのも400円になっている。去年は本場の職人さんが来ていたから、高かったのかな。


ドイツワイン
今年はワインのブースも大きい


柿ピー
 200円の入場でもらった、おつまみは柿ピーだった。


本場の演奏

 去年は、何の時間もみずに行って、滞在中に演奏が無かったので、楽しさ半減。
今年は、夫がしっかり予定表を探して、16時の演奏の時間に行く。
この次は20時から。


プロースト
 演奏の合間に。乾杯の歌。みんなで、合唱。そして、プロースト!!(乾杯)
みんな大声で、今年も美味しいビールを飲める喜びを噛めて、乾杯。
 ステージでも乾杯。さすがドイツ人。飲みながらの演奏。


外にも売店
 毎年、天気がいい日はテントの外で秋の陽射しを浴びながら飲むのだが、外には売店が無くて、遠かった。
 今年は、ちゃんと外にも出来ていた。


夜のとばりが降りて
 6時近くになって、外も暗くなって来ると、お客さんもドンドン増えてくる。雨も降ってきたので、外の人も中に入って来て。

 食べ物の種類が今年もまた増えたような。


そして、5回目ともなるとお客さんも慣れてきたのか、ベンチの座りかた、乾杯の歌。
だんだんと乗って来たように思う。

 去年は本場のオクトーバーフェストと横浜をはしごしたが、それは本場の規模には叶わない。遊園地は出来るし、テントの数もビールメーカーごとに有るし。
 でも、横浜には横浜のオクトーバーフェストになって来たような。

 また、最終日も行く予定だ。

 ランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。
banner_04.gif


2007年02月20日

オグリンとペリリン

 久しぶりに横須賀に行った。そして、久しぶりに若松町を歩いた。
りそな銀行のウインドにこんなのが、思わず笑ってシャッター切りました。

オグリンとペリリン
小栗上野介とペリー。確かに横須賀に縁のある人だ。でも、こんなかわいいものになるとは。

横須賀市も市制100年になるという。60周年の時にも堀口大学作詞、團伊玖磨作曲という凄い人が作った、市歌が出来たはずだが、この100周年でも横須賀にゆかりのある、作詞・作曲は阿木 燿子さん・宇崎 竜童さんで歌は杉山 清貴さんという市歌が出来たらしい。
杉山 清貴さんが横須賀学院出身とは知らなかった。

 團伊玖磨さんは、横須賀市の学校の校歌も随分と作っているようだ、私の出身校の校歌も確かそうだった。昔はゆかりの人と言えば、団さんで、今が宇崎夫妻なのか。

 新しい市歌はどんな物か聞いて見たいけど、今は横浜市民の私にそのチャンスは来るだろうか

2007年02月19日

ベンチが見あたらない

 大通り公園。と言っても札幌では有りません。横浜です
市営地下鉄の阪東橋あたりから関内までの地上が公園になっているのです。
大通り公園 木も沢山あって、いい雰囲気のはずなのに。ワンコの散歩の人も沢山、可愛いワンコを連れてます。だけど、なんかちょと違和感のある公園なんです。

 お昼をここで食べようと思って来たのですが、ベンチが見あたらない。公園とベンチって付きものですよね。なんで

 と、少し歩いてみたのですが、普通の公園とはちと違う。いる人達が違う。子連れは殆どいない。
子どもの遊技は少しだけあるけど。

 細く長い散歩道のような公園。何回となく、車道を渡るのだが、ちゃんと横断歩道も信号も付いている。途中にはところどころにオブジェもある。

 伊勢崎長者町まで歩いてきた。森の公園と水の公園になっている。
桜が咲いてる。寒桜

寒桜 寒桜
 こんなところにあったのか。今年は暖かだから開花も早いのか。
このあたりでは、段々が有るので、そこで思い思いにご飯を食べている人や、将棋をしている人がいる。

ベンチを探してここまで歩いてきたが、見つかったのはこんなベンチ。
ベンチ 座り心地はよくない。前はもっとちゃんと座れるベンチがあった様な気がするのだが。
土地柄、路上生活者も多いので、居心地のよいベンチはだめなのか。
確かに、前に有ったベンチも、横になれないように区切りがしてあった。

 何か雰囲気が違うのも、そこかしこに座っている人達の模様。今日は仕事にあぶれてしまったのだろうか。
 世の中にはいろんな公園がある物だ。取り合えず、ここでお昼を食べたのだが、鳩がどんどんと集まってくる。
 私は絶対に餌はやらない。しかし、食べ物を出したとたんにやってくるのは凄い。この光景はどこの公園でも同じだ。

2006年02月12日

アルザスの旅

いつまでも、明けましておめでとうございます。っていうのもなぁ。と思いつつもどうしたらよいのか。
本家(HP)の方の、チェコの旅日記も進まないし。
と、いうわけで思いついたのは、アルザスの旅の写真を載せていきます。
旅日記はたぶん、HPの方でいつの日かちゃんと載せましょう。

と言うわけで、自分の気分転換もかねて、やってみましょう。

絶不調の中、2005.5.31日に、アルザス地方。それはフランスのドイツ国境の近くにいきました。
前々から行きたいと思っていたのに、なんでこんなに体調が不調かっていうくらい不調だったけど、飛行機に乗ったら、何とかなって。
ヨーロッパは遠い。やっとフランクフルト。ドイツ上空にまで来た。
飛行機って、途中下車が出来ないのが、辛いなぁ。

05-01