« 街は生きてる? | メイン | 横浜オクトーバーフェスト 2007 »

2007年10月05日

並んでなかったから

 秋晴れ。今日も散歩に。

前を通ると、いつも大行列か、閉店している、このラーメン二郎 横浜関内店
2時過ぎ。5人ほどしか並んで無かったので、食べてみることに。

ラーメン二郎
 並んでいるときは、鎌倉の「ひらの」を思い出したりして…
やっっぱり、カウンターだけ。11席かなぁ。

ラーメン通のS氏による、二郎はラーメンと言うより、二郎と言う物、と言う。
それはいったい何だろう。と言う興味は有ったが、いつ通っても大行列。
あんなに並んでまでは食べることは無いだろう。と思っていたのだ。

券売機で券を買うが、その前に店員さんが大ですか、小ですか。と聞きに来た。
小が普通だというので、小。
券売機で買うとき、もう、思い込みがひどい私は、豚小。と言うのを押してしまった。
小、小ってしか無かった。
これには焼き豚が5枚と書いて有ったらしい。
700円。

ラーメンというボタンも有ったらしい。これは焼き豚が2枚。
結果的には、2枚で充分だった。

青い札をカウンターにおいて。
水はセルフサービス。私は入口まで戻って、水を持ってくる。

味の乱れは社会の乱れ。と書かれていた。
社会の乱れは国の乱れ。国の乱れは宇宙の乱れ。

ニンニクを入れるかどうか聞かれる。

私は無しを頼んだ。
見回せば、若めの男性ばかり。

出て来た、ラーメンは、キャベツともやしの炒め物のトッピング。
分厚い焼き豚が5枚。ネギは無い。

隣のお兄ちゃんは、ニンニクなしの野菜大盛り。と注文。野菜はサービスか。

隣との間が狭くて、写真を撮る勇気が無かった私です。
隣のお兄ちゃんは、大、野菜大盛りを、汗を噴き出しながら食べてる、常連さん風。

先に注文はしてあったので、程なく出てくる。
スープを一口、そして麺。

この麺が、パスタのようだ。
確かにラーメンもパスタかも知れない。
この太さなら、茹でるにも時間が掛かるのだろう。

細めのフェットチーネ。要するに、太めの平打ち麺。色もそんな感じ。歯ごたえも有り。
背脂かな。たっぷり。

スープは私に取っては塩辛い。

食べれば食べるほど。
何でこんなに並ぶ店なんだろう。

二郎ファンとか、二郎通とかかなぁ。
この味は若者向けなんだろうか。

段々味にも飽きてきてしまった。
焼き豚もくどくなってきて。
どうにか、麺は完食したが、スープは飲む気力なし。

焼き豚は2枚で充分でした。

メニューは1品。大か小か。トッピングは煮卵などがチョイス。
こういう店って凄いこだわりなんだろう。

餃子もライスもない。ラーメンのみ。

女性でファンの人っているのかなぁ
人生を折り返した私の口にはちょっと合わなかったなぁ。

 ランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。
banner_04.gif

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.odorokutamegoro.com/mt-tb.cgi/2050_0142415201176

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)