« ジャパン・ビアフェスティバル 2007in横浜 | メイン | 並んでなかったから »

2007年09月29日

街は生きてる?

 この1週間は余裕の時間だった。
時間に追われないで過ごすっていい感じ。

で、久しぶりに伊勢佐木町へ散歩
夏はいつまで続くのだろう、と言うくらい蒸し暑かったのに、なぜか急に秋も飛び越した気温になってしまった。

暑かった日々が、つい数日前のこと何に、随分前のことのように感じる。

マックの前に有った、ウェンディーズが無くなっていた。
バーガーキングが日本に再上陸したけど…

ウェンディーズ跡

もしかして、東映もしまって、このあたり全体が変わるのだろうか。
この写真の時は営業していた55も2日後には閉まった。

そして、よーく見ると、ビルの建て替えを行うと貼ってあった。


ちょっと来ないと、店は変わるし。
ここってなんだっけ?って感じ。

蟹を売っていた店が、ホームデリなんて言う店になって、オリジンとコンビニが合体したような感じになったのが1年前。
何だろうこの店、と思って気にしていたら、用はミニストップだった。
その店も24日に閉店。1年だった。
もう看板も何もない。

長崎チャンポンは、ハマ楽器のあとに引っ越して、隣のステーキ屋も閉店。
やっぱり、ここも建て替えるようだ。
あちらこちらで、建て替えのようだ。日本の景気はよくなっているんだろうか。

犬の服を売っていた店も閉まったらしい。

エスポのアウトレットの店が出来ていた。ここって前はななんだっけ?

服地のハリウッドも閉店。
どこの町にも有るような、シャッター商店街にはならないと思うけど、確かにしまっている店も増えているよな。

閉店というのは、経営が上手く行かなくて…
商売替え…
家賃沸騰で採算が合わない…
ビルの建て替えで立ち退き…

いろいろ考えられる。

伊勢佐木町は、ここ数年で店が随分と変わった。
建て替えられたビルも多いし、地元資本ではなさそうな店も増えた。

ちょっと前はモダンだったのかも知れないけど、今は、時代の波に乗り切れてない。
でも、気さくで、何やら懐かしく、新しい物と古い物が共存している地元の商店街。って感じの伊勢佐木町が好き。

古き良き商店街もドンドンと近代化されで行くのか。
寂しくもあり…


ここ数年で、買い物客が減ったと言うが、私は頑張って欲しいと思う。
買い物は地元で…

11月18日は、地もの市や、フリーマーケットなどが出るイベントが有ります。
いろいろ有って楽しいですよ。

 ランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。
banner_04.gif

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.odorokutamegoro.com/mt-tb.cgi/2037_3641054985131

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)