« 横浜橋商店街 | メイン | ハマボウル休業 »

2007年01月06日

シネマ ジャック&ベティ

 横浜橋から伊勢佐木町に向かう信号の所に有ったポスター。
夏に見逃した映画だ。

太陽のポスター


 2年ほど前に閉館した映画館のジャック&ベティが再開した事は聞いていたが、ここの所映画とはご無沙汰だったので、あまり気にしていなかった。

http://www.jackandbetty.net/theaterinfo.html

 伊勢佐木あたりには小さな映画館が沢山あったのに、ドンドン閉館して、今はここを入れて3軒だろうか。
 
ロードショウもいいけど、昔の名画座がいいね。ちょっと時間が有るからと映画館の前に行くと、おおー、丁度いい時間に映画があって。内容も何も知らないけど飛び込んだら、これが妙にいい映画で。
ここ数年はそんな体験は0だわ。

 小さくてもいい映画をやる。大きな映画館ではかからない映画をやってくれる。

 今は1年たてばテレビでの放映も有るし、もっと前にDVDで見ることが出来る。

 そう、テレビやレンタルで見ればいいじゃん、と思っていたときも有ったが、やっぱりスクリーンが小さくても映画は映画館だ。
 
 家で見ると、リプレーをすればいい。って頭にあるし、何かにじゃまもされるし。

 映画館だと集中して見ることが出来る。

 で、太陽を見にいきました。お正月でも水曜日はレディースデーで1000円。県民共済の若葉カードで学生料金になる。

 平日に時間が有る私は、何も定価で見なくても、と思っているので、しょっちゅう見逃す。
 2週間ぐらいの上映期間だと、時間が過ぎるのが早い。学生料金になるなら、いつでもいいね。

 そして、映画館の横に貼って有ったポスター。

ゆれるのポスター 幸福のスイッチのポスター"

『ゆれる』も夏に見逃していたし、東京まで行くのも辛かった。
それも見ることが出来るし、幸福のスイッチも女性監督ということでチェックはしていたが、近くでの上映は無いと諦めていた。

 今年はもしかすると、久々の映画年間になる予感。

映画は劇場で見ないとドンドン無くなる。大きな映画館は残るかも知れないが、上映は宣伝費と比例するような映画ばかりになっては悲しい。

皆様もお近くの映画館を愛しましょう。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.odorokutamegoro.com/mt-tb.cgi/1731_0702495361416

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)